『ビハインド・ザ・コーヴ』疑問への回答は得られたのか?(映画ネタバレなしレビュー+微ネタバレレビュー)

『ビハインド・ザ・コーヴ』疑問への回答は得られたのか?(映画ネタバレなしレビュー+微ネタバレレビュー)

今日の映画感想はビハインド・ザ・コーヴ〜捕鯨問題の謎に迫る〜です。

個人的お気に入り度:6/10

一言感想:『ザ・コーヴ』のイライラを解消してくれる痛快ドキュメンタリー

あらすじ

八木景子は、『ザ・コーヴ』への反論のため、映画製作の経験もカメラ技術もないまま、貯金を切り崩し取材を続けていた。
4カ月にわたる太地での長期滞在の末、高齢の元捕鯨師や町長を含む現地の人々の貴重なインタビューを撮影。監督ルイ・シホヨス、同作品の主演であるリック・オバリーにも取材を行い、双方の主張をカメラに収めた。
さらには毎年イルカ漁の時期に太地でキャンプしている反捕鯨活動家たちからも話を聞き、さまざまな立場からこの問題に関係する人々を追っていく……。

まずはこちらをお読みください↓
『ザ・コーヴ』は“観る価値のある”問題作だった(映画ネタバレなし感想+微ネタバレレビュー)

本作は大論争を巻き起こした『ザ・コーヴ』の、日本側からのアンサーとなるドキュメンタリー映画です。
もしくは、『ザ・コーヴ』に満載だった大ボケにツッコミを入れていく映画といってもいい。
映画を観た日本人みんなが「あれオカシイよね」と思っていたことにズバズバ切り込んでいく作風がかなり痛快です。

また、『ザ・コーヴ』に欠けまくっていた「相手の意見を聞く」というシーンもしっかりあります。
自分の意見をゴリ押ししまくっていたリック・オバリーはもちろん、シーシェパードのリーダーまでにもインタビューをするのですから。
ちゃんと「双方の意見に立ち」問題を考えられるようになっています。

ただし、ドキュメンタリーとしては問題も……
そのひとつが、情報や問題提起がしっかり整理されているようには思えなかったこと。
中盤からは意見が乱立されているような印象で、やや観にくい印象でした。

さらに、終盤の展開はあまりに論理が飛躍しすぎだと思う。
上映後に監督に話を聞く機会があったのですが、監督も「あの問題までにいくとは思いませんでした」と語っており、論理の飛躍は予定外のことだったそうです。
でも主張をさらに広げるよりも、現状の問題に焦点を絞ってほしかったというのが本音です。

また、情報が完全にイルカではなく、クジラにばかりシフトしているのも気になりました。
『ザ・コーヴ』でさんざん語られていたのは「僕たちはイルカを愛しているんだ!」という主義主張だったのですが、本作ではイルカについて触れらることは少なく、クジラの日本の食文化や歴史ばかりが語られます。
サブタイトルも「〜“捕鯨”問題の謎に迫る〜」となっており、根本のイルカ漁の問題がおざなりになっている印象は否めません。

そんな問題点がありつつも、『ザ・コーヴ』にイライラしていた方にとっては、『ビハインド・ザ・コーヴ』は「答えを示してくれている」貴重な作品です。
「よく言ってくれた」と思う方は、きっと多いでしょう。

本作で大好きだったのは、問題の場所である大地町の人たちが親しみやすく描かれていることでした。
(『ザ・コーヴ』では町民が理解の余地がない悪人として描かれていたことにイライラしたので)
子どもにも意見を聞くのだけど、まあ~その様子が微笑ましいこと。
『ザ・コーヴ』のような殺伐とした空気はほとんどありません(座談会ではピリピリした空気になるけど)。

さらに、日本に観光に来た外国人にもインタビューするシーンがあるのだけど、ものすごく建設的な意見が述べられていて感動した
よく考えれれば、反捕鯨団体やシーシェパードの人たちは「極端な考え方を持つ人」の集まりなわけで、それに属していない方は「どちらでもない」中立的な意見を持つことが多いのでしょう。

ともかく、本作『ビハインド・ザ・コーヴ』の志はとても高いものであり、ドキュメンタリー映画としても水準点を超える出来であるので、幅広い方にオススメします。
できれば『ザ・コーヴ』を先に観ておいて、存分にイライラしてから劇場に足を運ぶことをオススメします。こんなにもほかの人を意見を聞いて、スカッとする経験はなかなかないでしょうから。

現在は新宿・ケイズシネマでのみの上映ですが、大阪、沖縄、北海道でも上映が決まっています(できれば問題の舞台である和歌山でも上映してほしいなあ)。
近くにお住いの方は、ぜひ。

以下、内容をちょっとネタバレで紹介します↓ ストーリー的なものはないのですが、一応未見の方はご注意を。

笑ったシーン

本作には、『ザ・コーヴ』で「クビになった」というテロップが入った水産庁漁業交渉官の方が出演しています。
彼が『ザ・コーヴ』の監督に「やあ!」と話しかけると、監督は気まずそうな顔をしてそそくさと逃げたそうです。
水産庁漁業交渉官の方が「なんかやましいことがあるんでしょうね(笑)」と答えるのはかなり楽しかった。

あと、『ザ・コーヴ』ではさんざんリック・オバリーが「イルカは水銀値が高くて危険なんだ!」と主張していたんだけど、本作では大量の魚の刺身を見てよろこぶリックの写真が出てくる。
「そんだけ魚を食べたら、お前の言っているヤバい水銀値を超えるだろ!」と観客が総ツッコミできる名シーンだ。

撮影はたしたことがないんだよ

『ザ・コーヴ』では盗撮ミッションがサスペンスフルに編集されていて、そこが(悔しいことに)映画としておもしろいポイントでした。

だけど、本作ではテレビ番組「クジラ戦争」元カメラマンが「あれは大したことはない。小型のヘリコプターを使って撮影すればいい話。なぜあそこまで大掛かりにするかといえば、そのほうがドラマティックだからだ」としっかり語ってくれました。
いやあ、なんとなくわかってはいたことだけど、元カメラマンが言ってくれると腹の底から「ザマミロ&スカッとサワヤカ」の笑いが出てしょうがないね。

シーシェパード、豹変

本作でもっとも怖かったのは、シーシェパードのリーダーが初めにフレンドリーにまともな意見を述べるものの、後のインタビューではだんだん狂気に満ちた発言をしていくこと。

これは『ザ・コーヴ』の、主人公に「コイツやばいヤツだ」と思わせる→後の展開で彼の主張が正しいと洗脳させようとする、という過程とは正反対です。

気になった論理の飛躍

終盤には、クジラ漁について「海外ではクジラの脂がさかんに使われていたし、NASAのロケット打ち上げにも使われていた」「日本ではクジラは余すことなく消費している」といったことが主張されます。

それはクジラの食文化を示すという意味ではいいんだけど、さらに「太平洋戦争時、アメリカは原爆を長崎や広島に落下させて民間人を虐殺していた歴史もある」ということにまで言及するのは、さすがに論理が飛躍しすぎだと思う。

ここで主張するのは「GHQの協力も得て、日本で捕鯨が重要な産業になった」という歴史くらいでよかったんじゃないでしょうか。
戦争を引き合いに出して相手を糾弾するのは、イルカやクジラ漁の問題とはまったく異なることです。
双方の対立を煽っているように思えて、いい気はしませんでした。

他人に意見を押し付けることはしない

感動したのは、日本人は「他人に意見を押し付けることはしない」ということに対しての根拠でした。
(『ザ・コーヴ』は一方的な意見を押し付けるばかりの内容でした)

それは日本は一神教ではなく、さまざな文化を受け入れることができるから
このことを敬虔なイスラム教徒の方が言ってくれる、というのもうれしいですね。

日本人でも、ちゃんと意見を言おう

本作では、『ザ・コーヴ』のルイ・シホヨス監督が、当時の撮影について「彼ら(大地村の人々)はカメラを向けると何も話さなくなってしまったんだ」と語っていました。
これが「『ザ・コーヴ』でイルカ漁をしていた人の意見がまるでなかったこと」の言い訳にしか聞こえないんですよね。
だいたい、海外の記者にいきなりカメラを向けられたら、何もしゃべりたくなくなってしまうのがふつうだと思うんだけど……。

そこで本作では「日本人はあまり意見を言わない国民性だけど、ちゃんと言おう」というメッセージが投げかけられます。
八木監督は映画という媒体で、その一人者として、日本人からの意見をしっかり届けたと言えるのです。

作中では問題の当事者だけでなく、一般人からとても建設的な意見が述べられていることもあり、問題に関して「考える」ことができるはず。
(『ザ・コーヴ』とは違い)しっかりと観客に問題について「考える」余地を残してくれること、そして誰にでも意見を言えるようにすること。
これこそが現状の問題を訴える、ドキュメンタリー映画のありかたです。

実際に1月30日〜31日は公式サイトがつながらない状態になっていた。こういう妨害には負けないでほしい↓
アノニマスが捕鯨問題を扱ったドキュメンタリーにサイバー攻撃、公式サイトダウン – 映画ナタリー

本作への反対意見 反捕鯨を「反日」と捉えること自体が間違っている、という意見は的を射ていると思う。↓
『ビハインド・ザ・コーヴ』に疑問…「反捕鯨」=「反日」か? 歴史認識問題と同じく対立を煽っているだけ – エキサイトニュース(1/3)

なんでも「疑って」みることは大事かも↓
捕鯨問題~クジラ・クリッピング──捕鯨問題ブログ: 乱獲も密漁もなかった!? 捕鯨ニッポンのぶっとんだ歴史修正主義

クジラコンプレックス:捕鯨裁判の勝者はだれか
石井 敦 真田 康弘
東京書籍
売り上げランキング: 373,673

(C)2015 YAGI Film Inc

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. akira より:

    クジラ・クリッピングはアレな人なので紹介するのはやめたほうが…w

  2. 特命希望 より:

    >クジラ・クリッピングはアレな人なので紹介するのはやめたほうが…w
    あれとはどういう意味かはっきり言いなさい。嘘つきなのか調査不足なのか。
    大体人の言論を批判するなら、おかしいと思う点を具体的に挙げて、次に反証を挙げるべきです。

  3. […] いる作品なんだけど、手放しでは絶賛できないところもあって……。 ↓ 『ビハインド・ザ・コーヴ』疑問への回答は得られたのか?(映画ネタバレなしレビュー+微ネタバレレビュー) […]

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top