映画『秘密 THE TOP SECRET』原作からの改変の意味とは?(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

映画『秘密 THE TOP SECRET』原作からの改変の意味とは?(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想は秘密 THE TOP SECRETです。

個人的お気に入り度:7/10

一言感想:このラストシーンで、本当によかった。

あらすじ

死者の脳をスキャンし、生前の記憶を映像化するMRI捜査を導入した科学警察研究所法医第九研究室。室長・薪剛(生田斗真)の指揮のもと、配属されたばかりの青木(岡田将生)をはじめとする捜査官たちは、一家惨殺事件の解決に挑む。
死刑執行をされた父親・露口浩一(椎名桔平)の脳をMRIで覗いたところ、その娘である絹子(織田梨沙)が真犯人であることが判明した。

まず、本作については世間的な賛否両論ぶりから先に紹介します

Yahoo!映画:2.47点(5点満点)
coco 映画レビュー:17%
Filmarks:3点(5点満点)

むしろ酷評されまくりと言っても差し支えないのですが、それでも!自分は!この映画が!大好きなんだよ!

原作は『輝夜姫』などで知られる清水玲子さんによるマンガ。監督は『るろうに剣心』『プラチナデータ』の大友啓史さんです。

※電子書籍で、映画と同じ事件の物語を無料で読むことができます。

この映画版では、原作のふたつの事件を統合し、かついくつかの描写が異なっているなど、大胆な改変がなされています。
ここが原作ファンにとっては賛否……いやこれも酷評される理由になっているのですが、自分はこの改変こそが大好きだったりします。
原作との差異について、詳しくは以下の記事でも書きました。

<『秘密』の“わからない”は“おもしろい”!わからなかったことを教えます | シネマズ by 松竹>
※大きなネタバレはありませんが、台詞と一部展開に触れているので、予備知識なく映画を観たい方はご注意を。

とにかく主張しておきたいのは、2時間29分という長い上映時間にも必然性があったということ。
この映画がもたらす雰囲気や空気感、それを丸ごと長い時間で体験することが重要だと思うのです。

指摘されている「詰め込みすぎ」という欠点は本当にその通りであるし、眞鍋刑事(大森南朋)の行動がいくらなんでもめちゃくちゃでイライラするし、ミステリーとしては「はっきりさせなさすぎ」なうえ破綻しているところもあります。
PG12指定納得の性描写とグロ描写、その作品の性質も相まって好き嫌いが分かれるのは間違いありません。

それでも……自分は世界中を敵に回してもこの映画を褒める、そんなひとりぼっちの宇宙戦争的な立場でいたいです。
興味深かったのは、作中の捜査において「客観的にみること」が重要視されるんだけど、犯人たちがそれに反するように主観的な価値観でいること。これは原作よりもさらに強調されていると感じました。
洗練された美術や、役者の演技(大森南朋以外)に期待する人にも、ぜひおすすめします。

MRI捜査の画<この原作にない画も大好き!

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓ 今回は上の記事でだいたい書いたので、野暮な不満点と、ほぼラストのみに言及しています。

野暮な不満点

まず、全盲の少年を絹子が殺せてしまうこと、警察による監視ができていないのは気になりますよね。
原作とは状況が異なっているので、ここは説得力を持たせる描写が必要だったでしょう。

どうしても納得がいかないのは、いままでMRI捜査が法的な証拠能力がなかったのに、最後に絹子を追い詰めたことで認可がおりるようになったということ。
それまで第九自体が上層部に認められていないという設定があったので、そもそも特殊部隊が出動しなさそうだし(その場所に絹子がいるのもタイミングよすぎる)し、けっきょく絹子は炎の中に消えている(死んだ?)ので、認可されるというほどの根拠が乏しいのです。
なお、「なぜここに絹子が来ていたのか」という疑問は、原作を読めばはっきりとします(映画の中で描いて欲しかった気もするけど……)

鈴木(松坂桃李)が薪(生田斗真)からの殺害を望むシーンは、薪の部屋と、MRIスキャナーの前という、ふたつの場面でくり返されています。
前者は真実ではなく薪の改ざんされた記憶、後者が真実、というふうに捉えるべきなのでしょう。
それはいいのですが……そもそも鈴木の死を二度描く必要性を感じられないが辛いところです。

なお、本作の不満点には「犯人の貝沼と絹子の関係がわからない」というものが多く見受けられました(貝沼の脳を見ると、カルト教団的な集会で、絹子と接触していたことだけがわかる)。
個人的にこれにはそれほど悪い印象はありません。最新の技術(MRI捜査)を使って醜悪な犯人同士のつながり自体はわかっても、何の解決にもならず、彼女たちは理解できない存在のままである……世に溢れている残虐な事件も、得てしてそのようなものでしょうから。

鈴木の走馬灯

鈴木の走馬灯は、MRI捜査の1人称視点(鈴木目線)ではなく、鈴木と薪を第三者の目線から見ている画になっていました。
これは鈴木が目で見たものではなく、過去の記憶から作り出したイメージであり、MRI捜査から離れたものなのでしょう。
(ちなみにMRI捜査で見られるのは映像だけで、音声が抽出されません。しかし、この鈴木の走馬灯では鈴木の声がはっきり聞こえています)

この鈴木と薪が語らっている後ろでは、風力発電の風車が回っていました。
風量発電はエネルギーや自然を使わない、やさしく、おだやかな発電方法。このシーンにはぴったりです。

絹子の思惑

犯人の絹子の描写は、原作とはまったく異なっています。

彼女が父の遺骨を受け取ったものの、それをプールに撒いて、自身もプールに飛び込むというシーンが示すのは“絹子は(死んだ)父親と同一化したかった”ということ。
しかし、終盤に炎の中にいた彼女は「父は私に生きて欲しかった」と言っています。

これから察するに、絹子は本当は(罪の意識にさい悩まれて)死んで父のもとに行きたかった、しかし父がそれを望んでいなかった、と解釈できます。
最後に彼女が死んだ(自分の意思を選んだ)のか、生きているのか(父の意思をくんだのか)は……はっきりとはしません。

美しい世界

第九の面々が犯人に翻弄された後……。
ラジオからは、凄惨な事件の情報がつぎつぎと流されていました。

そして、父の介護をしている青木(岡田将生)は、薪から渡された映像を観ます。
そこには、絹子が殺した全盲の少年が飼っていた、犬の目から観た光景がありました。

公園の中で、幸せそうに歩いている人々、幸せを届けているような大道芸人、そして犬に向かって微笑む全盲の少年と少女……。
そこには、鈴木が走馬灯でも語っていた「美しい光景」がありました。

原作では、この犬から見た光景は、殺されてしまった全盲の少年のために、彼の気持ちを汲んで語られたものでした。
しかし、映画ではこの美しい光景を「これまで醜悪な事件に翻弄されてきた」青木(あるいは観客)に捧げるのです。

人間の世界には醜悪な事件があります。
青木たち捜査員は、死んだ人の脳を見るという禁忌にも思える方法で、そうした醜悪な事件や人間の姿を見ていました。
しかし、人間からの愛を受ける犬から、公園に行き交う人間たちを見ると、ここまで美しい光景が広がっているなんて……。

生きていて

青木は父以外の家族を殺され、意思の疎通ができなくなった父を献身的に介護していました。
彼は……本当に、父に生きてほしいと願っていたでしょうか。

MRI捜査は「死んだ」人間の脳の情報しか見られません。
ひょっとすると、家族を殺された青木は、MRI捜査に可能性を見出していたため、もしかすると父が死ぬこと(それでMRI捜査で真実が知れること)を、心のどこかで望んでいたのかもしれません
(事実、絹子が真犯人であることは、その父である露口浩一(椎名桔平)が死刑になったことで明らかになったのですから)

しかし、「美しい映像」を見た後、青木は寝たきりの父に抱きつき、涙を流していました。

美しい映像の最後に映っていた少年は、絹子に殺されてしまいました。
この映像を見た青木は、何よりも大切な人(父)に「生きていてほしい」と願えるようになったのではないでしょうか。

生きている幸せな人間が見られること、それだけでも、世界は美しいのかもしれません。

※ラストシーンで、この映画を思い出しました。

(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. ムビオ より:

    個人的には色々言いたい部分もあるんですが、
    自分もこの映画好きです。
    全体的な絵作りや雰囲気は破綻なく纏まっているし、
    脳内映像の表現は凄い好きです。
    SEとかも非常に凝っているし、
    この部分は映画館で見る価値があると思いました。
    絹子役の織田 梨沙も、演技に関して不満が残るものの
    その独特の雰囲気はまさにはまり役でした。
    人間の秘密はこんなにも醜いのか?
    という問いに対するラストシーンも非常に良かったです。
    ある意味、サイコパスである絹子でさえも、
    根底には純粋な愛があったのかもしれないですね。

  2. […] 世間的に評判が悪いけど自分は好きだ!な映画は『秘密 THE TOP SECRET』ですね。 自分はこういう「悪魔に振り回される」系の、いい意味で疲弊する作品は好きみたい。 本当ならお気に入 […]

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top