[絶賛ネタバレあり感想]映画『透明人間』(2020)のラストの衝撃を本気で語る

[絶賛ネタバレあり感想]映画『透明人間』(2020)のラストの衝撃を本気で語る

今日の映画感想は透明人間』(2020)です。(記事の前半はネタバレはありません)

個人的お気に入り度:9/10

一言感想:「透明人間」というジャンルの到達点

あらすじ

DV男が透明人間になって襲ってきます。

1993年の『透明人間』のリブート作です。

まずは、結論。本作はホラーサスペンス映画の、そして「透明人間」というジャンルの1つの到達点と言える傑作です。
全米では初登場No. 1の大ヒット(新型コロナウイルスのせいでその後に映画館が閉鎖しちゃったけど…)、Rotten Tomatoesでは批評家からの支持率91%という大評判も納得でした。

本作の大きな魅力であり特徴を大きく3点に分けてあげるのであれば、
完全に被害者側の立場に立っている
敵となるのがDV夫
長回しを多用したサスペンスが上手い
というこということでしょう。

それに付け加えて、ネタバレなしではほとんど何も言えない案件だったりもします。
サプライズにも満ちた展開に、翻弄されるまま楽しんでほしいのです。

完全に被害者的立場に立っている

これまでにも透明人間を扱った映画はたくさんあるわけですが、「透明人間になる側」を主人公としているものばかりでした。
香取慎吾主演のドラマもそうだし、『インビジブル』もそうです。

それはそれで透明人間になる過程や戸惑いやエゴなどが描かれていて面白いのですが、半ばコメディみたいになっているんですよね
それを回避し、笑いなしの本気の怖いスリラーにするため、リー・ワネル監督は「(透明人間の)浮いているサングラスやパイプなど、その描写はほとんどコメディだ。僕としては、コミカルな要素を取り除き、恐怖を抱かせる存在にしたかった。だから、透明人間を主役にしないことに決めた」と語っています。

本作は完全に被害者的立場に立っていることによって、「加害者のことがよくわからない」に付随する形で、「透明人間の恐怖」をより感じられるようになっています。
当たり前と言えば当たり前のことですが、そこに着目しやりきっていることがまず称賛に値するのです。

敵となるのがDV夫

「加害者のことがよくわからない」と前述しましたが、そいつは「妻に暴力を振るう独善的なDV夫である」ということは示されています。
主人公である妻はDV男から逃げ出すわけですが、隠れて住むことになった友人の家でも「いつかあいつが現れるかもしれない」という恐怖に怯えています。
この恐怖は、実際にDV男の被害を受けた女性の気持ちとシンクロするものになっているんですよね。

言うまでもなく身体的な暴力はトラウマになります。そのトラウマを、同じ「見えないのに、いるように思える」恐怖という形で、透明人間というフィクションに落とし込むことで、さらに主人公の気持ちに同調できるようになっている、というわけ。
「支配的な性格の男性からの逃避」というのは現代的なテーマでもあります。そこもまたエポックメイキングだと思うわけです。

そして、本作は脚本の練り上げぶりが凄まじいことになっています。
あの時に何気なく示されていたセリフやアイテムは後でしっかり伏線として回収されますし、何よりあのラスト……!もうこれはネタバレになるので↓に書きますが、もはや物語としての上手さに感動して泣いたレベルですよ!

ちなみに主人公の名前であるセシリアは、ラテン語では「目が見えない」ことを意味しているそうです。
彼女は劇中でその頭文字を取って「C」と呼ばれ、それが「see(見る)」に聞こえるというのも、透明人間を描いた映画に対しての皮肉ですね。

長回しを多用したサスペンスが上手い

本作では透明人間に襲われるシーンを、かなりの長回し、大胆なカメラワークで「魅せる」ことが多くなっています。
カットを切らず、そのシークエンスをずっと映すことで、「ここに透明人間がいる」という実在感を増す効果を生んでいますし、「逃れられない」恐怖感も倍増しているのです。

さらに、本作のメイキングを見ると、特に序盤はワイヤーで作り上げたりする、わりとアナログな手法で撮影が行われているんですよね。
それぞれのアイデアがまた面白いものだし、あの手この手でフレッシュな画を作り出すサービス精神にも感服。
こうしたところで、「映像そのものがめちゃくちゃ面白い」ということも称賛するしかないわけです。

とにかくエンターテイメントとしてしっかりしている

そんなわけで、「透明人間のホラー映画」という型通りで手垢のつきまくったジャンルでありながら、そもそもの発想が秀逸で、脚本が超練り上げられていて、映像そのものも作り込まれていてめっちゃ面白いと、もう申し分のない内容になっています。
上映自慢は2時間2分とこの手の映画としては長めですが、退屈するような場面はゼロ。スピーディな作劇にも感心するしかありません。

なお、PG12指定ですがエロはほぼ皆無です。しかし、残酷描写はなかなかのものなので苦手な方はご注意を(よくR15にならなかったね)。
また、「大きな音でびっくりさせる」というコケオドシ(ジャンプスケア)的演出が必要最小限なのも良かったですね。主軸となるのは「じわじわくる」恐怖でした。
自分は、劇中の何回がか衝撃的すぎて「ヒェ…」「ハッ…」と声が出てしまいました(近くで観てた方ごめん)。それも大きな音でビクッとしたからではなく、「そうきたか…!」という展開の妙で。
これこそ、面白いホラー(スリラー)映画を観る醍醐味ですよ…!

また、本作の監督と脚本を手がけたリー・ワネルは『ソウ』の脚本家としても知られますが、最近では『アップグレード』がめちゃくちゃ面白かったんですよね。

※現在はAmazonプライム会員で見放題。

ケレン味に溢れるカメラワーク、皮肉に満ちた物語、何よりもぶっちぎって高いエンターテインメント性など、今回の『透明人間』と通じていることが盛りだくさんなので、合わせてぜひ観てほしいところです。

エンターテインメントとして「しっかり」作り上げると、ここまでの傑作が生まれるのかと感服した次第。
もう大プッシュで、この『透明人間』をオススメするしかありません。ネタバレを踏まずに、ぜひ(マスクなど十分な対策をして)劇場へ!

……あ、そうそう、実は本作はもともと「ダーク・ユニバース」というモンスター映画のクロスオーバー作としてジョニー・デップ主演で企画が進んでいたのだけど、第1作『マミー 呪われた砂漠の王女』のあまりのコケっぷりと不評ぶりのおかげで別企画となったんですよね…。

個人的には『マミー 呪われた砂漠の王女』は嫌いじゃないし、ダーク・ユニバースのコンセプトにはワクワクしていたので残念ではあるけれど……ま、まあおかげで今回の『透明人間』という傑作が生まれたんだから良かったじゃない!良かったんだよ!(自分に言い聞かせるように)

↓以下からはラストを含む展開のネタバレです。鑑賞後にお読みください。



ネタバレその1:ちょいちょい気になったツッコミどころ

  • 途中でエイドリアンの豪邸まで車で送ってくれた男性、あれは誰?(めちゃくちゃ都合の良いタイミングで出てくる)
  • 強い雨が降ってくるという状況があまり生かされていなかった
  • セシリアはどうやって最後に透明人間スーツを手に入れたの?(警察に押収されているのでは?)

特にジェームズの家で襲われる→エイドリアンの豪邸へ→妹エミリーを呼びつけたレストランへ、の流れはテンポが良いのはいいけど、ちょっと「間」がなくて不自然だったんですよね。重箱の隅をつつく程度の不満ですが。

※以下のコメントをいただきました。
エイドリアンの豪邸まで車で送ってくれた男性は、その前に、携帯電話が映っていたから、Uberを呼んだのかな?と思いました。場所がサンフランシスコでしたし。ちょっと怖いお客さん乗せちゃったなー

※以下のコメントをいただきました。
セシリアがラストで透明人間スーツを持っていたのは、中盤にエイドリアンの豪邸に行った時、冒頭で逃走用のカバンを隠していた衣装部屋のあのスペースに隠したスーツを取り出したのだと考えていましたが違いますかね?

ネタバレその2:秀逸な見せ方と設定

まず、オープニングから秀逸なんですよね。
一切の説明がないまま、海辺の豪邸で、何やら女性が一緒に寝ていた男性から逃げ出そうとしている。
寝室以外の監視カメラを切り、彼の姿だけを確認できるようするなど、「計画」していたこともわかるんだけど、犬が吠えたことにより車のアラームが作動。
妹の車に乗って逃げようとするけど、そこで男性が追いかけてきてガラスを素手で割る
ここで敵となる男の、「何やら大金持ち」「綿密に計画を練って逃げないとヤバいやつ」「異常な腕力を持つ」という情報が、説明ゼリフなしに語られているんですよね……これはすごいですよ。

さらに序盤、何もない、普通の部屋をずっと映すシーンがあります。
ここでは結局マジで何もありませんでしたが、「ひょっとして何かあるの…?」とめちゃくちゃ不安にさせる、疑心暗鬼にさせる効果を生み、後に透明人間がマジで襲ってくることの「フリ」になっているんですよね。

その後も、台所に置いたナイフが不自然に落ちる、フライパンに火がつきあわやボヤ騒ぎになるシーンも固定カメラで見せる。
映画という媒体は「見ることしかできない」からこそ、それを「ずっと見せる」ことでこそ恐怖が生まれるんだと再認識しました。

また、この手のホラー映画だと「さっさとターゲットを殺せばいいやんけ」「無駄に驚かすだけ驚かせて何もないのかよ」というツッコミどころがあり、それで冷めてしまうケースもあるのですが、本作ではその問題を解消しているんですよね。
なぜなら、透明人間であるエイドリアンは、セシリアを精神的に追い込み、また周りの人間から孤立させ、「自分のところに戻ってくるしかない」という状況を作ろうとしているのだから!
この理屈は全く理解できないものですが、エイドリアンが完璧主義者であり、ソシオパス(反社会性パーソナリティ障害)であることから、「彼ならやりかねない」という説得力も持たせている。これはすごく怖いですよ…。

そして、終盤の精神病院での、透明人間が銃を持った警官たちを翻弄し無双しまくる大バトル!
透明人間のスーツが破損し、時々「見える」状態になっているのにも関わらず、冷静に「処理」をしていくような戦い方、時には銃を撃たずに「バン!」と口で言って茶化すというのもマジで怖い!

ネタバレその3:入れ替わっていた

セシリアは精神病院で、エイドリアンの弟であるトムを、エイドリアンの単なるクラゲ・バージョンだと非難していました。
そして、透明人間がシドニーの家にやってきた時……シドニーはクラゲの絵が描かれたシャツを着ていたそうです。

しかも、精神病院では透明人間のスーツが破損して、時々「見える」状態になっていたのですが、シドニーとジェイムズを襲った時には誤作動をしていませんでした。

つまり、精神病院で大暴れしていた透明人間はエイドリアンであり、シドニーとジェームズを襲った透明人間はその弟トムであった、「入れ替わっていた」と暗に示されているというわけです。

ネタバレその4:本当のことを言って

結局すべてはエイドリアンの手のひらで踊らされていた!……という時点で十分などんでん返しでしたが、本作ではさらに一捻りが加えられていました。
セシリアは最後にエイドリアンと食事をして、なんども「本当のことを言って」と問う。
そしてセシリアが化粧直しのためにトイレに行くと…エイドリアンの側ではナイフが浮き上がり、喉を切り裂かれて殺される。
トイレから戻ってきたセシリアはその様子を見て驚き救急車を呼びますが……その後に表情が素に戻り「サプライズ」と口にする……!

これは完全なるセシリアの復讐です。
エイドリアンは、いくら「本当のことを言って」と問われても本当のことを言わなかった。「自分も被害者なのだ」と偽ろうとしていた。
エイドリアンがそうしたように、セシリアもトイレで化粧直しをすると偽って、透明人間のスーツを着て、妹エミリーが殺された時と同じようにナイフによる喉切りでエイドリアンを殺害。そして中盤でメールで告げられていた(直前にも言われていた)「サプライズ」を言い返す…!
「嘘をついて騙す」「透明人間になって殺す」という2つのことを、完全にセシリアはやり返しているんですよね。

それでいて、外ではジェームズが遠隔で会話を聞いていたので、セシリアはエイドリアンが本当のことを言ったら言ったで、その会話を証拠に彼を警察に突き出そうとしていたのでしょう。

さらに、セシリアはしっかりエイドリアンの「自殺」に驚いて、救急車も呼ぶという「演技」もしている……!
この「演技」もまた、嘘をつき続け、セシリアを支配しようとしていたエイドリアンへのブーメランとして帰ってくるのです。

また、エイドリアンは食事について、寿司、パスタ、ステーキの3種類を用意して、セシリアにどれがいいかを選ばそうとしていた。
セシリアが選んだのは、「ナイフ」で食べるステーキ……!そこで、彼女が彼の殺害という選択をした、ということが暗に示されていたのかもしれませんね。

ネタバレその5:何が本当かわからない

そもそも、エイドリアンが言っていることのほうが、マジで本当かもしれないとも考えられるんですよね。
エイドリアンが家の中でずっと縛られていたのも本当で、透明人間として犯行を重ねていたのもずっと弟のトムだった、と。だったら、エイドリアンは最後に誤解によりセシリアに殺されたのでは…と。

個人的には、前述した通り「エイドリアンとトムが途中で入れ替わっていた」と暗に示されているところがあるし、トムは「兄のところに戻れば(心神喪失と犯罪により金が受け取れない問題は)解決だ」とやはりエイドリアンの目的のための物言いをしていたので、それは否定したいのですけどね。
何より、セシリアの言うように、「それ(自分を悪人に仕立てないようにして周りの人間を精神的に追い詰める)が彼のやり方」なのですから。

ネタバレその6:確かに自殺だった

ジェームズは明らかに、セシリアの持っていたバッグに入った透明人間スーツを見ていたのに、「確かに(エイドリアンは)自殺だった」と言っています。
それは、彼女のためになりたい親友としての想い……とも解釈できますが、いや待てよと、セシリアが相続した大金のおかげで娘のシドニーは大学の進学ができそうだったんだと。

ジェームズは、彼女を再び「犯罪者にしないため」=「娘のためのお金を受け取るため」に、「自殺だった」と言ったんじゃないかと……。
劇中では1番の常識人であり正しい人間に思えたジェームズが、そこで「自分たちの利益」のための言動をしたことも、また恐ろしいのです。

ネタバレその7:解放?

最後に、完全なる復讐を遂げたセシリアは安堵と喜びの表情を浮かべましたが…。
そういえば、避妊のための薬がすり替えられていた、そのために妊娠したという事実はそのままです。
エイドリアンは子供を欲しがっているとセシリアは序盤に話していましたし、自分が死んでも「自分の子を残す」というエイドリアンの目的は達成したのではないか、とも言えるわけで……ここでも(良い意味での)後味の悪さを覚えるのです。

※この記事の一部はこちらのトリビアのネタバレ(spoiler)の項を参考にしました↓
The Invisible Man (2020) – Trivia – IMDb

(C)2020 Universal Pictures

バナー

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. 鹿 より:

    セシリアがラストで透明人間スーツを持っていたのは、中盤にエイドリアンの豪邸に行った時、冒頭で逃走用のカバンを隠していた衣装部屋のあのスペースに隠したスーツを取り出したのだと考えていましたが違いますかね?

  2. タカ より:

    >途中でエイドリアンの豪邸まで車で送ってくれた男性、あれは誰?
    その前に、携帯電話が映っていたから、Uberを呼んだのかな?と思いました。場所がサンフランシスコでしたし。ちょっと怖いお客さん乗せちゃたなー

    • hinataka hinataka より:

      あ、なるほど!運転手はセシリアと顔見知りっぽかったので友人か何か?と思ったのですが、顔なじみのUber運転手だと思えば納得できますね。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

movieこちらの記事もおすすめです

今までに書いた映画レビューの中から、この記事を読んでいただいたあなたにおすすめの記事をピックアップしています。

ネタバレ前の感想をまずは読んで下さい。映画を見終わった後、ネタバレを含む解説を読んでいただけると1記事で2度楽しんでいただけるのではないかと思います。

カゲヒナタ映画レビューが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!あなたが良い映画と出会えますように:)

done スリラー

この映画のレビューと同じカテゴリの記事です

done 10点満点の映画

10/10を獲得した映画です。

見たい映画が見つからないときはこちらがおすすめです。

done 9点の映画

9/10を獲得した映画です。

名作ぞろいです!まだ見ていない作品があれば是非!

著者

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

vertical_align_top