『真田十勇士』堤幸彦演出と構造的欠陥を抱えた脚本のコンボ(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『真田十勇士』堤幸彦演出と構造的欠陥を抱えた脚本のコンボ(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想は真田十勇士です。

個人的お気に入り度:3/10

一言感想:

あらすじ

ウソを本当にしてやるぜ!→ウソでも本当でもどっちでもよくなる話。

映画ファンからは蛇蝎のごとく嫌われている、堤幸彦監督の最新作です。
しかし、いくら嫌いな監督だからって、ハナから駄作だと決めつけてかかるのはよくないと思うんですね。

ひょっとすると楽しめるかもしれない、1周回っておもしろいかもしれない。
先入観なしに映画を観て、ちゃんと評価をしようと!と思ったら案の定裏切られたので、ボスにトリッシュを強奪されたブチャラティのような気持ちになってしまいました。やっぱりこいつ嫌いだよ!※画像出展はこちら

本作については『聲の形』に引き続き、ラリーBさんと大いに語っております。

※基本的にド酷評です(この映画が好きな人には本当すみません)
※なんだか酷評するのが楽しくなってヘラヘラしていてすみません
※7分50秒ごろから超ネタバレ注意

もう本当に素晴らしかったですね(皮肉)。
具体的な問題点は以下です。

(1)構造的欠陥を抱えた脚本
(2)安定のTSU☆TSU☆MI☆演出
(3)死者を冒涜する精神性

「チッ」と舌打ちをしながら映画を観たのは初めてです(←周りのお客さんに迷惑なので、絶対にマネをしてはいけません)。
総じてストレスを溜めたい方にオススメと言えますね(棒読み)

さてさて、それぞれの問題点を具体的に書いていきます。

ここがダメだよ『真田十勇士』

(1)構造的欠陥を抱えた脚本

えーとですね、本作は「実在する真田幸村が本当はボンクラで、なあなあでやったことがうまくいっていただけだった!」→「だけどそれを突き通してしまえばいいんだ!」という論理展開がされるんです。
これだったら、「ウソを突き通す」もしくは「ウソを認めて、本物の知将になる」ということが話のゴールになるはずですよね。
しかーし、この映画では終盤で明後日の方向にお話がお進みになりまして、すんげえ不愉快かつ納得しづらいことになるのです。

(2)安定のTSU☆TSU☆MI☆演出

堤幸彦はその過剰な演出やらハズしたギャグなどがおもに批判を受けているポイントですが、今回もそんな堤イズムが大判ぶるまいですよ☆
終盤ではもはや目を疑うような編集がございまして、展開の適当さも相まって怒りのボルテージが上がりまくりました。

(3)死者を冒涜する精神性

いや、これはヒドい。
この映画では戦地の真っ只中で誰かが死にそうになる→ほかの誰かが抱きかかえて号泣する、というダメな日本映画にありがちなシーンが出てくる(←ある意味ネタバレだけどいいや)んですけど、そういうシーンでの悲しみの感情を台無しにする展開が続くので死ぬかと思いました。

中盤までは悪くなかったかも?

そんなふうにド酷評をしながらも、お気に入り度が3点止まりなのは、中盤まではけっこうおもしろかったから。
前述の(1)構造的欠陥を抱えた脚本が終盤になるまで顔を出しておらず、話のテンポもいいためにとりあえず退屈はしなかったんです。

松坂桃李のキレ演技はなかなかだし、大島優子のくノ一はかわいいし(キャラ的には言いたいこともあるけど……)、松平定知のハマりすぎなナレーションもいいではないですか。

真田十勇士かわいいのが救い<大島優子はかわいい、それでいい。

そしてG指定で許されている意味がわからない残虐描写がたっぷり
これはおそらく演出も含め『バトルロワイヤル』『仁義なき戦い』的な深作欣二作品へのリスペクトなのでしょうね。

あとアクション担当の演者さんには、動ける方がたくさんいてよかったですね。
マンガ的なキャラが、現実ではありえねーアクションをしまくるのも楽しいです。
エンタメに徹しようという気概は存分に(むしろ過剰なくらいに)感じられました。

『300』が好きなのね……

ただし、アクションは『300(スリーハンドレッド)』なスローモーションの連続で台無しです。

あのね、『300』のスローは「原作のコミックの絵を「止め絵」として再現する」という目的もありましたし、そのスピード感を相対的に際立たせるという意味でとても効果的だったんです。
だけど、その演出をただ模倣しただけでは、「ふつうにしろや!」とイラつくだけなんです。

しかもアクションのカメラワークも「杜撰」としか言いようがないものだったし……。
堤監督はアクション稽古のときは「ドロンします」という札を置いていなくなりましたとか言ってるくらいなので、アクションのディテールなんてどうでもいいのでしょう。
せっかくのたくさんのエキストラ、巨大なセットももったいないです。

そうそう、この仕事してなさすぎな脚本を手がけたお方は誰かな〜と思ったら、いままでほぼ舞台のみ、映画の脚本を担当されていないお二方でした(そもそも本作は舞台版がほぼ同時に展開されています)。
なるほど、だから誰かがしゃべる→その話を聞いて「と、いうことが言われているのじゃが〜」とほざくという、舞台でしかありえない演出があったんですね。それは映画ではやめてくれませんかね。

あと2時間15分という上映時間もビミョーに長いです。
終盤の展開をタイトにまとめたら、2時間以内に収まると思うんだけどな。

自分は真田十勇士にも歴史にもまったく詳しくないので、単純に娯楽作としての出来を期待していました。
でもまあ、終盤の展開のおかげで総合的にはムカついてしょうがないというのが結論です。

でも、わりとソコソコのレベルでおすすめします。
初登場7位、2週目から9位と、大作映画としては大苦戦しているので応援したくなりました?(疑問系)
天空の蜂』に引き続き、「なぜ映画ファンは堤幸彦が嫌いなのか」を知れる絶好のチャンスですよ!(そんなチャンスはいらんかもしれんが)

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓ 文句しか言ってません。『レザボアドッグス』と『スティング』という名作映画のネタバレに触れているのでご注意を。

アニメになりました

冒頭10分をアニメで描くのには度肝を抜かれました。

まあ観客をびっくりさせるのはいいんだけど、問題はアニメで描くという必然性がこれっぽっちもないこと。
ふっつーの「実写でもできる」会話シーンから始まる有様で、『キル・ビル Vol.1』のような「アニメでしかできないアクションをやる」という意味もないです。

このアニメパートは『七人の侍』のような「仲間集め」なのだけど、このアニメで短絡的にキャラを紹介したことで、よけいにそれぞれの印象が薄くなってしまっている。アニメで描いたことが逆効果じゃねえか。

しかも「ピンポーン☆」という音ととともに、信じられないテロップが表示されました。

※この映画はアニメ映画ではありません。数分後に本編が始まります。

不覚にも笑ってしまいましたが、つまりこの映画のスタッフはこのアニメパートを本編とみなしていないということですよね。アニメを製作したスタッフに失礼だろ!
いきなり不愉快でしたが、クライマックスに比べればまだマシでした。

抱きかかえて泣き叫ぶ準備をしよう

えーと本作は前述の通り、真田幸村が本当はボンクラの役立たずだった、でもその側近の猿飛佐助は世間の高評価を突き通して「ウソを本当にしてやるぜ」と力説しているんですね。

で、終盤では真田幸村が男気を見せ、いままでのウソを打ち明け、はじめておのれの知略を提言します。
その知略の結果、いままでひとりも死ななかった十勇士が死にまくります

おいおい、いままでなあなあで超うまくいっていた→ちゃんと知略を尽くしたら仲間が死にまくるって、すげえかわいそうな話じゃねえか。
前半では砦の後ろ手が爆破されるという「不測の事態」も速攻で解決していたのに、せっかく主人公ががんばったこの戦いで大惨敗って……この脚本で訴えたいことって何よ?

もっとかわいそうなのはガリ勉メガネこと海野六郎(村井良大)ですね。
その断末魔は「武術の研鑽が甘もうございまいた」。ろくすっぽ勉学の知識が生かされてねえじゃん!

で、真田幸村自身もその息子も死ぬというこのうえのない悲劇の中、猿飛佐助は戦地の真っ只中で、「本当の男になれなくてすまなかった」と謝る真田幸村を抱きかかえます。
ここで褒めるべき(?)なのは、猿飛佐助が火炎爆弾を投げて、一応は敵が来ないようにしてから号泣していることですね。そりゃそうだ!抱きかかえて泣き叫ぶのも準備がいるよね!

この時点で死んだ目になっていましたが、じつはここまでが「第二幕」であり、クライマックスは別に用意されていました。

レザボアドッグスとスティングを一気にパクるよ!

クライマックスでは淀(大竹しのぶ)が徳川と通じていたという事実が明らかとなり、彼女を斬り殺そうとする才蔵、それを止めようとする猿飛佐助らが殺し合いまくり、まるで『レザボアドッグス』なタランティーノ映画みたいなことになります

レザボア・ドッグス [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2010-05-12)
売り上げランキング: 11,198

で、その後はみんなが生き返って「演技でしたー☆」って展開になるんですね。『スティング』か!

スティング [Blu-ray]
スティング [Blu-ray]

posted with amazlet at 16.10.03
ジェネオン・ユニバーサル (2013-02-20)
売り上げランキング: 10,416

何がひでえって、この演技をする必然性がこれぽっちもないことだ!
さっさと逃げればええ話やんっていうか、周りを敵に囲まれてんだからさっさと逃げるべきだろ!

1000000000歩譲って、「安全に脱出するため、追っ手を振り切るために、徳川家康と盗賊の頭領に死んだという事実を見せる必要があった」としても、徳川がわざわざ火の海の中ひょっこりと演技している部屋に来て、演技を見終わったら帰るという素晴らしい展開には開いた口がふさがりませんね。

あ、そういやエンドロールでは1枚絵で真田十勇士の「その後」を見せるんですが、思い切り追っ手が迫っていましたね。演技の意味なかったんじゃ……。

焼け死ねと?

ひっでえのが、熱演で徳川をだました一行が火の海の中に淀を置き去りにすることですね。
で、ウキウキ☆と脱出しようとする猿飛佐助が淀に言い残したのは「来世では(恋仲の)幸村様といっしょになれよ!」

待てやこのサルがぁ(マジギレ)!てめえ幸村とその息子が死んで号泣したばっかりだろ!
そりゃ淀はひどい裏切りをしたかもしれねえけど、せめて介錯くらいはしていけよ!慕った人物が恋をしていた相手に焼け死ねって言ってんのかお前は!

死者を冒涜する素晴らしいセリフ

で、ラストの船の上では、せっかく助けた殿様が「母上のことを考えてはおらぬ、イモのことを考えておった」とかほざきました。
こいつは殿様ではなく、根津甚八による「影武者」だったということなんでしょうが、だから何よ?

しかもこいつは口をすぼめて「おもしろいでしょ〜」と言いたげな変顔を繰り出します
いや〜最後まで不愉快な気分にさせてくれますね〜(拳を振りながら)。

で、猿飛佐助の最後のセリフは(中盤にも言ってるけど)「何がウソか本当かわかんねえな!」

_:(´ཀ`」∠):_←この言葉を聞いた時の自分の顔

てめえこのサルがぁ!(マジギレ)真田幸村を本当にしたかったって言ってたのに、その着地点は不愉快すぎるだろ!
真田幸村はせっかく本物の男になろうとして知略を尽くした(本当)のに、なあなあでやっていたほう(ウソ)がうまく行っていた。で、結論が「ウソか本当かわからん」って……死んだ真田幸村を冒涜しているんじゃねえか?

そういや猿飛佐助は、才蔵が十勇士のメンバーの首に刀を当てる→10数秒待つ→ギリギリで「仲間にしようぜ!(裏切りでも許そうぜ!)」とほざくという「切り替え」を作中で2回もやらかしていました。待たずにさっさと助けろや!
ああわかった、こいつは仲間を「どうでもいい」と思っていたんだな。俺ももうどうでもいいです(この映画が)。

おすすめレビュー(大酷評)↓
真田十勇士 [映画感想] | にわか映画ファンの駄目な日常

↓こっちのほうがおもしろそう

真田十勇士
真田十勇士

posted with amazlet at 16.10.03
コトブキシステム (1988-06-27)
売り上げランキング: 7,122

(C)2016『真田十勇士』製作委員会

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. オープンリーチ より:

    堤幸彦監督作は「自分の審美眼を養うための苦行として」個人的には重要なため、暇があれば観るようにしていますが、
    >>※この映画はアニメ映画ではありません。数分後に本編が始まります。
    この瞬間にはらわたが煮えくり返りました。じゃあ何のためにこのオープニングにした?ラリーBさんとの動画を拝聴しましたが、「このアニメを作ったスタッフに失礼」の意見には全く同感です。その後合戦シーンはお金と人員をかけた分、「頑張って300ぽくしました」というのが感じ取れたものの、思いの外観れた感がありましたが、エンドロール横で流れる一枚絵には呆れました。自分の作った映画を侮辱してなにが楽しいのか理解に苦しみます。
    この映画を見る前に受け付けで、年配の男性2名がこの映画について「そういえば○○が真田十勇士観たけど、くそつまらなかったって言ってたな」と話していたのが耳から離れません。大河ドラマの「真田丸」の評判に乗ろうとして作られた印象のある今作ですが、「仏作って魂を入れず」では興行収入及び身近な評判でも散々たる結果になるのは必然だということを教えてくれた、興味深い映画だと思います。

  2. ヒナタカ より:

    > >>※この映画はアニメ映画ではありません。数分後に本編が始まります。
    > この瞬間にはらわたが煮えくり返りました。じゃあ何のためにこのオープニングにした?ラリーBさんとの動画を拝聴しましたが、「このアニメを作ったスタッフに失礼」の意見には全く同感です。その後合戦シーンはお金と人員をかけた分、「頑張って300ぽくしました」というのが感じ取れたものの、思いの外観れた感がありましたが、エンドロール横で流れる一枚絵には呆れました。自分の作った映画を侮辱してなにが楽しいのか理解に苦しみます。
    聞いてくださってありがとうございます。「アニメを作った人に失礼だろ!」の文も付け加えました。
    > この映画を見る前に受け付けで、年配の男性2名がこの映画について「そういえば○○が真田十勇士観たけど、くそつまらなかったって言ってたな」と話していたのが耳から離れません。大河ドラマの「真田丸」の評判に乗ろうとして作られた印象のある今作ですが、「仏作って魂を入れず」では興行収入及び身近な評判でも散々たる結果になるのは必然だということを教えてくれた、興味深い映画だと思います。
    評判に乗ろうとした根性が見え見えなのが・・・まあそれでは成功しないいい例でしたね。

  3. […] PIECE FILM GOLD』 演出がどうしようもなかった『真田十勇士』 原作ファンにケンカを売りまくった『デスノート Light up the NEW world』 […]

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top