映画版『わたしを離さないで』抒情的心理描写の応酬(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

映画版『わたしを離さないで』抒情的心理描写の応酬(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想はわたしを離さないでです。

個人的お気に入り度:8/10

一言感想:純文学的味わいの切ないミステリー

あらすじ

介護士になったキャシー(キャリー・マリガン)は、幼いころに暮らしていた寄宿学校「ヘイルシャム」での日々を回想する。
そこで暮らしていたトミーとルースは友達だった。しかし、キャシーは次第に2人から孤立をしていく。
さらにヘイルシャムにはある「秘密」があった。

画が美しく、繊細。
登場人物たちのみずみずしい魅力がたまらない作品でした。
アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイも素晴らしい演技を見せてくれます。

閉鎖された空間での描写、序盤の雰囲気は『エコール』に似ています。

エコールは映画としてはひどく退屈な作品でしたが、
今作は登場人物の心理描写を入念に描き、ミステリー作品としての不気味さ&すっきりしない心地悪さ(この場合は、プラスの意味で)がそこかしらに顔を出します。
すごく淡々とした演出&話運びなのに始終引き込まれました。

この映画は単純に「閉鎖空間で暮らす少年少女たちを描いた青春物語」だけではありません。
SFの要素を持っています

またこの映画の「真相」については早々に見当がつくと思います。
その真実を突きつけられても、それでも道を探そうとする登場人物たちの心情に心動かされるのです。
この映画は小説が原作ですが、ここまで繊細に映像化されているのなら原作のファンも納得するのではないでしょうか。

お子様には向きませんし(PG12指定でもいいくらい?)、終盤の展開も好き嫌いが分かれると思います。
しかし美少女、美少年が多数登場するので、それ目当てで観に行ってもきっと満足できるでしょうし、予告編の雰囲気にヤラれた方はもう必見と言ってもいい出来です。オススメです。

以下、ネタバレです↓結末に触れています!

真相は……

一番驚いたのは冒頭のナレーションでした。
「医学の進歩により、1967年、人類の平均寿命は100歳を超えた」

自分は「嘘でしょ?」という気持ちになりました。まさかはじめからSF要素があるとは思わなかったので。

この作品は4つのパートに分かれています。
・オープニング(トミーの手術の目の前にいるキャシー)
・ヘイルシャム 1978年
・コテージ 1985年
・終了 1994年

話が進むにつれ、真相のグロテスクさがあらわになっていく構成です。

ちなみに小説は映画とはかなり展開が違っているようです。<こちら>(小説のネタバレ注意)
~子どもたちの「役割」~

彼らの役割は「臓器提供」を行うというものでした。
さらにそのことに、「死」は避けられないのです。

その事実だけでグロテスクで、気が滅入るものなのですが、映画ではさらに以下の事実をつきつけます。

・ルーシー先生が言う「あなたたちの人生は決められている」
・彼らとは別の、働いている「オリジナル」が存在する。ルースはそれに出会う。
・他の場所から来たロンドとクリシーのカップルは、恋人がいることで「執行猶予」がのびるのではないかという噂を口にする
・トミーは「ギャラリー」は、恋人がいるのかどうか、魂を探るために行っていると推理する。
・終盤、キャシーとトミーは「マダム」のところに行きます。しかし「猶予は今も昔もない」「ギャラリーは魂を探るためではなく、魂があるのかを確かめるため」と言うのです。

彼らがされたこと

はじめから彼らに逃げ道はありませんでした。これは本当に残忍なものです。
トミーの仮説は突拍子もないものですが、中らずといえども遠からずのものでした。
しかしマダムたちは、はじめから猶予などはない「魂はない」と決められていたのです。

しかし自分はこう思いました。
「絵」で魂があるか、なんてわかるのか、
本人の意思は関係ないのか、
ギャラリーで、無理やり彼らに魂が無いと、大人たちが納得しているだけじゃないかと。
勝手な決めつけを行い、彼らの作品だけで「生か死か」を決めつけるエゴを感じたのです。

前述の冒頭のナレーションの「平均寿命が100歳を超えた」も気味が悪い。
これに、臓器提供をする「彼ら」は入っていないと考えていいでしょう。
彼は人間としてもみなされていなかったのです。

この映画で秀逸なのは直接的に差別や暴力を描いていないことです。
しかし水面下で、彼らに対する感情が垣間見えます。
マダムも彼らに「可哀そうな子たち」といいますが、自分の後ろめたさをごまかすようにも見えました。
単純に差別や迫害を描いている描写よりも恐ろしさを感じました。

「終了(Complete)」

「彼ら」が臓器提供を終え、その代償として死ぬことを、この作品では「Complete」と呼びます。

この言い方も気持ち悪くて仕方がなかった。
「本人は死ぬけど、臓器提供は完了する」というような機械的、無感情さを感じました。

気になったこと~

・ルーシー先生はどうなった?
これがわからないのはちょっと残念。学校を辞めたことが知らされますが、後半で再登場すると思っていたので。

・初めてカフェで注文をするシーン。
結局5人とも同じものを頼みました。
トミーは練習でも同じものを頼んでしまいましたが、そこで注意をしたキャシーもここでは自分の意思を通せませんでした。
閉鎖空間で暮らしたことの代償を描いているように見えます

・トミーが打ち上げられた難破船で遊ぶシーン
特別どういうことかは語られませんでした。小説で補完するしかないのかな?

・キャシーが見ていたポルノ雑誌
「オリジナルの自分がいるのかと思って」てというのはちょっと強引かも。
なので、この台詞も嘘で、実際は好きだった(しかもセックス中の声を聞かされていた)トミーへの欲情の表れなのでしょう。
トミーの「性欲は誰にでもある」にも優しさを感じます。

ラスト

トミーはマダムから真実を告げられ、絶叫する。
トミーもルースも「終了」してしまう。
夕陽の落ちる原っぱで、トミーが来るのを期待するキャシー。

映画を観ていて、2人が目を合わせながら笑ったシーンを回想します。
有刺鉄線に絡まるビニールの紐。
美しく、かつ切なすぎるラストシーンです。

終盤には
「生」を理解することなく、人の命はつきる
という台詞があります。

彼らは長くは生きられませんでしたが、生きることの尊さを知ったのでしょう。
それは例え100年を過ごしても、手に入れることのできないものだったのかもしれません。

死が第三者に決められてしまっているー
それなら、どう生きるのか
そこが作品のテーマになっていると思います。

この映画は気が滅入る内容です。
しかし感情を揺さぶる作品です。
映画は人の心を動かすためにある、と考えるのならばこれは優れた作品だと、自分は思います。

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. ・・・ より:

    こんにちは。原作を読み、それから映画も観た者です。
    「死が第三者に決められてしまっているー
    それなら、どう生きるのか
    そこが作品のテーマになっていると思います。」
    と書かれていますが、そうではないと思います。
    この作品は、私たちすべての人間のことを描いているのではないでしょうか。誰しもいつかは死ぬということです。
    登場人物がなぜ逃げ出さないのかを考えれば、それがわかります。死から逃れることはできないからです。
    ぜひ原作も読んでみてください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top