『X-MEN ダーク・フェニックス』を擁護したい理由はこれだ!ネタバレなし+ネタバレ感想(4DX吹き替え版)

『X-MEN ダーク・フェニックス』を擁護したい理由はこれだ!ネタバレなし+ネタバレ感想(4DX吹き替え版)

今日の映画感想はX-MEN: ダーク・フェニックスです。

個人的お気に入り度:7/10

一言感想:お疲れ様でした

あらすじ

念動力とテレパシー能力を持つミュータント少女の別人格が目覚めます。

アメリカンコミックを実写映画化した『X-MEN』シリーズの最新作であり、実質的な完結編です。
本シリーズは時系列やらつながりがいろいろとややこしいことになっているので、以下の記事かWikipedeiaを参考にしてみるのがいいでしょう↓
『X-MEN: ダーク・フェニックス』の前に「X-MEN」シリーズのややこしいタイムラインを整理しよう
X-MEN (映画シリーズ) – Wikipedia

とりあえず、この『X-MEN ダーク・フェニックス』は新しく仕切り直したシリーズの4作目であり、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『X-MEN:フューチャー&パスト』と『X-MEN:アポカリプス』も観ておたほうがキャラや設定のことがよりわかっていいよ、と言っておきます。
中でも1作だけ予習しておくのであれば『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』がオススメ。エピソード0的な前日譚であると同時にリブート(仕切り直し)作でもあり、作品評価そのものも高いので『X-MEN』を初めて観るという方にもうってつけなのです。


※こちらについては以下にも魅力を解説しました↓
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』描かれた差別と偏見とボーイズラブとは? | CHINTAI情報局

また『X-MEN』シリーズは、『アベンジャーズ』をはじめとするマーベル・シネマティック・ユニバースと違って作品間に矛盾や設定の違いが結構あったりするんですよね……。
あんまり過去作とのつながりや差異などを厳しく見ずに、「前にはこういうことがあったなあ」という程度に捉え、それぞれが独立した作品であると考えたほうがより楽しめるのかもしれません。

否定的な意見も多いけど自分は好きだよ!な理由

さてさて、本作『X-MEN: ダーク・フェニックス』は興行面および批評面で厳しい現状にあります。
制作費は回収できそうにないほど、Rotten Tomatoesでは23%IMDbでは6.1点とシリーズ最低の結果となってしまったのです。

その世間的な悪評はともかく、自分は本作のことがけっこう好きです。
他の方の意見を見ても「世間的な評価通りダメ」派が多い一方、「いや思ったよりも良かったよ」とする擁護派もそこそこ以上にはいると印象。
特に評価の分かれ目の中でも大きいのは(1)話が暗いということと、(2)完結なのに物語範囲が狭いということでしょうか。

個人的にはこの2点はもちろん好きなポイントです。
基本的なプロットは、「いつも見知っているヒロインの少女がタイトル通りダークサイドに堕ちてしまい、仲間やその敵対しているチームが彼女を止めようとする…」な感じ。「最大の敵になるのがかつての味方」ということがドンヨリと暗い物語になっている一番の理由です。

それに付随して、基本的に描かれているのはその少女に対するキャラそれぞれの葛藤や行動に絞られています。
狭い範囲での人間ドラマが主軸であるので、“完結篇”と言うにふさわしいスケール感がないというのは事実としてあるかな、と。
個人的には、このキャラそれぞれの価値観や理念が論理的に組み立てられていたこと、それぞれに(やや考えが過激すぎるきらいもあるけど)感情移入できたので、大好きに慣れたのです。

このあたりを「良い意味でダークな物語」「キャラそれぞれの葛藤に重きを置いたドラマ」というふうに肯定的に捉えられれば、『X-MEN:ダーク・フェニックス』を大いに楽しめるのではないでしょうか。

また、肯定派でも否定派でも、実質的な2人の主人公を演じたジェームズ・マカヴォイとマイケル・ファスベンダーの演技力と存在感は評価するポイントでしょう。
リブートされた『X-MEN』新シリーズの一番の功績はやはりこの2人。その活躍の終焉を見届けられただけでも、嬉しく思えたのです。

そうそう、実はハリウッド映画でおなじみの作曲家であるハンス・ジマーはもうスーパーヒーロー映画の作曲をやめるつもりだったのですが、サイモン・キンバーグ監督がなんとか説得して本作でも起用されることになったのだとか。ダークな雰囲気にあったスコアは流石のクオリティです。

『X-MEN ファイナル・ディシジョン』も観ておくといいかも?

新シリーズの前3作の他、『X-MEN ファイナル・ディシジョン』も観ておくと、この『X-MEN ダーク・フェニックス』をもっと楽しめるかもしれません。

実は『X-MEN ファイナル・ディシジョン』と『X-MEN ダーク・フェニックス』は、どちらもジーン・グレイというキャラクターを物語の主軸に置いていて、“その危険な別人格が目覚める”という点では共通しているのです。
ある意味では、『X-MEN ダーク・フェニックス』は同じキャラクターについてもう一度語り直した、もしくはパラレルワールドでの出来事を描いているとも言えるんですよね。
そのためこの2本を観ておけば「キャラクターそれぞれが辿る運命がここまで異なるのか(あるいは同じなのか)……」と、感慨深いものがあるはずです。

原作コミックでのジーン・グレイについてはこちらも参考に↓
ジーン・グレイ (じーんぐれい)とは【ピクシブ百科事典】

念力を体感できる4DX、豪華声優陣が勢揃いした吹き替え版も素晴らしい!

自分は様々な演出が楽しめる4DX版で観たのですが、これがまた最ッ高のクオリティですね!
何が良いって、劇中ではサイコキネシスやマグネットパワー、言わば念力のような“見えないパワー”で戦うシーンが多く、4DXでは座席の振動と風の演出でその見えないパワーを身体で体感できるんですよ!
さらに“フラッシュ”の光の演出も十分に使われていて、これまた劇中の超能力を視覚的にゴージャスに彩っているんですよ!

『X-MEN』シリーズの大きな魅力と言えばやはりスーパーヒーローたちの超能力を駆使したバトル。本作はしっかりしたアクションシーンも多く、4DXはその楽しさを格段にアップさせてくれていました。
また、今回は3Dではない4DX2D上映となっており、3D料金の上乗せがないのでそのぶんお安めです。+1000円の価値は存分にありますよ。

そして、タレント吹き替え一切なし、豪華声優陣が勢揃いした吹き替え版ももう感謝感激するしかない最高OF最高のクオリティでしたッ!
能登麻美子さんは良い意味でホワホワした声のイメージだったんだけど今回のシリアスな役にバッチリ。内田夕夜さんと三木眞一郎さんそれぞれの演技にも泣いたよ自分は…。
思わずマネしたくなるような名言も日本語で聞くことができ、心の底から「吹き替え版で観てよかった……」と思いました。

※むしろタレント起用をしなかったことも話題を集めました。タレント吹き替え全てがダメという訳ではないけどね。

やはりスーパーヒーロー映画はアクションやアトラクション的要素を楽しんでなんぼ。4DX×吹き替えが最高の選択肢になると断言しますよ。

いろいろと補足

そんな訳で自分は『X-MEN ダーク・フェニックス』については肯定派なのですが……どうしても無視できない欠点も正直ありますね…。
それは上記に挙げた「(1)話が暗い」「(2)完結なのに物語範囲が狭い」以外のことなのですが、どう書いてもネタバレになるので↓に記しておきましょう。
トータルでは、「確かにう〜んとなるところもある!でもけどそれを上回って良いところが多いよ!」という風に擁護したいんですけどね。

あれ……そういえば……前にもありましたね……アメコミ映画で、世間的に評判が悪くて、話も暗くて、だけど支持している人もいて……僕も好きだよ…な感じ……。そう、『ファンタスティック・フォー』(2015年)や『スーサイド・スクワッド』で……。「失敗作だとは思うけど、それでも応援したくなる魅力」はこれらにあると思います。

そう言えば、2019年は
・『アベンジャーズ/エンドゲーム』および『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』で一旦区切りがつくマーベル・シネマティック・ユニバース
・『トイ・ストーリー3』で終わりかと思っていたら作られた『トイ・ストーリー4』(本国では大絶賛の嵐)
・年末には『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』が公開(邦題が発表され賛否両論)
などと、ディズニー配給の大作映画が終わる節目の年ですね。その中でも『X-MEN ダーク・フェニックス』が目立ってないというのも不遇だなあ…。

ちなみに『X-MEN』もこれで一旦一区切りとなるものの、シリーズ初のホラーとされるスピンオフ作品『ザ・ニュー・ミュータンツ(原題)』も公開予定だったりします。

それと……『X-MEN ダーク・フェニックス』以上に不遇と言えるアメコミ映画がありまして……それは日本では9月公開予定の『ヘルボーイ』。
なんと本国では、『シャザム!』公開の1週後、『アベンジャーズ/エンドゲーム』公開の2週前というアメコミ映画が被りまくるタイミングでの上映開始、そのせいもあってやはりイマイチ以下の興行成績に終わってしまっていたのです。

この『ヘルボーイ』、監督が『ディセント』や『ドゥームズデイ』などゴア描写に定評のあるニール・マーシャルで、実際にお子様お断りのグログロ描写連発でR15+指定になっているそうですよ……!それは観たいじゃないか!応援するよ!

以下からは結末を含めて激しくネタバレ鑑賞後にお読みください↓短めです。



野暮な不満点

もう最大の不満点を言ってしまいましょう。
なんでクイック・シルバーがあっさり途中で退場して、しかも最後まで出てこないの?
初めの宇宙ミッションでは活躍したものの、初めのジーンを止めるアクションシーンの直後に担架で運ばれたら中盤以降は姿を見せず、ラストで子供に「急ぎすぎるなよ」と言っただけで出番終了…そんな…。
クイック・シルバーは『X-MEN:フューチャー&パスト』と『X-MEN:アポカリプス』で最高に楽しいシーンを見せてくれたので、余計に「え?これだけ?」な印象が強いんですよね。
これについてはクイック・シルバーのハイスピード能力が強すぎたから退場させたという大人の事情が垣間見えるんですよね……それならそれで納得できる退場理由を考えて欲しかったです。

もう1つは、終盤にミュータントたちが人間たちのバチバチと電流が出るなんかの兵器であっさり全員捕まっていましたけど説得力ないよ
うーん…人間側がミュータントの力を封じる超強力兵器を作り出したとかじゃないと納得できないなあ。

悲劇

本作のオープニングで好きだったのは、「ペンは書く道具だけど、目玉を突き刺すこともできる」とチャールズがジーンに諭すことですね。
「“そのもの”ではなく“使う人”の問題」ということはあらゆる事象で共通していますよね。

しかし…切ないのは、ジーンの父親が彼女を自らの意志で手放したという事実。
チャールズは(母親だけでなく)父親が死んだというウソをついて、それを隠していたのです。
本当の家族に明確な意志を持って捨てられること以上の悲劇があるでしょうか…このウソをつくチャールズの気持ちも、すごくわかるんですよね。

さらに、ジーンは力がコントロールできなくなり、さらにレイブンもを殺してしまう結果になる…。
“そのもの”ではなく“使う人”の問題だったはずなのに、その使う人がコントロールできなくなってしまった…そのせいでまた愛する人を失ってしまった…。本作の根底にあるのは、それほどの悲劇です。

家族に

おそらく今回の敵が宇宙人ということにも賛否両論があると思うのですが、個人的には好きです。
暴走した最強の力を世界破壊のために利用するというのは(まあ無理やりですが)理屈としてはわかりやすいですし、何よりエリックたちとチャールズたちミュータントが列車内でキメポーズを取り、レイブンを守るために共闘するという展開に燃えたから!

そして、かつて恋人だったレイブンを殺されてしまいジーンに復讐するつもりだったエリックが「気が変わった」と言って戦いまくることも個人的に好きなんですよ。
すでにエリックは過去シリーズでも殺人を起こしてきたことそのものに葛藤し苦しんできたので、今回も復讐を決意しても本当はそうしたくなかったという想いもあったんじゃないかと思えるんですよね。
だから「気が変わった」くらいで、本当はやりたくなかった復讐をあっさりとやめるということは納得できると思うのです。

そして、母を亡くし父からも捨てられたジーンは、“家族”であるミュータントを守るために力を解放し、そして自決……いや死から蘇る不死鳥・フェニックスとなり、宇宙に羽ばたき自由となる……この流れもグッときましたよ。

チェス

本作のラストシーンは……チャールズとエリックがパリで再開し、チェスを始め、空にはフェニックスが見える…という美しいものでした。
この時チャールズは、ロレックスのミルガウスという耐磁性の腕時計を着ていたという裏設定もあるのだとか。エリックのマグネットパワーでも問題ないわけですね。

このチェスをするというシチュエーションは『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を観ておくとまた感慨深いものがあるんですよね。2人がまた“ここ”に戻ってきたんだと……。
2人が戦うのはチェスの上だけでいい。世界が平和で、そしてチャールズとエリックが仲良しのままでありますように。お疲れ様でした。

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

バナー

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. […] カゲヒナタ映画レビュー 『X-MEN ダーク・フェニックス』を擁護したい理由はこれだ!ネタバレなし+ネタバレ感想(4DX吹き替え版) […]

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

movieこちらの記事もおすすめです

今までに書いた映画レビューの中から、この記事を読んでいただいたあなたにおすすめの記事をピックアップしています。

ネタバレ前の感想をまずは読んで下さい。映画を見終わった後、ネタバレを含む解説を読んでいただけると1記事で2度楽しんでいただけるのではないかと思います。

カゲヒナタ映画レビューが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!あなたが良い映画と出会えますように:)

done SF

この映画のレビューと同じカテゴリの記事です

done 10点満点の映画

10/10を獲得した映画です。

見たい映画が見つからないときはこちらがおすすめです。

done 9点の映画

9/10を獲得した映画です。

名作ぞろいです!まだ見ていない作品があれば是非!

著者

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

   
vertical_align_top