2017年4月の気になる映画一覧(マイナー推し)

2017年4月の気になる映画一覧(マイナー推し)

なぜブログの更新が滞っているのかって……?逆に考えるんだ、「あげちゃってもいいさ」と考えるんだ(意味不明)

明日から更新再開するので許してください。そんなわけで、4月の気になる映画です。
以下も参考にしましょう↓
モンキー的2017年4月期待の新作映画 – モンキー的映画のススメ
2017年4月公開で観たいと思っている映画の覚え書き|三角絞めでつかまえて

マイナー系の気になる映画

4月1日(土)

ハードコア

徹底して主人公の1人称視点で描かれた作品。ゲームのFPS(ファーストパーソン・シューティング)が映画になったようなもんですね。
残虐描写がアリアリでR15+指定。「まるで『マッドマックス 怒りのデスロード』の主人公になったかのような体験が出来る最高のアクションムービー」という触れ込みにワクワクするぜ!

はじまりへの旅

ヴィゴ・モーテンセンがアカデミー賞主演男優賞にノミネート。大家族によるロードムービーです。
なんと家族はインターネットなどの文明を退いており、自給自足の生活をしていたのだとか。しかも身体能力はアスリート級で、ロッククライミングや狩猟やマーシャルアーツにも秀でているんですって!何それ観たい。

4月7日(金)

夜は短し歩けよ乙女

森見登美彦の初期ベストセラー小説をアニメ映画化。監督は『マインド・ゲーム』の湯浅政明。
絵柄も作風も、ナレーションで埋め尽くされているのが逆に新鮮さだったテレビアニメ『四畳半神話大系』の延長上にあるようですね。これは観る。
メジャー系でもよさそうだけど、上映劇場は120館とやや少なめか。

4月8日(土)

午後8時の訪問者

『ある子供』のジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟監督作品。
coco 映画レビューでは94%の満足度を記録した。
女医ジェニーが夜8時に鳴ったドアベルの音に応じなかった、その日の次に少女の遺体が見つかった、少女はドアベルを押して何を伝えようとしていたのか―?というミステリーです。

ねこあつめの家

庭先に訪れる猫たちをながめて楽しむスマートフォン向けゲーム『ねこあつめ』を映画化。
主演は伊藤淳史で、忽那汐里や大久保佳代子が共演。ハリウッド風の予告編のセンスはキラいじゃないですよ?(上から目線)

ぼくと魔法の言葉たち

自閉症により2歳で言葉を失った少年が、大好きなディズニーアニメを通じて徐々に言葉を取り戻していくドキュメンタリー。
少年の父はモゴモゴとした意味不明の言葉の正体が、毎日観ていた『アラジン』の台詞であると気づき、それから言葉を取り戻すための作戦が始まるとのこと。これは気になる。

4月14日(金)

パージ:大統領令

12時間だけすべての犯罪が合法だよー!な設定のスリラー映画『パージ』の3作目。期待通りR15+。
スタッフとキャストは前作から続投、パージの是非を問う大統領選が幕を開けるんですって。

4月15日(土)

人生タクシー

厳しい情報統制下にある、テヘランで暮らす人々の人生模様をドキュメンタリータッチで描いた作品。
監督は政府への反体制的な活動を理由に、2010年より“20年間の映画監督禁止令”を受けたそうです。自宅で撮影した映像をUSBファイルに収め、お菓子の箱に隠して、国外へ持ち出して賞を受賞したこともあるのだとか。何その人生すごい。
個性豊かな乗客たちの悲喜こもごもを描くそう。上映時間は82分とコンパクト。

MATSUMOTO TRIBE

「SLUM-POLIS」が話題となった二宮健監督が、映画監督を本人役で登場させるなど虚実を交えて描いた作品。
その映画監督は、『トイレのピエタ』の松永大司だったり。
現実と虚構が入り交じり、芝居という固定概念が壊れていく……というのは『インランド・エンパイア』っぽいですね。

4月22日(土)

スウィート17モンスター

Rotten Tomatoesでは95%IMDbでは7.5点という高評価を獲得したティーンエイジャーの青春物語。主演は『トゥルー・グリット』で注目されたヘイリー・スタンフェルド
予告を観る限り「非リア充」のヒロインに超共感できそう。これは観たい。

イップ・マン 継承

『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』と『トリプルX 再起動』でみんなが惚れたドニー・イェン兄貴が、ブルース・リーの師匠を演じるシリーズの第3弾!
「未来に繋ぐべき心のために闘おうとするイップ・マンの決意が、観る者の魂を熱くする」というイントロダクションの文だけで観なければならんな!

4月29日(土)

フリー・ファイヤー

トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門(世界のエッジのきいた映画を上映する部門)で観客賞を受賞した作品。マーティン・スコセッシ制作総指揮で、どことなくタランティーノっぽい雰囲気も。PG12指定。
『ルーム』のブリー・ラーソン、『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマー、『チャッピー』のシャルト・コプリーと豪華いった豪華キャストが、暴言を連発、銃を乱射するキレたキャラクターを演じるんですって。これは観たい。

食べられる男

地球の平和のため宇宙人に食べられることになった男の、宇宙人に食べられるまでの1週間を描いたコメディですって。
食べられる日までに「やりたいこと」をリストアップするので、『死ぬまでにしたい10のこと』のことのようになるんだろうな(たぶん違う)

メジャー系の注目作品

メジャー系の映画で観ないといけないのは、

暗黒女子』:4月1日(土)※主演は清水富美加、いろいろあったけど公開決定。同じく4月29日公開の清水富美加主演作『笑う招き猫』も無事公開されます。
レゴバットマン ザ・ムービー』:4月1日(土)
ゴースト・イン・ザ・シェル』:4月7日(金)
LION/ライオン ~25年目のただいま~』:4月7日(金)※公開劇場は103館とやや少なめ
T2 トレインスポッティング』:4月8日(土)※公開劇場は87館とやや少なめ
グレートウォール』:4月14日(金)
クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』:4月15日(土)
名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』:4月15日(土)
ReLIFE リライフ』:4月15日(土)
美女と野獣』:4月21日(金)
バーニング・オーシャン』:4月21日(金)
3月のライオン 後編』:4月22日(土)
ワイルド・スピード ICE BREAK』:4月28日(金)
無限の住人』:4月29日(土)
帝一の國』:4月29日(土)

あたりですね。相変わらずも怒涛すぎるラインアップだよ!

この中では『T2 トレインスポッティング』を試写で鑑賞済み。
とりあえず言えるのは、一度は前作を絶対に観ておけ!ということ。

何せ、この続編は「前作を観ていることが前提」のシーンや演出がたっぷりあるのだから。

とはいえ、「若い頃に観て、もう詳細な内容を忘れちゃった」という方は観直さなくても大丈夫。
いや、むしろ、リアルタイムで前作を観ていて、その記憶が「おぼろげ」になった人こそが本作を最大限に楽しめるんじゃないかな。

青春映画としてカルト的な人気を誇る『トレインスポッティング』、自分はこの続編のほうがさらに好きだったりします。超おすすめ!

そのほか、テアトル新宿で1週間限定でレイトショー上映される「あにめたまご2017」も気になるところ。時間が欲しい!

(C)2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
(C)2016 Universal Studios.
(C)MMXVI STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. いいこま より:

    ぶっちゃけ本音を言えば「ああ、最近観られてねえ…」って感じの今日この頃です(まあ、『ラ・ラ・ランド』が観られたので取り敢えず良しとしたいところですが。尚、個人的には好きですし観て良かったです)。
    因みに3月公開作品だったらマイナー系だと『哭声/コクソン』、メジャー系だと『チア☆ダン』『サクラダリセット』以外は実際観るかは別として気になるなあと思ってましたが前者も良さそうときくだけに悩むところです。
    せめて『哭声/コクソン』『モアナと伝説の海』『SING/シング』『キングコング』『ムーンライト』は観ておきたいです。

    4月公開作品なら『夜は短し歩けよ乙女』『暗黒女子』『レゴバットマン ザ・ムービー』『ゴースト・イン・ザ・シェル』『LION/ライオン ~25年目のただいま~』『バーニング・オーシャン』『ワイルド・スピード ICE BREAK』『無限の住人』『帝一の國』が観ておきたいところです。
    まあ、『暗黒女子』『レゴバットマン』は不安要素もでかいですが…(といっても前者の場合は出演者の相同なだけで本体の問題ではないですが)。ワイスピに関しては劇場で観ないと後悔しそうです。
    『T2 トレインスポッティング』『3月のライオン 後編』も気になるものの過去作未見なのでやめました。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top