ザ・ハリウッド娯楽「アンストッパブル」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

ザ・ハリウッド娯楽「アンストッパブル」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は「アンストッパブル」です。

個人的お気に入り度:7/10

一言感想:期待通り!

あらすじ

暴走特急をみんなが止めようと頑張る。

あらすじは↑のように一行で説明できますし、難しいことはなにもありません。
列車がガーッて走るだけでも迫力満点。
イメージとしてはみんなで協力する『スピード』です。
多くの人が列車を止めるためにあの手この手を使って奮闘するシンプルな内容。
止める方法のアイディアが豊富で飽きさせません。
一応家族愛なども盛り込まれていますが、刺身のつまのようなものです。

目立つのは腹の立つ上司だったり、仕事のできるかっこういい女性だったり、ベテランのおじいちゃんだったり、全ての元凶のメガネデブだったりのキャラクターの面白さ。話が脱線しない程度に盛り込まれていて非常に楽しい。
トニー・スコット監督ってわりかし重圧な作品を撮る印象だったのですが、こんなあっけらかんとした娯楽大作もつくってくれるんですね。画づくりはあいかわらずハード路線だけど。そこが一番うれしかったりします。
(監督の『デジャヴ』はお気にいりの映画です)

上映時間も99分と短めで、新春初にぴったりのスカッとさわやかな映画です。
おすすめですよ。
↓以下はネタバレ!つっこみどころの列挙です。

TV局、対応早すぎ!

作中にも「TVに教えてもらうのか?」という上司のセリフがありましたが、TV局の仕事の早さと洞察力がパないです。
撮影用のヘリ導入などはあたりまえ。
全ての発端のメガネデブの写真の公開。
主人公が怪我したときに(穀物が散乱して良く見えないはずなのに)すぐに「負傷した模様です」って言う。
なにより状況を説明するためのクオリティ高すぎなCG
などなど
CGは本当一日で出来るもんじゃないでしょうよ。

・バーンズ(デンゼルワシントン)が列車を続いてジャンプ。しかし運転席の前に大きな隙間が!そこでTVを観ていた娘が「頑張れ」

もうちょっと身を案じてやろうよ
さらに字幕では「頑張れ」でしたが実際のセリフは「DO IT(やれ)」でした。娘ひどいよ。

・最後にネッドが車で来る!そのときのコニーの実際のセリフは「Unbelievable(2回)」なのに字幕では「信じられない、奇跡だわ」。

奇跡ってもんじゃないでしょうに。
他にもバーンズが「NOT FOR YOU(お前のためじゃない)」と2回言うシーンの2回目は「住民のためだ」と超意訳。やりすぎな気がします。

・最後のエンドロールオチ

上司が職を失ったのも笑いましたが、メガネデブがファースト業界へ転職したことをオチに持ってくるとは思わなかったです。いいセンスだ。

残念だったのは、主人公たちの家族の問題をサラッと言っただけだったこと。
もうちょっと踏み込んでくれてもよかったなあと。でもメインストーリーから脱線しないためにはこれくらいでいいのかもしれません。
(緊急事態に世間話っぽく話しちゃってたし)
主人公2人が活躍するのは後半以降なので、そこでもちょっとやきもきしちゃうかもね。
自分はおじいちゃんキャラ(ネッド)が好きなんで気になりませんでした。

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. Kasshy より:

    こんばんは!
    年明けてから、未だ映画館に行けず…。
    このアンストッパブルも行きたいのですが…。
    にしても、トニー・スコット監督は余程、デンゼルがお気に入りのようですね。デジャヴ、サブウェイ123、そしてアンストッパブル…。船、地下鉄、列車、乗物三部作かぁ?(笑)
    相変わらず、スタイリッシュな映像なんでしょうねえ。

  2. ヒナタカ より:

    デンゼルもパンフレットで監督のオファーには絶対応えるよ!と言っていました。相思相愛です。
    監督の次回作は陸、海は制覇したので飛行機パニックものかもしれません。
    スタイリッシュかつシンプルないい映画でしたよ。

  3. QQQQ より:

    いつも楽しみに読んでます。
    評判が良いので、見ましたが、「意外と・・・」でした。
    一番、気分が萎えたのは、あの暴走列車の止め方。
    あれは、誰が考えても、初めのやり方が適正ですよ。
    連結に失敗しても、前の機関車から、乗り移ればよいのに、無理にヘリボーン作戦。
    あれで、ホントウに、この暴走列車を停める気があるのか?デシタ。
    それと、アメリカの労働者の意識レベルの低さが、嫌でした。

  4. ヒナタカ より:

    QQQQさん、再度コメントありがとうございます!
    イマイチでしたか・・確かにはじめのときに飛び移っていれば解決でしたね。
    止め方ひとつひとつはツッコミどころはあります。
    アメリカの労働者はあれが「普通」なのでしょうか・・・自分も「若者が仕事を奪う~」あたりは聞いていていい気はしませんでした。その問題にも答えを提示してくれてもよかったかも、と思いました。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top