『バンブルビー』は“ひとりぼっち”から抜け出すドラマ映画の傑作!(ネタバレなし4DX吹替版レビュー+ネタバレ感想)

『バンブルビー』は“ひとりぼっち”から抜け出すドラマ映画の傑作!(ネタバレなし4DX吹替版レビュー+ネタバレ感想)

今日の映画感想はバンブルビーです。

個人的お気に入り度:9/10

一言感想:ベイやんと全然違う!(良い意味で)

あらすじ

ひとりぼっちの少女がかわいいロボットと出会います。

みんな大好き(?)な超大作アクション映画シリーズ『トランスフォーマー』のスピンオフ作品です。

こちらのシリーズの共通認識としてアクションがとにかくすごい(いろんな意味で)ということが挙げられるでしょう。
それもこれもマイケル・ベイ監督の作風が「とにかく色々と足し算で注ぎ込め!」であるから。
とにかく過剰な物量で「くらいやがれ」な内容は、狂気の沙汰という意味のMAYHEM(メイヘム)とマイケル・ベイ監督の名前を掛け合わせたBAYHEM(ベイヘム)という名前で呼ばれているくらいなのです。

※シリーズの振り返りは以下の音声レビューでも語ってみました。26分ごろより『バンブルビー』本編のネタバレ注意。

でもこのベイやん(マイケル・ベイ監督の愛称)の作家性は、もはや良いとか悪いとかそういう次元ではなく、これはこれで立派であり、それはそれで観たくもなるんですよね。
結果的にベイやん版トランスフォーマーは批評家からは酷評されまくり、シリーズが進むごとにさらに評価を下げていったのですが、もうそれもむしろ勲章みたいなもんです。


※作品評価も今までとガラリと変わりました。(現在の『バンブルビー』の評価は219人の投票で93%

で……今回の『バンブルビー』はシリーズの中でも人気のキャラクターを主人公としたスピンオフ作品なのですが、誰もが「今までと全然違う!」と思える方向転換をしているんですね。以下にその理由をたっぷりと解説してみます。

監督と脚本家の資質に抜群にマッチ!巨大ロボットが超可愛い!

本作の監督が『KUBO 二本の弦の秘密』のトラヴィス・ナイトということが何よりも重要です。

ええと、まず、『KUBO』をまだ観ていないという方は今すぐに観てください。お願いだから、最高だから。
※ブログの記事はこちら↓
『KUBO クボ 二本の弦の秘密』物語の物語(ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

『KUBO』と『バンブルビー』は主人公が父親を亡くしていること、その心情に真摯に迫っていることが共通していますね。
さらには「ひとりぼっち」になってしまった者たちが交流し友情を育んでいく物語でもあるんですよね……この時点で涙腺が緩んでしまいます。

ストップモーションアニメから実写映画へとジャンルは変わりましたが、『バンブルビー』でのCGで作られた巨大ロボットの動きに、トラヴィス監督の『KUBO』や他作品でのアニメーターとしての経験がかなり生かされているのは間違い無いでしょう。
ていうか、本作の最も大きな魅力の1つとして、巨大ロボットのバンブルビーが超・絶・かわいいということがあるんですよね。

もうなんなの?あの体育すわりの「しょぼーん」な感じのめんこい感じはなんなの?
もう母性本能をくすぐる一挙一動に悶えまくりましょう!それだけでもありがとうトラヴィス監督!

※この愛らしさを受けてもちろんファンアートも誕生しています。

さらに、トラヴィス監督によると、バンブルビーのトランスフォーム(変形)の仕方が物語が進むにつれて変わっていっている、それは彼の豊かな感情を反映しているからなのだとか。
素晴らしいこだわりだ!とにかくぐっちゃんがっちゃん変形させとけなベイやんとは大違いだ!2回目を観るときはトランスフォームのシーンも要チェックですよ!

さらに、脚本を手がけたのは女性のコンビで、アメコミ映画の『BATGIRL(原題)』も担当することが決まっている新鋭のクリスティーナ・ホドソンと、『スウィート17モンスター』でヘンリー・スタインフェルドとタッグを組んでメガホンを取っていたケリー・フレモン・クレイグでした。

こちらも「思春期ならではのやさぐれっぷり」「主人公の少女がファザコン」など、やはり今回の『バンブルビー』に思いっきり通じていましたね。PG12指定で下ネタも満載ですが、コメディとしてもイタい青春ドラマとしても優れていた作品になっていました。

そんなわけで今回の『バンブルビー』が、アクション!アクション!アクションな印象だったマイケル・ベイ監督版トランスフォーマーとぜんぜん違う内容になったというのは、もうそりゃそうだよなということ。
キャラの関係性を入念に描き、見事に伏線を回収する、そして「ひとりぼっち」のふたりを追ったドラマにも相当に手が込んでいる……これは良くも悪くもだいたい悪いけど話が大体いきあたりばったりだったベイやんの作品では考えられなかったよ!

ちなみに、トラヴィス監督も自身にトランスフォーマーシリーズの監督のオファーが来た時、ベイ監督と自分の作風はテイストが違いすぎるので何かの間違いだろうと思ったそうです。
うん、それもそりゃそうだろうな。でもスタジオからシリーズの方向性を変たいという話を聞いて、トラヴィス監督は楽しみながら製作ができたそうですよ。

マイケル・ベイ監督はいい人!

と……まるでマイケル・ベイ監督のトランスフォーマーシリーズをアレな内容であるかのように言ってしまいましたが、以下のインタビューではベイやんのイケメン上司っぷりを知って「マジでいい人だな!」な気持ちになれました。

カメラレンズもアスペクト比も80年代と同じ。映画『バンブルビー』トラヴィス・ナイト監督インタビュー | ギズモード・ジャパン(若干ネタバレとも言える記述もあるのでご注意を)

「君は映画を守らなければいけない」「君がケアするべきは作品なんだ」「常にそばにいてくれて、僕が守って欲しい時には常に守ってくれた」って……カッコ良すぎるよマイケル・ベイ!
自身の「過剰」とも言える作家性を押し付けることなく、しっかりトラヴィス監督の作家性を生かすようにマネージメントしていたことも含めて掛け値無しに素晴らしいです。

なお、今回の『バンブルビー』にマイケル・ベイ味(あじ)がないかと言えばそんなこともなく、オープニングから大スケールのアクションから幕を開け、巨大ロボットが戦うバトルアクションシーンもしっかり入れてきているんですよね。
「今までのアクションも大好きだったのに!ドラマ重視なんて寂しい!」な感じの方も、きっと満足できると思いますよ。

ちなみに、トラヴィス監督は今回のアクションについて「チャーリーとバンブルビーの関係性という大切な要素と密接に関わっているということが重要だった。だから、感動をひっくり返してしまうようなトランスフォーマー同士の戦いによる騒乱や高速でのカーチェイスは無意味だと思ったんだ」とベイやんのようなアクションはしないと言い切っています。
結果として、今までのアクションの格好良さは残しつつ、しっかり「これはトラヴィス監督の映画だ!」と言える内容になっているのが嬉しいですね。

トラヴィス監督がトランスフォーマーの大ファンだからこそのさらなる工夫も!

ちなみに、マイケル・ベイ監督と変わっているのは作風だけでなく、トランスフォーマーたちのデザインもちょっと変わっているんですよね。
より原作のさらに原作のおもちゃに近く、特にスタースクリームは「らしく」なっていました。

しかも、トラヴィス監督はアニメ版の大ファンであったということもあって、今回の劇中にはアニメ版のトランスフォーマーのファンにはたまらない小ネタを入れたり「再現」もしてくれるんですよね…。最高じゃないですか。

また、序盤に主人公のチャーリーが車の下に潜ったらバンブルビーの「顔」を対面するシーンがあるのですが、トランスフォーマーのおもちゃの多くは顔がお腹に収まるようにできており、これもおもちゃの忠実な再現なんですよね。
自分はアニメ版も、そのさらに原作となるおもちゃも門外漢であったので、これらのこだわりに感涙できる方が羨ましい!

吹替が超おすすめ!悠木碧のバンブルビーへの愛も最高!

4DX吹替版で観たのですが、まずは吹替が超最高であることも訴えておきたい…!

何より土屋太鳳がいい感じに少女のやさぐれ感に合っているんですよね……彼女はフランス製のアニメ映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の吹替および主題歌でも最高の仕事をされていましたよ。

※『フェリシーと夢のトウシューズ』の紹介記事はこちら。Netflixにも入っていますよ↓
土屋太鳳による主題歌にも大感動!『フェリシーと夢のトウシューズ』の面白さはこれだ! | シネマズ PLUS

志尊淳の優しいオタク少年も可愛いし役にぴったり!彼は『烈車戦隊トッキュウジャー』ですでに声の演技の経験もあるんですよね。

そして……トランスフォーマーのファンを公言しており、バンブルビーの母を自称している声優の悠木碧がマジでヒール(悪女)に徹していて感動しました!やべぇパワーワードで本作を推しているのも含めて最高です。

そうそう、主要声優陣が集結した舞台挨拶の様子も最高でした。

土屋太鳳が悠木碧へのリスペクトをしっかり語り、悠木碧は「マジか…」「よせやい」と反応、悪役を演じているのにバンブルビーの愛が止まらず思わず「めっちゃ好きよ~」と告白、「攻撃するということはバンブルビーに触れられるということですごく光栄」と超ポジティブ発言をするなど、なんだこの幸せ空間!

作品の名誉のためにタイトルはあげないけど、タレント声優のみを登壇させて本業声優の方は呼ばなかった舞台挨拶がされていたこともあるんですよね……。
こうして芸能人と本業声優の方の両方をリスペクトした舞台挨拶は、みんなが幸せになれると思いますよ。

4DX上映もおすすめ……なんだけど、ベイやんへの禁断症状が!

本作は座席の動き、エアー、香りなどの様々な演出が楽しめる4DX上映がされています。
今回はその座席の動きの強度がもっとも高い“9”に設定されたという、『ドラゴンボール超ブロリー』でも採用されたエクストリームバージョンを採用、アクションシーンではガッシャンバッキンと動きまくって大興奮することができました。

実際に今回の4DX版を観て感動したのは、「スモーク」と「足元のくすぐり」がとても効果的に使われていたということ。
スモークは巨大ロボットが地球に降り立った……というよりも隕石のように落ちてきたシーンのインパクトをより強めてくれましたし、「足元もくすぐり」は(ネタバレになるので明確には書きませんが)終盤のアクションで「その手があったか!」というアイデアで驚かせてくれました。

また、4DXには「雨」の演出があって、今回は序盤に良い意味での嫌がらせとも言える水がかけられるシーンがあるんですよね。こうして「クスッと笑える」演出があることも4DXの魅力です。
また、3Dそのものも効果的であり、ダイナミックなアクションシーンをより盛り上げてくれました。


※4DXの楽しさは悠木碧のお墨付き。

ただ……全体的な4DXの満足度を言うのであれば、最近の『ファースト・マン』『アクアマン』『スパイダーマン:スパイダーバース』という「4DX史上最高レベルをまた更新!」な作品に比べれれば、多少の物足りなさもあるというのが正直なところです。
この物足りなさを覚えたのは4DXの演出がどうこうという訳ではなく、この『バンブルビー』が予想以上にドラマ部分が面白いから、というのが大きいと思うんですよね。
アクション!アクション!アクション!の畳み掛けではなく、アクションはドラマの先にある1つの要素としてあるという塩梅であり、そのおかげで4DXや3Dを選んだことによるバリューも感じにくくなってしまう……というのは言ってもしょうがないことですが、事実としてあるかなと。

あとは、マイケル・ベイ監督版トランスフォーマーにあった「どやー!アクション全盛りやー!食らいやがれー!」な印象がちょっと懐かしくなってくる……あのマイケル・ベイ味はそれはそれで食べたいんだよな……と、ベイやんの作風への禁断症状が図らずも物足りなさを覚える理由になっているんじゃないかな、と。
あれはもう全部乗せラーメン二郎みたいな内容で、「どうせなら3Dも4DXも盛ってやれ!」な気分になれるもんな。
いや、もう、そんな風にマイケル・ベイへの依存を語るのは、これだけ堅実に作ってくれた『バンブルビー』にも4DXにも失礼なのですが!

でも、4DXの演出の完成度そのものは全く文句がありません。4DXを観たことがないという方にも、存分におすすめしますよ。

そんな訳で、『バンブルビー』の胃にやさしいヘルシーフードで満足したあとは、マイケル・ベイ監督版トランスフォーマーを一気見するなどしてジャンキーな味わいをしゃぶり尽くしてみるのもいいんじゃないでしょうか。

あと、日本の記者が「もう少しマイケル・ベイっぽいとよかった」が製作者に言って「次回作はもうちょっとベイ成分を入れるよ」と返したことも話題になって、しかも映画評論家の町山智浩さんが怒ってて笑いました。

80年代の映画へのリスペクトも!子どもにも観て欲しい!

本作は80年代の映画、もっと具体的に言えばアンブリン製作のスピルバーグ監督の作品へもリスペクトを捧げているとトラヴィス監督が明言しています。
そもそも、子供が宇宙人と交流して友達になっていくというのが、かなり『E.T.』っぽいんですよね。

ちなみにスピルバーグは両親が離婚し父親と仲違いしたことを自身のトラウマとして語っていて、その経験が『E.T.』や『未知との遭遇』などで「家族を置き去りにする父親」という形で作品に反映されていたりするんですよね。
本作で主人公が父を亡くしていること、母の再婚相手の義父との関係も、そうしたスピルバーグ監督へのリスペクトなのかもしれません。

さらには画面のアスペクト比や使用しているカメラにもこだわって「80年代の映画の雰囲気」を再現。
しかも劇中の年代設定も1987年になっており、カセットテープ(その時代の超有名な音楽も!)やブラウン管のテレビも登場、80年代の映画が好きだった大人が懐かしくてそれだけで泣ける案件なのです。

そしてね、これはぜひ子どもに観てほしい、家族で観てほしいんですよ
その理由は、誰でも感情移入しやすいドラマ、アクションの迫力、ギャグも面白く、バンブルビーの可愛さなどと、子供も楽しめることも間違いなしのエンターテインメント要素が揃っているから。
それは80年代の映画らしい、スピルバーグらしい娯楽としての映画の面白さそのもの……この『バンブルビー』を観た子供は、きっと映画そのものも大好きになれると思うんです。

また、この『バンブルビー』はスピンオフ作品でありながら、マイケル・ベイ監督版のトランスフォーマーシリーズとほぼ繋がりはないため、この作品からでも全く問題なく楽しめます
これほど「ファミリー映画として万人におすすめできる」洋画もなかなかないですよ……ドラえもんももちろん良いけど、ぜひこちらも候補にしてほしい!

※ちなみに『バンブルビー』は「a new storytelling universe」という名目で、自由に他作品と繋がりが持てるという立ち位置になっているそうです↓
【インタビュー】『バンブルビー』は『トランスフォーマー』のリブートなの?『最後の騎士王』続編はどうなる? ─ プロデューサーに全てを聞いた | THE RIVER

あ、そうそう、スピルバーグ味なのかマイケル・ベイ味なのかどっちなのかはわかりませんが、今回もちょっとだけ残酷な描写があるのがいいですね。でも、こういう「ちょっと怖い」程度のホラー描写であれば全然子どもが観ても問題ないとは思いますよ!
そんな訳で超・絶・おすすめです!

※以下からはネタバレ。ちょっとだけ作中の小ネタを解説します↓



黒人のアフロヘアーへの差別?

オタクだけど気の優しい男の子のメモは、イケてる系女子に「あのバイトしている時のヘアネットはどうしたの?」と言われて、「ヘアネットはバイトの時だけで、衛生上の観点で毎日変えているんだ」と返しています。

また、メモの部屋では大量のスプレー缶が置いてあり、メモは「これは姉さんが置いていっているんだ。いつもやめてって言っているのに」と言っていました。
これは整髪料であり、言うまでもなくメモ自身が使っていたものでしょう。

これらは、1980年代ではまだ根深かったであろう黒人差別、さらにアフロヘアーへの蔑視の描写なのでしょう。
そういえば、差別を寓話的に描いた大傑作アニメ映画『ズートピア』では、ヒツジの副市長の頭をモフモフするという、アフロヘアーの人にはやっちゃダメな「いじり」の風刺があったりしましたね。

※2016年でもこうしたニュースがあったそうです↓
アフロヘアはストレートに 母語を話すと罰金も 根強い人種差別に黒人生徒たちが立ち上がる(南ア) – エキサイトニュース

そうそう、 メモを演じているジョージ・レンデボーグ・Jrくんがすごくいいですよねぇ…。
彼は『スパイダーマン:ホームカミング』『ブリグズビー・ベア』『アリータ:バトルエンジェル』と話題作に続々と出演しており、主人公の友人のいいやつポジションがハマりまくりです。もっと友人のいいやつの彼が観たい!

あの楽曲やあのアクションもアニメ版へのオマージュだ!

自分は前述した通りアニメ版のトランスフォーマーについては門外漢だったので、1986年の『トランスフォーマー ザ・ムービー』だけ観てみました。

こちらは33年前ということが信じられない作画のクオリティで、めちゃくちゃテンポが良くておいしい展開が詰め込まれていて、たっくさん登場するキャラそれぞれの萌えっぷりも半端ない内容で、めっちゃ面白かったですね。特にグリムロックという恐竜キャラの可愛さに悶えました。

で、重要なのは今回の『バンブルビー』で、この『トランスフォーマー ザ・ムービー』の挿入歌である「THE TOUCH」が使われているということ。

しかも、バンブルビーがチャーリーを元気付けるために流してくれるんですよねぇ……。

さらにさらに、トラヴィス監督によると、終盤でバンブルビーが一度後ろに下がって車に変形して助走をつけ、振り返って車のままジャンプした勢いで人型に変形してぶん殴る!というのもアニメ版のオマージュだったのだとか!
これはアニメ版のファンには、もう「幸せ!」なんてレベルじゃないんじゃないかな。

あと、80年代映画オマージュをひしひしと感じる作品ですが、主人公の弟がカラテを習っていたりするのは『ベスト・キッド』のオマージュですよね。この弟のアホの子っぷりも大好きです。

あのガッツポーズの映画は何?

劇中でバンブルビーが観ている映画で「ガッツポーズ」が映し出されているのは……これ実は『ブレックファスト・クラブ』のラストシーンです。

※『ブレックファスト・クラブ』は最近では『パワーレンジャー』などにも影響を与えています。詳しくは以下の記事で↓
なぜだ!なぜ『パワーレンジャー』を観てくれないんだ!『レベルE』『ジョジョ』『ドラゴンボール』好きが大歓喜するのに! | シネマズ PLUS

実はトラヴィス監督はスピルバーグ監督だけでなく、ジョン・ヒューズ監督作品も大好きでそちらにもリスペクトを捧げているんですよね。
この『バンブルビー』も思春期の少女と少年の気持ちに寄り添っている作品なので、それも大納得です。

最後に、バーンズ少佐の敬礼に、このガッツポーズでバンブルビーが返してくれるというのもたまんないんだよな…。
(観てほしいのであえて理由は書かないでおきますが)『ブレックファスト・クラブ』を観ていると、さらに感慨深いものがあるはずですよ。

ひとりぼっちじゃない

本作では、ひとりぼっちだったチャーリーとバンブルビーが打ち解けていき、そしてチャーリーが「大人」になって、バンブルビーと別れる……という過程がとても丁寧に描かれています。

本編を観れば言わずもがな、修理工場のおじいちゃんは「取引」なんかしなくても廃車(ビー)を誕生日にくれたり、チャーリーの義父は悪い人ではなく最後にはカーチェイスまでして助けに来てくれたし、母も「あなたはいつも話してくれない」と言ったように……チャーリーは勝手に自分が愛されてないと思い込んでふさぎ込んでいただけかもしれない。
チャーリーの周りは良い人ばかりだった、彼女は「ひとりぼっちだと思い込んでいた」とも言えるでしょう。

そして、チャーリーは父が亡くなった時のトラウマのためにやめていた「飛び込み」で、大切なバンブルビーを助けにいくというクライマックス……ここにもチャーリーが成長し大人になったというカタルシスがしっかりあるんですよね。ついでにイケイケのイヤな女の車はぶっ潰してスカッと爽やか!もう最高です!

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All

おすすめの配信サービス

ヒナタカがメインで使っている配信サービスAmazonプライムです。

コンテンツの量と質、そして圧倒的なコスパを誇ります。レンタルビデオ1本分の値段で映画やドラマが見放題!

バナー

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. サハル より:

    YouTubeの映画評に参加させていただきありがとうございます。
    あと思い出したんですが、今作もエンドロールが結構早い印象でした。悪名高い「最後の騎士王」の唯一誉められる点が「エンドロールが早くてさっさと帰られる」ところだったので、あんな問題作でも良いところは継承されるんだなと関心しました。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

movieこちらの記事もおすすめです

今までに書いた映画レビューの中から、この記事を読んでいただいたあなたにおすすめの記事をピックアップしています。

ネタバレ前の感想をまずは読んで下さい。映画を見終わった後、ネタバレを含む解説を読んでいただけると1記事で2度楽しんでいただけるのではないかと思います。

カゲヒナタ映画レビューが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!あなたが良い映画と出会えますように:)

done SF

この映画のレビューと同じカテゴリの記事です

done 10点満点の映画

10/10を獲得した映画です。

見たい映画が見つからないときはこちらがおすすめです。

done 9点の映画

9/10を獲得した映画です。

名作ぞろいです!まだ見ていない作品があれば是非!

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

   
vertical_align_top