映画『イミテーション・ゲーム』ふつうでなくても(ネタバレなし感想+ネタバレ解説)

映画『イミテーション・ゲーム』ふつうでなくても(ネタバレなし感想+ネタバレ解説)

今日の映画感想はイミテーション・ゲーム / エニグマと天才数学者の秘密です。

個人的お気に入り度:9/10

一言感想:新たな「天才」映画の傑作

あらすじ

第2次世界大戦下のイギリスで、天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号「エニグマ」を解読するチームの一員となる。
アランは高圧的で独善的な態度から仲間から孤立していくが、ジョーン・クラーク(キーラ・ナイトレイ )の加入もあり、いつしかチームは一丸となってエニグマの解読に挑むことになる。

実在の天才数学者アラン・チューリングを描いた伝記映画です。

アンドルー ホッジス
2916円
powered by yasuikamo

powered by yasuikamo

本作は一見すると、ひとりの男が暗号を解読することで、戦争を終結に導くという「英雄もの」だと思うかもしれません。

しかし、実際は違いました。
アメリカン・スナイパー』と同じく、「戦争の英雄を、ただの英雄としてではなく、ひとりの人間として描く」人間ドラマでした。
そして、『メアリー&マックス』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』や『シンプル・シモン』と同じくアスペルガー症候群(発達障害)を描いた作品でもあったのです。

アスペルガー症候群の症状には、「人の気持ちを察することができない」「何かに没頭するあまりほかのことに気が回らない」「予定と違うことをするのには耐えられない」といった、“融通の利かなさ”が挙げられます。

この映画で何よりもおもしろいのは、その「人の気持ちを理解できない男」が、「誰にも解読できない暗号を解く」というプロットにほかなりません。
主人公は、ふつうの人間ならわかる人の気持ちですら理解できないのに、ふつうの人間にはわからない暗号文を理解しようとするのです。

そこから描かれるのは、アスペルガー症候群ならではの悲哀、ひとりの人間の切ない人生でした。
主人公がヒロインに言ったことばの意味とは何だったのか。
そして、なぜ主人公が、暗号解読機に名前を付けたのか……。
それを考えると、どうしても涙腺が緩んでしまいます。

また、主人公のアラン・チューリングにはアスペルガー症候群以外にも、とある「秘密」があります。
それはWikipediaにも載っている事実ではありますが、できればそのことを知らずに映画を観てほしいと思います。
実在の人間の偉業だけでなく、その人生そのものを「体感できる」話なのですから。
本作はアカデミー脚色賞を受賞しており、それは大納得できるものでした。

本作は第二次世界大戦の時代を描いており、一見すると小難しい作風に思えるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。
クロスワード・パズルが得意な変人たちが、チームになって暗号に挑むという、観ていてワクワクする娯楽性も十分です。

しかもこの暗号の「エニグマ」は
・解読のキーを解くための制限時間は18時間!それごとにすべてがリセット!
・解読のパターンは159×10の18乗通りある!
・まともにやろうとしたら、10人が24時間不眠不休でやっても2000万年かかるよ!
という難攻不落にもほどがあるシロモノ。その攻略への過程には、まさにゲームのようなカタルシス、おもしろさがありました。

戦争について詳しくなくても、専門的な知識がなくても(予備知識がなくても)、まったく問題なく楽しめるのも長所でしょう。

さらに、意外とクスクス笑えるシーンもあったりします
その笑えるシーンというのが、前述のアスペルガー症候群の症状に関するものなのですが、これがとてもかわいらしくて気兼ねなく笑顔になれるでしょう(決して「嘲笑」のような笑いではありません)。

主演のベネディクト・カンバーバッチの演技は素晴らしいということばでは表せないほど、完璧です。
アスペルガー症候群の特徴を捉えることはもちろん、ときおり見せる(人間らしい)表情だけでも感動できるのではないでしょうか。

ただひとつだけ難点をあげるのであれば、時間軸がしょうっちゅう前後する構成であるために、混乱してしまいがちなことでしょうか。
本作はの構成は以下のようなものです。

(1)戦争終結後(1951年)の博士の姿

<以下のふたつが同時並行>
(2)解読チーム結成(1939年)から戦争の終結まで
(3)主人公の少年時代(1928年)の出来事

しかも、上の(2)と(3)は、後に主人公が刑事に語った内容という「回想録」のような描きかたもされています。
このテクニカルな構成は、主人公の「秘密」を描くうえで必要不可欠なものなのですが、映画を観慣れていない方にとっては不親切に感じてしまうかもしれません。

これはおすすめです。
多少性的な話題がありますが、若い方はもちろん、すべての方に観てほしいと思える作品です。

アラン・チューリングはその功績にも関わらず、イギリスに50年以上にも渡り「秘密」にされてきた存在です。
その知られざる人物の人生を、この上のない人間ドラマに仕上げて、いまの世の中に見せてくれたということ……それが何よりもうれしいのです。

タイトルの『the imitation game』もとても深いテーマを持っています。
imitation」の意味は「模倣」「まね」。
なぜ主人公はこのタイトルの論文を描いたのか?なぜ刑事に「イミテーション・ゲーム」をしてほしいと頼んだのか?
それを観た後に考えてみてみるのもいいでしょう。

多くは語りません。
これまでにも天才の悲哀を描いた作品は数多くありましたが、またひとつ傑作が生まれました。
くり返しになりますが、できるだけWikipediaなどで事前に知ることなく、知られざるひとりの人間の人生を体験するつもりで観に行くことをおすすめします。

↓以下、結末も含めてネタバレです。観賞後にご覧ください。



アスペルガー症候群

物語のはじめのほうでは、アランは人の気持ちをなかなか理解しようとはしませんでした。

「俺たちはランチを食べに行くんだ」という言葉を聞く→「いっしょに食べに行こう」とは解釈できない。
「お腹がすいたやつはいるか?」と呼びかける→「お腹がすいたよ!スープくれるのか?」と返事をする。
(アスペルガー症候群は、こうして「裏の意味」を捕えることが難しいのです)

さらには、自分がチームをまとめる権限を持つためにウィンストン・チャーチルに手紙を書いて、チームのうちふたりを速攻でクビにするというクズっぷりも見せつけました。
そりゃクビにされた同僚も「地獄に落ちろ」と言うわ。
後にデニストン中佐が「やっと君にこの言葉が言えるよ、クビだ」とアランに言ったときにやけにうれしそうだったのは、このときの因縁のせいでしょうね。

そんな感じでアランはチームから嫌われてしまうのですが、ジョーンと出会い「エニグマはあなたを超えるわ。勝つためには助けが必要よ。嫌われたら誰も助けてくれないわよ」と諭されます。
その次の日に、アランは唐突にみんなにリンゴをプレゼントします。
ついでにジョークもかっ飛ばしますが、唐突すぎてみんな戸惑いまくっています。
(アスペルガー症候群は、こうしてTPOをわきまえることも難しいのです)。

大好きでしょうがなかったのは、アランがヒューのアイデアについて「それほど悪くないね」と辛辣なことばを放つけど、ジョーイに「そういうときはありがとうって言うのよ」と言われること。
このときにヒューが、アランのサンドイッチを勝手に食べて「君はサンドイッチが嫌いなんだろ?」と言うのも大好き。ヒューの「お前はちょっとは人の気持ちを考えろよ」という心情が現れていました。

そんなやりとりがあったからこそ、クビにされかけているアランに、チームみんなが「アランをクビにするのなら俺たちもクビにしろ」と訴えるシーンが感動的になっています。
アランが「ありがとう(Thank You)」と言い、ヒューが「いいんだ(You’re Welcome)」と返すだけのシーンで、これだけ泣けるとは思いもしませんでした。

秘密

中盤で、アランは同性愛者であったこと、男娼と関係を持っていたことが明らかにされます。
当時はいまよりもはるかに同性愛者への風当たりが強く、4万9000人もがわいせつ罪で逮捕されていました。
しかも仲間にいた二重スパイにばらさないことを交換条件として提案されたため、アランはそれを隠し通さなければならなかったのです。

アランが、ヒューの「女が俺のアレでソプラノを奏でるんだぜ!」という下ネタに一切笑っていなかったのは、性に対して尋常ではない葛藤と悩みがあったためなのかもしれません。

この、アランの「秘密を隠す」ということは、「エニグマの暗号を解いたことを隠さなければならない(ドイツ軍に気づかれたらすべてが無駄になる)」ということとシンクロしています。

ピーターの兄が乗った艦隊が沈められようとしていても、見殺しにするしかなかったアランは、こう「秘密に関するアドバイス」をしました。

「秘密は、持たないのがいちばんいい」

アランたちは、秘密を守り通すために、(すべてを救うのではなく)救う人間たちを「取捨選択」していきました。
神でもない(アランは実際に無神論者だった)のに、見殺しにする人間とそうでない人間を選び、それを隠し通さなければいけないアランたち……その苦悩は、筆舌に尽くしがたいものがありました。

ウソ

結果的に、アランたちはイギリスにもドイツにもウソをつき続けなければならくなります。

アランが、ジョーイに「君のことなんか好きじゃない。エニグマの暗号を解くために必要だったんだ」と言ったのも、彼女のためのウソだったんでしょうね。
ウソをつくのはつらいことですが、ときには必要なウソもあるのでしょう。

名前

アランは、なぜ暗号解読器に「クリストファー」という名前をつけていたのでしょうか。

クリストファーとは、アランの少年時代の唯一の親友でした。
(アランがクリストファーのことを「親友か」と聞かれて否定していたのは、「恋人」と思っていたからなのでしょう)。

しかし、クリストファーは結核で死んでしまったうえ、アランは病気のことをまったく知りませんでした。
クリストファーの死を理解できないと言い続けていたアランでしたが、校長先生が「結核を知っていたなら、ショックは大きくはないだろう」と言うと、こう返しました。

「平気です。彼のことをよく知りませんから」

アランはアスペルガー症候群で、人の心を理解することが困難でした。
そんなアランでも、彼の理解者であるクリストファーのことは大好きで、ラブレターで自分の想いを伝えようともしていました。

しかし、クリストファーは死んでしまった。
しかも、結核で苦しんでいたという事実すら知ることができなかったのです。
アランが暗号解読器機にもクリストファーという名前をつけたのは、何とかしてクリストファーのことを理解したかったからに違いありません。

一方で、アランは刑事に「人間と機械は違う。機械は考えたりしない。もし考えると仮定したとしても、違うふうに考えるんだ。それに、違うふうに考えるというのは、考えると言えるのか?」と、人間と機械は同列ではないとはっきり話しています。

アランは、愛する人間(クリストファー)の心が理解できなかった。
ただし、アランは暗号解読の名手であり、「機械」のことは理解できる。
だからでこそ機械にクリストファーという名前をつけた……のですが、アラン自身も人間と機械は違うとわかっていたのです
それこそ、「imitation」(まねごと)にすぎないと……

理解したことにはならないと知りながらも、親友の名前を機械につけるアラン……
それでも、孤独なアランは、彼(クリストファー)のそばにずっといたいと思っています。
これほど、切ない話があるのでしょうか。

素晴らしい世界

アランは「君はすべてを手に入れてきたな。仕事も、結婚も、ふつうの暮らしも……」と愚痴をこぼします。
しかし、ジョーイは、そんなアランの行ってきたことも肯定します。

「今日、私は消滅していたかもしれない街から列車でやってきたわ。
死んでいたかもしれない男からも切符を買ったの。
その世界の基礎を築いたのは、あなたよ。
もしあなたがふつうを望んだとしても、私は絶対にお断りだわ。
あなたがふつうじゃないから、世界はこんなにも素晴らしい
。」

アランは人(クリストファー)の心を理解できずに、苦しみ続けていました。
神でもないのに人の生き死にを決めたことも、悩みに悩んでいました。
同性愛者であることも隠し続け、それは自殺に追い込まれるほどの苦悩でした。

その「ふつうじゃない」アランに対して、「ふつうじゃない」ことそのものを肯定するこの言葉の、なんと優しいことなのでしょうか。

リンゴ

映画で描かれていなかったことを補足します。

映画の初め、アランは青酸カリをこぼしてしまっていました。
これは、アランが自殺のために用いていた毒物です。
アランは『白雪姫』が大好きで、「りんごをかじって死んでしまった」という事実を模倣したかったため、リンゴに毒を塗るという自殺の方法を思いついたそうです。

さらに、マンチェスター大学にあるアランの銅像は、右手にリンゴを持っています。

リンゴは禁断の果実(愛)(アランの同性愛)を示しているようにも、ニュートンの万有引力のような「偉大な功績」を示しているようにも思えます。

しかし、この映画でのリンゴは、アランが「チームのみんなと仲良くしよう」ということだけに登場するのです。
なんともかわいいエピソードですし、リンゴを否定的な意味として登場させないことにも優しさを感じました。

アランの功績

映画のラストのテロップでは、アラン・チューリングという人間の功績を讃えてくれました。

・2013年、その偉業が讃えられ、エリザベス2世女王に恩赦が与えられた
・アランは1400万人以上の命を救ったとされている
チューリングマシンを開発した。いま、我々はそれをコンピューターと呼ぶ。

これほど偉大な人物が、書類を全部燃やされ、50年間も秘密にされてきたのです。

イミテーション・ゲーム

アランは「私は人間か、機械か、英雄か、犯罪者か?」と刑事に質問していました。
それは、「目の前の対象が機械か人間か」を判断する、イミテーション・ゲームと呼ばれる質問です。

刑事は答えられずにいましたが、この映画を観た私たちは、アランが「何者か」を知ることができました。
観た人それぞれが、アランの「イミテーション・ゲーム」に回答できるのです。
(自分は、アランは「人間」であったと思います)。

参考↓
アラン・チューリング – Wikipedia
エニグマ (暗号機) – Wikipedia
ジョーン・クラーク – Wikipedia
コーネル・ヒュー・オドネル・アレグザンダー – Wikipedia
スチュワート・メンジーズ – Wikipedia

↓劇中の試験に使われていたクロスワードパズル(こんなの6分じゃ解けないよ)。
Could you have been a codebreaker at Bletchley Park? – Telegraph

↓おすすめ
映画『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』大絶賛感想、英国政府が50年機密扱いしてきたコンピュータの父アラン・チューリングの悲劇の人生に心が痛む – A La Carte
『イミテーション・ゲーム』脚本家インタビュー 「アラン・チューリングの物語を正確に伝えなくてはという責任を感じた」 | ガジェット通信

(C)2014 BBP IMITATION, LLC

バナー

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. アラン・チューリングと言えばコンピュータの父にして悲劇の大天才。
    システムを語る上で彼の存在を欠かすことは出来ず、エンジニアの中で彼の名を知らぬ者はモグリと呼んでも言い過ぎにはなりません。
    当然の如く、私の崇拝する人物の一人でもあり、是非とも観たいと思っている1本です。
    (従って、ネタバレどうこう抜きに、彼がどういった運命を辿るのかは知っています)
    地元公開前ですので、ヒナタカさんの記事は映画を観た後に改めて読みたいと思います。

  2. 毒親育ち より:

    >一言感想:新たな「天才」映画の傑作
    自分は天才に弱いと思っています。妬みや僻みよりも尊敬通り越して崇拝すらしてしまう事も多くて、けれど現実の天才の伝記を読むと身近な人はもの凄い迷惑どころか「被害」を被っていたりしますよね。
    でもそんな厄介な天才達を魅力的に、また人としての苦しみを教えてくれる映画大好きです!
    >主演のベネディクト・カンバーバッチの演技は素晴らしいということばでは表せないほど、完璧です。
    事前にチューリング博士がアスペルガー症候群だったと知らずに見たかった!と思う程です!
    見た目や日常生活は普通どころか頭良さそうなオーラ出しまくりながら「もしかしてケンカ売ってる?」とキレたくもなるような言動や態度を自然に取るのですから・・・。
    >~秘密~
    「ミルク」「チョコレート・ドーナツ」「ダラスバイヤーズ・クラブ」でも感じましたが、酷い時代もあったもので、今がどれだけ良い時代か思い知らされます。
    また「あなたを抱きしめる日まで」を思い出して脳がグツグツします・・・。
    当時にしても、これでよくナチスのアウシュビッツを非難できたものだと・・・。
    >~アランの功績~
    おもわずスクリーンを拝んでしまいました。
    余談ですが、何か東京で恥ずかしい人達が暴れているみたいですけど、あのばら撒いているビラもパソコンで作ってるのでしょうね。
    私は隣人にするなら、あの人達よりアランさんの方が良いです。少なくとも私を俗悪映画や漫画を観ているという理由で燃やしたりはしない人だと思えますから。

  3. ここなつ より:

    こんにちは。
    アランのクリストファー(「マシン」と「同級生」の相互)に対する洞察、全くその通りだと思います。
    この作品の深い部分を上手に解説して下さってありがとうございます。
    TBさせていただきます。

  4. 匿名 より:

    >ジョーイは、アランの目の前で「時計」に名前を付けて、その行為を肯定してくれました。
    えっそんなシーンあったっけ?と困惑しました
    あれはジョーイの薬指のリングを見て
    「自分が贈った針金の指輪よりずっといいね」というアランに
    今の夫の名を教えただけでは。

  5. ヒナタカ より:

    > >ジョーイは、アランの目の前で「時計」に名前を付けて、その行為を肯定してくれました。
    >
    >
    > えっそんなシーンあったっけ?と困惑しました
    > あれはジョーイの薬指のリングを見て
    > 「自分が贈った針金の指輪よりずっといいね」というアランに
    > 今の夫の名を教えただけでは。
    そうでしたっけ……
    勘違いしていたのですね。該当部分を削除します。ありがとうございます。

  6. 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 ~わが青春のクリストファー~

    2014年/イギリス・アメリカ/115分
    監督:モルテン・ティルドゥム
    出演:ベネディクト・カンバーバッチ
       キーラ・ナイトレイ
       マシュー・グード
       チャールズ・ダンス
       マーク・ストロング
    ■概要
    原題は『The Imitation Game』。第二次大戦中にドイツ軍のエニグマ暗号解読に尽力した、実在の天才数学者アラン・チューリングの姿を描く、イギ…

  7. ようやく観て参りました。
    私自身、幼少時に人工知能への関心を抱き(やはり映画『ウォー・ゲーム』(1983年、ジョン・バダム監督)からの影響を受けて(笑))、没頭しました。
    当時の自分はアラン・チューリングの名も、チューリング・マシンの概念も、もちろん彼の論文も知りませんでしたが、幼い自分には歳不相応な、ぶちあたった哲学は嘗てチューリングが問うた「機械は思考ができるか」という問題。本作を観て、この研究は自ずとそこに辿り着くのだなぁと思いました。
    その時の話は以下のブログ記事で触れていますので、ご関心があればどうぞです。
    http://blog.hangame.co.jp/agc_tailltea/article/36770605/
    興味深かったのは、先述の『ウォー・ゲーム』でフォルケンが自ら開発した人工知能に幼くして死んだ我が子の名「ジョシュア」を付けていたことに宜しく、チューリングは学生時代に死んだ想い人の名を付けていたこと。
    そう言えば『鉄腕アトム』でも当初は事故死した息子の名を付けていましたね。ひょっとしたらここには何か普遍的なシンパシーのようなものがあるのかもしれません。「イミテーション・ゲーム(模倣ゲーム)」というタイトルも絡めて考えると、色々と隠喩めいている気がします。
    > わいせつ罪で逮捕
    治療を受け入れることで「クリストファー」とともに過ごす。
    司馬遷が宮刑を受け入れることで『史記』を完成させたことに通ずるものを感じます。
    > アランがヒューの下ネタを笑えない
    単にアスペルガー症と見ることもできますが、同性愛者には意外とフェミニストが多く、女性を扱った性的なネタに抵抗を示すことがあります。
    ひょっとしたら彼は、そんな抵抗を抱いていたのかもしれません。
    > 秘密は持たないのがいちばんいい
    余談ながら、本当に優秀なスパイは文書自体持ちません。盗み出すということをせず、記憶してしまいます。
    さらに記憶したものをさっさとクライアントに出してしまいます。手元には何も残らなくなります。
    産業スパイの小噺として「あるとき技術部から機密の設計図が外部に漏れて他社から発表された。部門には2人の技術者がおり、片方は知能指数は高いが不器用、もうひとりは知識よりも図面を書いたり実際に組み立てる卓越した腕を持っていた。どちらが犯人か」というものがあり、答えは前者。後者が犯人ならば図面を複写せねばならず、漏洩前に足が付くから。
    > 彼の開発したチューリングマシンを我々はコンピューターと呼ぶ
    これ、厳密には正しい表現ではないですね。「チューリングマシン=コンピュータ」ではなく、チューリングマシンとは処理系の概念であって、現行の(広義の)コンピュータのすべてがチューリングで動いている訳ではないし、チューリングマシンであればコンピュータと成すかと言えばそれも疑問。
    ただ、コンピュータなどという概念の無い時代に「人工頭脳」だとか「検索アルゴリズム」といった概念を構想できる時点で、彼は時代を越えた天才。劇中「あなたには理解できない」と何度も繰り返しますが、当時の人間の殆どには「こいつおかしいんじゃないか」と思われて当然だったろうと思います。
    今でさえ、コンピュータ技術者以外には「アルゴリズム」の概念を理解するのは難しいと思いますし、当時ならば尚の事。
    > リンゴ
    そこには微塵の関係も無いとは言え、後の時代、スティーブ・ジョブスが自らの電子機械に「アップル」と名付けたのは何と言う偶然だろうか!
    (そして彼もまた周囲を理解できず、いきなりクビにしたりする「最低の人間」であった)

  8. 匿名 より:

    何度も見直しています。
    カンバーバッジのファンになりました。
    アランが校長先生に「知りません」とか「友達ではありませんでした」と答えるのは、それ以上心を許して話してしまうと、①自分の性的志向がばれるのではないかと恐れていたため ②二人の貴重な思い出に立ち入られたくないたえ などの理由かと思いました。
    サイモン・シンの暗号の本を読んでみたところ、アランのチームが特定の単語を検索対象から外す ということは載っていませんでした。 この映画のこの要素は別のソースがあるのかな・・? あと、ブレッチリーで一緒に働いた人によると、親切でよく説明してくれた、そうです。

  9. タカハシ より:

    ヒナタカさんはじめまして。
    私は大学でおすすめの映画を紹介するフリーペーパーを作っていて、次にイミテーションゲームのことを書く予定なんですが、その際にこちらのブログを紹介させていただきたいのです。
    りんごについてとなぜクリストファーと名付けたのか、の解釈が素晴らしいと思ったので、もしよろしければ許可をいただきたいです。
    お返事お待ちしております。

  10. ヒナタカ より:

    > ヒナタカさんはじめまして。
    > 私は大学でおすすめの映画を紹介するフリーペーパーを作っていて、次にイミテーションゲームのことを書く予定なんですが、その際にこちらのブログを紹介させていただきたいのです。
    > りんごについてとなぜクリストファーと名付けたのか、の解釈が素晴らしいと思ったので、もしよろしければ許可をいただきたいです。
    > お返事お待ちしております。
    むしろとっても光栄ですのでぜひよろしくお願いします。
    フリーペーパーの名前などを教えていただいたらブログで宣伝もしますよ!(あまり宣伝にならないと思いますが……)

  11. タカハシ より:

    お返事ありがとうございます!
    来週中には書き上げますので、できたらまたこちらのコメント欄でお知らせします。本当にありがとうございます!!
    こちらのブログを読んで、イミテーションゲームを最初に観たときよりいっそう好きになりました。たまに読み返して泣きそうになってます。
    たくさんの人がこの映画に興味を持ってヒナタカさんのブログに足を運ぶような記事をがんばって書きます。
    重ね重ねお礼申し上げます。

  12. ヒナタカ より:

    > お返事ありがとうございます!
    > 来週中には書き上げますので、できたらまたこちらのコメント欄でお知らせします。本当にありがとうございます!!
    >
    > こちらのブログを読んで、イミテーションゲームを最初に観たときよりいっそう好きになりました。たまに読み返して泣きそうになってます。
    >
    > たくさんの人がこの映画に興味を持ってヒナタカさんのブログに足を運ぶような記事をがんばって書きます。
    > 重ね重ねお礼申し上げます。
    こちらこそ重ね重ねありがとうございます。
    できたらでいいのですが、フリーペーパーを配布されるときには、何か写真などを添えて、◯◯大学の◯◯というフリーペーパーっであると、教えていただけると幸いです。
    こちらからも宣伝がしたいので!写真などは以下のメールアドレスまでお送りください。
    (☆を@に変えてください)。
    hinataku64_ibook☆icloud.com
    よろしくお願いします。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

movieこちらの記事もおすすめです

今までに書いた映画レビューの中から、この記事を読んでいただいたあなたにおすすめの記事をピックアップしています。

ネタバレ前の感想をまずは読んで下さい。映画を見終わった後、ネタバレを含む解説を読んでいただけると1記事で2度楽しんでいただけるのではないかと思います。

カゲヒナタ映画レビューが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!あなたが良い映画と出会えますように:)

done ドラマ

この映画のレビューと同じカテゴリの記事です

done 10点満点の映画

10/10を獲得した映画です。

見たい映画が見つからないときはこちらがおすすめです。

done 9点の映画

9/10を獲得した映画です。

名作ぞろいです!まだ見ていない作品があれば是非!

著者

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

   
vertical_align_top