『ガルム・ウォーズ』押井守流拷問映画(大酷評ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『ガルム・ウォーズ』押井守流拷問映画(大酷評ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想はガルム・ウォーズ(英題:Garm Wars: The Last Druid)です。

個人的お気に入り度:1/10

一言感想:愚の骨頂ではなかろうか!(←作中の台詞)

あらすじ

アンヌンのガルムのコルンバとブリガとクムタクが戦いあって、ドルイドのナシャンがキーとなる話。

うん、ぶっ殺すよ!(←対象者のいない殺意)

・・・すみません、取り乱しました。
この映画を観終わったとたん、「金返せ」「時間返せ」と呪詛のようにつぶやいてしまい、抑えようのない殺意が芽生えてしかたがなかったのです。

(COOL DOWN)

さてさて、『攻殻機動隊』『機動警察パトレイバー』で知られる押井守監督の実写映画作品です。
本作は全編がカナダで撮影された大作SF。2014年製作の映画がやっと公開されてご覧のありさまとなっております。

もうね、兎にも角にもつまらない、白目を剥くほどつまらない、ていうか苦行かな?と思うほどにつまらないので、例によって問題点を箇条書きであげます。

ここが本気でキツいよ『ガルム・ウォーズ』

(1)内容が「1時間半ずっと世界の設定をしゃべるだけ」

えーこの映画92分しかないんですけど、そのうち85分くらいがこの種族がどうたら世界がどうたらの説明に始終します。
その内容にみじんも興味を持てないので地獄です。話が進み具合が20年前のマッキントッシュ並みです。

(2)固有名詞が多すぎ

なんかこの世界にはかつて8種の部族がいたらしく、コルンバやブリガやクムタクやら聞いたことねえカタカナの名前が総勢20個くらい出てきます。途中で覚えるのがめんどくさくなって脳がシャットダウンを始めた

8種の種族うちメインになるのは3種だけなんだからせめてそこだけでも省略すればいいのにな。
あと距離の単位まで固有名詞だったよな。まあ世界観を大切にしたいのはわかるんだけど、おかげで長さがわからん。

「グラから寵愛と庇護を受けられるのはナシャンだけだ!」という台詞があって、へえ、グラって何か神聖なる人物なのかな〜と思っていたら、それが犬だったときは衝撃を受けました。
犬に寵愛と庇護を受けられるのは限られた民族だけなのかーそーなのかー(棒読み)。

この印象が何かに似てるなーと思ったら、同じく固有名詞ばかりが飛び交いまくっていたゲーム『ファイナルファンタジーXIII』でした。
パルスのファルシのルシがパージでコクーンみたいな会話がずっと映画で続くと思ってください。底なしの地獄です。

(3)キャラに魅力がない

主人公の女性の造形がまんま『攻殻機動隊』シリーズの草薙素子っぽく、バトーのような男性パートナーも出てきます。
それはいいんだけど、だいたい世界の設定をくっちゃべっているだけだから魅力がじぇんじぇんありません。

エイリアン2』のランス・ヘンリクセンビショップの人)が出演されていますが、ずっとしかめっつらで世界の設定をくっちゃべっているどうでもいいジジイ役だったので絶望しました。この映画で唯一魅力的なキャラは犬です

(4)声にエフェクトをかけすぎて聴き取りづらい

多くの劇場で公開されているのは、鈴木敏夫がプロデュースを務めている日本語吹き替え版です。
※TOHOシネマズ六本木、TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ、TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズ 天神では貴重な字幕版が上映されています。

まあ中盤までは問題ないんだけど、終盤のあるキャラの声がエフェクトをかけすぎて聞き取れない
まあ聞き取れたところで、内容はどうせ理解できないがな!

(5)そもそも話がつまらない

大部分が「世界の説明」なわけで本気でおもしろくないんです。複雑な設定をすべて説明して、それで魅力を感じられるはずがありません。

まあさすがに終盤には話が動くのだけど、1ミクロンも納得できないツッコミどころが押し寄せてきたのでさらに絶望しました。
終盤10分の展開のスジの通らなさはすごすぎる。映画が終わった瞬間の劇場の戸惑いは半端なかった。
ク◯映画フリークはこのために1時間半の苦行を我慢する価値があるとさえ感じました。

もうね、この映画は押井守の悪いところだけだけを純粋培養したようなブツなんですよ。
押井守監督作品には深い哲学的な思考や、行きすぎたネットワーク社会への警鐘などが込められており、それは作品の魅力でもあるのですが・・・その反面、説明的すぎて好き嫌いの分かれる要素になっています。
で、その「説明的すぎ」だけが培養されるとこうなるというわけですよ。

本来であれば、ほかの押井作品のように深い考察をして味わうべきなのでしょうが、上記の(1)~(5)の要素がキツすぎて、頭に入ってこないのでどうしようもありません。

押井監督はもともと万人に受け入れられる作品を手掛けようとはしない方なんだけど、今回はファンすらも絶望するのではないでしょうか。
まあすでに『アサルトガールズ』という大駄作の前科があるので、ファンは「知ってた」状態なのかもしれません。


※70分しかないけど3時間くらいに感じる映画

押井守イズムを存分に感じられるということは、ファンにとっては好きになれる要素なのかもしれないけど・・・。

『劇場版 パトレイバー』や『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』がとてつもなくおもしろい映画になっていたのは、既存の作品のため「世界観の説明」をする必要がなく、ドラマ部分に注力できたためでもあるのでしょうね。

あと、日本版の予告の出来がすこぶる悪いのも気になりました。なぜ虚淵玄によるキャッチコピーを2回も(しかも同じ演出)で流すのか。

いいところも(ごくわずかに)あるよ!

えーと、せっかくなんで『ガルム・ウォーズ』のいいところも挙げておきますね。

・CGの戦闘シーンは前時代的でチープだけどそんなに悪いとは思わない
・戦闘マシーンの造形もいい(一部の絵コンテを樋口真嗣が手がけている)
・総じてビジュアルやアクションに見応えはある
・日本語吹き替え版声優の熱演(朴璐美さんなど豪華)
川井憲次さんによる音楽
・ワンちゃん(バセット・ハウンド)がかわいい

以上となっております。

また、さんざん「説明多すぎ」「固有名詞多すぎ」とは言ってきましたが、基本的な情報は冒頭のナレーションで示すなど、混乱しないような工夫は「一応」されていました。
メインのストーリーラインも「仲間が集って旅をする」「自己の存在意義と戦う理由を模索する」というわかりやすい流れがあるので、決して難解ではないと思います。
小説で補完すると、より世界観を理解できるかもしれませんね(自分はしたくないです)。

GARM WARS 白銀の審問艦
GARM WARS 白銀の審問艦

posted with amazlet at 16.05.24
押井 守
KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング: 6,183

この『ガルム・ウォーズ』で、否応なしに『ファイナルファンタジー(映画)』と『ジョン・カーター』を思い出しました。


どちらも「世界観を説明しまくっているうちに上映時間を消費」「お金をかけまくったうえにコケてギネス級の大赤字」ということが共通しています。
ちなみに『ガルム・ウォーズ』は構想に15年、製作費に20億円をかけたんだって。バブリーですねー(棒読み)。

結論としては『アヴァロン』あたりの押井作品が好きな人はまあまあ楽しめるかもしれないけど、いままで押井作品を観たことがないような方にとっては1ミリたりともおすすめできない、というところ。
あとはク◯映画成分をたまに摂取したい危篤奇特な方のみにおすすめします。

そうそう、公式サイトのイントロダクションでは、なんかマイナンバーが世界が直面している絶望であると書かれていました。

ガルム・ウォーズイントロダクション

どういうところでプロパガンダ(政治的宣伝)を仕込むのはやめてくれませんかね。

エンドロール後にもおまけがありますが、なんかもうどうでもいいです。

以下、結末も含めてネタバレです どうかしているラストのみ書きます↓ 押井守ファンの方および、この映画が好きな方には本当にごめんなさい。

※中盤のワンちゃん侵入シーンのツッコミどころなどは以下のレビューが素晴らしかったのでぜひお読みください。あなたが自分の怒りを代弁してくれたよ!↓
映画「ガルムウォーズ」について叫びたかった(感想・演出紹介) : マスティの「アレが叫びたがってるんだ」

映画史に残るラスト

えーとクライマックスの森の中で進撃の巨人が現れるんですよ。

でね、その弱点が「ネット接続を切れば動かない」ということがエイリアン2のビショップおじいちゃんから語られるんです。
どうやって解決するのかな〜と思ったら、巨人が引きずっているケーブルを切断するということでした。
有線なのかよ!そこはWi-Fi通しておけよ!

で、パートナーの男性はなぜか巨人の頭に乗って自爆。お前ケーブル切ればいいって言われたばかりだろ。

※以下の意見をいただきました。
あれ、一応ご丁寧に前のカットで頭のエネルギー源が切れるカットを挟んでるんですけどなんでスケリグ(パートナーの男性)は知ってたんでしょうかね?w
自滅自体は彼が生粋の戦士なので命を大事にするとかはないと思うんですけど、恐らく戦車がぶっ壊されたのと、マナの予備が無いために決断したんでしょう。巻き込み自爆。カラを見たので自己犠牲ですよね。

仲間のひとりのナシャンが触手付きのよくわからん子どもに変身して、エフェクト付きの音声でしゃべるために余計に何言ってんのかわからないことになります。
で、よくわからん子どもはビショップおじいちゃんを操ることになりまして、「この世界は彼らが作ったんだ!」うんたらかんたらしゃべらせます。

その操られたビショップおじいちゃんを躊躇なく撃つ主人公にもびっくりしたけど、その後の失笑するしかない会話に比べればまだマシな展開でした。

主人公「彼ら、彼らって、名前くらい言いなさいよ!」
ビショップおじいちゃん「キシャー!!」

・・・

えーとこれはおじいちゃんがボケたわけではありませんよね。きっと「彼ら」は発音が難しいっていうことだよね☆(100億歩譲って許そう)
で、さらにビショップおじいちゃんはこう言います。

ビショップおじいちゃん「その(キシャー!)意味は妬みだ!」

「妬みの神」は聖書に出てきます

あ、そう、自分は彼らよりもこの映画を妬んでいるよ。

で、主人公はビショップおじいちゃんをぶっ殺し、空を見上げます。

空を見上げる主人公 ガルム・ウォーズ<観客の気持ちを代弁した表情

そして、なんか違う場所で神様たちとの巨人のバトルシーンが挟まれ、最後にドーンとタイトルが映されて映画が終わりました

. (#`Д´)ノノ┻┻;:’、

(COOL DOWN)

えっとね、やっとパーティが揃って、初めの戦いの舞台(聖なる森)に行ったところだったよね。

いわばまだ起承転結の「起承」の部分だったよね。

それなのに、
自爆した男性パートーナーの生死もわからずじまい(ビショップじじいに「あきらめろ」と言われただけ)
そもそもの旅の意味も見出すこともなく、
いきなり戦争の火ぶたが切って落とされることになったから映画が終わったのか、
そうか〜よかったね(般若のようなツラで)。

エンドロール後にどこぞに逃げたワンコが映し出されたときにはちょっとだけ癒されたよ☆ぶっ殺すぞ!

おすすめ。ちゃんと語っているだけでもエラいよ↓
キャリア女子に見てほしい胸キュン映画『ガルム・ウォーズ』~イマドキ女子たちの座談会~ | AbemaTIMES[アベマタイムズ]

おすすめの肯定的な意見。ラストの尻切れトンボにも意味があったのね・・・↓
ガルム・ウォーズ(2014)の映画レビュー(感想・評価)・あらすじ・キャスト | Filmarks

ストーリーラインの確認は以下でどうぞ(超ネタバレ)↓
民族「ガルム」の神は、虚無の神である – ユーザーレビュー – ガルム・ウォーズ – 作品 – Yahoo!映画

監督のイメージは半分くらいしか映画で表れていないらしい↓
新作『ガルム・ウォーズ』でタッグを組んだ押井守とジブリ・鈴木敏夫が明かす製作秘話「ここまで危ない橋を渡ったのは初めてです」 – 週プレNEWS

押井守および、そのファンの熱さがわかる記事(本当こんなド酷評をしてごめんなさい)↓
『ガルム・ウォーズ』初日舞台挨拶行ってきた 押井監督次回作はIG制作のアニメ映画? – さめたパスタとぬるいコーラ
押井守監督に涙、ヒロインからの手紙で 「ガルム・ウォーズ」初日舞台挨拶 | アニメ!アニメ!

(C)I.G Films

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. にとり より:

    TOHOシネマズ六本木やTOHOシネマズ梅田では貴重な字幕版があるので、そっちなら何か聞き取れるかもしれないと思ってます(そもそも「字幕」でわかるだろというツッコミは抜きで)
    が、アレをもう一度…勇気は無いです

  2. ヒナタカ より:

    にとりさんあざっす。追記させてください。
    TOHOシネマズの1ヶ月パスポートがあってもお断り願いたいですよね・・・。

  3. ダーク・ディグラー より:

    ヒナタカさんは多分知ってたらゴメンm(__)mというか押井守の実写映画でフジテレビを巻き込んだ大作『ケルベロス 地獄の番犬』って映画があるんだ…
    その映画宣伝文句は「香港ロケによる本格的なアクション」って凄い宣伝文句で香港のプロップ社に協力されてガン・マニアから期待されてたんだけど、押井はいつもの押井で台湾や香港の街並みに熱中して路線変更して映画はただのロード・ムービーで観客激怒というのがありました。
    個人的に『ガルム・ウォーズ』で困ったのは虚淵玄さんの宣伝コピーですね。
    正直中学生が考えたようなキャッチコピーで宣伝ポスター見たら「うわ~ダセー」と思いましたよ!
    押井のフォロワーの虚淵に宣伝任せるなよってジブリの鈴木敏夫プロデューサーも止めろよ!ってポスター見た時に思いました
    まぁ押井守の実写はあんまり関わりたくなかったけど食わず嫌い的な理由で観に行かない状況はどうかと思い断腸の思いで観に行ったが…
    やっぱいつもの実写の押井じゃんと思いました。
    そもそも『ガルム・ウォーズ』の初期の『G.R.M』は細田守が関わっていたんですが凍結して現在の『ガルム・ウォーズ』になったって経緯なんですね。
    多分押井守がやりたかったのはタルコフスキーやイングマール・ベルイマンみたいな事やりたいのですがやるならせめてアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥみたいな事やらないと恥ずかしいよって思いました。

  4. 匿名 より:

    「で、パートナーの男性はなぜか巨人の頭に乗って自爆。お前ケーブル切ればいいって言われたばかりだろ。」
    あれ一応ご丁寧に前のカットで頭のエネルギー源が切れるカットを挟んでるんですけどなんでスケリグは知ってたんでしょうかね?w
    自滅自体は彼が生粋の戦士なので命を大事にするとかはないと思うんですけど、恐らく戦車ぶっ壊されたのとマナの予備が無いために決断したんでしょう。巻き込み自爆。カラを見たので自己犠牲ですよね。
    いやー描写足りねえw
    多分ワンカットワンカットCGと弄りの作り込みなので
    途中のゴタゴタで予算が足りなくてかなり無理矢理繋いだんですよ。全編そんな感じです。(好意的見解)

  5. ヒナタカ より:

    自分は虚淵玄のキャッチコピーはそんなに悪くないと思うのですが、なぜ予告編で2回も(しかも同じ演出で)出すんだろう・・・
    > 「で、パートナーの男性はなぜか巨人の頭に乗って自爆。お前ケーブル切ればいいって言われたばかりだろ。」
    >
    > あれ一応ご丁寧に前のカットで頭のエネルギー源が切れるカットを挟んでるんですけどなんでスケリグは知ってたんでしょうかね?w
    >
    > 自滅自体は彼が生粋の戦士なので命を大事にするとかはないと思うんですけど、恐らく戦車ぶっ壊されたのとマナの予備が無いために決断したんでしょう。巻き込み自爆。カラを見たので自己犠牲ですよね。
    ありがとうございます。追記させてください。
    > いやー描写足りねえw
    > 多分ワンカットワンカットCGと弄りの作り込みなので
    > 途中のゴタゴタで予算が足りなくてかなり無理矢理繋いだんですよ。全編そんな感じです。(好意的見解)
    超予算不足を感じました。
    いろいろ政策上の都合があった作品なので、この映画をけなすと死体蹴りみたいになってしまうなあ。

  6. どうも、いつもブログを読ませてもらっているフォレス・ノースウッドです。
    パトレイバーと攻殻は好きだが、それ程押井フリークでもない私は、完全に声優さんとビショップの俳優さん川井さんと、結構好みな主演女優さん目当てで割り切って見に行ったので、そんなダメージが受けませんでしたが、これファン度数濃い人ほど噴飯ものだってのは重々分かりました。と言うか製作費と構想年月打ち出している時点で地雷の匂いが(オイ
    でも絶対ラスト以降の方が物語的には面白い部分なのに異論はなしです(しかも元の小説版は映画版のラスト以降の話らしい)
    初日の劇場は片手で数えられる人しかおらず、しかも自分が最年少、エンドロールが流れると私残してみんなご退場していきました。
    最後に、私のブログにそちらのリンクを載せてもよろしいでしょうか?

  7. ヒナタカ より:

    > どうも、いつもブログを読ませてもらっているフォレス・ノースウッドです。
    > パトレイバーと攻殻は好きだが、それ程押井フリークでもない私は、完全に声優さんとビショップの俳優さん川井さんと、結構好みな主演女優さん目当てで割り切って見に行ったので、そんなダメージが受けませんでしたが、これファン度数濃い人ほど噴飯ものだってのは重々分かりました。と言うか製作費と構想年月打ち出している時点で地雷の匂いが(オイ
    自分はにわかファンですが、ダメージがでかかったです。
    構想◯◯年というのが長いほど駄作になるというジンクスがありますよね。
    > でも絶対ラスト以降の方が物語的には面白い部分なのに異論はなしです(しかも元の小説版は映画版のラスト以降の話らしい)
    > 初日の劇場は片手で数えられる人しかおらず、しかも自分が最年少、エンドロールが流れると私残してみんなご退場していきました。
    それは小説のほうがおもしろそうですね。映画は10分の1くらいしか描けなかったのでは?
    > 最後に、私のブログにそちらのリンクを載せてもよろしいでしょうか?
    こんな失礼千万のレビューでもよろしければ、ぜひお願いいたします!

  8. きこり より:

    「ガルム・ウォーズ 巨人 ケーブル」でググったら、こちらのブログに到着しました。
    ああ、一から十までおっしゃる事に同意です(苦笑)。
    いやぁ、これに比べたら、面白くしようと努力はしていた「進撃の巨人」や「テラフォーマーズ」の方がはるかにマシかと!

  9. […] 3位 ガルム・ウォーズ […]

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top