『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境』また冒険へ(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境』また冒険へ(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想は映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜です。

個人的お気に入り度:7/10

一言感想:原作にここまで忠実だとは!

あらすじ

ジャンアンとスネ夫は、夏休みを利用してまだ誰も見つけていない魔境に冒険に行きたいとのび太に提案する。

ドラえもんの道具で魔境を探している最中、のび太は空き地で一匹の子犬を拾い、ペコと名付けた。

ペコは写真の中から奇妙なものを見つける。それは巨大な犬のかたちをした石像だった。

劇場版ドラえもんシリーズの3作目「のび太の大魔境」のリメイク作品です。

ぼく桃太郎のなんなのさを含めれば4作目です)

もう32年前の作品になるのですね。

子どもの頃の自分はこの作品を飽きるほど(飽きなかったけど)観ていたので、今回のリメイク作品は「あったあったこういうシーン」と懐かしみながら楽しむことができました。

本作は、これまでのリメイク作品の中ではもっとも原作に忠実な作品になっています。

物語の筋は9割方同じで、印象的なシーンの多くもほぼそのまま踏襲しています。

違うのは、ほんのちょっぴりだけの「付け加え」のみです。原作の良さを損なわない程度の味付けは、安心して楽しむことができました。

原作よりも良かった点

サーベル隊長/スピアナ姫

中には原作よりも良くなったと思うところもありました。

ゲストキャラクターはより感情移入しやすく、魔境の国の設定はより飲み込みやすくなっています。

敵キャラ「サベール隊長」はより格好よくなり、「スピアナ姫」はものすごく可愛いキャラデザインがされています。

声優陣も豪華で、いつもの5人のメンバーはもちろん、アナウンサーの夏目三久が声優に初挑戦していたり、怖すぎる絵を書くことで有名な小林ゆうもとある声を担当しています。声優ファンにとっては、その配役とハマリっぷりに驚けるのかもしれません。

難点

難点は、原作を知っている方にとっては目新しさに乏しいことです。

新・のび太と鉄人兵団」には原作をよく知る人こそが驚き、また感動できる変更点もありましたが、本作にはその点においては少し弱いと言わざるを得ません。

しかし、はじめて「のび太の大魔境」に触れる方には大プッシュでおすすめします。

おなじみの道具を使い、のび太たちがジャングルで大冒険をする物語は大人も子どもも、きっと楽しめることでしょう。

いつの時代も変わらないドラえもんの世界観

余談ですが、いくら現実の時代が流れようとも、作風が変化しようも、ドラえもんの世界は変わらない時代にあるように思えました。

のび太が住む町並みは、空き地があり、庶民的なスーパーがあるのです。

ドラえもんの楽しい道具にあるものは「今に無い、未来への期待」だと思います。

ここにインターネットやスマートフォンが登場してしまうと、その期待は薄れてしまうのではないでしょうか。

本作にノスタルジーを感じるのは、まるで昭和後期のような世界観の構築がされているからでしょう。

大人にとっては懐かしく、またちょっと切なくなってしまうかもしれません。

そして・・・ジャイアンがとてつもなく愛おしいんですよ、この作品。

劇場版のジャイアンがいつもよりイイヤツになるのはよく知られた事実ですが、この「大魔境」では人間らしさがにじみ出ていて、なんとも親しみが持てます。

しずかちゃんもあざといほど可愛いです。恥ずかしがっている表情はもちろん、原作よりもおいしい活躍の場が用意されてるのでたまりません。

そんなわけで、ジャイアン萌え、しずかちゃん萌えをしたい方はぜひ劇場へ。

あ、でもスネ夫も萌えるし、のび太も萌えるし、ドラえもんももちろん萌えます。要するにドラえもんの全てが大好きです

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓



*以下、オリジナル版の劇場版アニメ作品を「旧作」、藤子F不二雄による原作漫画を「原作」と書いています。

はじまり

大魔境ペコ

雨の中を歩くペコが大きな犬を圧倒したあと、主題歌とともにオープニングが流れます。

お風呂に入っているしずかちゃん、夕陽に向って5人の画は、旧作のオープニングをリスペクトしたものでした。

ドラえもんは扇風機に向かって「ワレワレハウチュウジンダ」と言うという古い遊び(笑)をしていました。

のび太が魔境を見つけるためにやることは、衛星写真を取り、いちいちプリントアウトして探すという作業です。

「見つからないかもしれないよ」と言うドラえもんに、のび太が「やってみもしないで、弱音を吐くな!」と怒鳴るのが格好よかったですね。のび太のくせに

この「自家用衛星」も今であったらGoogle Earthで代用できてしまうのかもなあ・・・とチラッと思ってしまいましたが、ドラえもんの道具でしかできないこともありました。

それはいつも雲がかかって見れない場所である「ヘビー・スモーカーズ・フォレスト」の中まで写すことができるということです。

ちなみに、このことばは現実にあるものではなく、作者の造語であるなどの説があります

あと今観ても、ヘビー・スモーカーズ・フォレストを堂々と解説していた出来杉君も冒険に連れてってやれよと思いますね。出来杉君は常にハブられています。

しずかちゃん萌え

まあ何より、「パワー手袋」でゴリラと戦いを挑むのが素敵です。

華麗にゴリラを避けながら、「ごめんなさい」とすましながら、ジャイアントスイングでゴリラをぶっ飛ばすしずかちゃんは新鮮でした。ちなみに原作ではふつうに投げているだけです。

また、お風呂にめっちゃ入りたがっています。

ドラえもんの道具のシェルターにお風呂がないと知ると心底がっかりして、魔境で一番気になることがお風呂があるかどうかで、「先取り約束機」でもお風呂に入り、冒険の最後に意気揚々と大きいお風呂に入るけど過剰なサービスに嫌気がさします。どんだけお風呂好きなんだ。

個人的に一番可愛かったのは、お腹がなってしまって恥ずかしがるしずかちゃんでした。あれは反則。

ジャイアン萌え

ジャイアンは意気揚々と冒険に行くも、メンバーが次々にどこでもドアで帰ろうとするので文句を言います。

しかし、自身もしずかちゃんに「母ちゃんがカンカン」と知らされるとすぐに帰ります。ジャイアンはボコボコになって戻ってくるのですが、相変わらず何で怒られたのかは謎ですね。

ジャイアンはドラえもんがこっそりつけた「猛獣おびき寄せマント」のおかげで猛獣に襲われまくり、冒険が嫌いになってふてくされます。

しかし、夜中に現れた巨大な像に「ゆけ、勇敢な冒険者よ!」と言われるとあっさりいい気になって冒険に戻ります。

どこでもドアがなくなり、便利な道具はみんなジャイアンの提案で空き地に置いてきてしまっていました。

そのことに責任を感じたジャイアンは「どうで俺のせいだと思っているんだろ!」とこれまたふてくされ、ひとり部屋にこもります。

ジャイアンはそこに現れたペロを見て、涙ながらに抱きしめ「俺はどうしたらいいんだー!」と叫びました。

そんなジャイアンでしたが、絶望的な状況中ペロが敵地に向かうとき、ただ一人「俺も行く」と言い、後を負うのです。

しずかちゃんは「たけしさんはずっと責任を感じていたのね。それをこんなかたちで責任をとろうとしているのよ」と言いました。

ジャイアンがふてくされるのは、(責任を感じていることに)素直に謝れないだけ、不器用なだけなのですよね。

しかし、ジャイアンはその責任を、友達を助けに向かうという態度で示すのです。なんとも格好いいではありませんか!

ペコ萌え

はじめてペコが声を出したのは「点呼」「1、2、3、4、『5』」のシーンでした。何度観てもこの「ペコは実はしゃべることができる」ことを示す伏線は大好きです。

しゃべりはじめたペコの声がものすごく格好いいのも驚きました。しかも声優はいろんな意味で有名な小林ゆうです。

転んでしまったときに「今のは転んだだけです」と恥ずかしがるペコ、スピアナ姫と再会を果たすペコも可愛くて大好きでした。

原作・旧作との変更点

どこでもドアの顛末

舟の上でワニに襲われたときにどこでもドアを出すシーンは、原作、旧作、新作でそれぞれ異なっています。

原作:カミナリさんにゴミと一緒に燃やされてしまい、破片しか残っていなかった

旧作:ワニに食べられていた

新作:カミナリさんに細かく解体されて粗大ゴミにされていたため、ドアノブしか残っていなかった

原作のように燃やしてしまうのはマネしちゃだめだから、いい変更点だと思いました

サベール隊長から逃れるシーン

一同は積み荷に隠れて捜索を逃れようとします。

原作では何とか横目にやりすごすだけでしたが、新作では中まで調べられるというサスペンスが追加されていました。

「変身ドリンク」でイモに化けているのも新鮮でしたが、サベール隊長が「小僧、すまなかったな、妙なにおいがしたものでね」と言うのもよかったです。

のび太VSサベール隊長

これも原作、旧作、新作で異なります。

原作:のび太が「名刀電光丸」で互角の勝負をし、そのままのび太が勝利する。

旧作:ペコと巨神像の歯車の上で戦い、転落していった

新作:名刀電光丸が電池切れになってしまう。しかしのび太は果敢に戦いに望み、像が動きはじめたことから運良く勝利する。

これも新作が一番好きです。のび太が道具に頼らず、決死の覚悟をしたことで勝利したのですから。

しずかちゃんの戦い

原作では、最後の乱闘で未来から来たしずかちゃんはスモールライトで戦っていました。

新作では、しずかちゃんは序盤のゴリラの戦いと同じくパワー手袋で戦っています。

ペコとジャイアンのやりとり

最後に敵地に乗り込むペコを、ジャイアンが追うところまでは同じです。違うのは、ここでジャイアンがペコを殴っていることです。

5人との別れ際に、ペコは笑顔で自分の頬を拳で触りました。この「無言のやり取り」も大好きです。

逆に原作からそのままで驚いたのは、スネ夫の「リヴィングストンスタンリーにでもなった気分だよ」という台詞でした。

映画が公開された当時はちょっとした冒険ブームがあったのですが、今の子どもはもちろん若者も知らないよなあ・・・

伝説の10人

大魔境

物語のキモは、しずかちゃんが「先取り約束機」で、未来の自分たちを呼び寄せるという展開でしょう。

未来のドラえもんはこれから起こることを知っているために、像の中の構造についてアドバイスすることができます。

空き地に置いてきた道具を、これまでの経験を踏まえて使い、戦うことができます。

この「伝説の10人」がいなければ、戦いに勝利することはできなかったでしょう。

最後にドラえもんたちは、過去の自分を救うため、のび太の部屋にあるタイムマシンに向かいます。

先取り約束機は、「未来で必ず行う」という宣言を実行することで成り立つ道具です。

実生活でも、有言実行を心がけたいものです。

冒険

新作にしかない台詞がもうひとつあります。

冒険が終わったのち、のび太は夕焼け空を観ながらこう言うのです。

「ぼくたち、大人になってもこんな冒険ができるかなあ」

明らかに全国のお父さんお母さんに向けた台詞ですね。

本作は「冒険の楽しさ」を思い出させてくる映画です。

たとえ、スネ夫が言った「今は世界中探検し尽くされちゃっているんだ」ということが事実だとしても、自分の行動次第で、大人になっても冒険をすることも可能なのかもしれません。

映画は、忘れかけていた胸躍る冒険を体験させてくれました。楽しかった!

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. より:

    こういうリメイク作品は元々の作品から改悪されがちですが
    今作は82年版と話の展開は変えずにそれでいて元の作品よりもかなり良くなっていて驚きました。
    絵や動きが綺麗になったのはもちろん、ペコやサベール隊長など犬の王国の人物達はよりキャラが立ってましたし、冒険要素も増えていると感じました。
    最後のセリフにもジーンときましたしとても良いリメイク作品だと感じました。
    また、
    旧作だと「男らしい」とか「男なんだから」とかそういう台詞が度々出てきていたのですが、リメイク版ではそういう台詞が一切ありませんでした。
    旧作公開から30年以上経ってお話は変わらなくてもそういう点が変化しているところが個人的に面白いと思いました。

  2. 自分のところでの感想記事が溜まりに溜まってものすごく遅れているのですが…。(汗
    > 今であったらGoogle Earthで代用できてしまうのかもなあ
    22世紀のテクノロジを用いれば、人力ではなく、衛星写真から人工物等を自動的に捜索するようなことは難しくないと思うのですけれどもね…。
    あ、ドラが探しているから一応22世紀の自動捜索テクノロジなのか。(笑
    > しずかちゃん萌え
    何も見えていないのにえっちい、演出が秀逸です。(ぁ
    > ジャイアンの責任
    主題歌、挿入歌が入ると無声演出になる本作。
    泣かないぞ泣かないぞ、なんて思っていたら、このシーンで不覚にも。
    > ペコ萌え
    よく考えたら、彼はもともと着衣の文化にいたんですよね。
    人間の世界で“普通のノラ犬”を演じていたのはともかくとして、自国に戻っても、牢獄に潜入する場面になるまで全裸だった訳でして。
    それを考えると「ケモショタ」などという言葉がまだ無かった時代によくこんなものを。流石、藤子F先生は時代の先駆者、偉大だ。(ぉ
    それはまぁ置いておくとしても、深読みするならば、地位を剥奪され追いやられた「裸の王様」という隠喩とも読み解けます。
    > 変更点
    ヒナタカさん同様、いずれも好印象でした。
    特にのび太VSサベール隊長は、直前のジャイアンが命を賭してペコと共に行く展開と絡んで説得力のある流れになっていたと思います。
    > ぼくたち、大人になってもこんな冒険ができるかなあ
    旧作に親しんだお父さんお母さんに対しても向けられたメッセージ。
    などと思ったら、エンドロール後のおまけ…というか告知で、今夏新作がむしろ大人に向けたドラになるとか。
    3D化には地雷フラグも感じますが、期待もさせてしまいます。
    >ほさん
    > 元の作品よりもかなり良くなっていて
    一言で言えば「丁寧にブラッシュアップした作品」だと思いました。

  3. ヒナタカ より:

    > 旧作だと「男らしい」とか「男なんだから」とかそういう台詞が度々出てきていたのですが、リメイク版ではそういう台詞が一切ありませんでした。
    > 旧作公開から30年以上経ってお話は変わらなくてもそういう点が変化しているところが個人的に面白いと思いました。
    今回でも「男だろ!」と言われて、しずかちゃんが「女です!」と言うシーンだけはありましたね。これも確かに時代なのかも。
    >エンドロール後のおまけ…というか告知で、今夏新作がむしろ大人に向けたドラになるとか。
    これには危険な香りがするのですが・・・もとが名作なので、期待はしています。

  4. 名無しの日本人 より:

     みなさん同じ感想ですね。
     正直今までが鉄人兵団以外あまりにひどかったのでかなり身構えていきましたw
     ただ逆にその目線でいくと物足りないと感じてしまって勝手なものだなと自重してしまいました。
     最後の「ぼくたち、大人になってもこんな冒険ができるかなあ」あたりはああいう演出だとちょっと説教臭いというか子供目線では違和感あると思うのでもう少し軽くさらっとやって欲しかったと私は感じました。
     来年は完全新作でしょうかね。個々のところのオリジナルはかなり酷いものばかりだったので不安です。

  5. デルピッポ より:

    なかなか良かったですね
    脚本が清水東さんになってからの映画ドラは面白い
    個人的に思ったのはゲストキャラのチッポ役の坂本千夏さん、もう50才なのにあんな声出せてすごいなぁということです

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

   

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top