『ネオン・デーモン』わからなかったことを教えます(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『ネオン・デーモン』わからなかったことを教えます(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想はネオン・デーモンです。

個人的お気に入り度:6/10

一言感想:超上級者向け女性バトル映画

あらすじ

16歳のジェシー(エル・ファニング)は、ロサンゼルスでファッション業界に飛び込み、トントン拍子に契約も決まっていた。
そんなにジェシーに、ライバルであるジジ(ベラ・ヒースコート)やサラ(アビー・リー)は異常なまでの嫉妬心を燃やしていく……。

『プッシャー』『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督最新作です。

ニコラス監督作品は、観念的でわかりにくいものが多いです。
本作『ネオン・デーモン』もご多分に漏れずにその域に入るわけで、現実離れした展開や、何を意味しているかを読み取らないといけないシーンなどがてんこ盛り。この特徴に「ついていく」のがまず大変なのです。

わかりやすい内容を「装飾」しています

ただ、今回は(も)基本のプロットとテーマがストレートに表れているので、ある意味ではめっちゃわかりやすい内容とも言えます。
プロットは「16歳の少女がファッション業界に躍り出て、その若さと美しさのせいでライバルから疎まれる」というもの、テーマは「美にとりつかれた者たちの欲望」や「美を追求することの狂気」です。

本作は、そんな普通に描けば30分くらいで終わりそう(暴言)な内容を、ニコラス監督のヤバすぎる作家性および暗喩で「装飾」した内容と言っていいでしょう。
「はっきりしない(説明しない)」展開がぶっ続きますし、かなりゆったり目のテンポで描かれるため、人によっては退屈極まりないのかもしれません。

「あれってどういう意味?」「なんでこんなシーンがあるの?」とモヤモヤするのだけど、そのモヤモヤというか「謎」が残る、その謎をいろいろと考えられることこそが魅力と言っていいでしょう。

すっきりハッキリする映画が好きな人には、どうあってもオススメできません。
R15+指定納得の性描写や暴力性も含め、めっちゃ人を選ぶ作品であることは間違いありません。
ニコラス監督の個性を知らない方は、まず過去の作品を観てから挑んだほうがベターでしょう。

エル・ファニングは美しいというより……

本作の批判意見でよく見られるのは、主演のエル・ファニングは「美しい」というよりも「かわいい」という印象が強いため、「美しさのせいで他人の嫉妬心を集める」という役には合っていない、という指摘でした。

それは確かに否定できない……のですが、作中では「若さ」というものが重要視されること、もっと言えばロリコンへの自己批判的な言及があるので、一概にミスキャストだとは思いません。
撮影時に17~18歳であったエル・ファニングの「幼さ」もまた重要だったのだと……。

作中では「Hard Candy」という、「小児性愛者が好きな未成年の少女」という隠語も登場しています。
その隠語そのままの、インターネットで少女と知り合ったロリコン親父がひどい目に合う映画もありましたね。

そういえば、ニコラス監督は『オンリー・ゴッド』の冒頭でも少女を買おうとする男を登場させていました。
自身のロリ趣味の自戒を込めて作品に反映させる、そういう精神は嫌いじゃないです(失礼な発言)。

歪(いびつ)だけど、そこが魅力かも?

『ドライヴ』『オンリー・ゴッド』に続くタッグとなる、クリフ・マルティネスの音楽も最高でしたね。

オープニングシークエンスや、とあるネオンが輝くシーンでの音楽は、否応無しに映画の世界へと引き込んでくれました。

ちなみに、ネオンというモチーフが使われたのは、監督がネオンの「未来的でありながらアナログ感もあるという『二面性』に惹かれた」ことが理由なのだとか。
その「二面性」とは、ファッション業界にいる女性の「表向きには仲良くしているけど、内心は嫉妬心を燃やしている」という気持ちを示しているのかもしれませんね。

正直この内容で118分は長いと思いますし(監督の過去作『ブロンソン』『ヴァルハラ・ライジング』『オンリー・ゴッド』は90分ちょっとだった)、作劇的にはとても上等とは言い難い、良くも悪くも「歪(いびつ)」と言える内容です。
これまでのニコラス監督作品が気に入って、「まだまだついて行ってやるさ!」という方には超オススメします。

あと、キアヌ・リーブスが無駄遣いとしか言いようのない役で出演しているのも愉快でした。キアヌファンも観ましょう。

以下、結末も含めてネタバレで、いろいろと解釈を書いていきます↓

なんでモーテルに山猫がいるの?

ジェシーが泊まったモーテルの部屋には、なぜか山猫(ていうか女豹?)が入り込んでいました。
モーテルの主人は理不尽にもジェシーに部屋の修理代を請求し、親切なカメラマンのディーンが代わりに現金で払っていました。

この山猫は、ジェシーが思いもしなかった「不用心さの代償」「何かを破壊してしまう危険性」を示していたのでしょう。

モーテルの主人は、ジェシーが「鍵をかけていなかった」ことを弁償の理由にしていました(=不用心さの代償)
そして、山猫が部屋をめちゃくちゃにしたように、ジェシーの若さと美貌は、ファッション業界への進出を望むほかの女性たちの願望を壊していくのです(=何かを破壊してしまう危険性)

ジェシーはセックスに対して認識が甘すぎる?

モーテルの主人は、違う部屋(214号室)に泊まっている13歳の家出少女のことをディーンに話し、「お前はロリータだろ?」と聞いていました。
212号室にいたジェシーは、その少女と思しき悲鳴を壁の向こうから聞いたり、夢の中でモーテルの主人にナイフを口の中に突っ込まれたりもしていました。
これは年端のいかない少女がレイプ被害に合ってしまう(かもしれない)、という暗喩でしょう。

ジェシーは本当は処女なのに、男性経験が何度もあったと嘘をついたり、ネットで知り合ったカメラマンのディーンに写真を撮らせたり、ディーンと寝るかもしれないことを告げたルビーに「私はそんなヤワじゃない」と返すなど、性的な事柄対する認識が甘いように見えます。
彼女がディーンから受け取ったバラを触って気絶してしまうのも、セックスの準備ができていないこと、危機感が薄いことの表れでしょう。
(言うまでもなくこれは『眠れる森の美女』のオマージュです)

三角形のネオンの意味は?

中盤、三角形の(鏡になっている)ネオンの中に、ジジと思しき美女が登場します。
※三角形の中にいるのはジジではなくジェシーだとご指摘を受けました。

ニコラス監督はこの三角形のネオンについて、(三角形が象徴するのは)ルビー、サラ、ジジという「3人の魔女」であると語っています。
ここで思い出すのが、ジジは「ポニーテールが映えるようにするために耳まで整形したわ」「誰だって素顔は嫌いでしょう」とジェシーに話していていたことです。

要するに、これはジジ(とサラとルビー)が悪魔(デーモン)のような異常な嫉妬心をあらわにし、かつ「鏡」で己の「作られた美」を見ていた、というシーンなのでしょう。

ルビーが鏡に描いた絵の意味は?

ルビーはジェシーの「初めて」の相手になろうと迫りますが、拒絶されてしまいます。

その後、ルビーは鏡に「×(バツ)と◯の目」「大きな×の口」の、落書きを描いていました。

おそらく、目のx(バツ)は英語における「キス」、転じてルビーからジェシーへのレズビアンとしての欲望を表しているのでしょう。
その後に目に足した◯は、ジェシーがディーンの前で話していた「大きな月(ジェシーの目)」を思い出させます。

また、ルビーは死体にメイクをするだけでなく、セックスをしており、その死体のお腹には×の形に似た大きな切り傷がありました。
(ジジはラストでその死体と同じように、腹を切り裂いて絶命していました)
ルビーの描いた「大きな×の口」は、「ジェシーの腹を切り裂いて殺したい(そして食べて自分のものにしたい)」というおぞましい願望を示していたのかもしれません。

ルビーは殺人のときに性的快楽を覚えていた?

ルビーと思しき女性が、(ジェシーの目を意味する)月に照らされ、股を大開きにして、「愛液」のような水が大量に流れる、というシーンもありました。

これは、ジェシーを殺したことが、ルビーの性的な快楽になったことを示しているでしょうか……。
そういえばルビーは、血を洗い流すジジとサラのヌードも恍惚とした表情で見ていましたね。

ラストの意味は?

ルビー、ジジ、サラの3人は競合してジェシーを惨殺し、本当に「食べて」しまったようでした。
ジジが最後にジェシーの目玉を吐き出し、腹を切り裂いて自殺したのは……どうあっても「作られた美(整形した)」であった自分が、ジェシーに叶わない、彼女を食べたところで「拒絶反応を起こしてしまった」ということなのかもしれません。

でもサラは、そのジジが吐き出した目玉をも食べてしまいます。
作られた美に負けた者もいるけど、それを上回る悪魔(デーモン)もいる……最悪の後味を残してくれるラストでした。

エンドロール前に出てきた「リヴへ、愛を込めて」って?

エンドロールに入る前に「FOR LIV ❤︎」と唐突に表示されました。
このリヴとは、ニコラス監督の妻の名前です。

じつはニコラス監督は、朝に目が覚めたとき、横に眠る妻の顔を見て、その美しさにジェラシーを感じた瞬間に、この「美しさ」をテーマにした映画を撮ろうと決めたのだそうです。

また、ニコラス監督は妻を撮影に同行させたいがため、「どこならいい?」と聞いて、妻が妥協したのがロサンゼルスだったのだとか。
ニコラス監督は、ロサンゼルスで仕事をしたことがあり、そこがファッション業界の中心のなっている場所と知っていたため、この映画の撮影場所にまさにピッタリだったというわけ。

つまり、この「リヴへ、愛を込めて」というのは、ニコラス監督から妻への「君のおかげでこの映画ができたよ!」というメッセージなんでしょうね。

渇いた地を歩く

エンドロールで映し出されたのは、ジェシーと思しき少女が、枯れた地を歩き、やがて「日の入」が訪れる、という光景でした。

枯れた地は、そのまま「渇き」、果てしない欲望を表します。
女性が生きることは、そのような過酷な場所を歩く、ということなのでしょう。
最後に日が落ちるということは、ジェシーの人生が終わったこと、「安らかに」ということを示しているかのようでした。

(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. huku より:

    三角形の中にいるのはジェシーですよ。ジジじゃないですを

  2. elle より:

    なんか全体的に的はずれで残念な考察です。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top