『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』葛藤の答えはどうなった?ネタバレなし+ネタバレ感想(4DX吹き替え版)

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』葛藤の答えはどうなった?ネタバレなし+ネタバレ感想(4DX吹き替え版)

今日の映画感想はスパイダーマン:ファー・フロム・ホームです。

個人的お気に入り度:8/10

一言感想:ピーター、君は頑張ったよ……(甥っ子を見る目)

あらすじ

親愛なる隣人が頑張ります。

アメコミを原作とした『スパイダーマン』シリーズの最新作です。
基礎知識としては以下を認識してから観たほうがいいでしょう。

・2017年の『スパイダーマン:ホームカミング』に続くリブート(やり直し)作の第2作目
・ヒーローが同一世界で活躍するマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズとしては第23作目
・MCUのフェイズ3(第3シーズン)の最後を飾る作品
・物語は『アベンジャーズ:エンドゲーム』の続きから始まる

予備知識なく『アベンジャーズ:エンドゲーム』を観たという方からは「え?これで終わりじゃないの?」という声もあったとかなかったとか。

しかしながら、今回の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は比較的いままでのMCUを観ていなくても十分に楽しめる内容になっていますね。

基本的な物語は思春期の少年の恋と青春、それと世界の危機と単純明快。子供から大人まで感情移入がしやすい楽しい内容となっています。
というか全人類の甥っ子とも呼ばれる主演のトム・ホランドが可愛いんだ……観ればね、誰でもね、大好きになれますから。

ただ、本作を観れば必然的に『アベンジャーズ:エンドゲーム』のネタバレを踏むことになるというのも難儀なことです。
予告でもネタバレしていくスタイルになっていくし、もはやMCUをリアルタイムで追うことは「ネタバレを踏まないため」でも必須になっていくなあ……。

4DXはシャレにならないくらいに濡れる(爆笑)

さてさて、本作は4DXがすごかったということを強く訴えておきましょう。
もうね、あまりの水の量に爆笑しながら観ていましたから。

ブシュー!ブシュー!雨もブワーーー!アホか!この設定を考えたやつはアホなのか!と心の底から思いましたよ!(褒めてます)
正直濡れすぎて映画どころじゃない勢いですけど、それも含めてすげえなと。
これまで濡れることを推してきた4DXの映画には『ヴェノム』『アクアマン』などありましたが、今回に比べたら軽いジャブ程度でしたよ。

それでいて、終盤にはグルングルンと回るカメラワークで魅せるアクションがあるんですが、これも4DXと相性抜群。
徹頭徹尾アトラクション要素を楽しめる、これまた4DX史上に残る傑作演出となっていました。
とにかく、劇場でアホかと思う勢いで出てくる水の演出で爆笑したいという方という方にオススメします。

※参考。エクストリーム版はどんなことになってるんだ…↓
『スパイダーマン』4DXエクストリーム版、座席に“水しぶき”が舞う巨大な敵との戦いにうれしい悲鳴 /2019年7月2日 – エンタメ – ニュース – クランクイン!

ジェイク・ギレンホールが超すごいよ!

今回の目玉の1つが、ハリウッドが誇る個性派かつ実力派俳優のジェイク・ギレンホールが大活躍していることですね。
『遠い空の向こうに』の時のような純朴な青年も演じられる一方で、『ナイトクローラー』では心のそこから嫌悪できるドクズを怪演していたりと、その演技の幅も超広い方なのです。

しかも、現在は小規模公開の『ゴールデン・リバー』『ワイルドライフ』と合わせてジェイク・ギレンホール出演作を劇場で3本も堪能できるという僥倖……こちらで彼の役者としてのすごさをさらに知ってみるのもいいでしょう。

『ゴールデン・リバー』の紹介記事はこちら。意外とほのぼのしている作風で面白いですよ↓
『ゴールデン・リバー』あなたの予想を裏切る「3つ」の理由 | シネマズ PLUS

過去作に出てました

今回の修学旅行で引率をしているハリントン先生(演:マーティン・スター)は、『インクレディブル・ハルク』ではチョイ役の学生として登場していました。誰も覚えていないと思う。

さらに、もう1人の引率の先生であるデル先生(J・B・スムーヴ)もアウディとスパイダーマンのコラボCMで自動車の教習所の先生を演じていたそうです。転職したの?


※残念ながらコラボCMは現在削除されてしまっているよう。

MCUはサブキャラも含めると登場人物の数は膨大、本当に良い意味で大変なシリーズになってきましたね…。もちろんフェーズ4以降の展開も楽しみにしていますよ。

そんなわけで以下からはネタバレ。物語の核心部分&ラストに触れていますのでご注意を。あと『アイアンマン』1作目のラストもネタバレしています↓



詳しいネタバレはラジオレビューで

本作のネタバレについては以下のラジオレビューで光光太郎(@bright_tarou)さんと語っています。『アベンジャーズ:エンドゲーム』はもちろん『スパイダーマン:ホームカミング』のネタバレも含んでいますのでご注意を。

※ネタバレは6分ごろから。

第二のアイアンマンになるかどうかはどうなった?

ラジオ感想で語ったように、「親愛なる隣人のスパイダーマンとして過ごすか」か「第二のアイアンマンとして世界を救うことを優先するか」という葛藤の結論は、観終わってすぐは曖昧に思えてしまって、正直物足りなく感じていました。

もちろん、最後にMJを抱っこしながらスイングしながらデートしていることもあるし、ハッピーから「誰も理想のアイアンマンにはなれない、トニーですら、な」と言われていたので、やはりピーターはスパイダーマンのまま生きることを選択しているとも取れます。

さらに、最後にミステリオに強制的にスパイダーマンの正体をバラされるということは、『アイアンマン』1作目でトニーが自ら正体をバラしたことと対になっているとも言えるんですよね。
今回のピーターは親愛なる隣人のスパイダーマンを目指していたのだけど、やっぱり世界を守る第二のアイアンマンに(正体をバラされたことで)ならざるを得ない、というような……うーん、今回もピーターは可哀想ですよね。

完璧じゃなくてもいい

ピーターの葛藤の末の結論が曖昧に思えてしまった……とは前述しましたが、むしろ曖昧にしたことも重要だったのでは?と後から思うようになりました。

どういうことかと言うと、ピーターは自己中だと卑下し、第二のアイアンマンにふさわしくないと思ったからこそ、ミステリオにイーディスを譲渡してしまったんですよね。(この前にミステリオがピーターに「それは自己中じゃないさ」などと言っていたのも、イーディスを譲ってもらうための話術だったのか……)
その完璧じゃない=ヒーローたる資格がないという考えこそがそもそも間違いということが、ここで訴えられているように思えるのです。

また、ミステリオは世界中を騙してスーパーヒーローになることを、“虚構”を通じて実現しようとしています。
自己否定的な気持ちを表に出して、“現実”で葛藤するピーターとははっきり対になっているのです。

そして、最後にMJに渡すブラック・ダリアのネックレスは欠けてしまうのだけど、MJは「欠点がある方が好き」と肯定してくれるんですよね。


※ここは吹き替え版では訳が違っていました。吹き替えそのものは素晴らしい出来でしたが、ここはそのニュアンスを大切にして欲しかったですね。

完璧じゃなくてもヒーロー足り得るということ、それが「親愛なる隣人のスパイダーマンとして過ごすか」か「第二のアイアンマンとして世界を救うことを優先するか」の答えをはっきり出さなかったことにも繋がっていたのではないでしょうか。
明確にどっちと決めなくてもいいさ、と。それこそ、正直であり、人を救っていれば…ヒーローなんだ、と。

バナー

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

movieこちらの記事もおすすめです

今までに書いた映画レビューの中から、この記事を読んでいただいたあなたにおすすめの記事をピックアップしています。

ネタバレ前の感想をまずは読んで下さい。映画を見終わった後、ネタバレを含む解説を読んでいただけると1記事で2度楽しんでいただけるのではないかと思います。

カゲヒナタ映画レビューが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!あなたが良い映画と出会えますように:)

done アクション

この映画のレビューと同じカテゴリの記事です

done 10点満点の映画

10/10を獲得した映画です。

見たい映画が見つからないときはこちらがおすすめです。

done 9点の映画

9/10を獲得した映画です。

名作ぞろいです!まだ見ていない作品があれば是非!

著者

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

   
vertical_align_top