『ちはやふる 上の句&下の句』直球スポ根が変化球バトル映画に進化!(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『ちはやふる 上の句&下の句』直球スポ根が変化球バトル映画に進化!(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

今日の映画感想はちはやふる 上の句&下の句です。

個人的お気に入り度:8/10 (上の句、下の句ともに8点)

一言感想:全2部作でよかった!

あらすじ

高校生の千早(広瀬すず)は、小学生のころに仲のよかった太一(野村周平)と再会し、かるた部を作って全国大会を目ざそうとする。
一方、かつて千早をかるたの世界に導いてくれた新(真剣佑)には、とある事情があって……

同名の超人気コミックの実写映画化作品にして、『タイヨウのうた』『ガチ☆ボーイ』の小泉徳宏監督最新作です。



※アニメ版も好評を博していました。

映画で特徴的なのは、『上の句』が3月19日に、『下の句』が4月29日に公開される「2部構成(前後篇)」になっているということ。
自分はこの2部構成について「ひとつにまとめられなかったの?」「より多く興行収入を得ようとする手段じゃないのか」などとネガティブなイメージを持っていた(だいたい進撃の何とかのせい)のですが・・・それは大いに誤りであったと思い知らされました。
ほんっっっっっっっっっっとうにごめんなさい!

なにせ、映画『ちはやふる』は2部作であることに必然性があったのですから。
これについては以下に書きましたので、ぜひお読みください↓
<『ちはやふる 下の句』はロジカルに“個”と“全”の力を描いた変化球バトル映画! | シネマズ by 松竹>

両作品の特徴を簡単にまとめるのであれば、
『上の句』・・・王道スポ根映画
『下の句』・・・「個」の力と「全」の力のどちらが強いかを争うバトル映画
なんですよ!

何より、『上の句』だけでしっかり満足できるカタルシスがあるというのがうれしいですよね。
それでいて両作品を観てこそのダイナミズムもあるので、『上の句』と『下の句』を連続して観てみるのもよいでしょう。

そのほかに感服した点としては、原作をリスペクトし、見事に再構築されている脚本です。
自分は映画2部作を観たあとに原作マンガを読んだのですが、「ここがこうなるのか!」「映画ではさらなるセリフや演出が加えられて、説得力が増している!」と驚けたのです。
小泉徳宏監督は今回脚本も手がけています。長編映画での脚本執筆は初めてのことですが、この手腕を見れば「もっとたくさん書いてくれよ!」と思わずにはいられません。

キャスティングも素晴らしいですよね。
広瀬すずや野村周平はもちろんのこと、上白石萌音ちゃんがすばらしすぎます。かわいいし原作マンガから抜け出したような古典オタクっぷりはなんだありゃ、娘にください
3枚目キャラの矢本悠馬、ガリ勉オタクキャラの森永悠希も大好きだ!
極め付けは「ヒョロ」。演じている坂口涼太郎さんがマンガに似すぎです!

※参考↓
<映画『ちはやふる』の成功はキャスティングが大きな決め手! | シネマズ by 松竹>

もうね、『がんばれ!ベアーズ』系の弱小チームががんばっていくという過程だけでもたまらんし、青春の瑞々しさは『がんばっていきまっしょい』に匹敵するし、この手の王道スポ根もの、マンガの実写化映画としては申し分のない出来なのではないでしょうか。

さらに、本作で歌われている百人一首の歌の内容と、本編がシンクロしているところもあるのです。
『上の句』『下の句』どちらでも、歌の内容が登場人物の気持ちと「同じ」になっています。
競技かるたはもちろん、百人一首について学んだことがあればさらに感動できるでしょう。

難点は、『下の句』の論理立てされた脚本は素晴らしいものの、その語り口に少々クドさを感じてしまうことでしょうか。
多くの観客に受け入れられるのは、どちからかといえば『上の句』のほうでしょうね(自分はどちらも大好きです)。

演出においては、スローモーションの多用が好き嫌いが分かれるかもしれませんね(十分メリハリがついているレベルですが)。
画は日光が差し込む「白め」のものが多いのですが、うだるような夏の暑さが表現されているので自分はこちらも「賛」です。登場人物が汗だくになり、競技に挑む真剣さが見えまくるというのがいいですね。

また、キャラクターに関しては「マンガらしさ」に徹しているため、「ステレオタイプすぎる」という否定的な意見もあるようです。
広瀬すずの直情的おバカキャラは現実ではありえないもんなあ(笑)。
自分はどのキャラも大好きになれたので、悪い印象はまったくありません。

ともかく、映画『ちはやふる』はテレビ局が介入しているとは思わせないほど、映画作品として完成された作品です。
物語はわかりやすいため、子どもから大人まで、男女の違いなく、まさに老若男女が楽しめる作品になっているのではないでしょうか。
競技かるたを知らない大人はもちろん、いまから競技かるたに限らず、何かに青春を賭けたいと思う若者にぜひ観て欲しいです。超・オススメです!

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓ 『上の句』と『下の句』の両方の内容がネタバレしてします。マンガとの違いにも少し触れているのでご注意を。

『上の句』の机くんの想い

映画でも原作でも、机くんが団体戦でいわゆる「捨て駒」にされて、「どうせ数合わせだったんだろ」と言ってしまうシーンがあります。
しかし、原作と映画ではかなり「過程」が違う!

太一の「かるたの才能なんて俺にもない」というセリフは、原作では大会ではなく、机くんの「勧誘」のときにあったりするのです。
そして、千早が足早に立ち去ろうとする机くんに「机くんじゃないとダメなんだよ」と言ったのは映画オリジナルです。

大会のときに机くんがこの言葉を持ち出して、「僕しかいかないなんて調子のいいことを言って!誰でも良かったんだろ!」と言ったときには泣きそうだった……。
なにせ、自分も千早の「机くんじゃないとダメ」というのは、その場しのぎの言葉にしか聞こえていなかったのですから・・・思いっきり机くんと気持ちがシンクロしていたのです。

最終戦に挑むとき、机くんの頭にぶつかったのは、「もろともにあはれと思へ山桜」の下の句である「花よりほかに知る人もなし」でした。
その歌の意味は「山桜よ、私があなたを愛しむようにお前も私を愛おしく思ってくれ。こんな山奥には今私を知るものはお前以外にはいないのだから」という、その人を理解し、孤独な気持ちわかち合うというものなのです。

その歌を見た机くんの肩を、メンバーみんなが叩いていくというシーンでは、机くんの表情の変化だけをずっと映し続けていました。
彼の気持がメンバーに届いたこと、心がわりがわかる、屈指の名シーンでした。

『下の句』の個と全の力〜

ラスボスとして君臨する詩暢(しのぶ)は、たったひとりで練習してきたことにより強くなった、かたくなに“個”の力を信じてきたキャラクターです。
これに相対するように、瑞沢高校競技かるた部のメンバーが一丸となった「全」で戦うかと思いきや・・・千早がほぼ離脱してひとりで戦うようになってしまいます。

その理由は、幼馴染の新(あらた)がひとりでいて、しかもかるたをしていなかったという「孤独」を知ったからなのでしょう。
太一はそんな千早の行動に「なんでもひとりで背負いこむからなあ、あいつは周りが見えていないよ」と指摘するのですが……その太一も勝手にひとりで大会に申し込んだことを肉まんくんに突っ込まれます。
ほかメンバーも「もっと私たちを頼って欲しい」と太一に訴えました。

千早を復帰させたのは、京都明星会の須藤でした。
彼は千早にかるたの情報が集められたノートを見せ、自分たちの部が「先輩たちの努力が受け継がれきた」ことにより強くなっていったことを告げます。
彼らもまた、「全」の力を重んじていたのですね。

さらに、ずーっとひとりで背負いこむ性格だったはずの千早は、うるさい音で練習をしている吹奏楽部との折半案を提案し、顧問の先生に保健室に連れて行かれるほどに心配をされます(笑)。
吹奏楽部のメンバーもまた「全」として、かるた部を応援してくれるというのもたまらんですねえ。

終盤にはみんなで団体戦に挑んだものの……千早が倒れてしまいます。
しかし、千早が眠っている間にもみんなはしっかりと勝ち進んでいた。ちゃんと「個」の力でも勝てるようになっていたのです。

千早もまた、「千早ぶる神代もきかず龍田川 からくれなゐに水くくるとは」の歌のように、「あらぶる」とは違う1本のすじが通った強さを身につけて、「個人戦」で詩暢に挑みました。
しかも周りでは仲間が応援をしてくれる。原田先生が「個人戦こそ真の団体戦」と言ったように、彼らには「全」の力も備わっているのです。

また、詩暢がかるたをする理由は「自分のため」であり、まったくブレることはありませんでした。
一方、新がかるたをするのは「(もう亡くなった)おじいちゃん」のためであり、そのおじいちゃんがいなくなったからこそ、かるたをする理由を見失っていました。
だけど、原田先生は「君がかるたをする理由はひとつじゃなくてもいいんじゃないか?」と新に助言をしてくれます。

そして、映画は太一が新に「また3人でかるたをしような」と提案するところで終わりを迎えます。
太一と千早は、「かるたがいちばん楽しかったころ(千早と太一と新が3人でかるたで遊んでいたころ)」を思い出して、かるた競技に向かっていました。

個人戦で最終的に千早に勝ったのは「個」の力を重んじていた詩暢でしたが、この物語は千早と太一と新がかつての楽しかったことを再現し、「全」として幸せになることを匂わせる……しかもそれは新がずっと思い悩んできた「かるたをする理由」にもなっている!
どちらが正しいとも間違っているとも断定しない、「個」と「全」のそれぞれの「強さ」が描かれたうえに、これからの希望を予見させるラストはとてもさわやかでした。大好きだ!

(C)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. オープンリーチ より:

    原作・アニメともに未見で競技かるたに対する知識もほぼ皆無で上の句→下の句と観賞しましたが、そのおかげか先入観なく観ることができ没頭できました。
    「がんばれベアーズ」のことを挙げられていましたが、ヴィック・モローにぶん殴られてしまいキレて、打球を捕るも返球を拒否してランニングホームランにさせたあいつに、ちはやが飛ばしたあの札が当たっていたら、あんな後味の悪い展開にはならなかったと思います(アイツが泣きながらマウンドを降り去っていくシーンは何故か今もトラウマです)。
    邦画で「またあの子達に会いたい」と思えた映画は「SRサイタマノラッパー」以来です。前の記事にもコメントを書きましたが、続編が決まったということで、どうか幸せに完結してほしいです。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top