映画『47 RONIN ローニン』侍の忠義とは?(ネタバレなし解説+ネタバレ感想)

映画『47 RONIN ローニン』侍の忠義とは?(ネタバレなし解説+ネタバレ感想)

今日の映画感想は47RONINです。

個人的評価:5/10

一言感想:武士道ありまくりファンタジー

あらすじ

大石(真田広之)率いる赤穂の侍たちは、吉良(浅野忠信)と悪女・ミヅキ(菊地凛子)のたくらみによって主君を殺され、城を追い出され浪人の身へと堕ちてしまう。
1年ののち牢から出された大石は、はぐれ者の青年・カイ(キアヌ・リーヴス)のもとへとかけつけ、吉良に仇討ちををする計画をたてるのだが・・・

脚本を担当しているのが「スノーホワイト」「ドライヴ」のホセイン・アミニということで全く期待していませんでしたが・・・いやいや、思いのほか楽しかったです。

本作のモチーフとなっているのは忠臣蔵です。
47という数字は赤穂浪士である四十七士がもととなっていますし、大石内蔵助吉良家などの人名も登場します。
さらには忠臣蔵で最も有名な元禄赤穂事件も本作で描かれることになります。

具体的にどういうかたちで忠臣蔵の展開が登場するかは、ぜひ映画を観て確認していただきたいところです。
忠臣蔵をより知っているほど、「こう来たか!」と驚けるのではないでしょうか。まあ、実際はもとの忠臣蔵がほとんど関係なくなっていって脱力するかもしれませんが。

本作は日本を舞台にしながらも、ファンタジー要素が大いに入っています。
妖術といったことばや架空の人物が出てきますし、ときには「ロード・オブ・ザ・リング」のような画が出てきます。
日本と言う舞台に物の怪が登場する画を見て「もののけ姫」を連想する方も多いことでしょう。

ここは「こんなの忠臣蔵とは認めないぞ!」「忠臣蔵がなんでファンタジーになるんだよ!」などと怒らずに、「こんな変な忠臣蔵もアリだなあ」と思わなければ損です。
広い心を持てば、きっと楽しむことができるでしょう。

難点は、目新しさがあまりないことです。
画は前述のとおりいままでのファンタジー映画で観たようなものが多くありますし、仲間を集めて敵に一矢報いるという物語も「七人の侍」「十三人の刺客」などで描かれたことです(ついでに菊千代っぽいキャラもいます)。

CGで作られた化け物や舞台も、予告編で観た以上の驚きは感じられません。
これまでにファンタジー映画は量産されてきているので、これからはもっと革新的な、誰も観たことのないような画が求められるのかもしれません。

しかし、この映画ならでは特徴もあります。
それは「武士道」に最大級のリスペクトを捧げていることです。

日本の武士は忠義を尽くし、ときには死をいとわない覚悟も見せます。
その価値観は日本の武士ならではのものであり、本作はそれを物語の大きなファクターとしているのです。
ラスト サムライ」で描かれたような(外国人から見た)武士の姿が気に入った方であれば、本作の登場人物の行動と覚悟に、きっと感銘を受けることと思います。

豪華キャストも魅力のひとつで、キアヌ・リーブス真田広之浅野忠信など国際的に活躍する俳優が多く出演しています。
真田広之は「ウルヴァリン:SAMURAI」ではかなり残念な役柄でしたが、今回は大活躍するのでファンも溜飲を下げることができるでしょう。

本作がハリウッドデビューとなる柴咲コウ、悪女を演じた菊地凛子もさすがの存在感でした。
赤西仁の活躍を期待する方も多いでしょうが、出番は少なめで感情表現が乏しい役なので、ちょっと肩すかしに感じるかもしれません。

ちなみに日本語吹き替え版は、主要な登場人物はキアヌを除き役者本人が吹き替えています
日本を舞台としている映画ですので、吹き替え版で観た方がより違和感なく、集中して観ることができるのではないでしょうか。

2Dで観ましたが、それほど3Dで観たいと思える画はなかったので、本作は色鮮やかな世界観を堪能できる2Dのほうがよいかもしれません。
劇場によってはリピーター割引をしているところもあるので、2D字幕、2D吹き替え、3D字幕、3D吹き替えというすべてのバージョンを網羅しやすいですよ(そんな人はいない)。

ちなみに、本作はときおり重大なツッコミどころが顔を出します
これも含めて楽しんでしまうのがよいでしょう。
本作は大真面目な作風ですが、ちょっとトホホなところがあるのもまた愛らしくあります。
「スノーホワイト」のツッコミどころは許せませんでしたが、これくらいなら許容範囲です。

それほど完成度が高い訳ではない……というか明らかな失敗作とは思うんですが、個人的には娯楽映画としては十分に合格点です。
忠臣蔵を知らなくても楽しめますし、一滴も血が出ないのでお子様でも安心でしょう(ただし首が斬られる描写があるのでご注意を)。
キル・ビル」のようなトンデモ・ジャパンを期待する方にもおすすめです。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓



元禄赤穂事件

忠臣蔵で有名なエピソードと言えば、浅野内匠頭が突如吉良上野介に斬りかかる松の廊下事件でしょう。
本作はこれを妖術により強制的に行われたものと解釈しています。

悪女・ミヅキはクモの毒(?)を浅野内匠頭の口にいれます。
そのために浅野は娘のミカが吉良に襲われているという幻覚を見て、吉良に斬りかかるのです。
ミヅキはそうすることで、浅野を罪人に仕立てようとしたわけですね。

ファンタジー映画ならでは味付けは面白いのですが、本当に吉良が殺されちゃったらどうすんだとツッコミたくもなりますね。浅野を止めたのは大石たちだし。

だいたい大石らは妖術であると気づいていたのですから、吉良じゃなくミヅキを倒しちゃえばいいのでは?
カイは妖術使っているのがミヅキ=白いキツネ(オオカミ?)だって気づいていたじゃん。
まあここを言ったら物語がはじまらないのでしょうがないですね。

御前試合で、カイが妖術を食らったヤスノ(カイの手柄を横取りしたやつ)の代わりに出場するのはいいのですが、この後のカイとヤスノへのフォローがないのもちょっとモヤっとします。
御前試合のビジュアルは美しくて大好きでした。


※この画は掛け値無しにステキ

なぜ妖術で操られていたことを将軍綱吉に伝えないのか、という疑問も当然わいてくるのですが、浅野内匠頭が「丸腰の客人を襲ったことには違いはない」ということを掲げていたので一応は納得することができました。

長崎の出島

浅野内匠頭は切腹し、赤穂の武士たちは浪人となり、大石内蔵助も投獄され、喪に服する猶予である1年が経過します。
大石は1年たつとふつうに解放されましたが、なんで?まあ吉良は気力をそぐのが目的だって言っていたからいつでもいいのでしょうけど。

大石は息子の主税と妻に会った後、長崎の出島にカイを迎えにいきます。
出島はどこかのファンタジーで見たような怪物がいる闘技場になっていました。


※パイレーツオブなんたらではありません


※ゾンビ映画ではありません


※ロードオブなんたらではありません

あ、ここ日本です。

大石はカイを説得しつつも攻撃し、なんとかどさくさで逃げおおせます。

浪人たち

大石とカイたちは赤穂の浪人たちと再会します。どうやって場所を知ったの?→大石がカイを探しに行く前に主税に浪人たちを集めておけと場所も指示していました

またここで、ぶよぶよおっさんがセミヌードで湖から出てくるという素敵なサービスシーンがあります。
ネタバレになるので名前は書きませんが、今年はこういうサービスシーンがある映画をほかにも見ていました。どこ需要なんだよ。

浪人たちは羽越の村へ武器の調達に向かいます。
大石は「私たちは百姓です」とごまかそうとしますが、カイは容赦なく敵を倒して刀を奪いました。主人公らしくないな。

カイは自分が元いた場所である、天狗の住処に武器をもらいに行くことを提案します。

天狗

天狗の住処に行く道中、なぜかその辺に大仏がぽつんと立っていました。雨ざらしじゃん。
さらに天狗の住処は、転がった大仏の頭の中にありました。なぜなのかはさっぱりわかりません。

カイを育てた天狗は、彼の出生を語ります。
カイは、イギリスの男と日本人の一度きりの夜伽により生まれた、ハーフだったのです。

カイは天狗から「お前は信仰の違いにより迫害されてきた、それでも迫害して者たちを救うのか?」と問われ「いい人たちです。私は義のためにつくすだけです」と答えました。
それもまた、武士道なのでしょう。

天狗は、仲間が次々にやられるという幻覚を大石に見せ、刀を抜け!とたきつけます。
なんでそんなことするんだろう?おそらく大石の覚悟を見たかったのでしょうけど。
天狗に勝ったカイが「みんなも無事だ」と、仲間を見てもいないのに言うのには「え?」と思ったよ。

あとカイは刀の効果について「人それぞれ違う」と言っていたのに、後でそれぞれの刀の効果なんて出てこなかったのは残念でした。
湖でセクシーな裸体を見せたぶよぶよおっさん(名前はいいや)が「俺のような背が高くてハンサムなやつはどうなるんだ?」と言い、持った刀がぜんぜん斬れないのを見るにつけ「これはできそこないだ」と言うのはよかったですけどね。

ちなみに、天狗の正体は外国人だとする説もあります。
本作の「天狗がハーフの人間を育てた」という設定も、その説の延長線上にあるものでしょう。

ぶよぶよおっさんの死

大石たちは仲間の情報により奇襲を仕掛けようとしますが、それはミヅキの罠でした。
ぶよぶよおっさんは、ハザマとヤスノを助けようとして、矢で撃たれ重傷を負います。

おっさんは死ぬ寸前に「子どものころ、お前(カイ)が石を投げられているが俺は嫌で、木に隠れていた」と告白します。
カイはこれに「知っていたさ、木の幹からその大きな体が見えていたからな」と返します。

おっさんは御前試合でカイを棒で撃つときも「許せ」と言っており、迫害されるカイを見捨てておけない優しい人だったんですね。大好きなキャラになりました(ヌード以外)。

おっさんに助けられたヤスノが、手柄を横取りしたことをカイに謝るシーンも大好きでした。

最後の戦い

47人の浪人たちは血判状を押し、向かう先は死が待ち受ける仇討ちに出発します。ぶよぶよおっさんは47人にカウントしないのかよ!

浪人たちは道で出会った旅芸人の扮装をして、城に乗り込みます。
浪人たちのリーダーである大石が一番目立つところで踊っていたり(顔は隠しているけど)、30人くらいが一斉に石垣を登っているのには失笑しました。目立つなあ。

残念だったのが御前試合に出てきた黒い剣士が、横からの爆風であっさり粉々になることですね。かっこうよかったのになあ。


※戦わずに爆発しました

ミカは吉良に短刀を振りかざして逃げ、カイと再会を果たします。
そこにミヅキが現れ、この世のものとは思えない竜へと変身しました。
カイは飛びながら回転(これが刀の力?)し、竜の頭に「芭蕉」という名の小刀を刺して勝利します。

一方、大石と吉良は「扉越し」に刀を入れながらの攻防を繰り広げます。
大石は吉良の首を斬り落とし、仲間にその首を見せつけました。

大石は浅野内匠頭の墓に出向き、刀を差し出して仇討ちを成し遂げたことを報告しました。

生まれ変わる

仇討ちを成し遂げた大石たちでしたが、それは将軍綱吉に禁じられていたことでした。
綱吉は打ち首・獄門ではなく、名誉ある死=切腹が妥当であると申し付けます。

ミカとカイは部屋の中で密会します。
ミカは「この世は来世のためだけにあるのだと父は申しておりました」と、
カイは「1000回生まれ変わろうとも、たとえ雲なき場所だろうと、かならずあなたを見つけ出します」と、「来世で巡り会う」ことを語りました。
これは輪廻転生の教えに基づく希望なのでしょう。

ミカはカイのことを愛していましたが、カイは身分の違いによりミカを遠ざけようとしていました。
そのふたりが、いつか来世で幸せに寄り添うことができることを望みます。

47ー1

びっくりしたのは、47人が一斉に切腹をしようとしている画でした。
それはいいんだけど、介錯人はどこにいるの?47人みんな独りで切腹しようとしているんだけど。

切腹するときは、苦しみが少なくなるように介錯(首を落とす)するのがふつうです。
浅野内匠頭が切腹したときは大石が介錯をしていましたが、ここではみんなが切腹後に苦しみまくったのでは?という重大な疑問が出てきます。

さらにびっくりしたのは、綱吉が大石主税に「お前は生きて、忠義の侍となれ」と命じることです。
実は、47士は46人だった(切腹時に46人しかいなかった)という説があり、この展開はそれを考慮したものでしょう。
「若者が次の世代のために生きる」というのはよいのですが、ちょっと唐突に思えたのは残念です。

本作で描かれる武士道は、「主君のためなら、死をもいとわない」という忠義を尽くすものでした。
それは「上からの命令は逆らえない」というネガティブな捉え方もできるものであり、あるいは忠義を尽くす敬虔な日本人の姿でもあります。
キリスト教などでは自殺は許されないものであるので、日本人以外にはかなショッキングなものとして映るのかもしれませんね。

最後のテロップでは、12月14日に多くの参拝者が泉岳寺に訪れること、この映画が新たな解釈をもって制作されたことが示されます。

忠臣蔵の物語を(ちょっと違ったかたちで)知り、武士道というものの価値観を知ることにおいて、確かな意義がある映画でした。

(C)Universal Pictures

おすすめ↓
「唖然の大珍品 ! ! 健闘す。」 47RONIN/ユーザーレビュー – Yahoo!映画
「エキゾチック・ジャパーン~☆」 47RONIN/ユーザーレビュー – Yahoo!映画

バナー

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. sakura より:

    龍との戦いの止めは、あの意味ありげに渡された小太刀の”バショウ”かと思ってましたが・・・
    それにしてもあのコスチュームは、中国ですね。

  2. ヒナタカ より:

    > 龍との戦いの止めは、あの意味ありげに渡された小太刀の”バショウ”かと思ってましたが・・・
    そのとおりだと思います、訂正させてください。

  3. victoria より:

    >大石とカイたちは赤穂の浪人たちと再会します。どうやって場所を知ったの?偶然じゃないよな。
    大石がカイを探しに行く前に主税に浪人たちを集めておけと場所も指示していました。

  4. ヒナタカ より:

    > >大石とカイたちは赤穂の浪人たちと再会します。どうやって場所を知ったの?偶然じゃないよな。
    >
    > 大石がカイを探しに行く前に主税に浪人たちを集めておけと場所も指示していました。
    失念していました、訂正します。

  5. 毒親育ち より:

    期待を裏切らないアメリカンな方々により「オレ達の愛するニッポン!」でした。突っ込み所すら呆れることなく愛しかったです。
    これは元禄赤穂事件が起こった18世紀当時の欧米が漠然と抱いていた日本というか東洋のイメージを下にした世界観で作ったのではないでしょうか。貿易の旅から帰ったイギリス人の父が幼い子に語った旅先で聞いたお話・・・とかにすればもっと説得力があったかと思います。
    江戸時代当時の日本人の欧米人への感情と扱い、処刑と切腹の違い、47士は46人だった(切腹時に46人しかいなかった)という説を生かした主税の生存、天狗に育てられた子、傾国の狐、出島、仇討を成し遂げた後の四七士と21世紀の日本人が彼らをどう想っているかのモノローグ・・・こういうのは本気で日本が好きで、興味と憧れを持っていないと描けないと思います。
    それでも悪意と敬意の違いが解らない人は、この国の本屋(特に乙女な方々御用達のお店・・・)かゲーム屋かビデオ屋に行けば、孔明先生が目からビームを出したりとか、本作と同じかもっと酷い諸外国の歴史、文化、偉人達への侮辱行為の山へお目にかかれることでしょう。同胞が仕出かした数え切れない無礼を恥じて謝罪と賠償でもしたら如何でしょうか。
    ・・・個人的に。
    >御前試合
    >黒い剣士
    主君の名誉の為に代理で出場して結局恥を晒しちゃう塊に拍子抜けしました。せめて勝ってよ・・・。しかも彼を負かした黒い剣士はリベンジマッチも無く、正体不明のまま爆死とか、等身大ポップまで作られてたのに不遇過ぎる扱いでしたね。
    >長崎の出島
    ここは出島を南蛮人の巣窟という噂でしか知らない、当時の関東辺りの人達のイメージでしょうか。
    >湖でセクシーな裸体を見せたぶよぶよおっさん
    劇場に欧米人らしいダブルカップルがいらしたのですが、なぜかこのシーンで大爆笑されていました・・・。鑑賞後にロビーで見かけた時はとても楽しそうに談笑されていたので作品自体も楽しめたようで何よりですが、あの爆笑の理由を聞いて見たかったです。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

movieこちらの記事もおすすめです

今までに書いた映画レビューの中から、この記事を読んでいただいたあなたにおすすめの記事をピックアップしています。

ネタバレ前の感想をまずは読んで下さい。映画を見終わった後、ネタバレを含む解説を読んでいただけると1記事で2度楽しんでいただけるのではないかと思います。

カゲヒナタ映画レビューが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです!あなたが良い映画と出会えますように:)

done ファンタジー

この映画のレビューと同じカテゴリの記事です

done 10点満点の映画

10/10を獲得した映画です。

見たい映画が見つからないときはこちらがおすすめです。

done 9点の映画

9/10を獲得した映画です。

名作ぞろいです!まだ見ていない作品があれば是非!

著者

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

   
vertical_align_top