女装もの&同性愛ものな映画をまとめてみた。

女装もの&同性愛ものな映画をまとめてみた。

「女装(またはトランスジェンダー)もの」の映画をあつめてみました

「トランスアメリカ」
性転換した父親と息子のお話。
ヘドヴィグ・アンド・アングリーインチ」
作中の歌のクオリティが高く、何度も観たくなる作品。
「ぼくのバラ色の人生」
これは可愛い。主人公は7歳です。
「お熱いのがお好き」
バンドマンの2人が女装して女性バンドにもぐりこむ物語。
「キンキーブーツ」
実在の靴メーカーがモデル。男性用のハデなブーツを売ろうとするドラマです。
「ピンク・フラミンゴ」
18禁。超カルト映画。
「ヘアスプレー」
ジョン・トラボルタが女装するミュージカル。
「最強女装計画」
もうちょっといい邦題はなかったんか。原題は「White Chicks」です(Chickとはひよこで、転じて若い女を指す)。
他にもあるかな?なんでいきなりコレをあげたのかと言えば、自分がこういうの好きだからです。普通に女装ものってコメディとして楽しいですし、性の葛藤は主人公に共感できるので。
ヘドヴィグは本当に曲がいい。上映時間は短いです作品ですが、密度があります。
「トランスアメリカ」はよくできたロードムービーなのでおすすめです(R15+指定だけど)。
あと「ピンク・フラミンゴ」は噂だけは知っているけど、観ないほうがいいんじゃないかな
<参考>←クリック(文章だけですが閲覧注意)

せっかくなので、同性愛ものもまとめてみました。

男同士
「トーチソング・トリロジー」
誇り高く生きようとするゲイの男性を描く。
「ブロークバック・マウンテン」
故・ヒース・レジャー主演。
「フィリップ、君を愛している」
実在の詐欺師がモデル。
「ミルク」
ゲイの権利活動家の物語。こちらも実在の人物。
傑作「リトル・ミス・サンシャイン」にも、ゲイの叔父が出ていましたね。

女同士
「バウンド」
「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟監督。
「マルホランド・ドライブ」
わけのわからないように見えて、切ないハッピーエンド。
「モンスター」
重く苦しい作品。実在の殺人鬼がモデル。
「ボーイズ・ドント・クライ」
ヒラリー・スワンクが性同一性障害の主人公を熱演。描写は過激。
このくらいかな。

自分が同性愛もので一番記憶に残るのは漫画の「ニューヨーク・ニューヨーク」です
かなりの名作。最終回が本当に大好きです。
まあざっとこんなかんじですが「教えて!goo」だとまだありますね。
<女装もの>
<同性愛もの>
みんなのシネマレビューでもあります。
<同性愛もの>
同性愛の要素はあくまでサブ的な位置づけで、ストーリーの主題として存在する作品は、意外と少ないのかも知れません。

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. Kasshy より:

    同性愛ものは全部みてますね。(汗)
    女装ものはまったくです。
    女同士のバウンドっていうの以外は観てますね。
    トランスアメリカって何か面白そうですね。
    一度みてみようかな。

  2. ヒナタカ より:

    > 同性愛ものは全部みてますね。(汗)
    > 女装ものはまったくです。
    > 女同士のバウンドっていうの以外は観てますね。
    > トランスアメリカって何か面白そうですね。
    > 一度みてみようかな。
    トランスアメリカは主演の方がうますぎなので、演技だけでも観る価値ありです。エロスなシーンが多いので観る人を選ぶ作品ですが・・・よければ観てみてください。
    自分は同性愛ものってほとんど観てなかったり・・・ここにはあげていませんが「ベニスに死す」あたりから観ていきたいです。

  3. zukka より:

    こんにちは^^
    お隣なのですね!?
    と、私は実は良く分かっていないのですが・・
    コメントありがとう。
    記事の映画で好きなのが
    「キンキーブーツ」これ大好き♪
    「ヘドヴィグ・アンド・アングリーインチ」も良かった~
    「マルホランド・ドライブ」は強烈でしたね。
    まあーリンチ監督作なので・・・。
    「ボーイズ・ドント・クライ」は泣けました~。
    ヒラリースワンクは普通っぽい女優さんなのに、出演作は大体が印象に残る作品ばかりで、演技が上手なのでしょうね。
    また、寄らせてもらいます。よろしくね♪

  4. ヒナタカ より:

    どうも!こちらこそ訪問してくださって感謝です。
    > 「キンキーブーツ」これ大好き♪
    観ていない自分は速攻で借りに行こうと思いますm(==)m
    > 「ヘドヴィグ・アンド・アングリーインチ」も良かった~
    作品の雰囲気自体が大好きです。
    > 「マルホランド・ドライブ」は強烈でしたね。
    > まあーリンチ監督作なので・・・。
    これで自分はリンチにはまりました。
    > 「ボーイズ・ドント・クライ」は泣けました~。
    描写が強烈だったので自分はちょっとトラウマです。
    > ヒラリースワンクは普通っぽい女優さんなのに、出演作は大体が印象に残る作品ばかりで、演技が上手なのでしょうね。
    > また、寄らせてもらいます。よろしくね♪
    ああいう作品でこそ光る女優さんなのかもしれません。
    ありがとうございます!こちらも寄らせてもらいます^^

  5. ダーク・ディグラー より:

    かなりマイナーだけどマイク・フィギス感監督ウィズリー・スナイプス主演の『ワン・ナイト・スタンド』はどうでしょう?

    ウィズリー・スナイプスの映画では珍しくヴェネチア国際映画祭男優賞をウィズリー・スナイプスが受賞してます。

    ロバート・ダウニーJrが同性愛の役です

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top