全オタク必見の大傑作「キック・アス」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

全オタク必見の大傑作「キック・アス」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は「キック・アス」です。

個人的お気に入り度:10/10

一言感想:最高のスーパーヒーロー賛歌!

あらすじ

デイブはさえないオタク少年。
彼は「何故現実にスーパーヒーローが存在しないのか?」と疑問に思い、ウェットスーツを着て「キックアス」として活動する。
一方その頃、「ビッグダディ」とその娘「ヒットガール」は犯罪組織への復讐の準備を始めていた。

いやもう最高!
すでに絶賛の嵐な本作ですが、正直ここまでとは!
公開開始は昨年12月18日ですが、これから公開する地域のほうが多いので上映したらすぐに観に行って!

今作の魅力は
・「スパイダーマン」などのアメコミものに対するおちょくり
ヘタレ主人公の成長物語
11歳の可愛いヒーロー(ていうか殺し屋)の残酷アクション
などに集約されます。
↑にすこしでも興味ある方には絶対損をさせない面白さです。

今作はあらすじだけ見るとコメディっぽいです。
だって主人公が何の能力の持たないオタクで、それがスーパーヒーローになろうって言うんだからそりゃコメディだろうと。

でも単なるコメディで終わらせない深さを映画は持っています。
話の軸になるのはむしろビッグダディと娘のヒットガールによるシリアスな復讐劇です。
それにキックアスが巻き込まれるのが基本のプロットですが、これが意外に展開が読めない
このスタッフ(脚本家)は相当な映画オタクなんでしょう、観客の予想を裏切る展開と、王道の復讐、成長物語がミックスされ、ゲラゲラ笑え、時には登場人物を本気で応援する、最高に楽しめるエンターテイメントとして仕上がっています。

「ヒーローに必要なのは純真さと創造力の完璧な融合だ」という主人公のセリフがありますが、現実はそうは言ってもヒーローになんかなれないもの。
だって実際にチンピラにヒーローの格好をして喧嘩売ろうものなら、ボコボコにされるだけでなく訴訟になってもおかしくない。
この映画でもその現実を叩きつけられます。

そこでデイブは本当のスーパーヒーローになれるのか?そして復讐劇の結末は?
その結末も含めて劇場で見なきゃもったいない。
「ウォッチメン」などの残酷描写のあるアメコミに拒否反応がある人には向きませんが、それ以外のグロ描写を笑って許せる大人におすすめです!

↓以下は観た方用のネタバレ感想です。結末に触れているため、未見の方は読んじゃ駄目。

・スーパーヒーローつってるけど、お前らみんな殺人犯じゃねーか!

そう、この映画は実はものすごく怖くって、ヒーローになりたい人間の心情を切実に描いただけでなく、普通の人間がヒーローになろうとしたらどうなるか?という点も描いています。
ビッグダディは復讐に燃えヒーローになりすまし、大量に殺人する。その娘ヒットガールはその巻き添えです。
「誕生日プレゼントに子犬が欲しい」とヒットガールは言い、「冗談よ、バタフライナイフが欲しい」とも言う。
前者はおそらく本心なのでしょう。ヒットガールはビッグダディが生みだした怪物であるとともに、素直になれないかわいそうな女の子なのです。
さらに終盤で、巻き込まれたキックアスも復讐に加担し、人を殺す。
真の意味でヒーローになった主人公ですが、自分は内心ぞっとしました
悪を滅ぼすのは善じゃなく、別の狂気に巻き込まれたものなのだと、映画は言っている気がします。
ハッピーエンドだけど嫌~なものを残すプロットです。本当に。
(追記)そう考えると、残酷描写は見た目の痛快さだけではない意味もあります。ヒーローを夢見る者への警告であり、皮肉なのです。

・フラグの破壊がお見事

「こう来るか!」という展開盛りだくさん。例えばレッドミストがキックアスに会いに来た後の展開。
この後キックアスはぼこぼこにされるんだろうな~と思ってましたが、まさかのビッグダディによる倉庫の放火です。
さらにキックアスはネット中継で拷問され、その際に「回想してるから助かるって思うかい?死んだ者の回想だってあるぜ」などと言いだしたりします。
いろんな映画を観ている肥えた眼をした観客へのメッセージとして受け取りました。
逆に伏線を長ーく使っていたのは「バズーカー」でしたね。さんざん気を持たせておいて最後にどーん!

・音楽が最高!

ヒットガールが惨殺をする場面では予告編でも流れる「ランランラン~」という可愛い曲(実際はバナナ~らしい)(THE BANANA SPLITS)、ビッグダディのアクションシーンでは「28日後(28週後)」でも使われたギターをかきならす曲(In the House In a Heartbeat)。これがピタリとはまっています。
どこか「キルビル」を彷彿とさせるハイセンスさ。サントラが欲しくなりました。
何故輸入盤しか存在しないんだ・・

・続編あるよね?

最後はレッドミストが「バットマン」のジョーカーのセリフを借りて「俺の出番を待ってな」と言って終了。
続編があったらレッドミストが金に物をいい武装して復讐をするのでしょうか。そう思うとわくわくが止まらない!
あと最後に彼はコスチュームの色が黄色に変わっていました。レッドミストと同一人物とバレバレだと思うけど。

・最後デイブはケイティとわかれちゃったの?

メガネデブがキッスアスの拷問ネット中継のおかげで女の子にキスされたのにはむかつきましたが、さらにもう一人の友達にも彼女ができていて、両方ともファミレス(カフェ?)でいちゃいちゃ、しかしデイブはそれに挟まれて独り。
わかれる理由がないので?なのですが・・・

*すみません、コメントで教えていただいたのですが、中央で一人で座っていたのは友達のトッドのほうだったそうです。紛らわしいな!
あと10点付けてなんですが不満をもうひとつ。
ヒットガールに初めに欲しがってたプレゼントをあげてほしかった!
続編にやっぱ期待をしちゃいます。

・原作コミックとは展開が違う?

原作コミックはかなり鬱積した内容だそうです。
これに関しては映画のほうが後味がいいと思います。正直映画のビッグダディを知ってしまうと、コミック版は観たくなくなるな・・・
暴力描写が半端ないらしいですよ。

最後にこの一言で終わりましょう。












デイブの友達が言った「あの子が大人になるまで童貞を守るぜ!」に共感したら負けです。負けたけど。

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. ★「キック・アス」

    上映館も上映回数も少ないので、平日の割には結構お客が入っててビックリ。

  2. キック・アス

    リアルスーパーヒーローになろうとした青年を描いた話題の『キック・アス』を観てきました。
    ★★★★★
    なんでスーパーヒーローってコミ…

  3. ts より:

    こんにちは。通りすがりの者です。
    最後のボンクラトリオがコミックカフェにいる場面で、中央にいてマンガを読んでいるのはトッドです。デイブは右側でケイティとキスしています。
    私も一瞬、見間違えました。

  4. ヒナタカ より:

    なんだってーーーー!そうだったのか。
    あんなんじゃだれだって間違えちゃうよ・・
    ご指摘ありがとうございます。修正しておきます。

  5. ぎんた より:

    こんにちは。
    キックアス、予想以上の激しさでとても面白かったです。
    そして昨日、おススメしていた「ヒックとドラゴン」をDVDでやっとこ観ました。
    幸せな気持ちに浸って特典映像も観ていたら、バイキング見習いのおデブなドラゴンおたくの声はレッドミストなんですね!
    ポスターやサイト等見ていなかったので全然知りませんでした。
    好きな作品同士がタイムリーに重なって、勝手に盛り上がりました笑。
    ご紹介ありがとございます!

  6. ヒナタカ より:

    ぎんたさんこんばんは!
    キックアス面白く観ていただいたようでよかったです。好き嫌いの分かれる映画だと思っていたのでほっとしました。
    ヒックとドラゴンはもう説明不要な名作です!そういや自分は劇場で日本語吹き替えしか観ていなかったな・・今度そのおデブのドラゴンの声を聞くためにも借りてみようと思います。
    ご紹介したかいがありました!まじで嬉しいです。

  7. 安田陽介 より:

    ご命令どおり、今日、「キックアス」見てきました。
    ヒットガールが可愛い。
    可愛いだけじゃなくて、演技もうまい!
    マスクをしている時の目(ややタレ目)がよかったです。
    西部劇のガンマンを彷彿とさせてくれました。
    アクションは、(CGやワイヤーを使っているにせよ)本人がやっているのでしょうかねぇ。
    子供のスタントっているのかな?
    漫画版にも興味がわきましたが、ヒットガールが可愛くないので止めておきます。

  8. ヒナタカ より:

    こんばんは!キックアスをご覧になってくれてうれしいです。
    ヒットガールの子はアクションは自分でやっているようですよ!スタントなしです。
    バタフライ・ナイフの使い方も練習したと言っていました。
    漫画版はアメコミとしてのクオリティは高いのでおすすめですよ、一応は。
    ヒットガールもときどきなら可愛いです。ときどきだけど。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top