『LION/ライオン 25年目のただいま』純然たる願い(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『LION/ライオン 25年目のただいま』純然たる願い(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想はLION/ライオン ~25年目のただいま~です。

個人的お気に入り度:8/10

一言感想:その旅路を体験できて、よかった。

あらすじ

Google Earthを使って、25年ぶりに故郷を探します。

ノンフィクション本『25年目の「ただいま」』を原作とした人間ドラマです。

本作の物語を一行で書けば
「5歳のころの家族と生き別れになった青年が、Google Earthを利用して25年ぶりに故郷を探す」
と、簡単に表せてしまいます。

そうであるのに、これほどに豊かな内容になっているのは、演出、役者の演技、ロケーションなどにより、映画としての魅力をとことん高めたからなのでしょう。
まったくナレーションがないのにも関わらず、登場人物の気持ちが痛いほどわかり、現実の問題を考えるきっかけにもなる……これこそ、映画の力なのではないでしょうか。

2幕構成の物語

本作は「2幕(あるいは3幕)構成」の映画です。

  • 1幕:故郷から1600キロ離れたに降り立つ、5歳のサルー(主人公)の物語
  • 2幕:25年後のサルーがGoogle Earthを利用して故郷に戻る物語

この2幕の時間配分がほぼ同等であることにも驚きました。

この1幕目の「長い時間」がとても重要になっています。
たった5歳の少年が、見知らぬ土地、言葉も通じないまま、さまよっているという状況を「体験」できるのは、今までにないと言えるほどに、記憶に残るのではないでしょうか。

もう1つ、この2幕構成には重要な意味があるのですが……それはネタバレになるので↓に書くことにします。

役者の演技で魅せる!

本作は89回アカデミー賞にて、助演男優賞、助演女優賞、脚色賞、撮影賞、作曲賞にノミネートされました。
残念ながらいずれも受賞は逃しましたが、肉体改造をしてオーストラリア英語のアクセントまでマスターしたデヴ・パテルはもちろん、主人公の養母を演じたニコール・キッドマンがすんばらしかった!
円熟したベテラン女優ならではの存在感と、表情だけで全てを語るかのような名演は、すべての映画ファンにとって必見と言えるでしょう。

似ている映画は『クリード』や『モアナ』?

本作と似ている映画は、『クリード』および『モアナと伝説の海』なのではないかと思いました。

なぜかといえば、この両作品と本作『ライオン』には、恵まれた自身の環境さえを疎ましく思う気持ち、別の世界へ行ってみたいという願望が描かれているから。

本作『ライオン』の主人公は(本編で語られている通り)、とても幸運です。
母と兄とは生き別れになってしまったものの、養父と養母は愛情に溢れていて、青年になってからは人間関係も良好――
下世話な言い方をすれば、青年になった主人公はリア充そのものなのです。

だけど、その何も不自由のない環境こそが、「25年間も母が自分を探しているかもしれない」という主人公の自己嫌悪につながっているとも取れるのです。
「恵まれた未来よりも旅立ちを選ぶ」という点では、『イン・トゥ・ザ・ワイルド』にも似ているかもしれませんね。

子どもたちに救いの手を

本作で尊いのは、孤児になった少年の旅路を描くことで、世界中にいる、物乞いをしている子どもや、貧困で苦しむ人たちに救われて欲しい、という願いが込められていること。
※参考↓
インド | 世界の子どもたち | 日本ユニセフ協会

前述の「1幕(幼い少年の旅路)」は、このためにも必要なものだったのでしょう。
映し出される、ストリートチルドレンや孤児院の描写は、映画ということを忘れるほどにリアルなのですから。

極めて堅実な作品

本作は「実話もの」であるので、どうしても「結末がわかりきっている」という欠点があります。
それでも、ある1点においてラストに「驚き」を用意していました
これに「運命めいた」ものを感じ、奮い立つようなカタルシスを得る方はきっと多いでしょう。

『ハドソン川の奇跡』や『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』もそうですが、こうして実話を扱いながら、堅実に作られ、かつ娯楽映画として脚色も上手くできている……とくれば、もう賞賛するしかありません。
物語はシンプルなので、観る人を選ばない作品とも言えるでしょう。おすすめします。

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』の感想はこちらで。お気に入り度は6/10くらい↓
大統領が暗殺されたら妻はどうする?『ジャッキー』を観てほしい7つの理由 | シネマズ by 松竹

以下は結末を含めてネタバレです。鑑賞後にご覧ください↓

石を積む

幼いサルーが、匿ってもらった女性の元から去った後、雨から逃れられる場所で、「母ちゃん、ごめんよ」と言いながら小石を積んでいたのが切なかったですね。

それは、その昔の母の手伝いで、大きな石を拾っていたことの「まね」にすぎませんでした。
自分がいなくなってしまったことを謝りながらも、また母の手伝いをしたい(帰りたい)、という彼の気持ちが痛いほどわかりました。

児童買春

親切な女性に匿ってもらったサルーが、髭の濃い男に「添い寝」をされて「いいところに連れていく」と言われるシーンがありました。
また、孤児院では女の子が夜に連れて行かれ、男が「朝までには戻すよ」と言うシーンもありました。
明確には描かれてはいませんが、これは子どもに売春をさせていた(させようとした)シーンなのではないでしょうか。

※実際に、サルーのたどり着いていたカルカッタは、おぞましいことに子どもでも売春をさせられる土地であったようです。
人身売買、誘拐、ドラッグ。インド東部コルカタの売春窟ソナガチの実態 | ニホンジンドットコム

幸運にもサルーは逃れられましたが、ひょっとするとそうした劣悪な環境下で、被害にあっていたかもしれないと考えると……。

発達障害の兄

オーストラリアの優しい養母と養父は、サルーの兄としてマントッシュという男の子も養子に受け入れていました。
彼は人懐っこい笑顔を浮かべるサルーとは違い、冷蔵庫に当たり散らしてしまい、大人になってからも気に入らないことがあると頭を打ち付けるなど、発達障害(ADHD、自閉症スペクトラム)らしいところが見られました。

そのマントッシュを、母が「扱いにくいけど、エネルギーをコントロールすれば、何でもできる子なのよ」と肯定をしてくれるのが嬉しかったですね。

同族嫌悪

しかし……サルーにとって、せっかく育ててくれた養母に心配をかけ、あまつさえ家から出ていってしまうマントッシュは、疎ましい存在でもあったのでしょう。
サルーは、久しぶりに食事に顔を出したマントッシュに「ママへの態度が許せない!」と激高してしまうのですから。

ひょっとすると、サルーは「何不自由ない環境にいるのにも関わらず、25年も生き別れになった家族を探そうと願っている」自分を、マントッシュと重ね合わせて、同族嫌悪のような心境に陥っていたのではないでしょうか。
その気持ちが、恋人のルーシーとも別の部屋で暮らし続け、あまつさえ「今の暮らしに吐き気がする」という暴言にもつながったのでしょう。

気持ちを聞こう

サルーは、エビ漁の仕事を始めて眠りについているマントッシュに謝り……(マントッシュが起きるまで)座ってずーっと待っていました。

彼はマントッシュのことを理解せずに、否定するか憤ってばかりでした。
ここでは兄が起きるまで待ち続け、その気持ちをしっかり聞こうとしたのでしょう。

帰り道

パソコン上のGoogle Earthで調べた「帰り道」を、少年時代のサルーが家に帰るまの画と交互に映し出すのも素晴らしかったですね。

第1幕では、とことん「アナログ」な旅路を描いておき、
第2幕では、「デジタル」での帰り道をアナログとシンクロさせる
という構成になっています。
あらためて、これがインターネットが発達した現代でなけえば、「あり得なかった」物語であると思えました。

ライオン

タイトルのライオンの意味……それはサルー自身も呼び間違えていた、本当の自分の名前でした。

ライオンは百獣の王と呼ばれるほどの「孤高」の存在であり、何より「強い」動物です。
ここまでの幸運を持ち、そして運命に導かれたように母と妹と再会したサルーにこそ、その名はふさわしい!

母の気持ち

養母は「世界は人で溢れている。不幸な子どもを助けることこそ意義がある」「畑の向こうに茶色い肌の子が見えた。喜びを感じた。自分の未来が見えたの」と、とつとつと語りました。
それは、ルーシーの母が延命治療を望まなかったこと、「残された人生をどう生きたいかが大切」と言ったことにもつながります。

これらの言葉は、この作品の根底にある「物乞いをしている子どもや、貧困で苦しむ人たちを救うこと」、それを行う人たちもまた喜びで満たされる、ということを示しています。
養母の言葉を通じて、それを示してくれるこの物語のなんと尊いことでしょうか!

また、養母は幼いサルーに「いつか、何もかも、全て話してね」とお願いをしていました。
その願いは、本作の原作の出版、そしてこの映画が公開されたことで、果たされたのですね。

この感動的な物語の中で、1つだけ影を落としていること……それはサルーの本当の兄が、サルーがいなくなった日に列車に轢かれて亡くなっていたことです。
やはりサルーは幸運であり、その兄のように命を落としたり、劣悪な環境下で暮らしている子どもが多いのでしょう。

家族と再会を果たしたサルーは、ただ1人会えなかった兄の幻影を思い求めるように列車の上を歩きました。
ひょっとしたら、2人での旅路になっていかもしれない。
でもそうはならずに、兄は死んでしまった。

その事実を考えると……やはりこの物語の根底にあるのは、「(子どもに)救われて欲しい」という、純然たる願いなのでしょうね。

※エンディングの楽曲もぴったり!歌詞はこちらで。

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top