『哭声 コクソン』断定できない“何か”の正体とは(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『哭声 コクソン』断定できない“何か”の正体とは(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想は哭声/コクソンです。

個人的お気に入り度:8/10

一言感想:超モヤる!(いい意味で)

あらすじ

平和な田舎の村・コクソンに、得体の知れないよそ者の日本人(國村隼)がやってきた。
その日本人についての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を虐殺する事件が多発する。村の警官ジョング(クァク・ドウォン)は娘に殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付き、日本人に話を聞き行こうとするが……。

『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン監督最新作です。

まず初めに言っておかなければならないのは、本作はリアリティを重視したサスペンスではなく、途中から『エクソシスト』的なオカルト方面に話が進んでいくことです。
「祈祷師」や「悪霊」などがこの世に実在する、本物であると語られているので、こうした話が苦手な人はちょっとノレないのかもしれません。
自分は本作を「犯人を追い詰めるガチガチの刑事サスペンス」であると勘違いしていたので、途中までは「えー?そっちー?」と少し作品の方向性にガッカリしていました。

しかし、もう終盤では「そっちー?と思ってごめんなさい!」「最悪(褒め言葉)の気持ちにしてくれてありがとう!」と心から感謝を告げたくなったのです!
もうこれなら話がオカルトでも大肯定できるよ!

ファンタジーであり、宗教の話であり、寓話

前述の通り、本作はリアリスティックな内容ではありません。一種のファンタジーであり、宗教の話でもあるとも取れます。
宗教と聞くと無宗教者の多い日本人は拒否反応を覚えるかもしれませんが、実際の主人公の行動原理のほとんどは「娘を守りたい」という普遍的なものでした。
いい感じに主人公がダメ人間というおかげもあり、多くの人が感情移入できるでしょう。

ちなみにナ・ホンジン監督はキリスト教徒であり、物語には新約聖書の影響があったのだそうです。
※以下の記事を参考に↓
日本人になった理由!鬼才ナ・ホンジン監督『哭声』“よそ者”を語る(1/2) – シネマトゥデイ

正直、主人公が刑事ということもあり、「さっさと怪しいやつを拘留すればいいのに」「いくらなんでも激情に任せて行動しすぎでは?」とツッコミたくなる部分もあります。
でも観終わってみれば、「寓話(たとえにより教訓を与える物語)」としてこれらの描写があったんだ、と大納得できました。
キツくて重い作品ですが、しっかり「学べる」ところもあるのです!

役者の演技がヤバい!

本作は韓国映画ですが、日本人俳優の國村隼が出演、トラウマものの演技を披露しています。
どうしてくれんだよ……これ絶対夢に出てくるよ……(悪夢)。

日本人を起用したのは、「言葉が通じない」という「異種」の存在であるがゆえでしょう。
彼に「疑惑」を持ってしまうこと、「理解できない」という気味の悪さに一役も二役も買っているのです。

國村隼になったのは、監督が役者の写真のカタログを見ていて「こいつだ!」と思ったからとのことですが、もうそのパッと見の判断で大正解ですね。マジでヤバかったよ(頭の悪そうな発言)。

主演のクァク・ドウォン、子役の演技もすんばらしいので、それ目当てでも大満足できるでしょう。

この映画が好きな人におすすめ!

本作をおすすめしたいのは、宗教に対する価値観をこれでもかと描いた『沈黙 サイレンス』や、誘拐犯に翻弄される様を重く描いた『プリズナーズ』が好きな方ですね。

『プリズナーズ』とは、主人公(と観客)が疑心暗鬼になりまくること、リアリティよりも寓話的な面がクローズアップされていること、宗教色が強いこと、上映時間が2時間半越えなのにめっちゃ短く感じる(夢中になって観てしまう)ことが共通しています。

あと、なぜか本作はG(全年齢)指定ですが、むごたらしい死体が映ったり、直接的でないにせよ性描写があったりするので、PG12指定が妥当ではないかと。
何よりいい意味でゴリゴリ精神を削ってくれるので、これを小学生が観たらいろいろと後遺症が残っちゃうよ!

あとはもうネタバレせずに、なるべく予備知識を入れずに、主人公と一緒に「翻弄される」気持ちで観るとさらに楽しめる作品です。
「疑え。惑わされるな。」というキャッチコピーの意味を、身を持って体験できるでしょう。

現在公開中(3/11より公開開始)の劇場はわずか13館ですが、遠出していまで観る価値があります!
観た後に解釈が分かれる、語りたくなる映画なので、1人だけでなく数人で劇場へ行くとより楽しいでしょう。おすすめです。

以下は結末を含めてネタバレです。鑑賞後にご覧ください↓

ソンビ映画化

いやー、ネタバレなしのところではエクソシストみたいになるとは言いましたが、まさかゾンビ映画になるとは思いませんでしたね!
この「ジャンルすらよくわからなくなって混沌としてくる」感じが最高でした。
あと、イサム(通訳でもある、神父を目指しているいい子)がゾンビに噛まれたとき、メンバーはそこで見つけた日本人を追いかけるんだけど、「それよりイサムの出血を心配してあげて!」と心配になりました。

結局ゾンビが出てきたのはこの一体だけでしたが、警察署の前に来ていた全裸の女もこうなっていたのかも……。
そして、裸でシカの肉を食っていた日本人(國村隼)は、その「ゾンビ化の感染源」と言える存在だったのかも……。

初めの被害者の甥っ子が大暴れのうえに絶命して、首から何かが「ゴリッ」と浮き出る→軟骨の焼肉がおいしそうという演出も極悪でしたね。この監督趣味が悪い(褒めています)。

単純な結論

本作から導き出された結論は、「表面的」には以下のようなものです。

  • 祈祷師と日本人は、「女」が言ったようにグルだった
  • 女は呪い師(?)であり、村を救おうとしてた
  • 日本人の正体は悪魔だった

初めに起きていた事件では、家の柱に不自然な植物がかけられていました。

最後にジョングが「鶏が3回鳴く前に」家に行ってしまうと、その家の門にいつの間にかかけられていた植物があっとういう間に枯れていました。
これは女の「呪い」であり、彼女は本当はジョングとその家族を救おうとしていたのでしょう。

結論を断言できない要素

前述した結論は単純なものですが、一方で「それだけではない?」と思しき要素もたくさんあります

  • 村に「毒キノコ入りの食品」が流入したという報道がされており、ジョングの同僚が家族を殺したのもそれが原因と思われていた(作中では毒キノコで人を殺すか?という疑問も投げかけられている)
  • ソウルに車で行こうとした祈祷師が大量の鳥の糞(?)のために引き返す(後で祈祷師にゲロを吐かせたことも含めて、女の力?)。祈祷師はジョングに「術をかけ間違えた、女が原因だったんだ!」と電話をかけた(これはジョングを家に帰らせて、女のまじないを無効にするための嘘?)
  • 女は、序盤にジョングが日本人に食べられかけた夢を見ていたことを「夢じゃない」と言っていた(女が呪いか何かで助けてくれた?)
  • 日本人のところまで案内させようとした男が、雷に撃たれたのは偶然?

毒キノコ入りの食品も、物語の結論を断定させない「フック」ですよね。意地悪だなあ……(褒めています)。

悪魔

洞窟にいた日本人は、そこにやってきた神父を目指しているイサムに「お前が悪魔と確信としたら、そうなんだ」と言っていました。
そして日本人は、「噂」どおりに目を真っ赤にして、悪魔のようになりました。

これは日本人が本当に悪魔だったという結論に思える一方で……この物語における「何かを決めつけてしまう」恐ろしさの暗喩のように思えます。
誰が元凶なのか?殺せばいいのか?何が正しいのか?
日本人が悪魔のように見えたのも、イサムが「そう確信したから」、そう見えただけだとしたら……彼は悪霊でもなく、本当に人間なのかも?

また、ジョングがキリスト教の神父に会った時、神父は「会えばいいでしょう」という適当なことを言っていました。
これは神が「意味のない」存在であるかのようで……
劇中で起こった、「家族殺し」や「自殺」などの事件も、キリスト教の価値観からすれば絶対的に許されないことです。
これは、神の不在を訴える物語なのかもしれません。

写真

日本人と祈祷師がグルという証拠は、どちらもが「絶望した者」や「死んだ者」へカメラを向け、シャッターを切ったことでしょうか。
彼らはそうした不幸を集めているコレクターなのかも……。

写真とは、「物的証拠」として残るもの。
この物語でさんざん提示されてきた、何が本当かわからなくなる「疑心暗鬼」とは、真逆の「確か」なものであるということも、皮肉的です。

※舞台挨拶でこのポーズをする國村隼が素敵

警察官だから

映画は、ジョングが娘に語った「父さんが守ってやる、警察官だから」というセリフと共に幕を閉じました(楽しい遊園地での光景が見えるのが切ない……)。

だけど、実際のジョングは「娘が熱で~」「母親が~」と言い訳をしまくって、遅れてから現場にかけつけるという、警官としてダメダメな男でした。
その後の行動も、同僚と一緒に日本人の家に不法侵入をするわ、罵詈雑言を並べ立てた上に犬を殺してしまうわ、あまつさえ運転中の電話のせいで日本人を轢き殺してしまう(生きていた?)と、どうしようもありません。

しかも、物語の中盤からは、悪霊だとか悪魔だとか、警察官がどうこうできるものではない事態になっていたのです。
この「警察官だから」というセリフの、なんと無力なことでしょうか。最悪の後味をありがとう!(キツかった)

冒頭のテロップに出てきた文言はこちらで↓
ルカによる福音書 第24章

※こちらも面白い解釈↓
@Tinmeshiさんの伏せ字ツイート | fusetter(ふせったー)
@unforgiven_0909さんの伏せ字ツイート | fusetter(ふせったー)

※「考察3」に大納得!この映画に信用できるものは「ない」かも……↓
【解説・考察】「哭声/コクソン」本当にあのラストに納得してる? : ナガの映画の果てまで

(C)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top