『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』居場所を探して(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』居場所を探して(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想はミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(原題:Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children)です。

個人的お気に入り度:6/10

一言感想:ティム・バートン meets X-MEN

あらすじ

周囲になじめない孤独な少年ジェイクは、生前の祖父から時々「奇妙な子どもたち」の写真を見せてもらっていた。
祖父の遺言に従い、ウェールズの孤島にある島に向かったジェイクは、森の奥にある古めかしい屋敷を見つける。そこには、美しくも厳格な女性ミス・ペレグリンのほか、彼女の保護の下で暮らしている奇妙な子どもたちがいた。
彼らはとある理由により、1943年9月3日の「タイムループ」の中で暮らしているというのだが……。

ベストセラー小説『ハヤブサが守る家』を原作とした作品です。

実は原作では、作者自らが撮ったものと、収集家から集めた写真が「挿絵」のように挟まれています。
映画ではちらっと映るだけだった写真が、原作ではじっくり見られるのはうれしいですね。

怖いぞ!だからでこそ子どもに観てほしい!

えーと、まず言っておきたいことは、本作が意外と怖いしグロいことです。
本国ではG指定ですが、海外ではPG-13指定(13歳未満の鑑賞には保護者の強い同意が必要)だったりしますもの。
ちょっと『パンズ・ラビリンス』を思わせる「痛い」描写まであるので、あんまり小さい子の鑑賞には注意したほうがいいかもしれませんね。

ただ、個人的にはこういう「ちょっと怖い」くらいの映画のほうが子どもに観てほしいです。
ティム・バートン監督自身も、自身の作品群を振り返って、「僕は、モンスターが子どもを食べたりして、恐ろしく、時にグロテスクでさえあった物語を観て育ったけど、そういう現実的ではない物語も時には現実に思えた。人の心理や人生を理解するうえで、役に立ったと思う」とコメントしています。
ホラー風味の物語に触れて「怖い」と思うことも、冗談抜きで情操教育にいいと思いますよ。

ティム・バートン節にあふれまくっている!

ティム・バートン監督は言わずもがな、「変人」や「仲間はずれ」なマイノリティにやさしい視点を持っている作家です。

そんな彼が「特殊な能力を持っているがゆえに迫害をされてきたため、外界と離れた場所で暮らしている」子どもたちを描くって……
最近では『マグニフィセント・セブン』のアントワーン・フークア、『この世界の片隅に』の片渕須直、(映画としての出来はともかく)『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアーなどなど、「この原作(原案)と監督の相性が良すぎ!」と思う映画が続々と公開されていましたが、本作はその究極系ですね。

グロいモンスターや極端だけど愛おしいキャラクターの描き方はバートン監督の真骨頂。監督の大ファンとして大いに楽しむことができました。

あと、本作に関しては、主人公に意地悪なことをする男の子2人が、自身に微妙な名前をつけるラッパーくずれというのがよかったですね(笑)。
うん、ああいうウェーイwww系の、自分の言いたいことを言っちゃえるラッパーは、バートン作品的にはいちばん嫌な存在だよね。

『X-MEN』や『ジョジョ』っぽい!

本作は「施設に住む特殊能力を持った子どもたち」を描くという点で、「X-MEN」シリーズをも彷彿とさせるんですよね。
彼らの能力を見るだけでワクワクしますし、その年齢はX-MENシリーズよりも若い(幼い)ため、子どもにも感情移入がしやすくなっています。
実は脚本家のジェーン・ゴールドマンは『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』『X-MEN: フューチャー&パスト』のほか、『キック・アス』まで手掛けているので、そりゃX-MENらしさや、変人への愛がたっぷりな作品になるってもんです。

さらには、1人1人が固有の能力を持ち、それで戦うというのは日本のマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』っぽくもあります。
『ドクター・ストレンジ』に続いて、ジョジョっぽいハリウッド映画が公開されるというはうれしくってしょうがないですね。
このぶんなら8月に公開の日本映画にも期待できるぜ!(たぶん)

peculiarの意味

そうそう、 日本語のタイトルには「奇妙」ありますが、原題や劇中で使われている言葉が、strangeやcuriousではなく、「peculiar」なのがいいですね。

strangeは「見知らぬもの」に使う言葉であり、curiousは「興味深い」というニュアンスを持っています。
「pecuriar」は「ほかとは明らかに違っている」という意味合いが強く、子どもたちの「特有さ」がより際立つ言葉になっているのです。

話運びは鈍重かも……

本作の難点ははっきりしていて、それは「世界観の説明が長く、テンポが悪くなっている」ということ。
上映時間も2時間を超えてしますし、その話運びは鈍重に感じてしまいました。

「◯◯は◯◯で」「◯◯という過去があった」などなど、固有名詞満載で語られると、どうしても映像作品では退屈に感じてしまうんですよね。
(個人的には好きなのですが)不思議な孤児院にたどり着くまで、30分もかかってしまうことも問題。あんまり小さい子だとぐずってしまうのではないでしょうか。

例えば『千と千尋の神隠し』では異世界の説明はごくわずかで、その情報の少なさがその場所で翻弄される主人公の心情ともリンクしており、観る側がさまざまな解釈ができるという映画ならではの面白味を出しています。
説明が少なすぎるとそれはそれで問題なので難しいところなのですが、もう少し勢いのある展開があってもよかったかもしれないですね。

また、タイムループの設定はフワッとしたところが多く、こうした時間が絡んだSFものが好きな方にはいまいちに感じてしまうかも。
このあたりはなんとか受け入れるしかありませんね。

原作にあった描写

原作小説にしかないシーンで、興味深かったことを紹介します。
それは、主人公が言った「カッコイイ」という意味の「Cool」が、施設の子どもには「冷たいって変だわ」と通じなかったことです。

「Cool」がカッコイイという意味で使われるようになったのはクール・ジャズが生まれた1940年代後半以降であり、子どもたちは1943年9月3日にいるので、通じないというわけ。
こういう細かい描写があったりするので、ぜひ原作を読んでみることをおすすめします。

※クール・ジャズの創始者マイルス・デイヴィスを描いた、現在公開中の映画『MILES AHEAD』についてはぜひこちらの評論を 。「そうだったのか!」な情報が満載なので、映画をまだ観ていない方にもおすすめなのです↓
第88回映画批評 ジャズトランぺッターから見た『ブルーに生まれついて』と『MILES AHEAD』 【短縮版】(後編): ホラーショー!民朗の観たまま映画批評

また、原作には主人公が子どもたちの「年齢」を聞く場面があります。
これがもうなんて言うか……まあ、彼らが「実際は何歳か」は、映画を観れば、だいたいわかりますよね。

日本語吹き替え版もおすすめ!

本作は、大人の洋画ファンなら知っているベテラン俳優が出演しているのも魅力のひとつ。
特に、ダニエル・クレイグ版『007』のM役でおなじみのジュディ・デンチや、『300 〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜』や『シン・シティ 復讐の女神』のエヴァ・グリーン、毎年その顔を4、5回は観る勢いのサミュエル・L・ジャクソンと、かなり豪華です。

主演のエイサ・バターフィールド(19歳)は『ヒューゴの不思議な発明』からかなり成長をしているので、なんだか感慨深くなりますね。
なお、彼は公開中の『僕と世界の方程式』でも主演を務めていますよ。

また、今回は日本語吹き替え版を観たのですが、これがかなりおすすめです。
宮野真守、朴璐美、花澤香菜、玄田哲章と、若手から大御所まで実力派が勢揃い。声優ファンにとっても見逃せない一作でしょう。

美少年や美少女がたくさん出てくるのでそれ目当てでも良い選択になるはず。
ぜひぜひ親子でご覧いただいて、お子さんは良い意味でのトラウマを持って帰ってください!

以下は結末を含めてネタバレです。鑑賞後にご覧ください↓

野暮な不満点

ちょっと気になったのが、ジェイクがバロンに後をつけられたことを反省するシーンがほとんどないことかな。
ミス・ペレグリンが捕まっただけでなく、ミス・アヴォセット(ジュディ・デンチ)が亡くなったこともあるのだから、少しくらいはそういう自己否定があってもよかったかな、と。
ジュディ・デンチおばあちゃんの活躍ももう少し見たかった気がします。

あと、ラストはハッピーエンドでいいんですが、純粋に息子を心配していたお父さんが置いていかれている気も……。
ジェイクが「今」のお父さんに手紙を送るシーンがあってもよかったかもしれません。
(余談ですが、ジェイクが特殊能力を持ってるのに、お父さんがそうではない理由は、原作において「能力は隔世遺伝することがある」という説明がついていました)

古いネタ

施設の子どもが『フラッシュ・ゴードン』を話題にするのが可笑しかったですね。2016年に10代のジェイクはまず知らないだろうなあ。
なんと初出は1934年、1940年から週日連載されていたんですね。
同作は、大ヒット作『テッド』でもめっちゃネタにされていました。

怖いシーン

いろいろと怖いシーンがあるのですが、中でも施設で最年長のイーノックがツギハギの人形に命を吹きこませ、包丁で片方の人形を突き刺して「人間だったらもっと面白い」とかほざくシーンがめちゃくちゃ恐ろしかったですね。ここだけ『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』や『コープス・ブライド』なストップモーションアニメをわざわざ作っているし。

でも、このイーノックの発言は「外界から来たジェイクを遠ざけようとしているだけ」にも見えるんですよね。
氷漬けになってしまったオリーヴに、君のことを気にかけなくてごめんと謝っていました(おそらくジェイクに嫉妬していた)し、彼自身は責任感が強いいい奴だと思います。

あと、劇中でもっともグロいと思ったのは、ホロウガストたちが集めた目玉を食うシーンです。
日本のマンガ『うしおととら』のトラウマが呼び起こされたのって、自分だけではないよね。

それぞれの能力を活かしまくりのクライマックス

クライマックスの舞台がブラックプールで、船の中にいた骸骨を使ってホロウガストたちと戦うのが楽しかったですね。死者への冒涜じゃねかというツッコミは禁止

そういえば、ホロウガストの1人が列車に思いっきり轢かれるシーンがありましたね。さすがに不注意すぎて笑いました。

で、それぞれが小さい体に釣り合わない怪力を使ったり、種をまいてツタを急成長させてふんじばったり、口の中のハチを出したりと、今まで出てきた能力を使って戦うのがたまりませんね。
ちなみに、この女の子が怪力!っていうのは『長くつ下のピッピ』をほうふつとさせます。

すっげえ怖かったのが、頭の後ろにあった口で腕を思い切り噛む→双子がマスクを脱いで石化させるというコンボ
まさかこの双子がメデューサな能力を持っているとは……。
※以下の意見をいただきました。
最初に「頭に口がある女の子(二口女)とあの双子ってそれほど必要か?」と思いましたが、終盤に「双子の石化能力」と「頭に口がある=後ろ向きで見ていない=石化に巻き込まれない」の展開がありスッキリ。

ラスボスの威厳がねえ!

ラスボスのバロン(サミュエル・L・ジャクソン)および、その仲間のホロウガストたちが子どもたちにやられ放題なのが楽しかったですね。
バロンは、予言を見ることのできる少年による「まぶしい光」くらいにしか対抗できてなくね?

終盤にエマが「ジェイクが危ない!バロンは強いのよ!」と言うのは、このラスボスの威厳のなさのフォローに思えて笑ってしまいました。フォローになってないけど。

最後にバロンはジェイクに変身して、本物のジェイクを殺させようと企みます。
でも残念、ジェイクはホロウガストを見る能力を持っており、ホロウガストに気付かなかったバロンは両目をくり抜かれました
G指定のはずなのに、グロい死に方をするなあ……。

新たな場所へ

物語は、メキシコのスーパーや、日本のプリクラなど、さまざまな場所のループを探してきたジェイクが、ついにエマたちの元にたどり着く、そして船出をする……というシーンで幕を閉じました。

船の中などで、「キスをしそうでしなかった」エマとジェイクがここで初めてキスをするというのもいいですね。
エマにとってはすぐに再会できたけど、ジェイクはいくつものループを経て(一時は海軍まで入って!)再び出会えたからでこそのこのキス。
この時のジェイクの髪がかなーり伸びているのも感慨深いですね。

このラストは、「いつも同じような日」を過ごしていると感じており、自分の誕生日をサプライズで祝われてもすぐに自分の部屋に引きこもってしまうようなジェイクが、「奇妙」な子どもたちというコミュニティを手に入れて、新たな冒険に出ているというハッピーエンドです。
ペレグリンはタイムループの中では「誰も結婚なんてしないわ」と言っていましたが、これからはその結婚の可能性、幸せな未来が見えるというのもいいなあ……。

ちなみに、ティム・バートン監督は「重要なのは、彼らが世界を救うかどうかではなく、ありのままの彼らが問題解決の助けになれるかどうか」と語っています
この作品は、確かに彼らが世界を救うような「セカイ系」の物語ではなく、奇妙な彼らがどこでどういう生きるか、どのように問題解決をするか、という物語になっていましたね。

最後に船出をする子どもたちを見届けるミス・ペレグリンの姿も含め、素晴らしい幕切れだったと思います。

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. オープンリーチ より:

    ティム・バートン監督作は大好きで公開されたら優先的に観るようにしており、今作もティム・バートン節炸裂の、というか”ティム・バートン流空手”の美しい演武を観ているようで楽しかったです。
    ほどよいグロとクリーチャー描写、特に「奇妙なこどもたち」のキャラ設定は絶妙でした。
    ※最初に「頭に口がある女の子(二口女)とあの双子ってそれほど必要か?」と思いましたが、終盤に「双子の石化能力」と「頭に口がある=後ろ向きで見ていない=石化に巻き込まれない」の展開がありスッキリ。
    不満点としてはご指摘のように、両親(父親)との関係がろくに改善しないままだったので、やや後味が悪い印象を受けました。

    • hinataka hinataka より:

      >※最初に「頭に口がある女の子(二口女)とあの双子ってそれほど必要か?」と思いましたが、終盤に「双子の石化能力」と「頭に口がある=後ろ向きで見ていない=石化に巻き込まれない」の展開がありスッキリ。
      本当だ!あのコンボは理にかなっている!追記させてください。

  2. 毒親育ち より:

    >一言感想:ティム・バートン meets X-MEN
    言いたいことを言ってくれるよヒナタカさん!
    と思ったら・・・。
    >実は脚本家のジェーン・ゴールドマンは『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』
    >『X-MEN: フューチャー&パスト』のほか、『キック・アス』まで手掛けているので、
    >そりゃX-MENらしさや、変人への愛がたっぷりな作品になるってもんです。
    なんと脚本の人、既にX-MENシリーズに参加していたとか!今後のシリーズに「ヒーロー活動」や「人種差別問題」でなく「学園生活」を主題にしたものがあるなら是非お願いしたいですね!
    新世代X-MANの養成所的な『※ジャネレーションⅩ』やあのマグニートーが学園長を務めていた時代の『※ニューミュータンツ』とかを特に!

    ※ジュビリーを中心に『ファースト・ジェネレーション』にも登場した。バンシーことショーン・キャシディとホワイトクィーンことエマ・フロスト(彼女は悪役時代もⅩ-MENのライバル的な悪の少年ミュータントチームを率いていたり、教育熱心な人なんです)が学園長を務めていました。でも映画だと二人とも死んでいる世界線なんですよね。
    ※チャールズと和解していた時期で、彼が脊髄の治療の為に宇宙に旅立った時に学園長代理を務めました。しかし生徒二人を死なせてしまい。エリックは悲しみと絶望の末、暗黒面へ戻ってしまうという悲しい結末に・・・。余談ですが、腹黒ドSロリで魔法少女という属性てんこ盛りなコロッサスの“妹”イリアナが所属していたチームでもあります。彼女を映画に登場させないワーナーは全世界のロリコンを敗北させ続ける気か!?

    >ただ、個人的にはこういう「ちょっと怖い」くらいの映画のほうが子どもに観てほしいです。
    ほんとうに、ティム・バートン監督は子どもに良薬として表現の処方が上手い名医ですよ!

    >『X-MEN』や『ジョジョ』っぽい!
    5部を実写映画化するなら監督・脚本は本作のコンビにお願いしたいです!

    >話運びは鈍重かも……
    画面も暗いですし、小さな子に導入部分は睡魔との戦いになりますね・・・。

    >原作にあった描写
    >これがもうなんて言うか……まあ、彼らが「実際は何歳か」は、映画を観れば、だいたいわかりますよね。
    毎度こういうタイムリープもので「精神面は歳取らないのかなあ・・・」という野暮なツッコミを想ったり。

    >日本語吹き替え版もおすすめ!
    >特に、ダニエル・クレイグ版『007』のM役でおなじみのジュディ・デンチ
    糞ババアから可愛いお婆ちゃんまで!視力の衰えを感じているそうですが、まだまだスクリーンで元気な姿を魅せて欲しいですね。
    >〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜』や『シン・シティ 復讐の女神』のエヴァ・グリーン
    良い意味でビッグでグレートなママっぷりがたまらなかったです!パイプを燻らせる姿がクール過ぎ!子どもたちへの厳しくも優しさ満ちた教育が頼もし過ぎ!
    >毎年その顔を4、5回は観る勢いのサミュエル・L・ジャクソンと、かなり豪華です。
    もうこの人が出てるだけ観たくなるほど大好き!だけど仕事し過ぎだ68歳児・・・。本当に「役者という仕事」が大好きなんでしょうね。その役者魂はブレイク40歳過ぎてからだったという遅咲きからも伺えます。

    >宮野真守、朴璐美、花澤香菜、玄田哲章と、若手から大御所まで実力派が勢揃い。
    アフレコはもちろん。ちゃんと“合って”ますからね!

    >野暮な不満点
    >ちょっと気になったのが、ジェイクがバロンに後をつけられたことを反省するシーンがほとんどないことかな。
    エバンに見捨てられたと思っているイーノックが「孫のオマエもかよ!」とキレて殴りかかり、茫然自失で彼にフルボッコされるジェイク・・・という鬱シーンが始まるとかと身構えていたら拍子抜けしてしまいました。

    >あと、ラストはハッピーエンドでいいんですが、純粋に息子を心配していたお父さんが置いていかれている気も……。
    ジェイクのパート先のおばさんに「プータロー」扱いな自称作家だったり、息子への愛情は本物ですがダメ人間な自分を棚上げして支配的な態度はちょっともやりましたが、考えてみれば哀れですよね。父の本当の姿も知らず、その寵愛を受けた息子には真相も知らず去られてしまって・・・。

    >ミス・アヴォセット
    自分が守って来た子ども達を皆殺しにされ自身も重傷を負わされるという、精神崩壊してもおかしくない悲劇の直後でミス・ペレグリンから託された子ども達を守ろうと奮起する彼女に後光が差して見えました・・・なのにあんなアッサリ!?で、子ども達もあんまり悲しそうでなくてモヤモヤしました。

    >怖いシーン
    >イーノックがツギハギの人形に命を吹きこませ、包丁で片方の人形を突き刺して「人間だったらもっと面白い」とかほざくシーンがめちゃくちゃ恐ろしかったですね。
    ジェイクを追い出すための嫌がらせだよね・・・と思いつつ、「まさかコイツ終盤敵に回るんじゃ?」と疑ってしまいごめん!

    >あと、劇中でもっともグロいと思ったのは、ホロウガストたちが集めた目玉を食うシーンです。
    ボナペティ・・・。ここは劇場が引き気味の空気に包まれました。

    >日本のマンガ『うしおととら』のトラウマが呼び起こされたのって、自分だけではないよね。
    こっちは善意の行動でしたけど・・・やっぱりグロ過ぎで巻き込まれた被害者の皆さんが気の毒過ぎますから!

    >それぞれの能力を活かしまくりのクライマックス
    >そういえば、ホロウガストの1人が列車に思いっきり轢かれるシーンがありましたね。さすがに不注意すぎて笑いました。
    まさかこんな“棚ボタ”で敵戦力が減るとは!

    >まさかこの双子がメデューサな能力を持っているとは……。
    野暮なツッコミなんですが・・・必殺技過ぎるぞ!?この双子もっと積極的に使っていけよ!!

    >新たな場所へ
    >一時は海軍まで入って!
    >この時のジェイクの髪がかなーり伸びているのも感慨深いですね。
    典型的なNerdだった彼の容姿がすんごい逞しくなってて“成長”を感じましたね!
    でも単純に見た目がjock化したのでなく、まなざしとかは優しいNerdのままな所がまた!

  3. のの人 より:

    >野暮なツッコミなんですが・・・必殺技過ぎるぞ!?この双子もっと積極的に使っていけよ!!

    双子の能力は強力ではありますが、相手に知られたら簡単に対抗される程度のものですから(神話のペルセウスのように)、最後の最後までとっておくのが正解ではないかと。
    むしろ便利な能力といえば、イーノックの人形使いの方が便利だったと思います。死体でも人形でも自由に使役できるのですから、等身大の人形を大量に集めておけばバロン一味にも余裕で対抗できたような気が。心臓を入れないと操れないみたいではありますが、その心臓さえ集めれば兵隊がなんぼでも揃えられます。
    まぁあまりにも便利すぎますから、使役できる時間が限られてるとか使用する心臓に特殊な条件があってなかなか入手できないとか、なんらかの制限はあるのかもしれませんが。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top