難解だけどおもしろい!デヴィッド・リンチ作品を勧めてみる。

難解だけどおもしろい!デヴィッド・リンチ作品を勧めてみる。

皆様はデヴィッド・リンチという監督はご存じでしょうか。

映画オタクには超有名で伊集院光も大ファン、世界中にコアなファンを持つ監督ですが、普段映画を見ない方は知らないだろうと思います。

なぜなら彼の作る映画は大体が意味不明で一般的でないから(「ストレイト・ストーリー」は除く)

彼の代表作のひとつ「マルホランド・ドライブ」はこんな感じに始まります。
・なぜか大勢の男女がジルバを踊っているシーン
・女性と老夫婦の笑顔が半透明になって踊りに重なる
・赤いベッドに誰かが寝ようとしている。
・ハイウェイを走っている車の中には美女がいる。
・彼女は男に銃をつきつけられ、車を降りろと言われる。
・車が事故にあう
・美女は車からひとり脱出し、街明かりに向けて歩く。
ね、意味不明。さらに後半はこれどころじゃありません。

そんな意味不明な作品の中にはハマると抜け出せない魅力があります。
例えるなら彼の作品は「悪夢」なんです。
熱におかされているときに観る悪夢。
恐ろしいけど面白い。そんな魅力です。
なぜそんな映画が作れるのかと考えると、美しい画、音楽と映像のリズム、「わからないけどわからせたい」と思わせるほどの世界観が構築されているからだと思います。

彼の個人的最高傑作の「インランド・エンパイア」は完全に観客をおいてけぼりして映画が進みます。それなのに面白い。
重低音の音楽が素晴らしいので、一番映画館で観れてよかったと思った映画でした。

「映画は観あきた」なんて人はこの映画をみてきっついパンチをもらえばいいと思います。

「アバター」が大々的に映画革命と宣伝していましたが、自分にとって本当の未知の映像体験はリンチ監督の作品でした。

リンチの作品で初めに観てほしいのは、「エレファント・マン」かな。
これは結構有名。比較的わかりやすい映画です。そして悲しい作品でもあります。

昔、お笑い番組の「笑い犬の冒険」でミル姉さんこと内村光良ことウッチャンが「エレファント・マン」を何も説明せず「とにかく観て!」と勧めていました。
そのおかげでこの作品を観たので、自分もこう言おうと思います。
リンチ作品をとにかく観て!(でも肌に合わなくても責任はとりません)」

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. unknown より:

    前ブログに頂いた、非公開コメントです。

  2. ヒナタカ より:

    こんばんは。レビューを読んでもらって&コメント感謝です。
    そうですよね、映画好きの方にはリンチは避けて通れない道だと思います。
    イレイザーヘッドはもちろん観てますよ~。だけど人に勧められないから一覧に載せませんでしたw
    「パンティ&ストッキング」というアニメでこれがパロられていたのにすごく驚きました。
    奇跡の海本気でレンタルビデオ店に置いてない・・・うらやましいです。
    アンチクライストはへたすりゃトラウマ確定なんでご覚悟のほどをお願いします。
    「レザボア・ドッグス」「ユージュアル・サスペクツ」は自分も大好きです!
    ひねくれた作品は何度も観たくなる魅力がありますよね~
    またいらしてください。

  3. unknown より:

    前ブログに頂いた、非公開コメントです。

  4. ダーク・ディグラー より:

    実はデヴィッド・リンチの映画って元ネタわかれば結構わかりやすい映画なんですね。

    『ロスト・ハイウェイ』ってO・J・シンプソン事件をネタにしてるしロバート・アルトリッチ監督の『キッズで殺せ!』って映画のモチーフがあるし『マルホランド・ドライブ』で一番金掛けたシーンが『サンセット大通り』の車とか元ネタ探れば結構わかるんですね。

    ちなみに『マルホランド・ドライブ』って別冊映画秘宝のイーライ・ロスのインタビュー読むとオチ思いついたのはデヴィッド・リンチにイーライ・ロスがDVDやインターネットの使い方教えてDVDのウォンシャスキー兄弟(現 姉妹)のデビュー作『バウンド』見せて思いついたそうです。

    イーライ・ロスってタランティーノの弟分ですが師匠はデヴィッド・リンチですがタランティーノとデヴィッド・リンチの共通点はないそうです

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top