『神様メール』聖書の神はク◯親父(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『神様メール』聖書の神はク◯親父(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想は神様メール(英題:THE BRAND NEW TESTAMENT)です。

個人的お気に入り度:7/10

一言感想:神様なんて知るか!

あらすじ

ベルギーのブリュッセルに住む神(ブノワ・ポールヴールド)は、自分の部屋に置かれたパソコンを駆使し、世界に災害や不幸を起こしては楽しんでいた。
そんな父親に怒りを覚える10歳の娘エア(ピリ・グロワーヌ)は、パソコン室に忍び込んで、人間たちの余命を知らせるメールを一斉送信してしまう。
さらに家出をして、「新・新約聖書」を作る旅に出かけるエアだったが……。

ベルギーの映画監督ジャコ・ヴァン・ドルマルの最新作です。
世界でカルトな人気を誇っているのに、いまだ4作品しか手がけていないんですよね。もっと撮ってくれよ!

レビューはこちらで↓
自分の人生に思いを馳せて・・・「トト・ザ・ヒーロー」ネタバレなし感想+お気に入りシーン
ダウン症の青年と、悲しい中年の物語 映画「八日目」ネタバレレビュー
どの人生も、同等の価値がある。「ミスター・ノーバディ」ネタバレレビュー

ジャコ監督の特徴といえば、作品のテーマは「運命(に翻弄される人生)」という点で一貫していること。
今回は神様を出しちゃうという、さらに高次元な領域で、「運命」にまつわるメッセージを描いていました。

初めに言っておきますと、本作はかなーり好き嫌いが分かれます
公式サイトや予告編では、「女の子のファンタジックなアドベンチャー!」な印象ももちますが、実際はク◯みたいな神様がゲス行為をしまくり、性描写がありまくりです。

本作で登場する神様は、見た目がハゲてて臭そうなだけでなく、人間たちに災いを運びまくり、娘に暴力をふるうという中身までもク◯親父となっております。

Le Tout Nouveau Testament<こんな神様見たことねえ。

で、その娘の10歳の女の子は家出をして、12人の「使徒」を探す旅に出るのですが、出会う人たちのほとんどが性的なことを話します

おかげさまで本作はPG12指定。お子様にはまったくオススメできないのでした。

あと、キリスト教にケンカを売りまくっていることも素敵ですね。
一神教の人にとっては神様をク◯親父と書くだけでもアレだろ!しかも劇中ではもっとヤバいことをディスっているよ!怒られないのかこれ!(たぶんマジで怒られている)

さらに、世界一のベストセラー「聖書」に照らし合わせると、かなり皮肉に満ちていることがわかるんですよね。

本作の原題は『新・新約聖書』で、物語も「新しい聖書を作ってしまおう!」というものなんです。

予備知識として知っておくといいのは、旧約聖書は「バベルの塔」や「ノアの箱船」や「モーセの十戒」に代表されるように、「神の怒り」が多く記されていること。
新約聖書は「布教の様子」「教義の確立過程」などが記され、「救済」がおもになっていことです。

で、この映画では、新約聖書は「正しい」ことが書かれているはずなのに、そこに居座っている神様はク◯親父だった、というふうになっているわけ。
だから、さらに新しい聖書を作ろうとする、というのがブラック・ユーモアになっているのです。

このあたり+さらなる豆知識を、人間映画Wikipediaと呼ばれる成宮秋祥さんに40分以上熱くパッションを込めて語っていただいたので、ぜひお聞きください↓

※ストーリー上のネタバレは控えめですが、作中の小ネタはネタバレしまくっているのでご注意を。
「短く話せよ」と再三言っていたのに、成宮さんは聞いちゃくれなかった(愚痴)。

なるほど、いまの人は知らないでしょうが、名女優のカトリーヌ・ドヌーヴが出演されていることも魅力のひとつですね。

反撥 [Blu-ray]
反撥 [Blu-ray]

posted with amazlet at 16.06.05
角川書店 (2013-10-25)
売り上げランキング: 52,728
昼顔 Blu-ray
昼顔 Blu-ray

posted with amazlet at 16.06.05
紀伊國屋書店 (2011-09-24)
売り上げランキング: 27,214

ラジオでも話されていますが、本作の「人間たちが余命を知ってしまう」という物語は、星新一の短編小説『生活維持省』、それを盗作した疑いがあった漫画『イキガミ』に似ていますね。

ボッコちゃん (新潮文庫)
星 新一
新潮社
売り上げランキング: 1,367
イキガミ(1) (ヤングサンデーコミックス)
小学館 (2012-09-25)
売り上げランキング: 115,336

『神様メール』においては、こうして余命を知ってしまうということが、決して悪いことではない、と描かれているのがおもしろいですね。

そこには、人間はいずれ死ぬからでこそ、限られた時間でしたいことができる、有限な時間を大切に思える、というメッセージが込められているかのようです。

本作の大きな弱点は、登場人物の多くが奇人変人すぎてちょっと感情移入がしにくいことでしょうか。
こいつら、自分の死期を知ってしまった後、斜め上の行動をしまくるんです。

しかも基本的にコミュニケーションが「セックスが先に来る」感じなんです。
これもなかなか日本人には共感しにくいところがあります。

これはいろいろな(性への)興味があるという「多様性」を示しています(それは決して否定することではない)し、そのエキセントリックさこそがおもしろいとも言えるので、批判するのもナンセンスなのですが……やはり拒否反応を示す方も多いのではないでしょうか。

個人的には、10歳の女の子が性的なことを(ナレーションで)話しまくるということに居心地の悪さを感じてしまいました。

女の子がさまざまな人物に出会っていく、という構成はやや着地点が見えづらく、ダレてしまう方も多いのかもしれません。

それでも、これは皮肉に満ちた、ブラックでユーモラスなファンタジー映画として存分にオススメします。
「キレイごとなんて大嫌い!」な捻くれ者こそ、きっと気にいるでしょう。

あと、本作はフェミニズムにあふれているほか、性にマイノリティな人(LGBT)にエールを送っている作品です。
(だって神様を亭主関白のク◯親父として描くんだもん)
男性が観れば女性を大切にしようと思い、女性が観れば「そうそう」と納得し、性にマイノリティ人は勇気をもらえるでしょう。

あとね、本作のオチがすっげえ大好きなんですよ。
もうね、ニコニコしたまま劇場を後にできたので大満足です。

エンドロールの最後にもおまけがありますので、お見逃しなく。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

ダウン症の青年

『八日目』で主演を務めたダウン症の俳優パスカル・デュケンヌさんが出演していましたね。
自分の死期を知った母が、この息子の首を絞めて殺そうとしているのが切ない・・・これは「自分が死ぬと、ダウン症の息子は生きられない」と思ったからなんだろうな。
殺さないでよかった。だって、本作のラストでは……。

ジャン・クロード・ヴァンダム大好き!

ホームレスのおっちゃんが、エアに「ジャン・クロード・ヴァンダムの映画を観ていないのかよ!」と怒る場面は大笑いました。いやいや、ベルギー出身の俳優なので彼を推すのはわかるんだけど、10歳の女の子は観ていないだろ!

しかも神様と『ドラゴンへの道』ごっこをする(笑)。この映画でこんなネタを観るとは思いもしなかったぜ。

マーフィーの法則

神様が、「食パンはジャムがついたほうが下に落ちる」「バスタブに浸かった瞬間に電話がなる」「となりの列のほうが早く進む」という、マーフィーの法則を提示しまくるのが可笑しかったですね。
で、神様は病院でぶん取った食パンのジャムがついたほうが下になって落として、列を守らないからボコられるというすごいブーメランを受けていましたね。ざまあみやがれ。

そして神様は、イエス・キリスト(息子)を見ながら「あいつ磔になった以外たいしたことしていないよね〜」とほざいて首を絞められたり、連行されるときに「イナゴの大群に襲わせるぞ!」とほざく。
あーこいつ本当クズだわ。地獄に落ちろ(神様なのに)。

最後に、神様なのにコインランドリーの作業をさせられていたのもいいですね。
もうちっと、こいつは庶民の生活のこと、苦労をわからせるべきですもの。

運命なんて……

本作は「掃除をしていたママが、偶然コンセントを切っちゃって、世界を再起動させてすべてが解決!」というズッコけそうなオチを提示してくれました。

でも、これこそが最大の皮肉ですよね。
神様はいろいろ人間を不幸にしまくって、エアは出会っていく人それぞれに幸せを与えて少しずつ「新・新約聖書」を作っていたけど、けっきょく「もともとのルールを変えたら全部解決しました!」なんだから

ママが神様になったおかげで、殺し屋が妊娠できたり(性別の差異がなくなる!)、マダムはゴリラと子どもを作ることができたり(恋愛に障害なんてない!)しました。
これまで、女性が性的な目で見られまくったり、女の子になりたいなど、性に対する悩みが多く描かれていましたが、それはルールが変われば「ふつうのこと」になる……。

これは、現実でも同じですよね。
女性への性差別や、LGBTの偏見も、そうしてルール(世間の認識)を変えれば、あっけなく解決できちゃうのかもしれません。

そういえば、神様はシャワーを浴びているエアのカーテンを開けたり、エアが化粧をしていることにまったく触れなかったり、そもそも妻にまったく興味がなかったりと、女性蔑視な感じも甚だしかったですね。
その価値観が覆るラストは、やっぱりスガスガしい!

また、エアが「溜めていた涙」という伏線が回収されなかったのが残念だったのだけど、これも「悲しみなんて溜めても何にもならない」というメッセージだったのかも。
大切なのは、社会が変わること、前向きに自分の運命を考えることなのかもしれませんね。

自爆するユーチューバー

「自分はまだ寿命が60年もあるぜ!」と言いながら、高いところから飛び降りまくるケヴィンのキャラが可笑しかったですね。
この模様はテレビ放送されていたみたいだけど、やっていることはただの目立ちたがりのユーチューバーのようです。

で、エンドロールの最後に盛大に爆発して死ぬケヴィン。
彼は世界が「再起動」して、余命が変わったことを知らずに死んじゃったんだろうな〜。でも本望でしょうね(笑顔)。

おすすめ↓
聖書の神ってほんとDV親父だよね~ – ユーザーレビュー – 神様メール – 作品 – Yahoo!映画


※踊る義手(手袋)の元ネタ。
義手の女性は「人生はスケート場のようだ!誰もが転ぶ」という安い哲学をホームレスから聞いていましたが、ここで「踊れた」ということは、その哲学を否定できた、ということなのでしょう。

Le Tout Nouveau Testament
Le Tout Nouveau Testament

posted with amazlet at 16.06.07
売り上げランキング: 205,924

(C)2015 – Terra Incognita Films/Climax ilms/Apres le deluge/Juliette Films Caviar/ORANGE STUDIO/VOO et Be tv/RTBF/Wallimage

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. 毒親育ち より:

    イエス様の大ファンだけどキリスト教は大嫌い。全ての宗教団体を「悪質神様ファンクラブ」と呼ぶ不信心者です。
    私の一言感想:やるじゃんベルギー!
    本作はベルギー日本の友好150周年記念作なんだとか!先日読んだ「ブラック・パンサー:暁の黒豹」で悪役扱いでしたけど、ワッフル喰いたくなってきましたよ!
    >あと、キリスト教にケンカを売りまくっていることも素敵ですね。
    いや、でも・・・イエス様は超キュートなお兄ちゃんですし!?
    ・・・本作にキレて監督始め関係者へ脅迫とかする人は隣人に迎えたくないです。
    >『神様メール』においては、こうして余命を知ってしまうということが、決して悪いことではない、
    みんな戦争とか止めちゃうのが凄く良かったです。お願いエア様!!
    >10歳の女の子が性的なことを(ナレーションで)話しまくるということに居心地の悪さを感じてしまいました。
    自分も「ウヒョー!幼女様が教祖とかマジ天使ー!!しかもイケメンなイエス様の妹とかサイコー!!」だったんですが・・・うん。いや、こういうのは二次元でお願いします。と若干引き気味。
    いや、演じてくれたピリ・グロワーヌさんには本当に頭が下がりますけどね!
    >あと、本作はフェミニズムにあふれているほか、
    正しいフェミニズムを魅せていただきました!女神様、可愛い!!神様一家、糞親父除いてみんなカワイイ!!
    余談ですが、第一使徒「オーレリー」への隣人の態度。自分は物心付いた時から、性別問わず美人は賛美の対象でしかないので、ああいう心理が理解不能なんです・・・。
    >性にマイノリティな人(LGBT)にエールを送っている作品です。
    まさか「男の娘」や「ケモナー」まで出てくるとは!!・・・さすがは日本との友好150周年記念作。
    >~ジャン・クロード・ヴァンダム大好き!~
    ベルギーの国民的英雄ですから!
    余談ですが、ジャン・クロード・ヴァンダムが大好きな人達が大活躍するアメドラ『センス8』の為にNetflixへ入ってしまおうかと悩んでいます(未レンタル化の『デア・デビル』もやってるしなあ・・・)
    >~マーフィーの法則~
    >もうちっと、こいつは庶民の生活のこと、苦労をわからせるべきですもの。
    糞親父神様が、更生して家に帰れる日は来るのでしょうか・・・。
    >~運命なんて……~
    >「悲しみなんて溜めても何にもならない」というメッセージだったのかも。
    重要なキーアイテムになるかと思ってましたが、なるほど!
    奨め辛いんですけど、奨めまくってます!
    ・・・少なくとも『幸福の科学映画』よりは喰い付き良いです。

  2. sakura より:

    この映画の、意外と評価が低いですね。
    私は、大笑いして見てました。
    神様が水上歩行できずに、沈んでしまうシーン。
    あの大女優C.ドヌーブが、ゴリラと同棲する設定。
    ママがコンセントを日常生活の上で、ひっかけて、PCを一時的にダウンさせる場面。
    神様が、強制送還された旧ソ連の国で家電つくりをやらされながら、神の国(部屋?)へ戻る方法を探している場面。
    今年のコメデイーNO1なんじゃないかなア!

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top