『レゴバットマン ザ・ムービー』の吹き替えが邪悪すぎる件&嘆願書を提出します

『レゴバットマン ザ・ムービー』の吹き替えが邪悪すぎる件&嘆願書を提出します

吹き替えに芸能人を起用する……それは多くの場合、批判にさらされやすいものです。
でも中には「悪くない」「役に合っている」という配役もありますし、むやみやたらに否定するものでもありません。
宣伝(話題作り)のため、普段映画を観ない人にもニュースを届ける手法としては、理解できますしね。

※観てみるまではわからない、良い芸能人の吹き替えの例もあります↓
これはオススメ!意外と良かった日本語吹替え版映画ベスト10 – 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記
※だいたいはこうなっちゃうけど……↓
これはひどい!苦情が殺到した日本語吹替え版映画ワースト10 – 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記

3DCGアニメの吹き替えだって、最近では『ペット』のバナナマンや『コウノトリ大作戦』のアンジャッシュは役に合っていたし、何より上手かったですしね。

でも……さすがにこれは、実際にその声を聞く以前に、本当にゆるせない、作品への冒涜行為だと思えたことがあります。
それは4月1日公開のアニメ映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』に芸人の小島よしおとおかずクラブを配役したことです。

いや、彼らがチョイ役とかだったらそんなに怒ることはなかったんだけど、今回は以下の要素がいくらなんでもヒドすぎるよ……。

  1. 「ロビン」や「ポイズン・アイビー」などの重要なキャラクターに芸人が配役されていること
  2. 予告編では声優の小野塚貴志さんが起用されていたにもかかわらず、本編で小島よしおを配役したこと
  3. 劇中で「持ちギャグ」を言う可能性が高いこと
  4. アニメ映画であり、字幕版の公開劇場が少なくなることが予想されること

※追記:詳しくは下のキャンペーンページに書いていますが、マジで劇中に「オッパッピー」「そんなの関係ねえ」「ダイジョブダイジョブ~」というセリフが入ることが確定しました。

※以下の予告編ではテレビアニメ『ザ・バットマン』などでロビンを演じていた小野塚貴志さんがキャスティングされています。

※実は日本版のキャッチコピーに小島よしおが配役される伏線が……「Always be yourself… unless you can be Batman(自分らしくあれ、バットマンになれない限りは)」をよくもこんな変え方ができるなあ。

で、以下の担当者のコメントには怒り心頭になるわけですよ。
映画ナタリーの記事より

ダメだ……これはいくらなんでもダメだよ。
そんなわけで、あまりに問題が大きいため、賛同者を募り、ワーナー ブラザーズ ジャパンに嘆願書を提出します
こちらよりよろしくお願いします↓
キャンペーン · ワーナー ブラザース ジャパン: 『レゴバットマン ザ・ムービー』芸人の吹き替えの撤回を求めます! · Change.org

また、ワーナーさんは同日に佐々木希をヒロインに配役した『髑髏島の巨神』でも若干炎上していました。

なお、『レゴバットマン ザ・ムービー』の前作に当たる、2014年公開の『LEGO ムービー』(大傑作!)は流行語を取り入れた予告が大不評の嵐になっていました。
※本編ではこんな「じぇじぇじぇ」とか「激おこぷんぷん丸」とか言わないのでご安心ください。

シオン=ソルトさんが、以下のちゃんとした予告を作ってくれたのはいい思い出です。

前作は「予告のままだったら絶対許さない(実際違ったので歓喜)」だったのに、今回は「予告のままのほうがよかった……」ってなるのがすごいなあ。

キャンペーンのページにも書いたけど、かつて『アベンジャーズ』などの吹き替えでファンから批判を浴びていたディズニー社は、近年では『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や『ドクター・ストレンジ』の吹き替えのキャスティングが好評で、4月21日公開の『美女と野獣』では、一般の知名度を度外視し、実力派のミュージカル俳優を起用したことに賞賛の声が上がっています。

※マッツ・ミケルセンの以下のコメントが素敵ですよね。

……ワーナーさんも、こういう風になるといいな。

正直、今回は配役が決定済み、すでに収録が行われているのは間違いないので、今からの再録は難しいとは思うのですが、こうして意見を述べることに意義があるかな、と。
『ザ・シンプソンズ MOVIE』のように、劇場公開版とシリーズの声優によるオリジナル版の2つの日本語吹き替え音声がソフト版に収録される可能性もあるわけで……賛同者が少ない場合でも、「今回はもうしょうがないけど、これからはファンのことをしっかり考えて、声優をキャスティングしてくれ」というニュアンスで、ひとまずは嘆願書を送ってみたいと思います。

(c)The LEGO Group. TM & (c)DC Comics. (c)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. KM より:

    ヒナカタ様

    はじめまして!
    何時も楽しく拝見させていただいてます。

    今回の吹き替えは酷いですね…
    芸人さんには罪は無いでしょうけれど、お金を払って見るのでしたら本職の方にお願いしたいですね〜。
    前作が傑作だっただけに悲しいです。なぜワーナーはマッドマックスといい、何の得にもならない配役をするのでしょうね。

    私も是非署名をしたいと思うのですが、署名先は本名では無くても問題は無いでしょうか?

    • hinataka hinataka より:

      ありがとうございます!本名じゃなくても署名は問題ないようですよ!

      • KM より:

        ヒナカタ様

        お返事ありがとうございます!
        早速署名したいと思います!

        芸能人でも、のんさんの様に素晴らしい吹き替えをされる例もある反面なかなか難しいですね〜。

  2. 毒親育ち より:

    賛同!!

    >でも中には「悪くない」「役に合っている」という配役もありますし、むやみやたらに否定するものでもありません。
    とりあえず「アフレコで演技」出来る人を頼みます!
    「棒読み」はソレだけで魂が氷点下になります。
    そのうえ六年で五回も演じたキャラの名前も憶えてない人とかね・・・演技力が進歩しない訳だ。
    「ド忘れ」って問題じゃねよ、本当なら脳のお医者行け!

    >でも今回のこれは、これは本当にゆるせない、作品への冒涜行為だと思えたことがあります。
    「呪い」とはこうして産まれるんですね・・・。誰ぞ「石仮面」を持てい!!

    >それは4月1日公開のアニメ映画『レゴ バットマン ザ・ムービー』に芸人の小島よしおとおかずクラブを配役したことです。
    実はお笑い芸人はハズれが少ないと思いますけど、三人のアフレコ経験を知りませんがアイビーは原作でもあのハーレイの“心友”で最近はコメディリリーフ的な役どころも多いのですし、なにより本作事態がコメディ化の二次創作的なものなので期待したい所ですが・・・。
    ロビンに小島よしお・・・声質が絶望的に合ってねえよ!!
    それと6人も居る歴代ロビンの誰になのか・・・ウェイン家に養子としてやってくるって設定で男の子だから初代のディックか二代目のジェイソン(この二人は孤児でした)かな。

    ちなみに歴代ロビンの出自です。
    初代ディック・グレイソン
    ブルースのミスでギャングに両親を殺された男の子。責任を感じたブルースが身元引受人に(当時のアメリカでは未婚者は養子を取れませんでした)後に現実の法改正に合わせて正式に親子となり、現在は成人し独立して「ナイトウィング」というヒーローをやってます。
    二代目ジェイソン・トッド
    産まれついてのスラムの孤児。バットモービルのタイヤを盗んでいた所をみつかり、「移動要塞」なバットモービルの七層のセキュリティを突破した才能を見込まれスカウト。後にジョーカーに殺害されてしまいますが最近復活。ロビンの頃から不殺の正義に疑問を感じていてため、当初は自分の仇を打っくれなかったブルースを恨んで悪即斬系ヒーローとして活躍していましたが現在は和解しています。
    三代目ティム・ドレイク
    上流家庭の出身で体操とハッキングが得意な文武両道の天才児。バットマンとロビンの大ファンで独自の調査で二人の正体を看破していました。ジェイソンを喪って荒れるバットマン=ブルースを見かね、彼を支えようと押し掛け弟子になります。その後キャプテン・ブーメランに父を殺されてしまい。ウェイン家の養子に。
    四代目ステファニー・ブラウン
    初の女の子!ティムの彼女で怪人の父を更生させようとヒーローとなりましたが、なんとその父に殺されてしまうという最悪の結末に・・・。ブルースに「もうロビンは迎えない!」と決意させる程のショックを遺しました。
    しかし後に復活。現在は四代目バットガールして活躍中。
    五代目ダミアン・ウェイン
    なんとブルースの実子!映画にも登場したラーズ・アルグールの娘タリアとの間に産まれました(原作ではブルースとタリアは相思相愛の仲でした)当初ブルースは彼の存在を知らず(流産したと思っていました)孫の身体を乗っ取って若返ろうとする毒祖父ラーズから逃がすためにタリアがブルースに預けました。基本は正義漢なのですが、育ちが育ちなので小学生なのに殺人に躊躇が無いなど、パパとお兄ちゃん達を悩ませる凄まじい問題児。
    六代目キャリー・ケリー
    バットマンの最終回とされた外伝『ダークナイトリターンズ』版ロビン。女の子で体操とハッキングの達人とティムとステフを合わせたようなキャラで、リターンしたバットマンの活動に触発され二か月分のタンチ代で制作したロビンの衣装を着て自警活動をしていた所、バットマンと出会い正式に弟子入り。クズ揃いのリターンズ世界で、まともな良い子。
    番外バットボーイス
    『ダークナイトリターンズ』世界でブルースが組織した少年自警団。元はキャリーのようなバットマンに触発された少年自警団員や街のボーイギャング達でしたが、厳しい修行を乗り越え残った子達はブルースも認める戦士達へ。

    >いや、彼らがチョイ役とかだったらそんなに怒ることはなかったんだけど、今回は以下の要素がいくらなんでもヒドすぎるよ……。
    >3.劇中で「持ちギャグ」を言う可能性が高いこと
    これやったら人間を辞めるかもしれません・・・。
    >4.アニメ映画であり、字幕版の公開劇場が少なくなることが予想されること
    映画館の太客はキッズ(ファミリー)様なのは重々承知しております!ですが一日一回平日昼間でも良いからオタクへの救済措置をプリーズッ!!

    >また、ワーナーさんは同日に佐々木希をヒロインに配役した『髑髏島の巨神』でも若干炎上していました。
    >新日本プロレスの真壁刀義さんが
    お笑い芸人は漫才が寸劇要素を持つし話芸のプロだろか上手い人が多いんですよ。
    なぜ役者ですら無い人を連れて来るんだ・・・!?

  3. いいこま より:

    芸能人吹き替えに関しては一概に否定的ではないですし今回の吹き替えも蓋を開けてみないことには何とも言いかねますが、それにしたって自分も「いや、これはどうなのよ」と思います。
    断定はできませんが元々プロの声優をあててたのに新たに芸人に吹き替えさせてるしキャッチコピーも小島よしおさん吹き替えを前提としたものですし担当者コメもこじ付けにすらなってなかったりと個人的にこれ完全に話題作りだろと思いました…。
    芸人に罪はなくても担当者は罪深過ぎですし別の意味で前作から懲りてないどころか上回ってるのではと…。芸能人吹き替えを起用しなくても評価してくれる方は評価してくれてたのにその方々の想いを踏みにじるのはいかんでしょう。

    というわけで署名しました。このペースだと500人達成しそうな気はしますが結果や如何に。

  4. 通りすがり より:

    被害妄想でやるかどうかもわからないネタを入れるから許せないって意見
    正直下品以外の何者でもないと思います

  5. yama より:

    「やるかどうかもわからない」って、ポスターでもうすでに・・・。
    というわけで僕も署名します。

  6. デルピッポ より:

    まぁおっしゃるように吹き替え声優のタレント声優が全て悪いわけじゃないですけどね。
    ディズニーなんかは芸能人使ってもちゃんと役柄に合ってる場合が多いですし。自分はそこの部分に関して上手でも本職じゃないからと批判する声優オタクは嫌いなんですよ。
    そもそも声優とは何か?という疑問もあるんですよね。声優とは役者の仕事の一つであるのだから俳優が起用されることは理論上問題は無いんじゃないかと。芸人の場合は一部の上手な人を除いて論外ですが。
    例えば本職の声優を起用したハンガー・ゲームの吹き替えは相当酷かったですしね。
    ただ今回はタレント吹き替え擁護派でも擁護のしようがないです…

  7. アベンジャーズ より:

    賛同します。
    MCUファンはアベンジャーズ以来常に辛酸を舐めさせられています。
    タレント吹き替え撲滅の気持ちは痛いほどわかります。
    ぜひアベンジャーズでのタレント吹き替え改善にもご協力下さい。
    https://www.change.org/p/ウォルト-ディズニー-スタジオ-ジャパン-アベンジャーズ-mcu作品-吹替改善を求む-5cfe8a7e-83a1-4dc8-810d-08f1c58bc594

  8. グルーバー より:

    デルピッポさん。声優は俳優業のひとつというのもわかるし、芸能人吹き替えでも良い例があるのもわかります。ですが前者はMCUの米倉凉子、スーパーナチュラルの成宮寛貴氏等が「俳優」もしくわ「女優」にもかかわらず声質どころか演技のほうもお粗末だったのは忘れがたいんですよね…後者のほうもジブリ映画や近年だと君の名は、GANTZ O、この話題の片隅に等のアニメ映画やミュージカル映画では好演するか方々が多い反面、アクション大作系などでは変に浮くんですよねぇ(笑)
    声優さんが担当していても酷いと感じたら、それはキャスティングミスなのかも知れませんね。

  9. とおりすがあり より:

    あの、、前も英語の誤訳感についてコメントしましたけど、、
    本文中のその文章ではその訳にはならないような。。 
    英文の続きがあれば別ですけど、、、

    本文中の英文のみなら

    みたいな感じのような、、

  10. とおりすがあり より:

    うまく反映されてないみたいなんで 英文なら、
    自分らしくあれ、バットマンになれない限りは
    みたいな、、

    • hinataka hinataka より:

      あざっす!自分もこの訳あってんのかな・・・って不安だったので、ありがたいです。

      皆さんもコメントをありがとうございます。おかげさまで賛同者は700名を超えました。
      毒親育ちさんの歴代ロビンの情報もありがたいです。

    • 少年Z より:

      英語翻訳の件

      ALWAYS BE YOURSELF…
      UNLESS YOU CAN BE BATMAN

      バットマンになる必要はない、あなたのままでいい

      では、どうでしょうか。かなりの意訳かな。
      なっちゃんならどう訳すのだろう(笑)

      • hinataka hinataka より:

        少年Zさん、いろいろとありがとうございます!返信がおそくなってごめんなさい。
        「バットマンになる必要はない、あなたのままでいい」の訳、いいですね!「湯を沸かすほどの熱い愛」のコメント、返信を失念していたので、これから見させていただきます。
        嘆願書、効果があるといいなあ・・・。

  11. ポチョポチョ大臣 より:

    いつも楽しく読まさせていただいてます。

    これ、署名が通って吹き替えが撤回になった場合、芸人バージョンの吹き替えはお蔵入りになっっちゃうって事ですか?
    そっちに期待してる人達は、撤回になったらどうしたらよいでしょうか?

  12. 無名 より:

    突然失礼致します。
    今回の署名活動の件ですが、私は署名活動自体に否定的な立場です。
    ヒナタカさんは芸人さんの吹き替え版をご覧になられたのでしょうか?
    ご覧になられて批評なされているのであるならば構いませんが、このブログを拝見させて頂いた限りでは予告編をご覧になられて本編への懸念を綴ったものでしかないと私は感じました。
    実際、芸人さんの吹き替えの多くは本業である声優さんの劣化に過ぎない事も多々ありますが、トイ・ストーリーの所ジョージさんやモンスターズ・インクの石塚さんや田中さんように上手く役柄とマッチしていらっしゃる方々も存在するのは事実です。
    更に言わせて頂くのであるならば、この「レゴシリーズ」は過去にもTVアニメーション化とその関連商品における展開がなされていますが、その多くは人気が出ないまま不発に終わったものが殆んどであり、そうしたシリーズにおいて知名度のある芸人さんで話題作りをするのは戦略的によく見受けられる事であると私は考えています。
    ヒナタカさんの心意は図りかねますが、この署名活動でご自身の知名度を上げる事が目的ならば映画関係者の皆様にご迷惑ですし、本当に映画界の事を思って署名活動していらっしゃるのであるならば、まずはこの映画の行く末を見守り、本編視聴後に改めて評価されるのが映画ライターを名乗る者の務めではないかと私は思います。
    長々と長文失礼致しました。

    • hinataka hinataka より:

      皆さん、コメントありがとうございます。
      自分はこの署名活動にすごく悩んでいたので、反対の意見もうれしいです。
      いただいたコメントは、その時の「いや、やめたほうがいいんじゃないか」と思っていた自分の気持ちそのままだったので……。おっしゃる通り、トイ・ストーリーやモンスターズ・インクは素晴らしかったですよね。

      >この署名活動でご自身の知名度を上げる事が目的ならば
      ただこの点だけはまったく違います。むしろ自分の立場が危うくなりますから(この点でも悩んでいました)。

      >本当に映画界の事を思って署名活動していらっしゃるのであるならば、まずはこの映画の行く末を見守り、本編視聴後に改めて評価されるのが映画ライターを名乗る者の務め
      ご意見ありがとうございます。本当にうれしいです。

  13. 鮎方藤吉郎 より:

    ヒナタカ様
    リプライでもお伝えしましたがひょっとしたら気付いていないのかもと思いおせっかいながらもう一度お伝えします
    署名だけではなく広告審査機構JAROへの相談という手段もご検討をお願いします。
    というのも地上波放送時にベイマックスの日本での宣伝問題が再び挙がった際、
    ある大手ディズニー情報サイトが「そんなに問題だと思ってたのなら早々にJAROに伝えればよかったのに」と呟いていたのが目に留まったからです。
    https://dpost.jp/2016/12/26/wp-34488/
    過去映画宣伝絡みで一度動いた実績のある法人なのでひょっとしたら力になるかもしれません。
    なんか変な宣伝みたいになって申し訳ありません。この手の騒動がいつもネット上で盛り上がるだけで実際の動きに繋がることが少ないのでもっと多方面へ広げていく必要があるかもです。失礼しました!

  14. 少年Z より:

    こんにちは、少年Zと申します。

    署名の件、無名さん(2017年2月7日 8:55 PM)に一票です。

    「湯を沸かすほどに熱い愛」の感想に対する私のコメント(2017年1月19日 6:35 AM)に返信がないのは、署名活動が忙しかったからなんですね。

    では、また。

    • 少年Z より:

      すいません、訂正です。

      誤:「湯を沸かすほどに熱い愛」  正:「湯を沸かすほどの熱い愛」

      失礼しました。

  15. 少年Z より:

    しつこくてすいません。少年Zです。

    この記事のタイトルを見て感じた違和感が何なのかずっと考えていましたが、考えがまとまったので投稿してみました。

    まず考えたのが、そもそも映画は誰のものかということ。公開前の映画は、制作関係者のものだと思います。公開されて初めて、観客のものにもなると思います。観客が公開前の映画にできるのは、文句を言うぐらいなのでは。

    次に考えたのは、嘆願書の効果です。映画に出資をしていない者たちの意見で、映画の内容が変わることがあるのでしょうか。自分たちが映画を観に行っている映画館に字幕版の公開をお願いする方が効果的なのでは。それこそ、映画館の入り口の前で集めた署名を持って。

    あと観客にすぎない我々ができることは、映画を観に行かずに大コケにすることぐらいではないでしょうかね。

    では、失礼します。

    追伸.半分冗談で使っているのでしょうが、「邪悪」は大げさなような気がします。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top