『葛城事件』家族という地獄にようこそ(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『葛城事件』家族という地獄にようこそ(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想は葛城(かつらぎ)事件です。

個人的お気に入り度:9/10

一言感想:家族の中でブーメランを投げまくる映画

あらすじ

父親から受け継いだ小さな金物屋に務める葛城清(三浦友和)は、妻の伸子(南果歩)とともに長男・保(新井浩文)と次男・稔(若葉竜也)を育て上げた。
ところが、稔が8人のも人間を殺傷する無差別殺人事件を起こし、死刑囚になってしまう。
やがて、稔と獄中結婚したという女・星野(田中麗奈)が現れるのだが……。

観ろ。(←今年5回目)

もうね、「後味の悪い映画を観たい」「胸糞の悪くなる話を知りたい」という後ろ向きな希望がございましたら、本作『葛城事件』はそれをこのうえなく叶えてくれる作品であることを保証します。

何せ、起こるのは1ミリも擁護することなんてできない、凄惨な通り魔(無差別殺人)事件です。
映画はなぜその事件が起こったのかを、家族の会話劇によりじっくりねっとりと解き明かしていきます。

何がすごいって、誰かがしゃべったセリフや行動のほぼすべてが、家族の誰かにブーメランとして戻って来ることです。
※ネットにおけるブーメンランの例→舛添要一の特大ブーメラン発言集
何気なく家族が発した言葉が、「あれ、こいつも同じことを言っていたじゃん」と回収されまくるのです。

これは、家族を持つ方であれば誰でも経験することですよね。
同じ血が流れているのですから、趣味嗜好が似通っていたり、行動パターンが同じだったり。
その似ているところがあるからこそ、家族は愛おしく、大切なものになるはずです。

だけど、『葛城事件』はそのブーメランにより、どんどん家族が地獄にハマっていくのです

これは家族による「悪循環」です。
ふつうは家族が似通っていることはよい環境をもたらすはずなのに、その歯車が狂えば絶望の淵まで行ってしまうという……。

なお、本作で登場する家族たちは、
父親は生粋のク◯親父、
母は夫の言いなりのダメ妻、
次男は引きこもりのニートとダメダメ。
しかし、唯一長男(とその妻)は、会社員として働くまともな青年に思えます。

家族はクズ 葛城事件<右の長男だけはまとも?

ところが、そのまともに見えた長男でさえも。ダメ家族が持っていた嫌な部分をほんの少しだけ出すシーンがあるんです。
これは「もうやめてくれ」と思えるほどの地獄でした。

恐ろしいのは、本作で描かれた「家族という地獄」という問題が決して他人事とは思えないこと。
ずーっと家族で暮らしていると、親やきょうだいの「嫌な部分」も知ってしまうものですが……そう思う本人だって、その嫌な部分を持つ家族と共通のDNAを持っているのです。
いわば家族に感じる嫌な部分というのは「同族嫌悪」でもあり、世界中のどこにでもありふれているものなのです。

本作のように、その「嫌な部分」がブーメランされまくって、悪循環に陥いってしまうと……この家族という地獄に陥る可能性がないとは、誰にも言い切れないでしょう。

忘れてはならないのが、俳優陣の熱演です。
全員がクズ人間にハマりすぎていて怖いのですが、とくに父親役の三浦友和はキッツい(褒めています)。
作中では三浦友和が、殺人事件を起こした息子の父親ということで世間から蔑まれているのだけど、微塵も同情できないのがすげえ(それくらい性格が悪い)。

クソ親父のシーン葛城事件<生粋のク◯親父にしか見えません。

その「俺様」な一挙一動は、とても演技に思えません(←大変失礼な発言)。
ディストラクション・ベイビーズ』の柳楽優弥、『ヒメアノ~ル』の森田剛、『クリーピー 偽りの隣人』の香川照之と、今年の日本映画はこの手のヤバい男の演技がフィーバーしすぎです。

赤堀雅秋監督・脚本の前作『その夜の侍』はひき逃げ事件をめぐる人間ドラマとして、高く評価されていました(否定的な意見も多いのですが)。

その夜の侍(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]
キングレコード (2016-08-03)
売り上げランキング: 36,098

自分は未見でしたが、『葛城事件』の計算されつくした会話劇を知ると……こちらもすさまじい作品であると確信できます。

なお、本作は附属池田小事件土浦連続殺傷事件秋葉原通り魔事件「黒子のバスケ」脅迫事件など、複数の事件を参考(モデル)にしています。
その犯人像のリサーチのおかげもあり、殺人鬼となる次男の発言は例えようもないほどの嫌悪感に満ち満ちているものの、どこか現実に存在してもおかしくないようなリアリティもありました。

つい先日にも、「死刑にしてほしい」という身勝手すぎる理由により、北海道・釧路のイオンモールで通り魔事件が起きました。

とても悲しいことですが、こうした事件は現実にあるもの。
突然起こる通り魔事件は、その現場にいる誰かが事前に阻止することは不可能です。

しかし、その「原因」を無くすことは可能です。
『葛城事件』は訴えているものは、その人間が通り魔(化け物)になる原因がなくなれば、こうした事件も起きなかったのではないかという希望(願望)なのではないでしょうか。
作中では次男が通り魔になった過程がじっくりと丁寧に描かれているぶん、「こうであればそうならなかったのに」という後悔がまざまざと描かれているのですから。

欠点をあげるのであれば、時系列を入れ替えた構成に少し戸惑ってしまうことでしょうか。
観終わってみるとこの構成にも確かに意味があると思うのですが、敷居の高さは否めません。

映画は、通り魔事件を起こした次男が死刑判決を受け、そこに死刑囚である次男と獄中結婚したいと願う女が来たところから始まります。
そこから、なぜこうなったかという過去の描写が始まるのですが、そこの場面展開が唐突で、時間が巻き戻ったと認識しにくいのです(家の中の様子で一目瞭然ではあるのですが)。

獄中結婚する女(田中麗奈)が出てくるシーンが「現在」
それ以外のシーンが「過去」
と認識するとわかりやすいでしょう。

葛城事件現在<これが「現在」

葛城事件こっちが現在<これが「過去」

これは、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『冷たい熱帯魚』『凶悪』系の、「観た後にマジでゲンナリする案件」です。

「こんな暗くてキツい物語を、なんでわざわざ観るの?」と思う方もいるかもしれませんが、むしろこういう映画こそ、逆説的に幸せを教えてくれると思います。
多くの人にとって、いまの自分の家族が、いかに奇跡的な関係性を保っているかを思い知らされるでしょうから。

(こういうと悪趣味ですが)会話劇によるエンターテインメントとしても抜群におもしろい作品です。
じつは寝不足のまま本作を観たのですが、つぎつぎに襲い来る会話のブーメンランっぷりに眠気なんて吹っ飛びました。
出演者の狂気に満ちた表情と行動も相まって、スクリーンに目が釘付けになるでしょう。

この「家族の関係性が、会話の中にありありとあらわれる」というのは、何かに似ているなあと思ったら、是枝裕和監督の作品にそっくりでした。
歩いても歩いても』『そして父になる』『海よりもまだ深く』『海街diary』はそれぞれ愛おしい家族の関係を描いていましたが、それが全部ダークサイドに染まると『葛城事件』になるんですね(←暴論)。

PG12指定だけあり、通り魔のシーンが直接的に描かれているうえ、性的な話題もあるのでご注意を。
多少の好き嫌いはあるでしょうが、それでも、2016年を代表する邦画の傑作として、超大プッシュでオススメいたします。

<上映劇場(7月23日、7月30日公開開始の場所も多め)>

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓ 超ネタバレなので未見の方は読まないで!

長男の自殺

父は中華屋で料理に難癖をつけるクレーマーとなったので、長男はそれを止めようとしていました。
彼は、問題やトラブルを何よりも嫌う性格だったのでしょう。

しかし、長男は自分の息子が血だらけになったときに、自分の妻には「お前は大げさなんだよ」と言っています。
母親と次男がアパートに住んでいたのを見たときは、すぐに父親に知らせています。
父が次男の首を絞めて殺そうとしたときは、止めることもなく傍観していたため、次男に「お前も俺が死ねばよかったと思っているだろ」と言われてしまいます。

彼は物事を穏便にすませようとするあまり、自分にやさしく、他者に関わろうとはしない人間になっていた。
それは家族にいいものを食べさせたいからと言って、中華屋のクレーマーとなった父親にも、回り回って似ています

そんな彼だからでこそ、自分の身に降りかかったリストラという問題は、このうえなく大きかったのでしょう(面接で汗ダラダラになるほど)。
しかもトラブルが嫌いだから、周りにも相談できなかったのですね。
(公園でクロスワードパズルで時間をつぶしたり、金物店にいる父親に「営業は効率だからさぼってもいいんだよ」「(客がいないのに)この店を継ごっかな」と言っているのがキツい!)

そして自殺した彼の遺書は、レシートの裏(!)に書かれた「申し訳ない」のみ。
自分の問題に向き合えなかったかったら、こんなところに、これだけしか書けなかったのか!

思えば、次男も長男の息子を殴ったということを、その辺のメモにペロッと書いて渡していたなあ……。
こんなところでも、きょうだいが似ていることを示すなんて勘弁してください。

壊れた母

家の中においてコンビニ飯しか出てこないこともキツかったですね。
母が一切料理を作らないという事実だけ、もう……(亭主関白すぎる父は、彼女にパートの仕事も禁じていたようですし)

中でもゾッとしたのが、息子の葬式で母が爆笑しながら話していた「カナブンの話」ですね。
もうオチを言ってしまっているのにそれに気づかない。ああ、もうこの母は壊れていたんだな、と思い知らされる瞬間です。

あまつさえ、母は長男の妻に「なんで気づいてあげなかったの、あなたが保を殺したのよ」とほざきます。
母は(長男と父と同じく)自分にやさしく、他人にばかり責任を押し付ける非道い性格だったのですね。

最後に精神病棟に行ったときは、耳に入る言葉を「セミが鳴いている」とつぶやくようになった母……彼女はもう、廃人のまま一生を終えるでしょう。

気づいてほしかった次男

次男が言う「いつか一発逆転してやっからよ」というのはもともと社会に対する反発でした。
それの気持ちが、
兄がレシートの裏に遺書を買いて自殺するという「しょぼい死に方」を見たため、
何か死刑になるほどの大きなことをしてやるとい気持ちに変換され、
それが無差別殺人につながっていく、
というの負のスパイラルが恐ろしかったです。

さらにキッツいのは、
何やら放火(ボヤに収まった?)をしようとしていた次男を父が追求しようとしなかったり、
どこかにいく次男を母親がコンビニ飯を食べながら「行ってらっしゃい」と言うだけで見ようともしなかったり、
「関心のなさ」もが事件を引き起こした、という事実もあること。

長男は死刑判決を受けたときは父に向かってヘラヘラと笑い、面会に来た星野にも「罪を犯したと思っていないからね」「狂ったイノシシが暴れたらしょうがない」と言うなど、まったく反省の気持ちもないようでしたが……
ついには星野に「こう言えば満足か?自己顕示欲ばかりで、30手前で人生終わっているやつが起こした事件って!」と声を荒げます。
これこそ次男の「本音」だったのでしょうが……。それが家族ばかりか、目の前にいる(しかも人間の可能性を信じていた)星野にさえも届かなかったというのは、なんという皮肉でしょうか。

さらにさらにキツかったのが、幼少時のころの次男が、母親に「稔はまだ赤ちゃんだもんね〜」と甘やかされていたこと。
次男があの状況に陥ったには、ここまでの理由があったのです。

何もしていなかった父

父は「俺がいったい、何をした!」と度々声を荒げていました(映画のキャッチコピーにもなっています)。
映画を観終われば、「お前は何もしていなかったんだよ」と観客みんなが思うことができるでしょう。

金物屋はただ父親から引き継いだものだった(商売の努力もしていなかったろう)し、妻にも何もさせないような亭主関白っぷりを見せつけるし、「同じ屋根の下に暮らして、どうしてこうも違うのか」と息子ふたりの教育にも関わってはいなさそうでした。

さらに、妻に無理やり抱きついて、「あなたのこと、初めから好きじゃなかった!」「どうしてここまで来ちゃったんだろう」と言われてしまう。
父は、誰かに愛される努力もしていなかったのでしょう。

そして、すべてを無くした父は、次男と獄中結婚した星野にも体の関係を求め、「俺と結婚して、家族になってくれ」とせがむ(この前には星野から提案されたカラオケのデュエットを拒んでいたのに)!
これまで頑なに次男の人間としての可能性を信じていたはずの星野でしたが、父には「あなたはそれでも人間ですか!」と絶叫する!

父はその後に、ありとあらゆる家具を壊していく!
まるで次男が無差別殺人をしたかのように、めちゃくちゃに……。

父は自分が育て上げた木(もとは小さな苗木)にロープをくくり、自殺をしようとするが、それも叶わかなった。
星野に告げていた「やっぱりあいつ(次男)を生かしてくれねえか。それが一番の罰だろう」というのが、まさにブーメランとなって自分に返ってきたのです

父はコンビニのそばをすすりながら、まだ生き続けなければならない。
家族に何もしなかったことの罰とは、それくらい重いものなのでしょう。

最後の晩餐

泣けてしかたがなかったのは、母、長男、次男がアパートの一室で、「地球最後の日に食べるものは何がいい?」というくだらない話をするシーンでした。

ここで次男は、長男や母に何を提案されようとも、「うな重が食べたい」とちゃんと自分の意思を告げていました。

家族は、父にいいようにされるロボットじゃありません。
それぞれが主体性を持ち、ほかの家族と接していれば、こうはならなかったのに……。

そして、父が自殺を試みる前に(その後にも)食べていたのは、まずそうなコンビニのそば。
父は最後の晩餐に自分の食べたいものを選ぶことも、そもそも死ぬこともできなかった……。

最悪の後味でした。
だからでこそ、この映画は傑作です。

「葛城事件」サウンド・トラック
窪田ミナ
aten music (2016-06-22)
売り上げランキング: 32,328
生ける屍の結末――「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相
渡邊博史
創出版
売り上げランキング: 41,360

(C)2016「葛城事件」製作委員会

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. 小林俊雄4 より:

     いつも愛読しております。今回のレビューは珠玉でした。なぜあれほどいやな気分になったのか、それでも面白かったのはなぜか。大変参考になりました。
     でも最近「必観!」が多くて困ります。「裸足の季節」どうやって観よう…。

  2. ラリーB より:

    今年の邦画は全体で見てもかなりの大豊作と言っていいくらい充実していますが
    その中でも個人的には最大級のスマッシュヒットが来ました。
    エグい、キツい、見たくない…でも凄い映画、一言で言うならそんな映画ですね。
    まずこの手の「犯罪者家族の~」みたいな映像作品に有りがちな
    過剰な盛り要素が一切無く、犯罪に手を染める過程はしっかり描かれていても
    あくまでも冷たく突き放して、淡々と描かれていたのにゾクッと来ました。
    三浦友和氏演じる『普遍的な』亭主関白親父こと葛城清も
    彼がピーキーで異常だからこうなったと言うよりはむしろ、小さくて卑近なプライドと威厳を必死に保とうとしてる
    何処にでもいそうなタイプの人間だからこそ過去シーンで彼が暴れる様が、恐ろしいと同時に滑稽でかつもの悲しい…中華料理屋で些細なクレームで回りをドン引きさせたり、中盤での戦慄のアパートシーンでの傍若無人ぶりも
    どこか哀愁と言うか「何で俺の事分かんねえんだよ!!」と言う
    悲愴感に満ちていて、笑っていいのかどうか迷うとこもありました。
    そんな彼らに振り回される家族達も凄まじかったです。家事と清への気遣いに疲れ果て心を壊し
    手料理すら作る事が出来ずコンビニ弁当を機械的に口に運ぶ妻の伸子
    清に認められたい一心で努力し、それなりに頑張ったけど社会に切り捨てられた長男の保
    出来る兄と比べられ父に反発してニートになり、叶いもしない夢を語って
    最後は絶対に許されない凶行に及んでしまう次男の稔…
    何処をどうすればこうならなかったのかと言う安易な答えはなく
    世の家族は下手を打てば誰でもこうなってしまうんだと言う過程を見せ付けられ
    普通に親に育ててもらった自分が如何に恵まれていたのかを改めて痛感しました。
    万人が良いと感じるかは分かりませんし、精神ガリガリ削られる映画なんで見る人は選ぶと思います。
    ですが世の中の家族に対する警告、そして『普通』と言う言葉の有り難みを感じる上でも
    本作は絶対に見るべき映画だと思いました。赤堀監督凄い、大傑作です。

  3. 名無し より:

    日頃楽しく読ませて頂いております。
    細かい描写を丁寧に解説して下さって有難いです。
    劇中では描かれませんでしたが、個人的に父親の祖父母が気になりました。
    過去のホームパーティの会話で、父親が「跡継ぎはいない。自分が最後だ」と言っていて、もしかしたらこの父親自身、親の事があまり好きではなかったのでは?と感じました。
    だからこそ、ここまで「自分の理想とする家族」に執着したのではないかと思い、更にやりきれなくなりました。
    私としても素晴らしい傑作でした。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top