アメリカという場所で 映画「荒野はつらいよ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

アメリカという場所で 映画「荒野はつらいよ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~(原題:A Million Ways to Die in the West)です。

個人的お気に入り度:5/10

一言感想:意外といい話(オタク男子にとって)

あらすじ

1882年のアリゾナ、冴えない羊飼いのアルバート(セス・マクファーレン)はガールフレンドのルイーズ(アマンダ・セイフライド)に愛想をつかされてしまう。

ある日、街に美女のアナ(シャーリーズ・セロン)がやってきて、アルバートは巻き込まれた店のケンカから彼女を救うのだが……

日本でも大ヒットを遂げた「テッド」のセス・マクファーレン監督最新作です。

セス監督は本作の主演も務めており(テッドのときも声を当てていたけど)、シャーリーズ・セロンリーアム・ニーソンアマンダ・セイフライドといったスターを招いています。

つまり、セス監督は“「テッド」が大ヒットしたことをいいことに好き放題やっている”わけで……

フィフス・エレメント」や「エンジェル ウォーズ」のように、富と名声を得た監督が自分の好きな映画を作った“俺様ムービー”と考えて差し支えないかもしれません。

セス監督の持ち味

セス監督の持ち味と言えばR15+指定大納得の、お下劣なギャグをとにかく詰め込む「数撃ちゃ当たる」スタイルです。

「テッド」ではいくつか笑えるシーンがあったのですが……すみません、本作のお下劣ギャグはほとんど笑えませんでした。

なんて言うか、う○こ、ち○こ、顔○、○ェラとか言う単語を並べて用意して「さあ笑え」というのはあまりに底が浅いのではないでしょうか。

「テッド」のときはそういうお下劣単語を、見た目がかわいいクマのぬいぐるみが言うギャップが笑えたわけで、今作のようにただ人間が言うだけではオエー気持ちわりーで終わってしまいます。

ちょっと…

また、パーキンソン病や人が死ぬシーン、幼少時の性的虐待までもをギャグとして描いているのも気に入りません。

本作ではパーキンソン病の話題を「リハビリ中」と訳していましたし、不謹慎で笑えないというのは多くの方が思うことでしょう。

「テッド」でもパーキンソン病の話題で批判を浴びていたのですから、学んでほしいのものです。

反面、「テッド」で乱発されていたマニアックなネタは少なめです。

これはハマれば(わずかな人にとっては)おもしろいものなので、ちょっと寂しいですね。

物語の本筋

荒野はつらいよ

そんなわけで本作のギャグシーンは好きにはなれませんでしたが、意外や意外、本筋の物語がかなりおもしろかったです。

かなりまともな、ギーク(オタク)の成長物語になっているんですよね。

主人公は満足がいく人生を送れておらず、自分に自信がない。

そんなときに美女が表れて、自分を励ましてくれて、困難に立ち向かう勇気をくれる―

世のオタク男子の理想とも言える関係がそこにはありました。

で、このわりとよくできた物語のテンポを止めてしまう下ネタが入るので、むしろ「下ネタいらねえ」な気持ちにもなってきました。

いや、この映画に下ネタがないならないで、寂しい気もするんですが……(それを期待して観たところもあるし)。

あと邦題がガチで残念なことになっていますが、原題は「A Million Ways to Die in the West(西部で死ぬ方法は100万通りある)」で、映画の舞台である1980年当時の環境の悪さを皮肉るものになっています。

病気が蔓延し、労働者は体を酷使し、一歩外に出ればすぐにでも死ぬ可能性がある。

主人公はそんな世界で生きて、ナレーションでは「生まれる時代と場所を間違えた男」と紹介されます。

主人公はまるで「西部のひどい時代にタイムスリップした」人物のようです。

このおかげで主人公に感情移入しやすくなっているのは、じつに上手いものでした。

シャーリーズ・セロンにいろいろと手ほどきされるという点が本作の最大の魅力であり(断言)、それを期待するなら大満足ができる作品でしょう。

予告編でも“いい女”と紹介されていましたが、実際の彼女のいい女度は「STAND BY ME ドラえもん」のしずちゃんに匹敵するレベルでした。

西部劇へのリスペクト(+ちょっとおちゃらけ)もちゃんとあるので、往年の西部劇ファンにとっても見所がありますよ。

ちなみにこの映画にはライアン・レイノルズユアン・マクレガーもカメオ出演していたらしいのですが、自分はぜんぜん見つけられませんでした。これから観る人はぜひ探してみましょう。

本作には、さらに驚けるゲスト出演者がいるのですが……こちらは秘密にしておきましょう。映画ファンであれば、うれしいことは間違いありませんよ。

言うまでもないですが、お下劣ギャグが受け入れられない人にはまったくもっておすすめいたしません。

エンドロール後にもおまけがあるので、途中でお帰りなきよう。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓



男女の関係

荒野はつらいよ

この映画で感動したのは、主人公が新しい愛の形を知ることです。

アルバートは元恋人のルイーズについて、「幸せにしてくれた」といっしょにいた理由を語りますが、アナは「それじゃ卑屈すぎる」と指摘します。

その後、アナから特訓を受け続けたアルバートは「君なしじゃこんなにがんばれない」とアナに感謝します。

アルバートからルイーズへの愛は一方通行的なものでした。

だけど、アナはアルバートのために一生懸命に銃のことを教えていました。

アルバートもそんな彼女がいたからがんばることができました。

アルバートは自分に自信がなく、たびたび自己否定的になっていました。

アナは「あなたを信じているわ、心配ない」と励ましてくれる。

これこそ、理想的な女性と男性の関係なのではないでしょうか。

「幸せにしてくれた」なんて漠然としたものは、愛ではないのかもしれませんね。

大切な人に何かをしてあげてこそ、愛というものがあるのかもしれません。

最後にアルバートが、ヨリを戻そうとしてきたルイーズに「自分磨きをしてみるよ」と言ってくれたことも痛快!

ルイーズはただ自分のためだけに自分磨きをしたいと言っていましたが、アルバートのこのことばは“大切なアナのために”もっといい男になろうとするためのものに思えます。

う○こネタ

本作のキッツイネタには、氷で男が圧死するとか、犬が町長の死体を引きずるとか、いろいろありましたが、ゲリピーう○こを思い切り大画面に映すのがいちばんトラウマになりそうでした。

その前の

イヤなヤツが下剤を飲まされる→観客の帽子をトイレ代わりに使おうとする→もう1個べつの人に借りようとする→その人にこっちくんなとあしらわれる

という流れはおもしろかったのですから、そこでやめときゃいいのに……

帽子からドロッとゲリピーが漏れるのを見ても誰も得しませんから。

ちなみに、3Dでう○こが飛び出る「ジャッカス 3(D)」という映画も存在しています。人間って素敵ですね(棒読み)。

そのほか気になったネタ

童貞男がヤリ○ンの売春婦と初体験をしようとがんばるネタは嫌いじゃないです。

このふたりはなんだかんだで両想いのカップル。

女は毎日10何人とマニアックなセックスをしているのに、クリスチャンの男は“初夜”をちゃんと取っておこうとするのはおかしいやら悲しいやら……ですね。

アナがルイーズのことを「かわいいけど、ギョロ目ね」と言うのは笑いました。

それ、みんながアマンダ・セイフライドに思っていること(?)だけど、言っちゃだめだと思うんだ。

ぜんぜん毛を飼っていないため前が見えない羊とか、どんどん的に近づいていっているのにぜんぜん弾が当たらず最後に素手で全部倒すとか、じつはお下劣以外のギャグのほうがおもしろいのではないでしょうか。

物語では、せっかく脱獄したアナの兄がぜんぜん悪役として活躍していなかったことが残念かな。

リーアム・ニーソン演じる悪役の凶悪さも、もう少しはっちゃけてくれるとうれしかったですね(お尻に花を刺されるのはちょっと笑ったけど)、

映画ネタ

ギャグで笑ったのは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのドク(クリストファー・ロイド)が思い切り登場すること。

惜しいのはこれを以下の予告編で見せてしまっていることですね。知らなきゃもっと驚けたのになあ。

シリーズ3作目は西部劇でしたね。自分は西部劇と聞くといちばんにこの映画が思い浮かびます。

主人公が「生まれた時代を間違えた」と言っていたのもこの伏線だったのか……マジでこの時代に生まれていないドクが出て来るんだもの。

サプライズはそれだけではありませんでした。

エンドロール後には「ジャンゴ 繋がれざる者」のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)が登場しました。

いや〜これはうれしい!

しかも、ジャンゴはお祭りの的を「(黒人の)脱走奴隷」にしていたクサレ店主を撃ち殺してくれました。

監督らしい悪趣味な差別ネタを、最後にジャンゴがぶっ壊してくれるというのは意外性とカタルシスがありました。

まあ本当の最後の最後、ジャンゴに「白人女を連れてこい」と言わせるのはやめてほしかったけど……ジャンゴ、そんなこと言わない(たぶん)。

あと、インディアンたちに取り囲まれて、インディアンのことばでなんとか会話をしていたアルバートが、どさくさにまぎれて「ミラ・クニス」を「はい」の意味で言うのは笑いました。

そんなのカメオ出演でも何でもねえよ。たぶん字幕がなかったら気づかなかっただろうな。

アメリカという場所で

アメリカの白人たちは、黒人たちを奴隷として扱ってきました。

南北戦争が集結したのは1865年で、本作はそれより後の時代背景となっています。

アルバートの学校の卒業式でニセのリンカーン大統領が登場していましたし、少しずつ奴隷差別もなくなっていたような時代でもあるのでしょう。

アメリカの白人たちは、先住民であるインディアンたちを迫害してきました

こちらも、物語の舞台である1980年以前に熾烈な争いが起きています。

この物語の舞台である1980年代というのは、ひどいことをしてきたアメリカ人たちが“贖罪”をし始める時代とも言えるのではないでしょうか。

アルバートがインディアンたちと仲よくなり、インディアンの知恵により悪人(=他者を虐げる者)(=かつてのアメリカ)を倒すというのも、かつての差別や迫害がなくなっていくことを暗に示していたのかもしれませんね。

そんなふうに高尚なメッセージがあるかも……と深読みはしてみましたが、このインディアンたちは“ことわざ”として「真の幸福のためには、集団ドラッグに限る」とかほざいていましたし、やっぱり監督は何も考えていないかもしれないなーと思いました。

おすすめ

『荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて』感想、下ネタ純愛映画です、もう最低です(褒めてます) – A LA CARTE

ビーグル・ザ・ムービー 『荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』レビュー ※後半部にネタバレあり

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて 2chまとめブログ-

マサじいの えんため日記: 荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて /映画感想:下ネタ覚悟済みなら面白い

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

movieこちらの記事もおすすめです

今までに書いた映画レビューの中から、この記事を読んでいただいたあなたにおすすめの記事をピックアップしています。

ネタバレ前の感想をまずは読んで下さい。映画を見終わった後、ネタバレを含む解説を読んでいただけると1記事で2度楽しんでいただけるのではないかと思います。

カゲヒナタ映画レビューが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!あなたが良い映画と出会えますように:)

done コメディ

この映画のレビューと同じカテゴリの記事です

done 10点満点の映画

10/10を獲得した映画です。

見たい映画が見つからないときはこちらがおすすめです。

done 9点の映画

9/10を獲得した映画です。

名作ぞろいです!まだ見ていない作品があれば是非!

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

   
vertical_align_top