『ゲット・アウト』どのような差別が描かれたのか?(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『ゲット・アウト』どのような差別が描かれたのか?(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

約3ヶ月ぶりの更新ですみません!今日の映画感想はゲット・アウトです。

個人的お気に入り度:8/10

一言感想:何かがおかしく、そして怖い

あらすじ

黒人の青年が彼女の実家に来て、「何かがおかしい」ことに気づきます。

映画レビューサイトRotten Tomatoesで、脅威の99%という満足度を得たスリラーです。
本作においては、これ以上の情報を入れずに劇場を調べて観に行っていい、というレベルですね。

<ゲット・アウト 劇場情報>

なぜかと言えば、本作は少しでも内容に触れようものなら、即ネタバレに繋がるような話運びがされているから。
Twitterでいろんな方の感想を読むと、みんなしっかりネタバレに配慮しているというか、何を書いてもネタバレになる苦しさがめっちゃ伝わってくるくらいですから。
それでも……以下からは何とかネタバレなしで、本作をおすすめしたい理由を解説します。

監督がコメディアンだからでこそのホラーに!

本作の監督を手掛けたのは、これが長編デビューとなるジョーダン・ピールで、本職はなんとコメディアンです。
『コウノトリ大作戦!』の声優を務めていたり、(自分は未見ですが)『キアヌ』という映画では主演のひとりであったりと、多方面で活躍をしているようです。

※『キアヌ』のあらすじは、超キュートなネコちゃんを、悪人兄弟とギャングが奪い合うというものらしい。何それ面白そう。

興味深いのが、ジョーダン監督がインタビューで「コメディとホラーには共通の要素がある」と語っていること。

    <ジョーダン監督が挙げるコメディとホラーの共通点>

  1. 多数の要素が絡み合っていること
  2. 観客を「誘っていく」かのような構成
  3. タイミングを計って観客の予想の裏をかくような驚きがあること

いやはや、言われてみれば確かに両者は似ていますね……。

日本でも、ビートたけしは言うまでもなく、品川ヒロシや劇団ひとりなどが映画監督として活躍しています。
しっかりプロットを築きあげていくという意味で、コメディアンと映画監督には似たような技量が求められるのかもしれませんね。

で、本作『ゲット・アウト』の何が見事って、あらゆるセリフや行動が「思い返せば意味がある」ということがわかる構成がすごいんですよ。

「あっ、この時のセリフも……」「あっ、この時の行動も、そういえば……ああ……」とニヤニヤしっぱなし。恐ろしく良く練られた脚本が、コメディ出身の監督だからでこそ作られた、というのもまた感慨深いところがあります。

実はコメディ色が強い!

「コメディアンの手腕をホラーに持ち込んだ」ということもすごいのですが、単純に本作はコメディの要素も強い作品になっています。

主人公の親友が、作中に漂うイヤ〜な雰囲気(褒め言葉)にひと味を加えるコメディ・リリーフとして大活躍するんですよね。
こいつの言動にはクスクス、時にはゲラゲラ笑わせました。

しかしながら、本作のジャンルはやはりホラー。笑えるはずの行動や言動が「笑えなくなる」ヤバイ事態に陥っていくのです。

よく「ホラーと笑いは紙一重」と言われていますが、本作は本当にコメディとホラーの間を綱渡りしているかのような内容です。
ホラー作品が好きな人は、これだけでも必見でしょう。

あとね、この手の映画だと「そんな怖い目に遭ってるんだからさっさと逃げようよ!」「話を信じてやろうよ!」とツッコみたくなることも多いんだけど、本作はそこが自然でよかったですね。わりとリアリティもあります。

役者の演技がヤバい!

本作の秀逸な点として絶対に挙げなければいけないのは、役者の演技ですね。
メインのダニエル・カルーヤとアリソン・ウィリアムズももちろんよかったですが、注目は家政婦の女性を演じたベティ・ガブリエルですね。はっきり言ってすげー怖い!笑顔が夢に出てくるレベルで怖い!

詳しくは観ていただきたいのですが、この前後も「大したことはしていないのにめちゃくちゃ怖い」ですからね……もう彼女の演技と、この顔をドアップに映した撮り方で、これ以上のない恐怖を作り出したことは賞賛に値します。

また、一家の長男を演じたケイレブ・ランドリー・ジョーンズは、同時期公開の『バリー・シール アメリカをはめた男』では、どうしようもねえバカキャラを熱演しており、こちらも最高でした。どちらも絶妙にぶん殴りたくなります(褒めています)。

ジョーダン監督は、役者の力量を最大限に引き出す手腕にも長けているのではないでしょうか。
いわゆるスター俳優が出演している作品でないにも関わらず、全米で大ヒットを飛ばしたのは、ひとえにこの役者の演技によるところも大きそうです。

なお、ジョーダン監督は『ゲット・アウト』の大ヒットと高評価を受けて、J・J・エイブラムスとタッグを組んでホラードラマシリーズを作ることが発表されています。ここまでの手腕を発揮すれば、それも当然ですね。

テーマの1つは「黒人差別」だった!

実は、本作は黒人差別がテーマと言っていい内容です。
ホラーで黒人差別を扱うというのも斬新ですし、観てみると、「なるほど……こういう形での差別もあるのか……」と納得できる、新たな視点を得ることができるというのが素晴らしいですね(これ以上のことはネタバレるので言えません)。

『ズートピア』や、絶賛公開中の『ドリーム』もそうですが、差別というのはやはり多層構造を持った単純ではない問題である、と再確認できました。
娯楽で終わらず、「社会派」な要素があるのも、本作が高い評価を得た理由の1つでしょう。

今はどっかんどっかん豊作だ!

現在は『ブレードランナー 2049』という大作映画が公開されていますが、この『ゲット・アウト』のほか、「小粒でもピリリと辛い」系の映画がめっちゃ面白い!ということを強く訴えたい!
『女神の見えざる手』『セブン・シスターズ』『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』、どれもお気に入り度が8点くらいある秀作なんですから!

『ブレードランナー 2049』は大評判の反面、その難解さと長尺(2時間43分)のおかげで少なからずや好みが分かれますからね……。
反して、これらの作品は、かなり観る人を選ばないと思います。

さらに、現在『アナベル 死霊人形の誕生』が公開中で、11月3日より『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、11月10日より『ジグソウ ソウ・レガシー』と、ハロウィンの季節ならではの、ホラー映画ファンにとっての祭り状態になっているんですよ!

この祭りに乗り遅れるな!という意味でも、『ゲット・アウト』は超おすすめなのです。
少しだけ性的な話や、残酷描写がありますが(G指定だけどPG12指定でもいいんじゃ?)、それ以外は極めて万人向けですよ!

以下は結末を含めてネタバレです。鑑賞後にご覧ください↓

野暮な不満点

言っちゃあ何ですが、あの変態一家が思ったよりも弱かったのが拍子抜けでした。
いや、こいつらがあっさりと主人公に殺されちゃうっていうのも、ある意味で痛快で面白いんですけどね(長男は一度殴られても復活するしぶとさを見せていたし)。

主人公の親友が最後に活躍をせず、全てが終わってから来ちゃうというのもあっさりしているかな。
彼に手を汚させなかった、という意味ではいいのかもしれませんけどね。

また、精神を乗っ取られて老婆と結婚させられた男性が救われた描写がないのもモヤっとするかなあ。さらなるオチを期待してしまいました。

連想したのはあのマンガ

本作の真相は、白人が黒人の青年の精神を乗っ取っていた!というものでした。
脳みそごと移植しようとするのも含めて、楳図かずおの傑作マンガ『洗礼』みたいな話ですね(※こちらでは母親が娘に成り代わります)

怖かったのが、終盤、使用人と家政婦の頭に手術の線がしっかりと見えることですね。
使用人の男性が帽子を被っていたのはそういうことか……。

ビンゴ大会かと思いきや……

作中でもっともシビれたのが、ビンゴ大会と見せかけてオークションだったというのを、画だけでわからせていることですね。

ビンゴカードの数字の並びは、「金額」を表しているんでしょう。
変態一家のオヤジが懇親会を開いて、金額を提示して、「成り代わりたい」人がお金を出しているっていう……。

この時点では真相が明らかになっておらず、言葉で語らないからでこそ「これおかしいぞ……!」とゾワゾワします。

黒人が「優れている」という思い込み

本作における黒人差別とは……「あいつは黒人だから能力が高いんだよな!うらやましいな!」というものなんですよね。
差別とは、「あいつら(集団)が◯◯だから、こいつ(個人)も◯◯なんだ」と勝手に決めつけてしまうことから生まれますが、その◯◯に「劣っている」だけでなく「優れている」ということも含まれているんですね……。

その証拠(と言っていいのかは微妙ですが)に、家の壁には黒人の陸上選手ジェシー・オーエンスの写真が貼られていました。
彼がどのように人種差別と戦ったかは、『栄光のランナー /1936ベルリン』という映画でも描かれています。
<自分も記事を書いていました>

おそらく、この変態家族たちはジェシー・オーエンスが差別と戦ったことより、「黒人だから身体能力が高くて歴史に残ったんだよね」という価値観のほうを重視していたんだろうなあ……。

あと、使用人が夜中に猛ダッシュ→主人公の手前で直角に曲がる、というシーンがありましたが、おそらくジェシー・オーエンスのような「運動能力を高める」トレーニングなんだろうな。

恋人がそもそもヤバかった……

主人公の恋人は、チャラそうな弟に「足の爪を集めていた」という悪趣味や、「かつてキスをしてきたヤツの舌を噛んで血だらけにした」という過去をバラされていて、その時には「笑い話」になっていましたが、これも実はマジでヤバいヤツだったという伏線ですよね。

その前にも、彼女は序盤で主人公が警官に身分証を求められた時、それを拒否した後で「私の男を守るためよ」と言っていましたが……別に身分証を提示するのはなんてことのないことですよね。
彼女は、「黒人だから特別」逆差別的な価値観を、実は持っていたのかもしれません。
(まあ、後でオークションにかけるための体を守っただけ、とも言えるかもしれませんが)

で、その恋人がやべーやつだったというのは、隠してあった「使用人とのラブラブの写真(+家政婦との女性との仲良しの写真)」で決定的になる……。
あの衝撃の「鍵は渡せない」の発言の後も、彼女はネットでジョックな黒人青年を検索していました。怖えーーー!

哀しいのが、母親が事故で亡くなる時に何も行動をしなかったという主人公のトラウマをなぐさめていた彼女の行動も、建前だけのウソだったのではないか、と思えてくることですね……。

オヤジは「差別主義者じゃない」と思い込んでいる

変態一家のオヤジは「差別主義者じゃないよ」「オバマに3期目があったら投票するよ」「黒人の使用人は典型的だろ?人目は気になる」などと言っており、「差別主義者ではない」と明確に語っていました。

現在公開中の『ドリーム』でも語られていたことですが、差別主義者が差別をしていないと思いこんでいることは、ある意味ではもっともタチが悪いのではないでしょうか。
こいつ、鹿を轢いてしまったということを聞いて、「鹿はみんな死んじゃえばいい」という「排他的」な考えをしていますし……。

そんなオヤジが、まさに排他的に考えていた鹿の剥製でぶっ刺されて死ぬのは痛快でしたね。ざまあ。

親友の言っていることは当たらずとも遠からず

親友が「催眠術って超やべーじゃん!」「みんな性の奴隷にされているんだ!」「『アイズ・ワイド・シャット』的なやつだ!」と言っており、その様はハッキリ言ってコメディでした。
で、警察にも「ねーよ」と茶化されていたんだけど、それが当たらずとも遠からずというのがね……。

その他、猟奇殺人犯のジェフリー・ダーマー(←Wikipediaがマジで猟奇的な閲覧注意)への言及もありましたね。

爆笑したのは、主人公の恋人と電話して「私とヤりたいんでしょ?」と言われ、この親友が「思ってねえよ!アホか!」と返すところですね。
でも笑えるけど怖いな……録音して証拠を録ろうとか、そういう以前に狂っているんだから。「あの女すげえ!」と言うのも当然だよ。

無意識の差別

盲目の画廊商の男は、「人生はまるでタチの悪い冗談だ」と言っていましたが……そんな言い分をしつつ、主人公の精神を乗っ取って生きようとしていました。
こいつは目が見えないというハンデを背負っているからこそ、主人公に嫉妬していたんでしょうね。主人公も一生背負っていかなければならない理不尽なトラウマを背負っていたのに、それはまったく想像せずに……。

また、懇親会には日本人もおり、こいつは「アフリカ系の男は社会的に不利かね?有利かね?」と失礼極まりない質問をしていました。
ほかにも、「これからは黒人の時代だよ」などと、やっぱり「黒人だから恵まれているんだよな」という差別意識がそこかしこに表れている……たとえ無意識でも、口に出さなくても、こういう考え方はしたくないです。

フラッシュ

決着は、主人公のカメラのフラッシュにより、使用人の男性が自我を取り戻して、主人公の恋人を撃つというものでした。

変態一家がかけた催眠は「闇に沈んでしまう」というもの。
だからでこそ、その精神は「完全にはなくならない」ものとも言えます。

暗闇の中に沈んでも、決して光明を見失わない……そんな歴史上にあった様々な差別への戦いをも、本作は暗喩していたのかもしれません。

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top