映画『ヒーローマニア 生活』ヴィジランテものを否定するな!(大酷評ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

映画『ヒーローマニア 生活』ヴィジランテものを否定するな!(大酷評ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想はヒーローマニア 生活です。

個人的お気に入り度:1/10

一言感想:『キック・アス』と福満しげゆきが大好きな俺に謝れ

あらすじ

30歳フリーターの中津(東出昌大)は、ある日ニートの土志田(窪田正孝)、情報収集力に長けた女子高生のカオリ(小松菜奈)、ハンマーをふるって若者を襲う会社員のオジサン(片岡鶴太郎)と出会い、自警団を結成する。
その活躍をみた浮浪者の宇野(船越英一郎)は、彼らに自警団を警備会社へと拡大する話を持ちかける。

福満しげゆきによる漫画『生活』の実写映画化作品です。

生活【完全版】 (KCデラックス モーニング)
福満 しげゆき
講談社
売り上げランキング: 5,787

※アマゾンレビューには「映像化してほしい」の声が多数。自分もそう思っていた(過去形)。

とりあえず原作のことは置いておいてこれだけは言わせてくれ。
この映画は超不愉快だ!と。

なぜそう思ったのか・・・とりあえず箇条書きであげさせてください。

『ヒーローマニア』が人をムカつかせる理由

(1)後半の展開がひとつも納得できない
「なぜ登場人物がそのような行動をするのか」さっぱりわからない展開が続くので頭に「?」が出まくりです。
これ見よがしな伏線がいくつも込められているものの、メインのストーリーラインがあまりにも不自然です。
これでは何がどうあろうがカタルシス(爽快感)などあるはずがありません。

(2)キャラクターが不愉快すぎる
どれだけ小松菜奈のファンであろうとも、この映画の彼女のキャラを好きになれる人は皆無でしょう。◯ッチとかそういうレベルじゃない。
船越英一郎さんは楽しそうだけど、出てくるたびにスクリーンから顔を背けたくなった。怪演とかそういうレベルじゃない。
あと南海キャンディーズのしずちゃんの役回りもすさまじく不愉快。
これはもう弱者に対するいじめにしか見えないよ!

(3)作品の精神性がひどく間違っている
これが個人的にいちばん大っっっっっっっっ嫌いな要素。
ネタバレなしで伝えるのは難しいのですが、とりあえず「正義なんかどこにもなかった」とだけ言っておきます。

期待していたのに……

あのね……自分は本作にとても期待をしていたのですよ……「和製『キック・アス』」のようなおもしろさがあるんだと思っていたんですよ……。

キック・アス (字幕版)
キック・アス (字幕版)

posted with amazlet at 16.05.13
(2013-12-10)
売り上げランキング: 4,988

『キック・アス』はヒーローものを茶化しながらも、非リア充のオタクが本当のヒーロー、もしくはヴィジランテ(自警団)を目指すプロットに熱くなれ、爽快感抜群、なおかつ皮肉にも満ちた傑作でした。

本作『ヒーローマニア 生活』のイントロダクションでは、プロデューサーが製作の話に乗ったのは『キック・アス』が日本でもヒットしたことが理由と書かれています。
「日本で『キック・アス』が作られるなんて!」と映画ファンを期待させておいてご覧のありさまだよ!

また、原作の『生活』および、福満しげゆき作品のおもしろさも描けているのはいい難いところがあります。
というか(『生活』は今回初めて読んだけど)自分は福満しげゆきさんが大好きなんですよ!

僕の小規模な生活(1) (モーニングコミックス)
講談社 (2012-11-12)
売り上げランキング: 15,492

福満さんのエッセイマンガには「どうせ僕なんか」「あの人は◯◯なんだな……」と自問自答が繰り返され、リア充への妬みや嫉みが出まくっており、負け組の味方っぽさがすごくあるんです。

『生活』の原作マンガにおいても、主人公たちは若者をボコボコにしまくるという反社会的行動をとるので、「オレたちがやっていることは快楽犯のような犯罪行為なんだぞ。いわば変態なんだ」とか、「ぼくらがやっていることなんてカスみたいなもんすよ」とか、すげえ自己を卑下しまくっています。
(映画の予告編にある「中津さんはボクのヒーローです!」なんてセリフはあるはずがないのです)

そういうダメ人間が自警活動という名の犯罪行為を繰り返すことへの「後ろめたさ」が原作『生活』の大きな魅力だったと思うのですが、映画『ヒーローマニア』ではみんなノリノリで自警活動をしまくっています
東出昌大演じる主人公なんか、テレビで自警活動を糾弾されると「おおげさだなあ」とヘラヘラ笑いながら言っていたしな。原作への冒涜レベルじゃねーか(小松菜奈と船越英一郎に負けず劣らず、こいつも不愉快です)。

「原作とテイストを変えた」と納得するべきなのかもしれませんが…・・・やはり福満マンガならではの「オフビート」「登場人物の自問自答」という魅力がスポイルされているのは残念でした。
原作は社会への反骨精神を「生活」というタイトルに根ざして、あくまで日常っぽく描くすごくシュールな作品なんです。映画はそうとは思えないよなあ・・・

よいところもあるけど……

よいところは、窪田正孝片岡鶴太郎のふたりが演技面でもアクション面でも素晴らしい存在感をみせていたこと。彼らはキャラクターとしてもちゃんと好きになれます。
窪田さんはオタクっぽいニート役がハマっているし、片岡さんは還暦を越える年齢ながらプロボクサーの経験を生かしたキレのある動きをみせています。

アクションには、カット割りが多すぎ、カメラ動きすぎで見にくいという欠点があるけど、このふたりの活躍を期待するのであれば十分満足できるのではないでしょうか。

物語が不愉快とはいえ、テンポよく進み、「コミックらしさ」のある演出もうまく機能しているので、退屈することもあまりないでしょう。

不遜な若者たちが跋扈している世界観は幼稚ですが、これは「極端な描写」として100歩譲る程度で許せます。

あと、(これは原作からもそうなんだけど)カナヅチをフルスイングして相手を殴ったのに、血すら出ないのもどうかと。
品川監督の『ドロップ』でも「金属バットで人を殴ったら死ぬだろ!」と思ったなあ。
ああいう「暴力を振るっても傷つかない」というのは、血が出まくりの『キック・アス』よりも、ある意味で教育上悪いと思います。

あとはね、もうなんか悲しいです。
「負け組のフリーターやニートが本当のヒーロー(ヴィジランテ)になる!」という(はずだった)プロットには好きな要素しかないですし、メインキャストも大好きな方ばかりです。
企画が始まってから完成に5年を費やしました。
豊島圭介監督もあらゆるジャンル映画への造詣が深い方であったはずなのに……
そうであるのに、作られたのが不愉快な駄作というのは……もう涙が出てくるくらい悔しいです。

オススメはしませんが、『渇き。』をはるかに超えた嫌悪感を小松菜奈さんに感じたい方、船越英一郎さんを嫌いになりたい方、東出昌大さんのクズっぷりを見たい方、それ以外の俳優のファンはぜひどうぞ(役者に罪はいっさいないと思う)。
怒り狂われても責任は取りません。

以下、結末も含めてネタバレです。この映画への怒りをすべてぶちまけます↓

ヌートリアってなんだよ!

えーとね、本作ではテレビで「最悪の外来種のヌートリア」「ヌートリアが逃げ出した」などと報道されたり、そこらにヌートリアが写り込んでいたりしています。


※じつは害獣です。

このヌートリアはなんなの?と思っていたら、公式サイトのプロダクションノートでわかりました。

監督は「『ブレード・ランナー』はいくつものレイヤー(層)のある作品で何度見ても発見があって、もう一回観たいと思わせる。『ブレード・ランナー』と比較するのはおこがましいけれど、レイヤーは意識して作っている」と答えています。
つまりは、作中にヌートリアを写り込ませて、何度も観るたびに発見がある映画にしたかったんだって。AHAHAHAHA!

だからなんだよ!

いや、『ブレード・ランナー』に何度観ても発見があるのは、世界観が作り込まれていて、小道具ひとつにとっても意味があるからでしょうよ。
でも「意味のないもの(ヌートリア)」を写り込まさせて「それで何度でも観る楽しさがある」っていうのは違うんでないかい?

まあヌートリアは害獣なので自警活動の会社のことを指していると、またはピクサーの「A113」みたいなもんだと好意的に解釈するべきなのかもしれないけどさ……

船越英一郎の地獄

船越英一郎が浮浪者として登場したのはびっくりしましたね。
手を主人公に差し出してくるんだけど、それがとにかく汚い。いや、そういう演出だとはわかっているんだけど、いきなり不愉快だな。

彼は自警活動から派生した警備会社の社長になるんだけど、ずっとドラマ『相棒』シリーズの水谷豊さんみたいなしゃべりかたをしています


※船越さんが左の人のようなしゃべりかたをしていると脳内変換してください。

それだけでもだいぶキツいけど、船越さんが屋上で「バババッ」と謎のダンスをするシーンはなんじゃありゃ?MPが減らされるかと思いました。

そして秘書役の小松菜奈にステーキを「あーん」してもらって、反対にステーキを食べた小松菜奈の唇を太っい指でぬぐおうとするシーンはついにスクリーンから目を背けました。もうやだ。

つまんないバトル

「すごい肺活量によりパチコン玉を出しまくる男」は、原作においては、距離を取ってどうにか闘い方を模索するおもしろさがありました。

しかし映画では、小松菜奈が「その人肺活量がすごいだけです」と言ったら、なぜかそのへんに大量にあったテニスボールを投げまくって勝利。つまんねえ。小松菜奈がマトリックス避けをしていたシーンもとってつけただけだな。

あと、いろいろと伏線が込められている……のはいいんだけど、それが消化された(はずの)黄色いレインコート(通り魔)とのバトルにも疑問とツッコミどころがあります。

・土志田が中津の部屋の中でトラップを仕込んでいた(原作にある)→通り魔を網の中に入れられた!やったね!
その後に通り魔が速攻で逃げていたからトラップの意味なかったよ?

・土志田が栄養ドリンクを中津とオジサンにあげていた(原作にもある)→通り魔に襲われたとき、栄養ドリンクのビンにナイフが刺さっていた。やったね!
ビンにナイフを刺そうとしてもツルって滑りそうなもんだけど?

まあそれはいいよ、200歩譲る程度で許せるよ。
だけど、バトルの最中で、中津がオジサンのトンカチをよう〜〜〜〜やく出すシーンは「最初から出せや!」としか思えない
肝心な伏線がしっかりしていないため、バトルの展開がいっさい納得できません。

しずちゃんへの悪意

ラスボスの「おかっぱのおばちゃん」は……
原作では正体を現したとき、怪力をみせたために土志田(原作では「ボク」)に「現代社会が生んだ何かです!」と素っ頓狂なことを言われる、というキャラクターでした。

一方で映画では、ブツブツしゃべっているおかっぱのおばちゃん(南海キャンディーズのしずちゃん)が、警備会社の男たちからいじめられているというシーンが挟まれています。
このおかげで、土志田の言う「現代社会が生んだ何かです」というのが酷く差別的に思えてしまうのです。よし、『ズートピア』観てこい。

「現代社会が生んだ何かです」というセリフは、「なぜかそのへんのおばちゃんが怪力を見せた」→「理由がわからないからとりあえず現代社会のせいにする」というシュールなギャグであったはずなのに……。

クズ主人公

主人公の中津が、会社勤めのときに金の横領をしていたと土志田に告白する→それはウソで中津自身が横領をしていた、というのも映画オリジナルの描写です。
(原作マンガでは彼は小説家を目指しています)

これは予想以上に主人公がクズだったとわかって、ちょっと「おっ」と思ったところがありました。
で、こうあるのであれば主人公がクズからヒーローへと生まれ変わる展開があるかと思ったのだけど、そんなもんはほぼなかった
こいつ拷問されて土志田に救出されて、その後はなんとなくで黄色いレインコートを倒すために共闘しただけじゃん。

中津が「昨日のこと(道具と呼んだこと)はごめん」とほざくことには悪い意味で驚きました。昨日のことだけでじゃなく、土志田の信頼感をぶっ壊したことも謝れや!

ラスボスになるべきだった小松菜奈

もう彼女のキャラが超不愉快すぎてなんつったらいいんだか……。

原作でも彼女は「おもしろそうだから」という理由で自警活動に参加するんだけど、すぐに警備会社の受付になって「私には手に負えません」と言ってしまう、弱々しくて、よくも悪くも「ふつう」の女の子でした。

だけど映画の小松菜奈は・・・

・イケイケで自警活動に参加。決め台詞は「みんなずるいんですよ」
・中津のことを「ま、変態ですね」とつぶやく
・警備会社の秘書にのぼりつめ、中津を冷たくあしらう
・土志田に下痢ピーにさせられた船越英一郎が持っている金庫の金を盗む
・ラスボスに土志田からもらったヨーヨーを投げつけて撃破。「みんなずるいんですよ」
・最後には盗んだ会社の金で、沖縄で事業を立ち上げて大成功!

・・・

ふっざけるなああああああああ!
あのな!中津は会社の金を横領して、あまつさえ土志田の信頼感を裏切るという行為をしているから、この映画の中で「会社の金を盗む行為=クズ」と断定されているはずだ!
そのクズ行為をした小松菜奈が最後に幸せになれました☆ってなんじゃそりゃ!
小松菜奈をラスボスとして倒す(中津にとって昔の自分のようなクズを倒す)という展開があってしかるべきだろ!

※以下の意見をいただきました。
・おじさんが裏切る→船越がおじさん粛清のために誰かに電話する→おじさんがレインコートの奴に殺される→でもレインコートは船越と関係ないやつでした!
じゃああの電話は何だったの?って思いました。ミスリード用の行動が何の理由づけもされていない杜撰な処理ですね。
それに電話するところを小松奈菜は黙って見てるだけ、ってヒドいですよね。ちょっと止めようとするとか、ヤバいみたいな顔するとか何かないのかよ!

ヒーロー(ヴィジランテ)ものを否定したラスト

この映画のラストシーンも大嫌いです。
それは「中津が店で失礼な行動をしている若者たちをふつうに叱責していったらすべて解決する」というもの。

まあ確かに、「自警活動という犯罪行為をしなくても、注意するだけでも世界は変わる」というのは、メッセージとしても倫理的にも正しいよ。
序盤にいた同じ若者たちがまた店に来て、まったく同じ行動をしているわけねえだろ!とツッコミたいけど、それは10000歩譲って許すよ!(タイムマシーンでも使ったのかな?)

でもな、これは主人公たちが自警活動をすること(ヒーローになろうとしたこと)自体を否定しています。はっきり言えば、いままでやったことを無に帰するラストです。
不遜な若者たちが変わらない、だからでこそ主人公たちが自警活動をした、それでヒーローになろうとしていたはずなのに・・・「注意したらすべて解決しました」というラスト!
「注意することができる勇気(←ノミと同類よォーッ!)を持った」ということはメインのストーリーラインにおける主人公の成長となんら関係なかったぞ!(そもそも成長していないクズのままだし)

あと、中津は最後に土志田を「相棒」と呼び、これからの生活は大丈夫と思っていたそうですけど、お前のようなクズには相棒と呼ばれたくない

あと、エンドロール後は、中津からオジサンのトンカチを渡された女性(オジサンの娘)が、通り魔にジャンプして襲いかかるシーンで幕を閉じました。
中津が女性にトンカチを渡す意味も一ミリも理解できないんですけど(娘には秘密にしとけよ)。もうどうでもいいや(諦めた)

※以下の意見をいただきました。
せっかく「真っ当に生活を送ることの中にあるビジランテ(自警団)性」を示したのに、一番守るべき存在であるおじさんの娘を暴力の道に引きずり込んでどうすんだ!と噴飯しましたね。台無しかよ、と。

こんなのよりこういうヴィジランテものの傑作を観ようぜ↓

スーパー! スペシャル・エディション [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) (2012-01-07)
売り上げランキング: 2,481

<レビューはこちら>

福満しげゆきさんのゾンビマンガ。『玉川区役所 OF THE DEAD』にパクられたことがあるけど、これ「は」ちゃんとした映像化がされるといいですね↓

就職難!! ゾンビ取りガール(1) (モーニングコミックス)
講談社 (2013-12-20)
売り上げランキング: 5,324

(C)福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア 生活」製作委員会

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. Skeeter より:

    いつも楽しく拝見させていただいております。
    はじめてコメントさせていただきます。
    自分は原作未読で視聴しましたので、原作ファンのヒナタカさんのレビュー、興味深く読ませていただきました。
    自分も和製「キックアス」や和製「スーパー!」のような作品を期待していたのでこの映画にはがっかりさせられました。
    >ああいう「暴力を振るっても傷つかない」というのは、血が出まくりの『キック・アス』よりも、ある意味で教育上悪いと思います。
    この部分に激しく同意で、今作のような結果の伴わない暴力描写では、自警行為が無責任なまま相対化されずファッション的な記号として触れられているだけで非常に不誠実、不健全ですよね。
    それにこの映画の世界観もすごい変で、治安が悪化してゴロツキやチンピラが跋扈している描写があるのに、それによって窃盗や殺人が起きているような描写はなく、「何かやだなぁ」くらいでしかない。だから主人公がヒーローに目覚めることを全く応援できなかったです。
    それにご指摘の通り、伏線の張り方も雑ですよね。
    ・おじさんが裏切る→船越がおじさん粛清のために誰かに電話する→おじさんがレインコートの奴に殺される→でもレインコートは船越と関係ないやつでした!
    じゃああの電話は何だったの?って思いました。ミスリード用の行動が何の理由づけもされていない杜撰な処理ですね。
    それに電話するところを小松奈菜は黙って見てるだけ、ってヒドいですよね。ちょっと止めようとするとか、ヤバいみたいな顔するとか何かないのかよ!
    >中津がトンカチを渡す意味も一ミリも理解できない(娘には秘密にしとけよ)し、妊婦さんがお腹の子どもを顧みずにジャンプするのなんかもっと意味不明。もうどうでもいいや(諦めた)。
    ここのシーンって妊婦の状態でしたっけ?確か出産後でベビーカーを横に置いてジャンプするんじゃなかったでしたっけ?まぁどっちでもいいですねw
    そんなことよりせっかく「真っ当に生活を送ることの中にあるビジランテ性」を示したのに、一番守るべき存在であるおじさんの娘を暴力の道に引きずり込んでどうすんだ!と噴飯しましたね。台無しかよ、と。
    アクションシーンはイキイキとしたところもありましたが、カナヅチで殴っても血も出ない、気絶したチンピラは不自然にいなくなる、無双ゲーのような不自然な演出でイライラしました。バイクに乗ったゴロツキを縄で引っ掛けるところなんか適当すぎてみてられなかった。
    「キックアス」のパクりだろうと何だろうとちゃんとやってくれれば邦画豊作の流れに乗れていた作品になっていただろうに、非常に残念でした。以上、長文失礼しました。

  2. ヒナタカ より:

    > >中津がトンカチを渡す意味も一ミリも理解できない(娘には秘密にしとけよ)し、妊婦さんがお腹の子どもを顧みずにジャンプするのなんかもっと意味不明。もうどうでもいいや(諦めた)。
    >
    > ここのシーンって妊婦の状態でしたっけ?確か出産後でベビーカーを横に置いてジャンプするんじゃなかったでしたっけ?まぁどっちでもいいですねw
    > そんなことよりせっかく「真っ当に生活を送ることの中にあるビジランテ性」を示したのに、一番守るべき存在であるおじさんの娘を暴力の道に引きずり込んでどうすんだ!と噴飯しましたね。台無しかよ、と。
    その通りです!
    修正&追記をさせてください。
    長文でありがとうございます。ご指摘もその通りであるとつくづく・・・なんでこうなっちゃんたんだろ。

  3. 毒親育ち より:

    邦画が「和製キック・アス」に挑む!と聞いて期待していました。原作未読ですが・・・
    私の一言感想:相撲は手前の褌で取れ・・・
    豊島圭介監督作品は初観賞ですが、私の地雷センサーにその名は登録されました。
    >(2)キャラクターが不愉快すぎる
    「この原作ダメだなあ~。こんなキャラじゃ小松菜奈ちゃんの魅力活かせないよ!」とか考えてそうですね。「ファムファタ~ル」とかいう単語も頭に飛び交ってそう。
    他にも。
    >〜ヌートリアってなんだよ!〜
    >〜船越英一郎の地獄〜
    >〜つまんないバトル〜
    これが映画映えする改変演出だと思ってるのでしょうか。
    そこかしこに監督の意識タカさが感じられ、キザ野郎の自画自賛を延々見せられているようで不快過ぎる!
    >ラスボスの「おかっぱのおばちゃん」は……
    あ、原作でも「怪人」なんですね。私はこの人こそが、この世界を陰ながら護っていた超人ヒーロー(悪即斬系)だというオチを予想していました。
    おじさんの娘さんを付けていたのは、ストーカーから守っていた。通り魔的に殺された者達は皆、それなりの悪党だった。で、ラストは「本物」が助けに参上!だとばかり・・・。
    >序盤にいた同じ若者たちがまた
    うろ覚えなのですが、店内で酒盛りしてる連中が、序盤は正論の通じなさそうなDQNな若者達で、ラストは二次会をコンビニ店内で始めてしまった陽気なオジサン達。になっていたような・・・だとしたら詐欺過ぎるし、若者への偏見では!?

  4. […] 2位 ヒーローマニア 生活 […]

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top