映画『貞子』真に怖いのはユーチューバー?(ネタバレなし+ネタバレ感想)

映画『貞子』真に怖いのはユーチューバー?(ネタバレなし+ネタバレ感想)

今日の映画感想は貞子です。

個人的お気に入り度:5/10

一言感想:ちゃんとしているけど後半失速

あらすじ

貞子がYouTubeもある現代に蘇ります。

1998年の『リング』から脈々と続く、“貞子”を恐怖の対象としたホラーシリーズの最新作です。
今では貞子はポップアイコン化している存在でもありますが、21年前の『リング』は本当に怖かったんですよ…。

結論から言えば、今回の『貞子』はしっかり恐怖描写を推したストレートなホラーになっていると共に、現代らしくユーチューバーの文化も取り入れた、そこそこ以上には“ちゃんとした”作品に仕上がっていました。不満もめっちゃ多いけど

「しっかりもののお姉ちゃん」と「ダメなユーチューバーの弟」との関係性が尊いよ!

本作『貞子』で身につまされた……というか大いに感情移入してしまったのは、主人公のしっかりものの臨床心理士のお姉ちゃんが、ダメなユーチューバーの弟を心配しまくるというメインのプロットですね。
いやもう、いいじゃないですか、この関係性……弟姉の組み合わせのホラー映画ということで『ジーパーズ・クリーパーズ』も思い出しました。


※スピルバーグ監督の『激突!』のオマージュも面白い作品。後半から良くも悪くも「えぇ…」な感じになるけど。

そして、想像してみてくだい……お姉ちゃんが子供たちが集まって大はしゃぎしながら観ているタブレットを覗き込むと、そのバカやってる動画のユーチューバーが弟だったということを……そしてその弟に再会してみると「俺ユーチューバーになる!学校もやめた!」と言う様を……(しかも学校の学費はお姉ちゃんが払っていた)。
これお姉ちゃんの立場だったらいたたまれないよ……個人的にそれは貞子よりも怖いですよ。

そのユーチューバーの動画がまた「寒さが尋常じゃない」感がリアルですごい、呪いのビデオよりも底辺ユーチューバーのマジつまんなそうな動画のほうがゾッとするという斬新な恐怖体験をすることができるのです(皮肉抜きで褒めてます)。
しかも、その底辺ユーチューバーが披露しているネタは、実際に有名配信者がやっているものらしい。そっちは面白いと信じています……。
『全員死刑』の時にも思いましたが、こういう映画でのユーチューバーいじりは楽しいし、現代の世相にもあっていますので、もっとみんなやればいいと思います。

※『全員死刑』の紹介記事はこちら。こっちに出てくるユーチューバーはさらにムカつきました(褒めてる)↓
『全員死刑』はどこまで実話?間宮祥太朗がぶっ飛びすぎ!炎上上等なこの映画を見逃すな! | シネマズ PLUS

そうそう、劇中では超人気ユーチューバーの水溜りボンドが本人役で出演しているのですが、ちゃんと役の必然性があるもので良かったです(正直あってもなくてもどちらでも良い程度のシーンではあるけど)。水溜りボンドご本人2人のコメントもとても誠実ですね。

池田エライザの目力がすごい!

本作の美点の筆頭となるのは、主演の池田エライザの演技が本気で素晴らしいということですね。
どちらかと言えば今まではファッションモデルとしての印象が強かったのですが、今回はその「目力」で恐怖をこちらにも“伝染”させるかのような熱演。いや、これはすごいでしょ!チャームポイントであるはずの大きい目が「ギョロってして怖い」と思えるほどになってるよ!

ちなみに池田エライザ本人にもリアル弟がいるため、今回の役は「もう二度とやりたくない」ほどに感情移入をしてしまったらしい……。その意味でも見事にハマっていたんですね。

その池田エライザ演じるお姉ちゃんに心配されまくりなユーチューバーの弟を演じているのは『ちはやふる』や『ミスミソウ』でもおなじみの清水尋也。
いい感じに軽薄さと、それでも守ってあげたくなる健気さが同居していていいですね。彼のファンにも大満足できることでしょう。

そして、子役の姫嶋ひめかがまた池田エライザに負けず劣らずの、“睨む”目力を見せていて良いんだこれが。
こうしたホラー作品であると余計に子役の演技の良し悪しはより際立つことが多いのですが、この子は文句のつけようがありません。

あと、ともさかりえと佐藤仁美というベテランがこれまた超絶怖い演技をしているのも良い!
しかも佐藤仁美が演じる“倉橋雅美”というキャラは『リング』および『リング2』の登場人物でもある。つまりはシリーズで世界観を共有している、およそ20年の時を経てそのキャラが復活しているというのも、『リング』ファンにとって何とも嬉しいではありませんか。

とにかく、キャスティングおよびそれぞれの演技は、掛け値無しに完璧と言えるレベルだと思います。

ギャグ化していない貞子です

本作の監督は初代『リング』の他、日本版続編『リング2』やハリウッド版続編『ザ・リング2』の監督も務めた中田秀夫が復帰しています。
中田監督は『L change the WorLd』『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』『MONSTERZ モンスターズ』『女優霊』など酷評されているアレもまあまあ手がけていますが……演出は元々とても上手いお方、今回も本当にしっかりしていたと思います。

そんな中田監督は自身の作家性を冷静に捉えれられているようで、「極めてホラー的な瞬間っていうのはギャグとか一発芸に近い」「おそらく自分に求められているのはそのラインではないだろう」と冷静に分析しているのがいいですね。
実際に今回の貞子は「ギャグ化していない」良いバランスに仕上がっていたと思います。

『貞子3D』のクリチャー化した貞子なんか完璧にギャグだったもんなあ……『貞子VS伽倻子』のモンスターサイドに寄った貞子も好きですが、今回は原点的に貞子と言う存在の哀しさと怖さに焦点を当てており、しっかり中田監督の“らしさ”がプラスに働いていたと思います。

そして、今回は貞子以外のところで真剣に怖いシーンもあるんですよ。(ていうか肝心の貞子がそんなに怖くないと言えるかも……)
前述したユーチューバーのマジつまんなそうな動画とは別ベクトルで、ちゃんとゾッとさせられました。

※『貞子VS伽倻子』の記事はこちら↓個人的には『リング』シリーズどころかジャパニーズホラー史上もっとも好きな作品です。
『貞子vs伽椰子』最強ギャグホラー映画がここに誕生!(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

宣伝ではSNSを大活用だ!

あと本作はSNS時代に沿ったプロモーションも素晴らしいですね。
Twitter、Instagram、TikTokではとことん貞子をマスコットに……というか萌えキャラ化。若い人に届けようという意図が伝わりまくりです。
以下の写真も、映画を観た後にほっこりと笑顔になれますね。

「シャクレル貞子」というこれまだSNS映えしそうなアイテムもいいじゃないですか。

さらには公式のマンガ『貞子さんとさだこちゃん』も無料公開中
こちらは貞子自身と幼女がタッグを組んでユーチューバーを目指すという斬新かつ可愛らしくてほっこりする内容です。


萌えキャラ化しすぎて怖さが皆無になっている気もしなくはないですが、映画本編では忘れてちゃんと怖いと思えるのでいいじゃないか。

後半はいろいろとイマイチでした

とまあ色々と言ってきましたが、実際の映画の感想としては前半は十分に面白いけど後半は激しくイマイチということで落ち着きます。

前半は前述した姉弟の関係や、その弟のユーチューバーが調子に乗ってしまう過程、謎の少女の存在など、多面的にしっかり興味を引く内容になっています。
後半からは行方不明になった弟の捜索うんぬんの内容になっていくのですが……それらは前半で散りばめられた要素があまり有機的に絡んでおらず、ヒントの提示方法が「そうはならんやろ」とツッコミたくなるほどに御都合主義的に思えてしまうのです。

貞子という存在に迫るまでの過程および謎解きは原点の『リング』シリーズの大きな魅力であったと思うのですが……今回はそこが雑に扱われてしまっているんですよ。
クライマックスも説得力に欠けていて盛り上がらないし、しかもわかりにくいところがあるし、いろいろとぶん投げているし……申し訳ないですが白けてしまいました。

さらに……ええと、ちょっとネタバレかもしれないけどもういいや、『リング』における貞子の呪いのビデオに課せられたルールである「観たものは一週間以内に死ぬ」というタイムリミットは今回ではほぼほぼオミットされています。(動画のコメントでちょっと言及されるくらい)
この呪いのルールは曲がりなりにでも採用して欲しかったな……『貞子VS伽倻子』の2日で死ぬ時短テクニックは良かったのに。

代わりに新たなルールを設定しても良かったと思うのですが、今回はその呪いそのものの定義がこれまた曖昧または雑にしか思えないものになっています。
しかも、せっかくのユーチューバー設定も終盤ではあまり生かされていなくなっているんだよなあ……これは勿体無いと言わざるを得ません。

あと中田監督の『スマホを落としただけなのに』でも思ったのですが、ネットの投稿文に“人間の声をかぶせる”演出は安っぽいしネットの匿名性による怖さが薄れてしまうのでやめたほうがいいと思いますよ。

この2019年のホラー映画もオススメです

実は2019年はホラー映画が大充実しているんですよ。
そのラインアップは現在も公開中の『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』を紹介した記事の最後にも記しています↓
『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』の「3つ」の魅力!ファミリー層にもオススメできる理由はこれだ! | シネマズ PLUS

『ラ・ヨローナ』と『貞子』は「母親の虐待に思えていたことは実は……」という導入部が偶然にも一致していたりもしますね。
今になって考えるとこちらも(特に水周りに現れるという)設定が雑だった気もしますが、まあ楽しめたのでOKです。シリーズでは『死霊館 エンフィールド事件』の次に好きですよ。

あとこちらも公開中の『オーヴァーロード』は最高でしたね……!B級の素材をA級に仕上げて見せ場のオンパレードなおかげでずっと「楽しぃいいいいい!」となりました。

また、ユーチューバーをフィーチャーしたホラー映画には、韓国製の『コンジアム』も公開されていましたね。こちらはマジで怖かったよ!紹介記事はこちら↓
『コンジアム』の「3つ」の魅力!考えうる限り最高に恐い理由はこれだ! | シネマズ PLUS

さらに、現在は紙人形劇的にスピルバーグ監督っぽいトラウマ描写が楽しめる『バイオレンス・ボイジャー』という作品も公開されています。公開劇場は現在3館のみですが、遠出してでも観る価値がありますよ。紹介記事はこちら↓
『バイオレンス・ボイジャー』がヤバ怖超面白い理由はこれだ!監督へのインタビューもお届け! | シネマズ PLUS

まあ、何が言いたいかと言うと、『貞子』にガッカリした人はこっちを観たらいいじゃないということです。

そこそこオススメです(体温低め)

そんなこんなで、この『貞子』は今のところ割と酷評されている印象ですが、前半の物語は本当に良く組み立てられているし、豪華キャストはみんなハマり役かつ最高の熱演を見せているし、中田監督の演出は上手いので、個人的には「そんなに悪くないよ(良くもないけど)」くらいの評価になりました。
食い足らなさは大いに残るものの、可もなく不可もなく程度には怖いと思える……のではないでしょうか?(疑問形)
あと、『リング』シリーズを観ていなくてもしっかり楽しめる親切設計になっているのもいいと思います。

余談ですが、公式で“原作”とされている鈴木光司の小説『タイド』もあります。
しかし、はっきり今回の『貞子』とは別モノ、副読本としてはちょっとオススメしづらいところがあります。

『タイド』はシリーズの『ループ』と『エス』を読んでいることが前提のようなところもありますし、あくまで小説の『リング』シリーズの1つとして読むべきでしょうね。

さらに余談ですが、少し前にハリウッド版のリブート作『ザ・リング リバース』も公開されていました。

こちらも酷評されまくっている作品なのですが、めっちゃ豪華な貞子の呪いin飛行機のシーンから幕を開けたり、倒れた薄型テレビから這い出てくる貞子が力持ちであることがわかったり、『ドント・ブリーズ』のような盲目変態のジジィとのバトルがあったりと、実際に観てみるとなかなか楽しい内容でした。
『リング』シリーズ、続くといいですね(遠い目)。

※以下からはネタバレです。鑑賞後にお読みください↓



貞子以外でちゃんと怖かったシーン

マジつまんなそうな動画を投稿していた弟ですが、実際に火事現場に行って、そこにあるお札がびっしりと貼られ、そして正体不明の“何か(貞子)”を見てしまうまでの動画はちゃんと怖かったですね。これならマジで人気ユーチューバーになれるんじゃ?と思えることも良い意味で皮肉的です(だが無許可で侵入したため警察に厳重注意される上に動画が削除されるというオチつき)。
この映像は実際に弟役の清水尋也が撮っているらしい。この“素人らしさ”がちゃんと恐怖を煽っています。美術も素晴らしい出来ですね。中田監督が撮ったメインパートよりも怖いというのも皮肉的だなあ。

そして、佐藤仁美が演じる倉橋さんが、臨床心理士である主人公に「お食事行きましょうよ〜ねぇねぇ〜!」とにじり寄ってきて、その後も何度も電話で誘ってきたという事実もあり、あまつさえ室内に勝手に忍び込んでいて花を入れ替えていたのも倉橋さんだった……のは真剣に怖かったですね。
その倉橋さんが夜に室内にいて主人公に「あなた非常識でしょ!」と剪定ばさみを持ちながら逆ギレするのも怖えぇ……実際にこういう「非常識を訴えるお前が非常識なおばちゃん」っているもんな…。
その直後についでと言わんばかりに貞子がテレビから出てきて這ってきたりもしましたが、正直貞子より非常識おばちゃんのほうが怖く見えたよ

もう1つ怖かったのが、女性が女の子に声をかけるのだけど、その笑顔がいきなり真顔になり、その後すぐに歩道橋からスムーズに転落自殺をするというシーンでした。
しかし女の子がもう一度下を見下ろすと死体はなく、その歩道橋の花が手向けられていました。
つまり、この女性は過去に死んだということ、女の子には『シックス・センス』のように死者を見る能力があったということですよね。何で女性がすぐに真顔になって自殺したのかという理由は良くわからないけど……(だからこそ怖いとも言える)。

あ、その後にエレベーターで暗闇から車椅子姿の白目のおじいちゃんが現れるというシーンがあったけど、あんまり意味なかったですね。
これ、たぶん中田監督の『クロユリ団地』のオマージュだと思う。
※他にも『リング2』(本作のクレジットには『リング2』の映像を使ったという記載もあり)や『仄暗い水の底から』のオマージュもあったそうですが、自分はどこなのかわからなかった…(内容を忘れてしまっているから)。ご意見をお待ちしています。

野暮な不満点いろいろ

まず女の子は前述したように死者を見る能力や、他にもモノを動かしたりするサイキック能力を持っていたようですが、終盤に全く生かされなくなっちゃうことが残念でしたね。凶行に及ぼうとする倉橋さんを止めてはくれたけど、もうちょっとなぁ…。
それよりも問題は、女の子のことをその母親は「貞子の生まれ変わりだ」と言っていましたが、その理由づけやそうだとわかった過程や因縁もぶん投げられていること。納得できませんぜ。女の子の母親と貞子の母親は「インチキ呼ばわれした霊能力者」という共通点はあるんですけどね…。

あと、女の子を取り囲んで子供達が「名無しの権兵衛ー!名無しの権兵衛ー!」って囃し立てるんだけど昭和か!いや昭和でも古いだろその言い回し!

まあそんなのは些細なこと。問題は、行方不明になったユーチューバーの弟の行方が、以前投稿した動画の終盤になぜか挟まれていた映像でわかるということ。
塚本高史演じる石田さんが「どうやって投稿したんだ」という当然の疑問を投げかけていましたけど、その謎もまた結局ぶん投げじゃないですか。貞子が動画を投稿する能力を持っていたの?

その弟が貞子の洞窟(すごいネーミングだ)で数日ずっと体育座りでブルブル震えているだけだった理由も良くわかんないし、その映像(呪いの動画?)はモノクロだったはずのに弟の服がわかりやすく色がついていたりするし……。

最終的に少女時代の貞子とハグして、自身も親に捨てられた身としてシンパシーを感じる……ということ自体はいいと思うのですが、弟は結局お姉ちゃんを庇って水の中に引き摺り込まれて殺されちゃたようで悪い意味で後味が悪いし、そもそも貞子の呪いからどう逃れるかというロジックが全くないし……色々なところが雑な上に「結局良くわからない」感じになっているのははっきり残念でした。まあ最終的に貞子の生まれ代わりと言われた女の子が助かるのは良かったけどね。

ギャグの理由に感動しました

ここまでユーチューバーの弟が投稿する動画がマジつまんなそうと散々言っていましたが、特に動画の最後に脈絡なく「必殺!シワダラケ〜!」とぶっこむギャグは正気の沙汰ではありませんでしたね。

しかし……マジつまんなそうと言っててすみませんでした!その「必殺!シワダラケ〜!」が、子供の頃にたった1人の家族であるお姉ちゃんを笑わせるためのギャグだったというのは感動したよ!

じゃあ何でそのお姉ちゃんのためのギャグを全く関係のない動画の最後にぶっこむんだともツッコミたくなりますが、まあそれは彼がそれほどのシスコンであり(マジメに言うと今でも自分の動画を見て姉に笑顔になって欲しかったということ)、ユーチューバーとしての才能はなかったということで……。

(C)2019「貞子」製作委員会

バナー

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

movieこちらの記事もおすすめです

今までに書いた映画レビューの中から、この記事を読んでいただいたあなたにおすすめの記事をピックアップしています。

ネタバレ前の感想をまずは読んで下さい。映画を見終わった後、ネタバレを含む解説を読んでいただけると1記事で2度楽しんでいただけるのではないかと思います。

カゲヒナタ映画レビューが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!あなたが良い映画と出会えますように:)

done ホラー

この映画のレビューと同じカテゴリの記事です

done 10点満点の映画

10/10を獲得した映画です。

見たい映画が見つからないときはこちらがおすすめです。

done 9点の映画

9/10を獲得した映画です。

名作ぞろいです!まだ見ていない作品があれば是非!

著者

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

   
vertical_align_top