映画『ガール・オン・ザ・トレイン』強固な意思を持って(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』強固な意思を持って(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想はガール・オン・ザ・トレインです。

個人的お気に入り度:6/10

一言感想:女性を苦しめるけど、女性にやさしい映画だった

あらすじ

夫のトム(ジャスティン・セロー)と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル(エミリー・ブラント)の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える家の人々について想像することだった。
一方、トムの今の妻となっているアナ(レベッカ・ファーガソン)は、ベビーシッターであるメガン(ヘイリー・ベネット)と仲良く過ごしていたが……。

『ウィンターズ・ボーン』『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』のテイト・テイラー監督の最新作にして、同名のベストセラーを原作とした映画です。

日本版の公式サイトでは、不倫現場を目撃してしまう主人公の1人称で物語が進むような紹介がされていますが、実際はちょっとその印象とは違います。
本編は3者の視点が入れ替わる(主人公が3人いる)構成になっていると思ってさしつかえありません。

しかも、劇中ではしょっちゅう時間軸が前後します(ただし、「◯か月前」などというテロップは入る)
物語自体はそこまで難解ではありませが、構成はややトリッキー。登場人物関係を把握していないと、ついていきにくい内容と言っていいでしょう。
何気ないセリフが重要になってくるところもあるので、体調の良いときに、脳をしっかり働かせながら観てみることをおすすめします。

主要登場人物の紹介

簡単に主要な登場人物を紹介していみます。

【登場人物:女性】

  • レイチェル……夫のトムと別れ、傷心のままでいる女性。列車に乗ってる時「理想の妻」の浮気現場を目撃してしまう。
  • アナ……今のトムの妻。たびたび家に来ているレイチェルに恐怖心を持っている。
  • メガン……アナのベビーシッター。レイチェルが「理想の妻」と思っていた人物。見た目がアナに似ている。

アナとメガンは容姿がよく似ていますが、髪型に違いがあるので、それで区別してみれば混乱することはないでしょう。

※以下が「アナ」

※以下が「メガン」

【登場人物:男性】

  • トム……アナの今の夫。アナと同じく、元妻のレイチェルを遠ざけようとしている。
  • スコット……メガンの夫。レイチェルは彼にアナの浮気を知らせようとする。
  • カマル・アブディク……精神科医。メガンの担当をしていた。
  • マックス……メガンが17歳だったときの兄の友人。ほぼ名前しか登場しない。

これだけ把握していたら問題ないでしょう。
それ以外では、ほぼ予備知識は要りません。
「何が起こるのか」「誰が事件を起こしたのか」をじっくりと考えてみることをおすすめします。

不倫をめぐる物語

本作の物語の根底にあるのは「不倫」という許されざる行為です。

主人公は夫に不倫をされたうえに捨てられたしまった、同情するべき女性です。
その彼女が、列車に乗った時に、自身が思う「理想の夫婦」の不倫を目撃してしまうことから、物語が始まります。
彼女は自分の意見を明確に述べようとしますが、アルコール中毒者でもあるため、なかなか信用を得られません。

あとはもう、ネタバレなしではプロットは紹介できません。
誰が嘘をついているのか、どの意見が正しいのか、たっぷりと「推理」してみると、よりおもしろく観られるでしょう。

フェミニズムに溢れている!

同監督の『ウィンターズ・ボーン』と『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』は、閉鎖的な場所での悪しき慣習や偏見が描かれた作品でした。

本作『ガール・オン・ザ・トレイン』でも同じように、(原作者が異なるにもかかわらず)苦しむ女性へのあたたかな姿勢が見えます。
女性への酷い仕打ちを描きつつも、その苦しみがあってこその「救い」を描くのは、テイラー監督の作家性なのでしょうね。

エミリー・ブラントの体当たり演技に注目!

本作で何よりも賞賛すべきは、主演のエミリー・ブラントの熱演っぷりですね。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』では男勝りな女戦士を演じていましたが、今回は30代前半とは思えないほどに老け込み、憔悴しきった役柄になっています。

この主人公が信用たる存在か、はたまたとんでもない女なのか、と疑心暗鬼になることがこの物語のキモ。
このエミリーの演技もあいまって、いい意味で観客の心を翻弄してくれるでしょう。

カップルにはおすすめしません!

難点は、前後する時系列の描き方のいくつかはわかりにくさを増大させているだけ、と感じてしまったことでしょうか。
ミステリーとしては、あまりスマートではないというのが正直なところです。

また、全体のトーンがどんよりと重っ苦しく、なおかつ「不倫」を描いた物語なので、デートには激しくおすすめしません。本音を言えばぜひ恋人同士で観てイヤな気分になってほしいけどな。
性的な話題がとても多く、PG12指定は妥当。子どもも観ないほうがいいでしょう。

これはどちらかと言えば、オトナが1人で観て、これからのパートナーとの関係や人生のあり方を見つめ直すというタイプの映画です。
「どんでんがえしの衝撃!」といったことではなく、人としての生き方を描いたドラマを期待して観るのがよいでしょう。

劇場は全国で15館とわずかですが、イヤ~な気分になれるミステリー「イヤミス」が好きな方も、ぜひ。
<劇場情報>

以下はネタバレです。鑑賞後にご覧ください。今回はいきなりオチに触れています!↓

最低な男・トム

結論から言えば、レイチェルはすべてにおいて正しかった、独善的な元夫のトムに「お前のほうが間違っている」と(ある意味で)洗脳されていただけにすぎませんでした。

トムは、自分がクビになったのはレイチェルが酔ったときに上司に粗相をしたせいだと言っていましたが、実際は職場の女たちに手をかけていたことがクビの理由でした。

トムは、レイチェルと結婚しているときに、アナと不倫をする。
アナと結婚したときも、ベビーシッターのメガンとその場所でセックスをする。

あまつさえトムは、メガンの赤ん坊がトムの子かもしれないということを聞くと、「堕ろせ」「興味がない」というばかりか、罵倒してきたメガンを殺害してしまいます。

果ては、メガンの殺害を追求してきたレイチェルに「君があそこにいなければメガンを殺していなかった。ある意味では殺したのは君だよ」とほざくのですから……。

トムは自分の不倫を悪びれず、いつもその相手の女性に責任をなすりつけてきたのです。
彼が最後にレイチェルのことを「お前は犬だ」と言ったのも、「女がそんなふうに自分にたてつくのが許せなかった(犬のほうがマシだ)」ということなのかもしれません。

トムの不倫はセックス依存症とも言えるほどの酷さでしたし、本気で誰かを愛していたのことなんてなかったのでしょう。

でも、トムはレイチェルのことを「無害だよ、哀れな奴なんだ」とも言っていましたし、最後にレイチェルを追ったときにも彼女を殺す意思なんてなかったのかもしれません。
最後はレイチェルによる「正当防衛」で死んでしまうトム……ある意味では哀れな存在かもしれませんね。
いや、こんなゴミクズ野郎に同情なんてできませんが。

また、アナはトムのパソコンのパスワードに、レイチェル、アナ、メガン、そして娘のイーヴィの名前を入れていましたが、いずれもパスすることができませんでした。
これも、トムの愛情のなさ、女性たちへの無関心を示しているようで……。

レイチェルの物語

レイチェルはお酒によりたびたび記憶を無くしており、それによりトムに付け込まれるスキを作っていました。
彼女自身、「目覚めて記憶がないことが虚しい」とも言っており、それが彼女の自信のなさにつながってもいたのでしょう。

そんなレイチェルは、作中で3回だけ嘘をついています。

  1. 刑事に「列車に乗ったのは職場に行くため」と言った(実際はアル中により解雇されている)
  2. スコットに「妻のメガンと友だち」と言った(実際は会ったことがなく、列車からその姿を見ただけだった)
  3. スコットに「メガンはあなたを愛していたわ」と言った

しかし、1.の嘘は「ルームメイトのキャシーに家賃の心配をさせないため」、2.の嘘も「妻を探すスコットの助けになるために信頼を得たかった」ということが理由です。

彼女は、誰かのためになる嘘をついていたんですね。
これは、トムがとことん自分の保身のために、誰かを傷つける嘘をついていたことと対照的です。

なお、レイチェルが本来は正直者であることは、アルコール中毒のセミナーで「禁酒1日目です」と言ったことからもわかります。
言うまでもなく、レイチェルが列車から見た出来事(刑事に訴えたこと)も、すべて根拠のある正しいことでした。

レイチェルの物語は、自分の意見に自信をなくしてしまうこと、(トムのような)誰かの意見を鵜呑みにしてしまうことの危険性を教えてくれますね。
(でも、メガンと精神科医が抱き合っていたのは、厳密には不倫でなかったので、これはレイチェルが間違っていたとも言えるのですが……)

また、レイチェルはスコットの前では差し出されたお酒を飲んでしまいましたが、最後のトムとの対決ではお酒には逃げませんでした。
彼女は、ちゃんと「自分の意思を通す」という強さを手に入れていたんですね。

アナの物語

アナはレイチェルを一方的に危険視していましたが、最後に「正当防衛」をしたレイチェルがすべて正しかったと認めました。
最後にアナは、トムの首からコルクオープナーを抜こうと(?)していましたが、すぐにやめています。

アナもまた、自分が同じようにトムに支配されていたこと、つぎつぎに不倫をしていく最低男であることに気づいたので……「トムが死ぬことを望んだ」のも当然なのかもしれません。

メガンの物語

メガンは17歳のときに妊娠し、うたた寝をしたために自分の子を殺してしまっていました。

メガンが、ベビーシッターを「理想じゃない」と言ってやめてしまうのは、トムと不倫をしてしまったことだけでなく、娘を育てているアナに嫉妬してしまったことも理由なのかもしれませんね。

彼女の望み(理想)は、ただ愛する子を産んで、夫ともに育てることだったのかもしれません。
しかし現実では、17歳の時にセックスしていたマックスは(娘が死んでしまったから)自分を捨て、トムは生まれてくる子を堕ろせと言うのですが……。

メガンが精神科医を性的に誘惑しようとしていたのも、「トム以外の子がほしい」という気持ちの表れだったのかも(だったら、夫のスコットをただただ頼っていればよかったのですが……)。
メガンが、あまりに可哀想で仕方がありませんでした。

想像のメガンのために

レイチェル、アナ、メガンの3人は、みんなトムの独善的な不倫に苦しめられていました。
しかし、レイチェルはメガンの墓参りに来て、「私たちの絆は永遠、同じ物語で結びついている」と思っていました。

レイチェルは結局メガンと顔を合わせないままだったのですが、列車の窓から見たメガンのことを「昔の自分」「理想の妻」であると想像を巡らせていました。
出会っていなくても、たとえ想像であっても、彼女は毎日の列車で見たメガンに、そこまで感情移入していたのですね。

序盤の黒人の女性の意味は?

序盤に、列車に乗ったレイチェルは、隣に座った黒人の女性の連れていた赤ちゃんをあやそうとしていましたが、すぐにその女性がいなくなってしまう、というシーンがありました。
(レイチェルの鞄には、アルコールと思われるビンが見えました)

この黒人の女性と赤ちゃんも、レイチェルの「想像」だったのでしょう。
自分が不妊症だったことや、夫に捨てられたことを忘れて、ほかの赤ちゃんを連れた誰かに嫉妬することなく、その幸せを考えてあげる……。
そのような「理想の自分の姿」を、レイチェルは思い浮かべていたのかもしれません。

前を向いて

レイチェルは、仕事をクビになっても毎日列車に乗って、「誰か」の想像をしていました。
その想像は、幸せな誰かへの「嫉妬」へと繋がっていた可能性もあったのかもしれません。
アナが危険視していた、「レイチェルが子どもを誘拐してしまう」という結末も、ありえないとは言い切れません。

しかし、レイチェルは過去のことを忘れ、限りない未来のために、列車の窓の前のほうをただ見ていました。
そこには、想像ではない、確かな希望がありました。

(C)Universal Pictures

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. cayoko より:

    初めまして。
    本日本作を観てきてレビューを検索してこちらのブログを拝読致しました。
    細かいことで恐縮ですが、アナの娘の名前はイーヴィ(Evie)でメガンの娘はエリザベスで呼び名がリビー(Libby)なので違う名前です。ここで同じ名前だとさすがにメガンはアナの元で働けなかったのではないでしょうか。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top