『RANMARU 神の舌を持つ男(略)』観ている時間を呪える映画(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『RANMARU 神の舌を持つ男(略)』観ている時間を呪える映画(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

メリー!クリマスース!

今日はクリスマスイヴ!
街では恋人たちの心が浮き足立っている素敵な日ですね!全員爆発すればいいのにね

今日はそんな日に観るのにおすすめの、とってもおもしろい映画を紹介しちゃうよ☆

その映画のタイトルはRANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編だよ!

個人的お気に入り度:2/10

一言感想:RANSHIN(鑑賞後の俺が)

あらすじ

ノーコメント

はい、すみません。嘘です。全然おすすめできません。
まあ公開開始から3週間足らずの12月22日の時点でほとんどの映画館では上映終了しているので、観るのがそもそもそも難しいんですけどね。

ブログを10日もサボって、『ローグ・ワン』や『バイオハザード:ザ・ファイナル』の感想も書かずに、なんでこの映画を優先してんのか自分でもわかりません。
でもいいや、ここがダメだよ『RANMARU』行ってみよー!タイトル(134文字)の寒さからもうダメだけどね!

あ、そうそう、このブツを観たのはこのブログの読者の方々の後押しのおかげだったりします。
この場で感謝を申し上げます。

※読者の方々からのありがたいお言葉

寒さー273度のギャグがキツい

恐ろしいことに、本作の鑑賞ポイント(売り)のひとつは「ストーリーと無関係のギャグがおもしろい!」だそうですよ!

「そこを推すのは映画としてどうなんだ」という問題がありますが、そこは100歩ゆずりましょう。
でも、本編が始まってすぐのギャグはこんなんでしたよ?

冒頭の幼稚園児なら爆笑できるギャグ

数人のおじさんが車を動かしながら、「うんとこどっこいしょ、うんとこどっこいしょ」

そのうちが1人が行き倒れている主人公に駆け寄り、それにほかのおじさんが振り向いて「え?う◯こ」

開始5分で世界なんて滅んでしまえと思いました

木村文乃のギャグと、それに対する佐藤二朗のツッコミの一部

まあさすがに全編がそんな幼稚園児レベルのギャグではないです。
その代わりに木村文乃がつまらないギャグをかまして、それに佐藤二朗が冷静なツッコミを入れるという展開が50回くらい繰り返されます

木村文乃「戸塚に乗った気分でいてよーーー!」↓
佐藤二朗「それを言うなら大船(おおふな)だ、いや大船(おおぶね)だ。戸塚は1つ前の駅だ。神奈川県民にしかわからんぞ。お前ワザと言っているだろ」

木村文乃がトンチンカンな推理をする↓
佐藤二朗「気にしないでください。世界一ムダな時間ゆえ、話を進めましょう」

俺もこの映画を観ている時間を世界一ムダだと思うよ!

もうダメ、耐えられません。
冷静に分析すると、これはギャグがつまらないことを見越して、観客より先周りしてツッコミを入れておくというものなんですね。
つまらないことが前提のギャグを「おもしろい」として売り出すなんて、正気の沙汰じゃないよ!

メインのストーリーはそれなりにまとも

まあ、ちゃんと褒めるべきポイントもあります。
物語は「人里離れた村で突如起こった地盤沈下と殺人事件の謎を解く」というものであり、『犬神家の一族』に代表される金田一耕助シリーズのフォーマットを取っているため、観られないこともないのです。

そういや、同じく堤幸彦監督の『トリック』シリーズも似たようなもんでしたね。
事件の手がかりや謎を追う過程はそれなりにまともで、テンポもいいので観ている間はひとまず退屈はしませんでした。まあ売りのストーリーと関係のないギャグのせいで観ている間じゅう死にたくなってくるけど。

あと、作中で思い切り金田一耕助のパロディおよびそれに対するツッコミがあって、ここだけは唯一おもしろいギャグでしたよ。

なぜこんな映画作られたのか?

なぜこんな映画が存在するの?と思うところですが、実は本作は平均視聴率5.6%の大爆死ドラマの劇場版となっています。
しかも、堤監督自身もドラマ版が超低視聴率を記録したことを謝罪しているのである!

※「類稀な」に訂正印が押されていることもポイント高い

なんで松竹がわざわざ映画版を公開させたんだろう……おそらく、すでに映画版の撮影を終えていてしまっていて、お蔵入りにできなかったんだろうな(すればよかったのに)。

ちなみに、堤監督は『銀幕版 スシ王子!』にて、ドラマ版が爆死したのに公開された映画を作ったキャリアをすでにお持ちでした。

もうなんていうか、堤監督がかわいそうになってくるレベルなのでもうやめてあげてよ!堤監督が大嫌いな自分でもそう思うよ!
『この世界の片隅に』がクラウドファンディングで爪に火をともすような想いで作られたのに、こうして誰もが望んでいないのに制作されちゃう映画もある……つくづく映画業界ってゆがんでいるなあ。

ついでに、向井理、木村文乃、木村多江、市原隼人、総じて役者さんもかわいそうに見えてくる作品でした(佐藤二朗は楽しそうだけど)。おすすめしませんDEATH!

ちなみに、映画よりもスーパー・ササダンゴ・マシンによるプレゼンのほうがおもしろかったですよ。

以下は結末を含めてネタバレです。別に未見でも読んでもいいような気がする↓

※以下、登場人物の名前を思い出したくもないので、俳優の名前で書きます。

自虐ネタで開幕

初めに佐藤二朗の語りによる「ドラマ版のおさらい」があるのですが、「あまりにご覧いただけていないので紹介します」と言われてびっくりした。ドラマ版が爆死したことの自虐ネタかよ!

しかもおさらいの最後は「このドラマもここで打ち切りのはずでした……あの、ここ笑うところですよ」で〆られました。笑えねえよ!

ドラマの「QUIZ」ネタ

えー本編のギャグは、
木村多江が向井理にビンタするのを筋肉番付風に3回繰り返すとか、
いきなり旅館の女将が「ボヘミア~ン」と叫ぶとか、
黒服のエージェントに捕まって「逃走中かよ!」とツッコムとか、
「放電プラズマ現象」って芸人の名前みたいだよね!こんちは!放電プラズマ現象で~すとか、
SAN値がガリガリ減らされるもんばっかりでした。いっそ殺してくれ。

で、事前情報として2000年に放送されたドラマ『QUIZ』のネタがあると聞いていたのでワクワクしていたのですが、これは旅館の女将が唐突に「あなたの一番大切なもの、なーんだ」と言うだけでした。『ローグ・ワン』のファンサービスを見習えよ。

「かごめかごめ」は怖い!

ちょっと褒めると、村で歌われていた「かごめかごめ」の歌詞に恐ろしい意味があり、それが木村多江の一族の忌まわしき仕事(橙堕胎専門の医者だった)こととリンクするのは上手かったですね。
佐藤二朗がその説を超上手い漫画で説明するシーンは素直におもしろかったです。
(かごめは「籠女」と書き、籠を抱いているような女性、すなわち妊婦のことを指しているという説を流用している)

渾身の金田一耕助ギャグ

事件の真相を知った向井理が「謎はすべて解けた!みなさんを集めてください!」と言い、佐藤二朗が「みなさんって誰と誰と誰だよ!」とツッコむのは笑いました。
確かに金田一耕助シリーズ、もっと言えば『金田一少年の事件簿』シリーズでも、集められる人物って暗黙の了解で勝手に決まっているよね。

地獄のクライマックス

えーと殺人事件の真犯人は市原隼人で、恋人の木村多江の一族の忌まわしき仕事を隠すために死体を遺棄していたんですね。
彼は水を海外に売っている女社長に脅され、爆薬を使ってでも彼女のところに水路を伸ばすことも余儀なくされていました。

まあそれはいいんだけど、死んだ被害者が自分からそのへんの岩に3回頭をぶつけて勝手に事故死したというのが市原隼人の回想で流れるのはなんやねん。
こんなん信じられるかよ!見た目コントじゃねえか!(一応、最後に事故死であることが証明できれば執行猶予がつくと説明されているのはよかったけども)

で、市原隼人が警察に連行されるとき、そこにいる全員が号泣するという地獄のようなシーンが待っていました。
これ、序盤で「被害者はぜんぜん知らない人物なのに、向井理が号泣する」ことが伏線になっているんですが、そんなの誰が得するんですか?

頭が大きくなります☆(意味なし)

もう1つ本作にはキツい要素がある。
それは、時々誰かの頭が大きくなっており、その間に「ズズズズズ」という効果音が鳴り響いていること。
(よく渡辺哲の頭がでかくなっていた)

※この渡辺哲の頭がときどきデカくなっていることを想像してください。

なんでこんな演出があるかはググッてもよくわからんかったのですが、おそらく「もう一度見てみると新たな発見があるよ☆」ってことなのではないでしょうか。ご乱心!ご乱心でござる!(このシーンを観た俺が)

地獄のエンドロール

本作はエンドロールもキツかった!
何がって、向井理、木村文乃、佐藤二朗のメインの3人がグダグダな会話をしながら村から去ろうとするというもんなんだけど、そこで劇画調に描かれた3人の顔がどんどん大きくなり、やがて画面を埋め尽くすのである!

最後に「スクリーンから目を背ける」という貴重な体験をさせてくれてありがとう!
2016年の「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」で現在1位を爆走中(ほぼ当確状態)なのはもう当然ですね!みんなも投票してみましょう↓
この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞

※追記↓こちらの記事も書きました(ネタバレなし)。がんばったら褒められるもんですね!
『RANMARU 神の舌を持つ男(略)』を“逆に”観て欲しい5つの理由 | シネマズ by 松竹

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. […] 4位 RANMARU 神の舌を持つ男(略) […]

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top