映画監督「園子温」さん特集

映画監督「園子温」さん特集

映画監督特集「園子温」です。

園子温さんも国内外で高い評価を得ています。
その作風は大体がバイオレンス風味で、ものごっつ好き嫌いがわかれます

最初に観たのは「自殺サークル」でした。映像にあふれんばかりのパワーを感じて、虜になりました。
最新作の「冷たい熱帯魚」(R18指定作品なのでクリック注意)が現在公開中ですが、自分は地方に住んでいるため観れないのが残念で仕方がありません。
上映館少ないなあ・・内容的に仕方がないのかもしれないけど。
観たい衝動を抑えるためにも、いままでの監督作品をまとめてみました。

「自殺サークル」

R15指定。一番有名な作品・・なんだろうけどこれをはじめに観ると辟易してしまうかもしれないのであんまりオススメしません。
女子高生が集団自殺をする画を撮りたかっただけ、と言われてもしょうがないのかもしれないけど、「自殺」が世の中にあふれていることの恐ろしさは十二分に描けていると思います。
「自殺サークルなんて、存在しない」というセリフをどう受け取るかはその人次第です。

「愛のむきだし」

R15指定。上映時間は約4時間。タイトルが出るまでも約1時間かかります。
でもめちゃくちゃ面白くて、その時間もあっという間に感じること必死のエンターテイメントに徹した傑作です。
主人公はまぎれもない変態だけど、これはこれで純愛に生きた男。共感してしまいました。
章立てのストーリー、登場人物の描き方などはタランティーノ監督作品のようです。
時間にびびらずに、まず上巻だけでも観てみることをおすすめします。
多くの人は「満島ひかり」のファンになると思う。

「エクステ」

恐いより先に気持ち悪い、気持ち悪いより先に笑ってしまいそうな安っぽいホラー作品。
正直髪の化け物よりも、わが子を虐待する親のほうが恐ろしかったりする。
その人間関係の視点がシリアスに描かれていたのに対し、肝心の髪のお化けのほうは馬鹿馬鹿しくって仕方ない。
栗山千秋のファンにはおすすめ。演技がいきいきとしています。
あと大杉漣が最高にキモい。ヘアーヘアー♪マイヘアヘアー♪(劇中歌)

「紀子の食卓」

R15指定。初めに観るのだったら、これが一番おすすめ。
「自殺サークル」と世界観は共通のものだけど、観ていなくても問題はありません。
「疑似家族」の描き方が本当に怖い。家族はかけがえのないものだけど、矛盾をはらんだものでもあると主張しています。
漫画家の「古谷兎丸」さんが出演していますが、これもすごくインパクトがあります。
2時間超えで、登場人物のモノローグが過剰なまでに多い映画ですが、始終惹きつけられて全く長さを感じませんでした。
「あなたは、あなたの関係者ですか」というセリフが印象に残ります。
<参考>「映画瓦板」のレビュー

こうして見ると、玄人向けというか、おすすめし難いクセのある映画ばかりだな。
大好きなのに。
人間の内面を強く描いた作品が多く、はまると抜け出せない魅力を持っている監督さんですよ。

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. 園子温作品って観客にそれなりのリテラシーが求められますよね。
    あまり一般受けはしないというか。
    でも、ドラマの「時効警察」撮ったりもしてるので一概には言えないですけど。

  2. ヒナタカ より:

    こんばんは!
    「時効警察」も撮っていた事実を恥ずかしくも知りませんでした。ちょっと観てみたいです。
    氏の作品は観た後にちょっぴり罪悪感みたいなのが残ったりします。
    一般受けしなさそうなところが、自分はむしろ好きです。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top