『HELLO WORLD ハローワールド』ラスト1秒でひっくり返ったものとは?徹底ネタバレ解説・考察!(前半ネタバレなし感想)

『HELLO WORLD ハローワールド』ラスト1秒でひっくり返ったものとは?徹底ネタバレ解説・考察!(前半ネタバレなし感想)

今日の映画感想はHELLO WORLDです。(※記事の前半にはネタバレはありません)

個人的評価:8/10

一言感想:“SF”と“物語”への愛に溢れていた!

あらすじ

世界が壊れても大切な人を救おうとします。

いや、これ、すっげー面白かったですよ!
パッと見の印象では明らかにボーイ・ミーツ・ガール×セカイ系(主人公のやったことが世界に及ぶ物語)な内容で、『君の名は。』以降に企画されたエピゴーネン(模倣されたオリジナリティのない作品)に思えるかもしれませんが……それで「またこういうのか」と思ってしまって観ないのはあまりに勿体無い、SFと物語(フィクション)への愛情に溢れた素晴らしいアニメ映画でしたよ!
本作のネタバレの部分は後に回すとして、まずは企画の成り立ちからちょっと語りましょう。

『君の名は。』に影響されまくった企画でした

最近は少年少女が主人公の青春系アニメ映画が多いようで、2019年だけでも『あした世界が終わるとしても』、『きみと、波にのれたら』、『HELLO WORLD』、『ぼくらの7日間戦争』(12月公開予定)など、このジャンルが大渋滞を起こしているような気がします。

※『きみと、波にのれたら』の解説記事と音声レビューはこちら。好きな作品です↓
アニメ映画『きみと、波にのれたら』をもっと楽しむための作品を紹介!湯浅政明監督×吉田玲子脚本の"らしさ"とは? | CHINTAI情報局
『きみと、波にのれたら』ラジオ感想!胸キュンやリア充爆発しろだけじゃない? – YouTube

実はこの『HELLO WORLD』……パンフレットでは、シナリオまで執筆していた別の企画があったものの、2016年に公開された『君の名は。』によってアニメ映画を取り巻く状況が変わってしまった東宝社内で求められる企画の種類も変わってしまったとはっきり明言されているんですよ。
その元々のボツになってしまったシナリオはSFの“濃度”がさらに濃かったものだったそうで、武井克弘プロデューサーは「もっとエンタメ要素が強いものを追求しませんか?」と提案。脚本家の野崎まどはほぼほぼ“一度完成したものを完全にひっくり返す”執筆作業を余儀なくされていたのだそうです。

そして実際に出来上がった映画は……超絶テンポの良い展開、少年少女の恋心、挿入歌で気持ちを持っていく演出などなど……間違いなく『君の名は。』のフォロワーだろうなと、良くも悪くも思える内容になっていました。

しかしながら、決して『君の名は。』の「二番煎じ」「パクリ」などではなく、しっかり独自の魅力があるのがこの『HELLO WORLD』の偉いところだったりもするのです。

ありとあらゆるSF作品からの影響があった!

では『HELLO WORLD』独自の魅力が何か?と問われれば、ありとあらゆるSF作品の要素をぶち込んでいることでしょう。
例えば劇中には「(グレッグ・)イーガンっぽいなあ」というセリフがあったりするんですよね。

もう予告編などで言ってしまっていますし、実際の映画本編でも序盤に早々にサラッと開かさるので言っちゃいますが、本作の設定は「僕らは現実世界の“データ(記録)”だった」というもの。伊藤智彦監督は、グレッグ・イーガンの『順列都市』や、映画『マトリックス』なども思い切り意識して、この設定を考えていたと語っているのです。


※『順列都市』では不死となった仮想世界の人類が描かれていて、『HELLO WORLD』の“記録世界”のあり方はこの作品を意識していたのだとか。

そのほかにも、パンフレットには膨大な数の影響を受けた(SF)作品が挙げられています。
「その要素も確かにあるなあ」と思える作品ばかりなので、我こそはSFや映画好きだと言う方はぜひパンフを買って読んでみてほしいですね。作り手のあまりのオタクっぷりに嬉しくなりますから。

また、本作は3DCGが多用されているのですが、これがいい具合に仮想空間“らしさ”を表しているようにも見えます。
3DCGにある多少の“無機質さ”は、仮想空間にあるデータ(記録)であるという説得力に繋がっているとも思えるんですよね。

あと、この『HELLO WORLD』がメインターゲットにしているのは『君の名は。』に熱狂した中高生など若い世代だと思うんですが、実は30代以上のSF作品や映画のファンが歓喜できる内容というのも面白いですね。
そんなわけで、本作はいい歳をしたおじさんにこそオススメできるのです。

気になるのはテンポが早すぎること?

この『HELLO WORLD』で気になってしまうことは、明らかに詰め込みすぎな印象があるということでしょうか。
そこそこに複雑な世界観の設定は矢継ぎ早に説明され、ストーリーは二転三転し、テレビアニメであれば2クールくらいやりそうな内容を98分の中に詰め込んでいるため、テンポが早すぎて理解がギリギリ追いつくか追いつかないレベルになっているんですよね。
「そこはもうちょっと“間”を持たせたほうがいいのでは?」と思った部分もあって、テンポを良くすればそれでいいというわけではないことを思い知らされました。

また、サブキャラクターにぶりっ子一歩手前くらいの可愛い女の子がいるのですが、劇中ではちょっと中途半端な扱いであることも否めませんね。
スピンオフ小説で初めてわかることも多いようなのですが、もう少し本編だけでも納得できるようにして欲しかったというのが正直なところです。

また、これまた『君の名は。』よろしく挿入歌に乗せてダイジェストで物語を紡いでいくシーンがあるんですが、そちらに比べると編集も画も高揚感に欠けているというのも正直なところです。
あの『君の名は。』および『天気の子』のミュージックビデオ的な快感は、新海誠監督の画の美しさと編集の妙によるところが大きいと感じた次第……その作家性は安易にマネできるものではないのですね。

ちなみに主題歌・挿入歌はOKAMOTO’s、Official髭男dism、Nulbarichと若者に大人気のアーティストが手がけています。
それぞれ映画の内容および劇中のシーンにマッチしていて、楽曲そのものも素晴らしいクオリティでした。ぜひサントラを視聴してみてはいかがでしょうか。

ネタバレなしで魅力のまとめ

この『HELLO WORLD』はスクリーン映えする大胆な演出や、ドラッギーにも思えるダイナミックな構図のアクションがあるのも嬉しいところですね。
アニメーションとしての“快楽”がまずはあるということ、これだけでも映画館で堪能する価値があるはずです。

また、伊藤智彦監督は『ソード・アート・オンライン』や『僕だけがいない街』などテレビアニメで高い評価を得ている方で、武井克弘プロデューサーはその2つを掛け合わせた作品にしたいという狙いもあったそう。
確かに、『ソード・アート・オンライン』は仮想世界で自分の目的を達成しようとする作劇、『僕だけがいない街』はタイムトラベル要素や子供が大人と協力(または対決する)物語と、『HELLO WORLD』と通じているところがありますね。

また、北村匠海の内気な少年、松坂桃李のイケボぶり、浜辺美波のクールさと、主要ボイスキャストもとても上手くて良かったですね。
北村匠海と浜辺美波が図書委員というのは実写映画版『君の膵臓をたべたい』まんまで笑ってしまいましたが、2人がそちらとは全く違うキャラを演じていることにも注目です。

さらには大人気声優と釘宮理恵と子安武人が、めっちゃ特徴のあるキャラを演じているのも見どころですね。

あと『けいおん』の堀口悠紀子が担当したキャラデザイン、というかヒロインが超可愛い
むしろちょっと可愛すぎて(萌えっぽくて)苦手に思う方もいるかもしれませんが、実際の本編を観れば誰もが好きになれるんじゃないでしょうか。

そして本作で何より好きだったのは、現在公開中の『天気の子』に似た価値観を訴えていながら、異なる感動を用意していることですね。
これはセカイ系の作品としても1つのアンサーであり、『君の名は。』と『天気の子』にモヤっとした方にもオススメできるのです。

※『天気の子』の感想・解説記事はこちら↓
『天気の子』願いの到達点が、ここにあった(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

そんなわけで、「我こそはSFが好きだ!」な方は絶対に映画館で観たほうが良い案件です。
そのSFへのむせかえるような愛や、詰め込みまくりの作劇など、正直に言って観る人を選ぶところがあるのも否定はできませんが、初めに掲げた通り「また『君の名は。』みたいなやつか」と思って観ないのはあまりにもったいないです。
興行収入は現時点では決して芳しくないようなので、応援するためにもぜひ劇場へ。

↓以下からは本編の内容が大いにネタバレです。鑑賞後にお読みください。



ネタバレ解説:この映画の影響でした

本作の作劇として感心したのは、主人公が世界を作り変える神の手(グッドデザイン)という力を使いこなすために“特訓”していることですね。
これについて、伊藤智彦監督が「大流行の異世界転生ものでは何もしなくても主人公が強い場合があるけど、俺としては特訓させたい。それこそ『ベスト・キッド』のダニエルとミヤギさんみたいに」と語っているのも愉快なところです。

ちゃんとこの神の手(グッドデザイン)が万能というわけでなく、劇中で“できることとできないこと”のルールを設定しているのも良かったですね。
さらには、主人公の直美がその力を失った時には途方もない絶望感があります。特訓やルールの設定も含め、「なんでもあり」にしない作劇は支持したいですね。

また、後半の世界が崩壊していく、地面が起き上がって横や斜めになっているのは、思い切り『インセプション』の影響です。
後で書きますが、世界の“入れ子構造”にも『インセプション』の要素がありますね。

その他にも、製作当時に『ドクター・ストレンジ』の予告編を観て「先にやられた」「でも我々だったらどこまでできるか」と思ったとか、「キン肉マン」の超人オリンピックの予選で超人たちがふるいにかけられて落とされる話をイメージしていたとか、伊藤監督の影響を受けた作品の多さは枚挙にいとまがないことになっていますね。

その終盤の『インセプション』『ドクター・ストレンジ』よろしくの世界が崩壊しまくるクライマックスのアクションシーンではエッシャーのだまし絵的であったり、京都の街が“碁盤の目”であることを踏まえたギミックもあったりして実に楽しかったですね。

さらには、中盤から敵として迫ってくる狐面には『マトリックス』のエージェント・スミスのイメージが入ってたらしい。
確かにあの増殖っぷりはエージェント・スミスだ!

さらに、「離れた時間にいる者同士が出会う」という根本のアイデアは『オーロラの彼方へ』を参考にしたものであり、伊藤監督はアドバイザーの役割の人から「『13F』を観ていたほうがいいですよ」と言われたりもしたのだとか。
そちらのネタバレになるので詳しくは書きませんが、確かに『オーロラの彼方へ』も『13F』も、この『HELLO WORLD』の物語に通じていますね。


ネタバレ解説:エゴでも、それが愛だと肯定する

本作で何よりも感動したのは、大人のナオミがやったエゴイズムに満ちた行動を、瑠璃が「あなたは私を愛してくれたのですね」と、抱擁しながら肯定してくれることでした。
ナオミは過去の自分(直美)から強制的に瑠璃の意識を奪って、現代で脳死状態になっている瑠璃に移し変えて自分のものにしようとした。
それは間違いなくエゴゆえの行動でしょう……だけど、瑠璃は彼のことを責めない。「愛してくれた」という事実だけを讃えてくれるのです。

そして、ナオミはいなくなくる瑠璃に向けて、涙ながらに「僕は君が好きだったんだ」と告白します。

序盤では、直美は「過去のデータである瑠璃を助けても、現実の彼女は戻らない。それって意味があるんですか?」と聞き、大人のナオミは「幸せになった彼女の笑顔が欲しい。その記録が欲しい。思い出が欲しい。たとえそれが、現実じゃないとしても、たとえそれが俺のものじゃないとしてもだ」と答えていました。

でも中盤でナオミは瑠璃を自分のものにしようとしていたので、なんだ嘘だったんじゃないか…と思うところですが……
この涙ながらの告白、その後に「僕はただのエキストラさ」と自己卑下すること、そして自己犠牲的に命を捧げるため、実はこの「笑顔と思い出が欲しかった。自分のものじゃなくてもいい」というのも、ナオミの本心だったということがわかるようになっているんですよね。

間違ったエゴで行動してしまったはずのナオミを、瑠璃はその本心まで理解し、「あなたは私を愛してくれたのですね」と言ったのではないでしょうか。
究極的な愛を描いた、作中屈指の名場面であったと思います。

ネタバレ解説:マニュアル人間からの脱却

直美は映画の序盤ではいわゆる“マニュアル人間”で、自己啓発本に書いてあった格言を実行しようとしても、ちっとも上手く行きませんでした。
だけど、大人の自分自身という“師匠”に訓練してもらい、彼のいろいろと教えてもらうことで直美は瑠璃と仲良くなることができています。
その上で、その師匠がいなくなっても、直美は自分の意思で瑠璃を救おうとする……つまりは“マニュアル人間”から脱却することができているのです。

また、高校生の直美も大人のナオミも、自分を「ただのエキストラですけど」と自己卑下していましたが、この物語の中では主人公であったと、メタフィクション的に肯定することができるんですよね。
君たちは自己啓発本に踊らされるマニュアル人間じゃない、エキストラでもない、主人公なんだ、と……。

ネタバレ解説:ラストの解釈、そしてメタフィクション的構造

ラスト……大人のナオミが目覚め、そこにはメガネをかけた、さらに成長した瑠璃の姿がいました。
彼女は「やってやりました」と、過去に古本市の企画で本を集める時に言っていた「やってやりましょう」を反芻した言葉を涙ながら口にし、そしてナオミを抱きしめます。
そして、ラストシーン、月面には施設が建てられ、そこに未来の瑠璃とナオミがいることが示されているのです。

つまりは、この世界は3重の入れ子構造になっていたのです。
1:月世界(年代は小説版でも不明)のナオミと瑠璃:現実世界(?)
(※スピンオフ小説『HELLO WORLD if』では月世界の年代は2047年であり、また現実世界であると教えていただきました)

2:2037年の大人のナオミと脳死状態の瑠璃:仮想世界

3:2027年の高校生の直美と瑠璃:仮想世界のさらにその下の仮想世界
この構造は「夢の中の夢」を何重にも描いていた『インセプション』を彷彿とさせますね。

さらに、この映画の構造について、武井克弘プロデューサーは「ある種の“メタフィクション”」であるとも語っています。
その理由はたとえば、「終盤で大人のナオミが高校生の直美の幸せを願う姿は、映画の観客が登場人物に感情移入する姿にそのまま重なる」から。
そして武井プロデューサー自身が「直美のように物語にドップリ浸かって育ってきたので、虚構とわかってながらキャラクターの幸せを願ってやまない感情を、美しいと思うタイプの人間であるから」……と。
(さらに、劇中の“量子記録装置(アルタラ)”はアルファベットで書くと「ALLTALE」であり、分解すると「ALL TALE」、「“全ての物語”を記録している」という意味を込めているのだとか)

さらに、最後の月世界の瑠璃が三本足のカラス(道案内をするとされる八咫烏)に姿を変えてまでナオミも直美を救おうとしたこともまた、映画を見ている観客が“虚構(仮想世界にいる)”であるそれぞれのキャラクターに感情移入し、彼らを救いたいと思っていることともシンクロしているんですよね。

本作のキモは、この仮想世界の登場人物=物語の中のキャラクターの幸せを願いたくなるという、フィクションの物語にある美しさそのものを、この3重の入れ子構造で肯定していることにあるとも言えるかもしれません。

ネタバレ解説:冒険小説とSFの素晴らしさ

瑠璃と直美は、中盤にそれぞれが好きな冒険物語とSFについて、以下のような会話をしていました。

「私は、冒険小説が好きなんです。冒険小説の主人公は、冒険へと向かいます。自ら険しきに挑み、諦めずに最後までやり遂げる。そんな姿に私は、憧れているんです」

「SFって、新しい世界を見せてくれるんです。それは、すごく素敵で、遠い世界で。けど、でも、それは夢物語じゃないんです。SFのFはフィクションですけど、Sのサイエンスが、現実と繫がってる」

※小説版『HELLO WORLD』(Kindle の位置No.1550-1554)より引用。

『HELLO WORLD』の小説版には、直美の一人称で「子供の時、空の月を見て、手を伸ばした。たとえば京都タワーの上まで行ったら、指先くらいは届く気がした。でも子供の頃は月が38万キロも離れていることを知らなかった」と、語られています。
つまり、映画のラストシーンでふたりが月面にいるということ、それはSFでしかありえなかったような世界に現実が“届いた”ということなのでしょう。
「すごく素敵で、遠い世界で、現実と繋がっている」というSFの素晴らしさ……それが最後の月面世界で示されているのです。

さらに、瑠璃は冒険小説が好きな理由は「冒険小説の主人公は冒険へと向かう。自ら険しきに挑み、諦めずに最後までやり遂げる」ことだと言っていました。
瑠璃は、まさに冒険物語の主人公のような直美をカラスの姿になって見届けて応援し、ついには自分の力でナオミを蘇生し「やってやりました」と……自身も守られるだけの存在じゃない、まさに冒険小説の主人公となったのです。

「この物語(セカイ)は、ラスト1秒でひっくり返る」というキャッチコピーは伊達ではありませんでした。
このラスト1秒(実際はもう少し長いのですが)で見せられた「月世界」は、直美が好きなSFが「現実と繋がっている」という素晴らしさを、瑠璃が好きな冒険小説の「自ら険しきに挑み、諦めずに最後までやり遂げる」という信念を、何よりも虚構の物語を美しく思う観客の気持ちにシンクロしている結末なのですから。

この『HELLO WOLRD』でSFを、そして物語そのものがもっと大好きになりました。
ありがとう!


※小説版はキャラクターの一人称で語られており、より彼らの心情がわかりますよ。
(C)2019「HELLO WORLD」製作委員会

バナー

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. 真人 より:

    いいたいこと言葉にしたいこと気づいたことを大体いってくれてて読んでて一番映画のその後が実感できたレビューでゾワっとしました!

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

movieこちらの記事もおすすめです

今までに書いた映画レビューの中から、この記事を読んでいただいたあなたにおすすめの記事をピックアップしています。

ネタバレ前の感想をまずは読んで下さい。映画を見終わった後、ネタバレを含む解説を読んでいただけると1記事で2度楽しんでいただけるのではないかと思います。

カゲヒナタ映画レビューが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!あなたが良い映画と出会えますように:)

done SF

この映画のレビューと同じカテゴリの記事です

done 10点満点の映画

10/10を獲得した映画です。

見たい映画が見つからないときはこちらがおすすめです。

done 9点の映画

9/10を獲得した映画です。

名作ぞろいです!まだ見ていない作品があれば是非!

著者

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

   
vertical_align_top