『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』オチに激怒した理由と具体的改善案を語る(ネタバレなし+ネタバレ感想)

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』オチに激怒した理由と具体的改善案を語る(ネタバレなし+ネタバレ感想)

今日の映画感想はドラゴンクエスト ユア・ストーリーです。

個人的お気に入り度:2/10

一言感想:山崎貴の無神経さが限界突破した大問題作

あらすじ

少年が父の遺志を受け継ぎ母を救うために冒険したり、誰と結婚するか悩んだりします。

※この記事では『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を基本的に酷評しています。本編を文句なしに楽しんだという方にとっては不快になる可能性も高いと思われます。ご了承ください。

1992年に発売されたスーパーファミコン用ゲーム『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』を原案とした、3DCGアニメ映画です。

とにかく、まず知ってほしいのは今回の映画には賛否両論が渦巻いている…というか激怒または失望の方多数という事実です。
激怒している人の勢いは半端なものではなく、「実写デビルマンとドラクエ映画、もう一度見なければ死ぬって言われたら俺はデビルマンを選択する」「見るメダパニ(混乱させる呪文)」「冒険の書じゃなくて冒涜の書」「映画を観る前の過去の自分に「どんなに辛いことがあっても負けちゃダメだよ」と思わず声を掛けたくなる」など、凄まじい感想が並んでいるのです。

この責任がどこにあるのか?何が問題なのか?もうそれは本作の総監督と脚本を手がけた山崎貴という作家としての資質にあると断言していいです。

山崎貴の無神経さの具体例

山崎貴が監督・脚本を手がけた映画には概ねで無神経さがあるということは前々から思っていました。具体的な例を挙げると以下になります。

  1. 『STAND BY ME ドラえもん』:セワシの意志に反する言動を取ると即座に強烈な電流を体中に流す“成し遂げプログラム”という酷い新設定を付け加える
  2. 『BALLAD 名もなき恋のうた』:身分違いかつ秘密の恋を子供が「やーいやーい!」と周知の事実のように囃し立てる。
  3. 『DESTINY 鎌倉ものがたり』:夫を亡くしたばかりの未亡人を遊園地デートに誘ったりする。原作では4年の月日が経ってるから問題ないけど映画では数日経ったようしか見えない。

いずれも原作となる作品の重要な要素を雑に扱っているのが辛いんですよ……。
そういう山崎貴という作家にはイヤな部分があるな…と思っていたら、今回の『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ではある一点においてその無神経さが突き抜けていました

よりによって、『ドラゴンクエスト』という誰もが知る国民的コンテンツでそれをやってしまうとは…実に感心しますな!(皮肉表現)
その怒りのレベルは、原案(ほぼ原作と言っていいけど)となるゲーム『ドラゴンクエストV』の思い入れに比例するでしょう。「原案を愛する人ほど許せなくなる」という時点で問題作どころかもう失敗作なのでは…。
逆に言えば、本作はゲームをよく知らないほうが、あまり怒ることなく、むしろ楽しめるのかもしれません

以下のインタビューでは“ラストシーンのあるアイデアを「思いついてしまった」”と山崎貴は言っているんですよね。その「しまった」っていう言葉にも不誠実さと無神経さを感じざるを得ないよ…。
ドラゴンクエスト ユア・ストーリー:山崎貴総監督が明かす“大人気ゲーム3DCGアニメ化に込めた思い 豪華キャスト起用のワケは… – MANTANWEB(まんたんウェブ)

さらに以下のインタビューでは“「分けて作る気はなかった。ドラクエだけに関わっているわけにもいかないので」とジョーク交じりに話す”とか書かれているんですよね…。ジョークなのか?ドラクエに思い入れや愛がないような感じが伝わるぞ…?↓
ゲーム世代へのメッセージも込めて=「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の山崎貴総監督:時事ドットコム

さらにはノベライズ版の著者が主人公の名前を無断使用したとして提訴するという事態も。
「著作者への配慮と連携ができていない」という点でも本作に不信感を覚えてしまうのは致し方がないでしょう。

でも映画館で観てほしい

もう1つ言いたいのは、(この映画の良し悪しは別にして)ネタバレを踏まずに、ぜひ映画館で見届けてほしいということです。
なぜなら、観終わった後の劇場の空気、あの衝撃は他の映画では絶対に味わえない何かがあるから。
それを劇場で体験するということは、毒にも薬にもならない作品(そういうのもいいけど)よりも、確実に持ち帰る何かがある……だから観てほしいと心から思えるのです。
まあ、皆さんをこの地獄に道連れにしたいという暗い気持ちもあるけど。


※後からこう思いました。

良いところもたくさんあったよ

散々言いましたが、本作には良いところがいっぱいあります。
まず、3DCGアニメのクオリティが掛け値無しに素晴らしいです。
陰影をつけた表現、良い意味でオーバーリアクションなキャラたちが生き生きしていて、単純に観ているだけでも楽しいし、あの2Dのドット絵だったゲームが3Dで動いているというのも感動を覚えるのです。

以下のインタビューでも、監督のおふたり(とスタッフたち)が細部に至るまで映像をしっかり作り込んでいることも伝わります。
『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』公開直前インタビュー!監督イチ押しの見どころとは? – 映画 Movie Walker
映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』公開記念! ふたりの監督が知られざる制作秘話を語るロングインタビュー!! – ファミ通.com
(ただ、下のファミ通のインタビューでは監督のふたりが「シリーズ初期の作品は遊んでいた」と言ってて、『V』のプレイ経験の有無に触れてないのが激しく気になるけど

ヘタレな佐藤健、気の強い有村架純、お嬢様な波瑠を筆頭に、声の演技も概ね良かったです。
キャスティングの発表時には否定的な声もあったのですが、実際の本編ではプレスコ(先に声を収録)の方式ならではの生き生きとしたキャラ表現ができていたと思います。

もう1つは、『ドラゴンクエストV』というシリーズの中でも特にドラマティックな作品における、「妻にビアンカ(幼馴染キャラ)とフローラ(お嬢様キャラ)のどちらを選ぶか?」という究極の選択については、かなり真摯に向き合っているんですよね。
ここはゲームの生みの親である堀井雄二から「プロポーズのシーンを脚本で厚く描いて、再び論争を呼ぶくらい観客を迷わせてほしい」という要望もあったそうです↓
「ドラゴンクエスト」生みの親・堀井雄二、映画化で山崎貴総監督にお願いした2つのこと – シネマトゥデイ

実際の本編でも、プロポーズに至るまでの展開は論理的に上手く構築されていて、ビアンカとフローラそれぞれが本当に魅力的に描かれているんですよね。
まあ、そういう良いところを全て台無しにするレベルの、あの無神経さに怒りと嫌悪感を覚えるんですけどね……。

『アルキメデスの大戦』は傑作だったのに…

もう1つフォローしておくと、山崎貴が監督と脚本を務めた、この『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の1週間前に上映が開始された『アルキメデスの大戦』は本当に面白かったですし、前述したような無神経さもほとんど顔を出さなかったんです。

山崎貴監督には「悪役を本当に記号的なまでに悪し様に描く」というクセもあるんだけど、それも憎むべき不正に立ち向かうという主人公たちのヒーロー性やエンタメ性を際立たせているので本作ではプラスになっていましたね。
作品によっては山崎貴の作家としての資質が上手く働き、素晴らしい作品になる場合もあるのだと思い知らさらせました。

その他、山崎貴の監督デビュー作である『ジュブナイル』はかなり好きな作品なんですよね。

こういうSF作品を自分の色に染めるように作ったら、掛け値無しに良い作品を生み出すことができるんじゃないかなあ……そのレビューはこちら↓
香取慎吾出演のSF映画『ジュブナイル』の魅力を改めて考察する【祝・『凪待ち』公開】 | CHINTAI情報局

擁護派の方とも語り合ってみました

激怒派の自分と、擁護派のブロガーの物語る亀さんとで語りあったラジオ感想をアップしました。18分50秒ごろまではネタバレなし、それ以降はネタバレ全開です。

※物語る亀さんのレビュー記事はこちら↓
映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ネタバレ感想&評価! 白組らしい3DCGだからこそできるドラクエのアニメ映画が登場! – 物語る亀

このラジオでは「音楽の使い方はそれほど悪くなかった」と語っているのですが、他の方の感想を読むと「ドラクエ1,2,6の音楽も使われていて雑」というもっともな意見もありました。そこでも無神経…。
あとパパス(CV:山田孝之)のアレが「ぬわー!」じゃなかったと言っていますが、実際はちゃんと「ぬわー!」だったそうです。違和感がなさすぎて「うわー!」に聞こえたんですよアレ……(すみません)。

なお、ラジオ中に話しているとある傑作アニメ映画とは以下のことです。こちらは大好きなんですよ……。
<クリックするとその傑作アニメ映画および『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のネタバレ。でもネタバレを知っても観てみてほしいです>

さてさて、以下からは『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のネタバレ全開です↓前述したようにネタバレを踏まないでこそ味わえる唯一無二の映画体験があるので、観ていない方は先にぜひ劇場へ。



一番の激怒ポイント

あのオチの大どん返しそのものはひとまず置いておいて……心の底から大嫌いだったのが、VRゴーグルを外した現実世界の主人公が「いつもはビアンカなんだけど今度はフローラにしようって思うんスよね〜」ってチャラい口調で言うこと。

これ、現実でビアンカかフローラかを論争する人たちをバカにしてるようにしか思えないんですよ。
さらに、ゲーム内でリュカ(主人公)が真剣にビアンカとフローラどちらと結婚するかと悩み葛藤していたことを台無しにしているじゃないか。
これははっきり最低だよ!ふざけんな!何を考えているんだ?

他にも雑なところが…

普通にダメだと思ったのが、パパスが焼け死ぬ時はあんまり焦げてなかったのに、後で主人公がまっくろ焦げになったのをギャグっぽく流した上にあっさり薬草で治したこと。リアリティラインがバラバラでもうここからどうでもよくなりました。
本作のコミカルな感情表現自体は大好きだったので、そこでも辛いものがありましたね……。

主人公が「自分にはできっこない…」とベッドで塞ぎ込む→母の夢を見る→その次のシーンでおなじみのファンファーレと共にもう冒険開始というのも性急すぎ…主人公がやる気になった理由をちゃんと描かないと!

また、主人公は石化して8年後に息子に助けてもらうんだけど、「その太刀筋は!」と驚いているんですよね?いや赤ちゃんの時しか知らないやん!サンチョに自分の剣術を仕込ませていたとしても納得できません。
※Twitterで「「その太刀筋は(父さんの)!」だとピッタリ繋がる、主人公は幼少期からパパスの太刀筋は見ている」「パパスの血を引いてるから主人公の太刀筋を見ていなくても無意識にパパスに似てしまう」というご指摘を受けました。なるほど!
あとサンチョに「お前老けたなあ」とか言っているんだけど、そのサンチョの顔をアップで見せないのは手抜きだろ…。そこで3DCGの細部のこだわりを見せられるのに。

あと、ゲームのいろいろな箇所が端折られているのは時間の制約上仕方がないとは言え、双子の妹の存在が消されたのも納得できないぞ。そういうところでも無神経かよ!
※ゲームを遊んでいない方はこちらをご参考に↓
グランバニア王女 (ぐらんばにあおうじょ)とは【ピクシブ百科事典】

具体的な改善案

「『ドラゴンクエストV』のVR版でした☆」っていうメタフィクション的な大オチそのものもヒドい、どのような理由であれ『ドラゴンクエストV』という人気コンテンツでやるべきじゃなかった……とも思うんですが、それでもやりようがあったと思うんですよね。
具体例な改善案を、既存の作品になぞらえて挙げてみましょう。

『ドラえもん 夢幻三剣士』案


『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』では現実世界のことは最後の最後にやっと出てくる感じなんですが、『ドラえもん 夢幻三剣士』では現実と夢が並行して描かれ、夢の世界での冒険を大切にしたいという想いがその過程で出てくるようになっています。
これと同様に、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』でも早めに現実世界の存在を示しておき、「現実世界との折り合い」を時間をかけてじっくりと描けばよかったと思うんです。山崎貴はドラえもんおよび藤子・F・不二雄作品が大好きなんだし…(そういえば『ドラゴンクエストV』のドラマティックさの象徴の1つである「過去の自分と出会う」というのもドラえもんファンの山崎貴が好みそうな要素だ)

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』案


もうほとんどの劇場で上映が終了してしまいましたが、こちらの映画『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は本当に素晴らしい作品でした(故・大杉漣主演のドラマ版もNetflixで配信されています)。
こちらはオンラインゲームが題材で、ゲームを通じて現実では父と息子が和解をしていくというドラマがコミカルかつドラマティックに描かれているんですよね。
これと同様に、本作もオンラインゲームの設定(実際に『ドラゴンクエストX』はそうだし)にすれば、現実からゲームそのものを肯定する面白い視点が持てたと思うんです。

『サマーウォーズ』案

『光のお父さん』案と少し被りますが、『サマーウォーズ』のように多人数参加型のVRゲーム内で複数の人がプレイをしていて、ゲーム内のウイルスをそれぞれの力で倒すーという展開にすれば一定のカタルシスがあったとも思えるんですよね。
また、『レディ・プレイヤー・1』もこの構造とも言えますね。こちらは現実世界とゲーム(VR)の両方を欺瞞なく肯定する素晴らしい作品でした。
でも、実際の『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』本編ではいきなりスラりん(CV:山寺宏一)が「俺はアンチウイルスだ!」と言い出して、パパスの剣とか天空の剣とか吹っ飛ばしてロトの剣で勝利とか、唐突感とゴリ押し感が半端ないことに。単純に作劇としても納得できません。

……
あ、そうだ、どちらにせよ現実世界パートは絶対に実写で描くべきだったと思います。なんで現実世界もVR内と同じ3DCGにするんだよ!
それでこそVR世界を3DCGで表現した意味がある、佐藤健という現実イケメンに演じさせた意義があると思えるんだけどなあ…。

※(追記)コメントでも具体的な改善案を募集しています。

VRコンテンツだからって…

本作には、ポンポンと矢継ぎ早に展開していく、ダイジェスト感が否めないという欠点もあるのですが……これが体験型のVRコンテンツだからそうなっているという”言い訳”ができてしまうんですよね。
これははっきり意図的なものであり、3DCGで描く意味もそこにあった……とも肯定できなくもないのですが……

この設定の伏線には「初めの2Dドットのゲーム映像は主人公の思い出ということ(つまり3DCGパートからがVR)」「母が“今回の”ミルドラースは〜と話す」「ロボットって世界観がおかしくない?」なども用意されているんですが…それにしたってねえ…。

この「作品構造によって言い訳をしているように思えてしまう」というのは、松本人志監督の問題作『R100』にも通じていますね。これを不誠実に感じるか、“工夫”として受け止められるかで、評価が分かれるのかもしれません。
まあ自分は圧倒的に前者。「ドラクエVを映画を再現するなんて土台無理なんだからVRでってことで!」で終わらせんでください。

何より不愉快な理由

いろいろと言ってきましたが、このオチに関してはすげえ不愉快という一言に尽きます。

よくわからん(本当によくわからない)天才プログラマーが開発したウイルスに「これは虚構だ!」「大人になれ!」という説教を(たとえ悪役だったとしても)言わせてしまうことによって、この映画そのものが虚しく思えてしまうし、ひいては『ドラゴンクエスト』というゲームそのものを純粋に楽しめなくなってしまうかもしれないという大問題があります。
ビアンカとの結婚も、生まれた息子も、数々の冒険も……プログラムにすぎないということを、はっきりと見せてしまっているのですから。

その反論も主人公が「このゲームに費やした時間は大切なんだ!」と相対的に、しかも急に訴えているだけ。端的に言えば「んなことはわかっとるわ!わざわざ言うなや!」なことしか提示されないんですよ。
言い換えれば「ゲームを愛しているからこそ、野暮と思っているからこそ、口には出さないこと」をわざわざ視覚化かつ言語化して認識させてしまうという本作の構図そのものが下品かつ不誠実と思えるのです。

それでも上記の改善案のように、VR世界だったという設定であったとしても、描きようによってはゲームを愛する人たちの気持ちを傷つけることなく、欺瞞なくゲームを肯定する作劇もできたと思うのです。
そうした最低限の配慮に欠けていて、かつ山崎貴がそれを良きことのように訴えている……表面的にはゲームを愛するような主張をしていながら、根本的にゲームに対して不誠実かつ無神経な内容になっているので不愉快でしょうがないんです。だからこそ、どうあっても擁護はできません。

さらに…「全部虚構だった(だがそれを大切にしているんだ)」というどんでん返しが、監督やスタッフたちや声の出演者たちが何年にも渡って、細部まで作り込んだこの作品そのものを虚しく思わせてしまうというのも辛いんですよね。
前述したように(特に映像面には)良いところもたくさんあったのに…ほとんど台無しじゃないか…。

俺の物語じゃねーし!

最後にタイトルの「ドラゴンクエスト YOUR STORY」と出てきます(良く見るとRが裏表になっているのは、おそらく「Real」の反対である「Virtual」を示唆している)」
ここも非常に居心地の悪さを覚えるんですよね……なぜかと言えば、劇中では主人公(リュカでありサラリーマン)は「ビアンカを選ぶ」という選択肢をとっていて、かつ現実世界でその選択についてチャラい言い方をしているという、“1つの例”しか示していないから。

この「YOUR STORY」というタイトルに説得力を持たせるのであれば、少しだけでもモンタージュ的に「フローラと結婚する」などの別のストーリーを見せるべきだったと思うんですよ。
ゲームにはたくさんの選択肢がある、その中にはあなたの物語もあるんだ……と。

でも実際に見せられるのは、前述したような陳腐な説教と、最後に「痛い!本当に痛い…アハハ」と最後にもう一度VRであることを認識させられ、あまつさえそれを「あなたの物語」と言われる一方的な押し付けです。気分悪いわ!

結論:こんなふざけた主張をした映画のことは忘れて、僕はゲームを純粋に楽しみます。

おまけ:山崎貴のTwitter公式の感想ツイートを総まとめを見ると『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』への絶賛や肯定的だけが溢れる並行世界に迷い込んだような感覚が得られるので皮肉じゃなくオススメです。僕もこうだと良かったと思います…。

連想した作品

そうそう、「ワクワクして劇場に駆けつけたファンに良くも悪くも凄まじいものを見せつける」印象は『劇場版エヴァンゲリオン Air/まごころを君に』に近いんじゃないでしょうか。
こちらも1997年の公開当時から、劇場から出てきた人たちが絶望の表情だったと評判でしたから(ただ絶望するポイントの本質は『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』とはかなり異なりますけどね)。

また、『代紋(エンブレム)TAKE2』というマンガは内容うんぬんよりそのオチがめちゃくちゃ有名ですよね……気になる方は代紋take2 最終回 で検索してみてください。

また、完全に偶然ですが『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』と『天気の子』にはどちらも「大人になれよ」というセリフが登場しますね。
こっちで新海誠監督は「賛否両論になる」ことを踏まえて自分の作家性を打ち出しているんだけど、やはりちゃんとそのセリフにも真摯に向き合っている、しっかり不快にならない配慮ができていると思います。レビューはこちら↓
『天気の子』願いの到達点が、ここにあった(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

(C)2019「DRAGONQUEST YOUR STORY」製作委員会
(C)1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

バナー

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. さはる より:

    YouTubeのラジオ拝聴しました。
    こちらの方で改善策を書かれていましたが、私はとりあえずネタバレシーンまではそのままでいい。

    1、ミルドラース(コンピューターウィルス)と闘い、敗れる。

    2、VR機体が強制終了させられ主人公は現実に戻される。

    3、ウィルスの影響で施設は営業中止(VRは使用中止)。主人公も日々の生活に戻るが、あのドラクエ世界に残したビアンカや息子、仲間が気になってしょうがない。

    4、施設にこっそり侵入し、ゲーム起動。

    5、ミルドラースと最終決戦。

    もいいかなと思います。

  2. pepematsu より:

    YouTubeから来ました
    擁護派も否定派も基本は最後をどう受け止めるかで
    CG映像は綺麗、シナリオは雑、最後の監督が言いたいことであろう事に対して構成が雑
    という認識は共通していると思います。
    私はまぁラスボスや最後の主人公の台詞はまぁいい(許容範囲)として
    スライムがアンチウイルスソフトであり出てきた剣で倒す描写がゲーム内に存在している事に違和感を覚え冷めました。
    このVRゲームってウイルスに対する撃退シーンをわざわざプログラミングしてるんだ・・・へぇ・・・です。そんな機能あるならウイルス入ってきた時点で除去できるよな?と思いました。

    基本的にこの監督は描きたいシーンを思いついて話を後に作ってるのかなという印象
    だから描きたいシーンの為にシナリオが犠牲になるし
    数少ないうまい事犠牲にならない映画は不快にならずに見てられると、勝手な考えですが。

    • hinataka hinataka より:

      コメントありがとうございます。
      いや本当、ラストの展開の設定自体がおかしいですよね。
      「数少ないうまい事犠牲にならない映画は不快にならずに見てられる」例が『アルキメデスの大戦」なのだと思います。

  3. ふろぐ より:

    拝見させていただきました。
    「山崎貴の無神経さ」がすごくしっくりきて、やっと納得できました。ありがとうございます。
    映画を見終わって思ったのが「作者は、このゲーム実は好きじゃないでしょ?」でしたので。
    久美沙織さんの訴訟を受けているように、他者へのリスペクトが出来ない人なのですね。
    原作ファンに訴求するなら、最低限の礼儀があります。
    それが出来ないなら、勝手にオリジナルストーリーで勝負していれば良いのではないでしょうか。

  4. 名無し より:

    こっちの感想もよくできてました
    https://www.cinema2d.net/entry/2019/08/04/232353

    「人間ではなくただのモノ」であることが観客に見せつけられる。そういう虚構に対する批判性、批評性のようなものは押井守や庵野秀明はじめ多くのアニメ作家が過去にやったことだが、それは彼らなりのある種の自己批判であり、自己批評であったわけである。そして彼らはそうした自己批判のあとに二度と引き返せない橋を渡り、苦しみながら作家として歩き出したわけだ。でもこの映画に作り手のそういう覚悟はない。

  5. 名無し より:

    いっそ山崎貴自身がコンピューターウイルスとして実写で登場してあのニヤケ面で説教かましてくれればよかったんじゃないですかね?(適当)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

movieこちらの記事もおすすめです

今までに書いた映画レビューの中から、この記事を読んでいただいたあなたにおすすめの記事をピックアップしています。

ネタバレ前の感想をまずは読んで下さい。映画を見終わった後、ネタバレを含む解説を読んでいただけると1記事で2度楽しんでいただけるのではないかと思います。

カゲヒナタ映画レビューが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!あなたが良い映画と出会えますように:)

done アニメ

この映画のレビューと同じカテゴリの記事です

done 10点満点の映画

10/10を獲得した映画です。

見たい映画が見つからないときはこちらがおすすめです。

done 9点の映画

9/10を獲得した映画です。

名作ぞろいです!まだ見ていない作品があれば是非!

著者

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

   
vertical_align_top