「デイブレイカー」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー 

「デイブレイカー」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー 

今回紹介する映画は「デイブレイカー」です。

制作年:2009年

個人的お気に入り度:8/10

一言感想:異種格闘B級ヴァンパイアムービー

あらすじ


近未来、ヴァンパイアが世界中にはびこり人類は絶滅の危機に瀕していた。
ヴァンパイアのエドワードは「人類飼育所」を営む企業で働いていたが、事故をきっかけに人間の生き残りと出会い、人類の救済のため彼らに協力する。


面白い!面白いぞ、この映画!

間違いなく今年のベスト10圏内です。
↑のポスターを観ると大作っぽいのに上映館は少なめ。
なんでだろうと思ったのですが、映画を観てわかりました。
超B級だもん、これ。
見た目はSF臭がしますが実際はそうでもないアクションホラーです。
グロい残酷シーンのオンパレード、スピーディな展開、一癖も二癖もある登場人物、近未来の世界観など全てが個人的にツボな映画でした。
今年の傑作アクション映画「第9地区」あたりが好きな人には超おすすめです。

公開2日目なのに、あんまり人は入ってなかった印象です。
超もったいない!

余談ですが監督の前作はマイナーなゾンビ映画の「アンデッド」
こちらも素敵な作品で大好きでした。中盤以降が超展開なんだもん。

以下は結末に触れている「デイブレイカー」ネタバレ感想です。未見の方は要注意!

この映画が面白いのはヴァンパイアから人間に「戻る」方法のアイディアが筆頭。
人間がヴァンパイアに血を吸われると、その人間もヴァンパイアになるのはお約束ですが、この映画ではその逆も提示しています。

一つ目の方法
直射日光を浴び、燃え上がって体が崩れる前に炎を逃がす。
一歩間違えば死ぬやり方。
これで全人類を救うのは相当シンドいと思いました。

二つ目の方法
「ヴァンパイアから人間に戻った者」の血を吸う。
ややこしいですがつまり
ヴァンパイアが「普通の人間」の血を吸う→正気が保たれる。
ヴァンパイアが「ヴァンパイアから戻った人間」の血を吸う→人間に戻る
ということ。

ヴァンパイアたちは無駄にグロく人間を襲うので終盤の地獄絵図はものすごかった。
「ヴァンパイアから人間に戻った者」がヴァンパイアに体を引きちぎられて殺され、その血を吸ったヴァンパイアがまた人間になって、その人間をまたヴァンパイアが襲って・・・と連鎖反応。
恐ろしすぎる。このシーンを観て身震いがしました。

ラストは主人公たち3人が、美しい朝日を見て、車で旅に出ます。
いいラストシーンなのですが、観ているときは主人公たち3人とも人間で、外(夜間限定)ではヴァンパイアの危機にさらされるので、正直どこに行くねんと思ってました。
治療法を伝えるためTV局かラジオ局に行ったのかもしれません。いずれにしても主人公のその後を想像するだけでも楽しい映画です。

あとサム・ニールが演じる社長は無残にも殺されましたが、そんなに悪いヤツとも思わなかったので(むしろ娘に対するエゴイスティックな愛に共感してしまった)、人間に戻った以上協力を仰いでも良かったような気がします。

ほかのつっこみどころとしては
・序盤の人工血液を注入した患者が白いゲロを吐いたあと大爆発
この映画では多くのヴァンパイアが派手に飛び散って死にますが、これはやりすぎで笑っちゃった。
・何故かボウガンVSボウガンで戦う人間とヴァンパイア。
いやヴァンパイアたちはレーザーポインター付きの銃も持っていたんですが、なんでメインがなんでしょうか(答え:B級映画だから)
・社長の娘があっさり処刑にかけられている
あの娘を溺愛する社長なら、どんな手を使ってでもやめさせると思うのですが・・
一度怪物化したら戻すのは不可能なのかも。それならあの場に社長を登場させて、悲しみの表情を浮かべてほしかった。
・社長が惨殺されたあと、それに食いついたヴァンパイアたちはどうなった?
皆「共食い」で死んだのかもしれません。

キャラクターは主人公の弟のフランキーや、「処刑人」で有名なウィリアム・デフォー演じるエルヴィスが好き。
エルヴィスの言う「真実は太陽に似ている、少しの間遮られても、それは続かない」は名言(実際にエルヴィス・プレスリーが言っている)です。
主人公たちの真実を追い求める姿が素敵でした。

アイディアとしては「穴のあいた車でのカーチェイス」が出色です。
角度によってヴァンパイアの主人公が光にあたって「熱い!」
斬新でした。

こういうアイディアが出てくるアクション映画って大好き。
本当満足度が高い映画でした。DVDになったらもう一度観るぞ!

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. デイブレイカー

    人類がバンパイヤに取って替わられた世界を描く『デイブレイカー』を観てきました。
    ★★★★
    アイデアが凄く斬新でついつ見入ってしまった。
    そっか、この映画…

  2. ロク より:

    突然のコメント、
    失礼します。
    『デイブレイカー』の感想を求めて検索してて、
    たどり着きました。
    周りの認知度低すぎて、
    「面白いのに!!みんな観てないの!?」
    て悶々してたんで、
    嬉しくなってついついコメントしてしまいました。
    これ面白いすよね~。
    最近観た中で、
    かなりヒットでした。
    観る前にキャストでウィリアム・デフォーさん見つけて、
    「きっと、すんげーヴァンパイアなんだろなあ」
    とか勝手に思ってたら、
    デフォーさんが人間だったってとこが粋でした。
    あと、
    私もボーガンVSボーガンの戦闘が気になってました(笑)
    「持ち運びも取り扱いも大変だろうに…」て変な心配しちゃったし。
    同志を見つけて、
    めっちゃ嬉しかったです。
    あと『ソウ・ファイナル』も、
    言いたい事を全部つっこんでくれてて、
    超スッキリしました。
    「最後のお仕事がこれかよ!!」て、
    かなり不完全燃焼だったんで。
    ありがとうございます!!
    これからも拝読させて頂きます!!

  3. ヒナタカ より:

    はじめまして。コメントありがとうございます!
    > 周りの認知度低すぎて、「面白いのに!!みんな観てないの!?」
    > て悶々してたんで、> 嬉しくなってついついコメントしてしまいました。
    公開してない県が多いですよね・・・間違いなくもっと評価されていいはず。
    既存の映画に縛れないアイディアが秀逸なんで、多くの方に観てほしい!
    > 観る前にキャストでウィリアム・デフォーさん見つけて、
    > 「きっと、すんげーヴァンパイアなんだろなあ」
    > とか勝手に思ってたら、> デフォーさんが人間だったってとこが粋でした。
    「処刑人」での演技とかすさまじかったもの。敵側だったらボスキャラ確定でしょう。
    じつにいいおっさんキャラで素敵でした。
    > あと、> 私もボーガンVSボーガンの戦闘が気になってました(笑)
    > 「持ち運びも取り扱いも大変だろうに…」て変な心配しちゃったし。
    監督の趣味でしょうねえwあとこの監督の作品「アンデッド」では2丁ショットガンにご執心です。
    > 同志を見つけて、
    > めっちゃ嬉しかったです。
    こちらこそ!!
    > あと『ソウ・ファイナル』も、
    > 言いたい事を全部つっこんでくれてて、
    > 超スッキリしました。
    まだつっこみ足りない気がしますw
    > これからも拝読させて頂きます!!
    是非おねがいします^^)/

  4. 名無し より:

    感想につられて、ゲオで借りて来ました。
    感想は無茶苦茶おもしろかったです。B級アクションでありながら、なかなかにこった設定。そしてど派手なアクション!
    映画館で見れなかったのが悔やまれます(ρ_-)o
    久しぶりに面白いヴァンパイアものが見れました(^O^)/
    ありがとうございますm(_ _)m

  5. ヒナタカ より:

    こちらこそありがとうございます^^)
    書いてよかったです。

  6. nitti00w より:

    デイブレイカーを見終わって、この感想にたどり着きました。
    そこそこお金を使って作ってるかんじ?なのに、この何とも言えないB級感が憎いですよね。
    実は大作系を期待していたのでしょっぱなの人工血液の爆死で見るの辞めようかと思いましたw
    個人的には警備隊?の持っているさすまたに突っ込みたかったです。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top