2017年1月の気になる映画一覧(マイナー推し)

2017年1月の気になる映画一覧(マイナー推し)

あけましておめでとうございます。
12月はけっこうブログをサボってしまったので、今年はもっと更新できるといいな(※決意でなく願望)

そんなわけで1月の気になる映画です。
以下も参考にしましょう↓
2017年1月公開で観たいと思っている映画の覚え書き|三角絞めでつかまえて
モンキー的2017年1月期待の新作映画 – モンキー的映画のススメ
2017年1月に観たい映画/2016年12月に観た映画 – 頭の中もハッピーな人

マイナー系の気になる映画

1月6日(金)

NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム

スクリーナーで鑑賞済み。ネットの多人数参加型の危険なゲームにつぎつぎとのめり込む若者を描いた青春ドラマです。
上映時間は96分とコンパクトで余計な描写は一切ない、70点を狙って行ったら見事に70点を取ったような満足度で、お正月明けに観るのにちょうどいい軽さの映画としてかなりおすすめ。
IMDBで6.7rotten tomatoesで65%と評判もちょうどいい感じ。音楽やネオン輝く夜のビジュアル、エンドロールの凝り方も大好き!

1月7日(土)

疾風スプリンター

ロードレースを描いた青春映画。
監督は絶賛の声が多い格闘技映画『激戦 ハート・オブ・ファイト』ダンテ・ラムなのでかなり期待できそう。

人魚姫

『少林サッカー』や『西遊記 はじまりのはじまり』のチャウ・シンチー監督最新作。
人間界と人魚界という異なる世界に住む男女のロマンスが描かれるんですって。ラブストーリーっぽいけど、当然カンフーアクションもありますよね?

壊れた心

浅野忠信演じる冷酷な殺し屋とが、娼婦の逃避行をする話。
『ナチュラル・ボーン・キラーズ』的な話になるのかな?あと上映時間が73分と短い。

1月13日(金)

ネオン・デーモン

『ドライヴ』『オンリー・ゴッド』のニコラス・ウィンディング・レフン監督最新作。いつもどおりR15+指定。
エル・ファニングが16歳でファッション業界に飛び込む少女を演じ、そこで渦巻く欲望と狂気を描きまくるんですって。これは観る。

1月14日(土)

トッド・ソロンズの子犬物語

公式で「トラウマ級の衝撃のラスト!」「ドン引き必死?それとも大爆笑?」と謳っている映画。
さまざまな問題を抱えた人々の元を渡り歩く1匹のダックスフンドを通して、人間の愚かさを描いたブラックコメディなんですって。

1月21日(土)

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ

三十路を越えた男女の三角関係を描いたラブストーリー。イーサン・ホーク主演。
夫を前妻の元に返そうとするということで、不倫ブームの日本に一石を投じそうな内容(←適当なこと言いすぎ)

1月27日(金)

未来を花束にして

1910年代のイギリスで参戦権を訴える、労働に苦しむ女性たちの物語。最近こういうフェミニズムに溢れた映画に弱いので観たいな。
主演はキャリー・マリガン。そのほかベン・ウィショー、ヘレナ・ボナム=カーター、メリル・ストリープと出演者も豪華。

1月28日(土)

僕と世界の方程式

『エンダーのゲーム」や『ヒューゴの不思議な発明』のエイサ・バターフィールド主演。自閉症スペクトラムと診断された少年が、国際数学オリンピックで金メダルを目指す物語。
IMdbで7.2rotten tomatoesで86%とかなり好評。これも観たいな。

ホームレス ニューヨークと寝た男

職業はファッション・フォトグラファーだけど、実はマジもんのホームレスでもあった!そんな奇妙な男を追ったドキュメンタリー。
見た目はぜんぜんホームレスに見えないスタイリッシュなおじさまですね。これも※ただしイケメンに限るなんでしょうか(たぶん違う)

エリザのために

試写にて鑑賞済み。大学受験直前に暴行に遭ってしまった娘のため、奔走する父の姿を追ったドラマです。
その父の行動は「不正」という領域を及んでくるんだけど、その気持ちがわかるので余計に辛いんだよな……。
落ち着いたトーンの映画ですが、全編に音楽がなく、シーンの意味を読み取る必要があるので、けっこう集中力を要するかも。ラストシーンは大感動しました。

アンチポルノ

日活のポルノ映画の復活となる新作を世に送り出す「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の1つ。だけどそのプロジェクトを否定するような挑戦的(?)なタイトルに。
園子温監督最新作で、主演が『みんな!エスパーだよ!』の冨手麻妙ということで観たい。もちろんR18+だけど。

この特集上映も気になる!

1月28日(土)より公開の、カンフー映画の原点と呼ばれる『侠女』&『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』のデジタル修復版はめっちゃ観てえ!

東京では1月7日、大阪では1月21日よりスタートする「未体験ゾーンの映画たち 2017」では、
・『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の出演者やスタッフを取材したドキュメンタリー『バック・イン・タイム』
・人間とゾンビとバンパイアが共存する街にエイリアンまでやってくる『フリークス・シティ』
が特に気になりますね。
目立っていないですが、『キャノンレース』や『猟奇的な彼女』の続編もここにラインアップされていたりもします。

新文芸座で1日限りの実施となる、
1月21日(土)の劇場版「HiGH&LOW」3作一挙上映
1月28日(土)のドニー・イェン作品(ドラゴン危機一発’97/「レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳」/イップ・マン 序章/カンフー・ジャングル)の一挙上映
もかなり気になるなあ……たぶん行けないけど。

また、1月31日にニュー八王子シネマが閉館となってしまうので、お客様ありがとう!!上映の『気狂いピエロ』と『ニュー・シネマ・パラダイス』を観に行きたいな。

(追記)
すっかり忘れていましたが、監督自身がベストなバージョンだと語る『マッドマックス 怒りのデス・ロード』<ブラック&クローム>エディションはめっちゃ観たいですね!

1月14日(土)公開、しかも映倫のレーティングがR15+からPG12指定へとダウン。これでリアル中二が中二の心を持ったまま劇場に行けるぜ!
<上映劇場はこちら>
さらに立川シネマシティでは14日(土)と15日(日)限定で<ブラック&クローム>エディションの爆音上映が決定!ヤベえ行きてえ。

メジャー系の注目作品

メジャー系の映画で観ないといけないのは、

傷物語〈Ⅲ冷血篇〉』:1月6日(金)
本能寺ホテル』:1月14日(土)
沈黙‐サイレンス‐』:1月21日(土)
新宿スワンⅡ』:1月21日(土)
ザ・コンサルタント』:1月21日(土)
ドクター・ストレンジ』:1月27日(金)
マグニフィセント・セブン』:1月27日(金)
スノーデン』:1月27日(金)
恋妻家宮本』:1月28日(土)
キセキ ーあの日のソビトー』:1月28日(土)

あたりでしょうか。すみませんキセキは観たくないです(菅田将暉は大好きだけどGReeeeNが嫌いだから)。

この中では『ザ・コンサルタント』を試写で鑑賞済み。

新しいバットマンことベン・アフレックがコミュ障(正確には高機能自閉症)の中年を演じているんだけど、その溢れ出る人間力のおかげでぜんぜんコミュ障に見えない
だけどそれもむしろこの映画の魅力。頑張って口下手を演じているベンアフがめっちゃ可愛い!萌え萌え!となって、みんなが幸せになれる映画でした。
一見シリアスだけど、実は初笑いにピッタリのブラックコメディでもあります。クライマックスは試写会が爆笑に包まれました。超・超・超おすすめ。

ある意味で、今月一番気になるのは『本能寺ホテル』でしょうか。

何せ、監督・脚本・主演(綾瀬はるかと堤真一)のどれもが、あの伝説級のダメ映画『プリンセストヨトミ』と同じなのである!
こいつのテキトーさは地上波放送で観ても気絶しかねないシロモノだったよ!なんであんだけ叩かれて同じような企画が通るんだよ!

2017年も「なんでこんな映画が作られるねん」っていうツッコミは止まらないんですね。え?自分は観ませんよ。

(C)2016 LIONSGATE ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch
(C)Mobra Films – Why Not Productions – Les Films du Fleuve – France 3 Cinema 20
(C)2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. 通りすがりのいがぐり より:

    本能寺ホテル なんか、パクられた作品だと騒がれてきたコレですが、正直突撃したいです。(地雷を踏むのを避けるのが嫌になってきたので。)
    ナーヴの監督のヴァイラルという作品が未公開ゾーンの映画たちも気になります。果たして現代版遊星Xになるのか?
    新宿スワンⅡ ベッドシーンあるのにG指定にする映倫は、もう仕事放棄でもしてるんじゃないのかと本気で心配になってきます。
    ドクターストレンジ MCU最新作であり、IMAXシークエンス(IMAX限定で画面がデッカくなるシーンの事で、画面のサイズ通常の2.35から1.90のサイズになる)もあるから1月の大目玉です。楽しみです。
    それと、トニー・ジャーが超絶アクションを繰り広げるSPL2ことドラゴン・マッハ、ビスタサイズのためIMAXと相性がいい君の名は。IMAX版、モノクロ版のマッドマックスFR。
    とりあえず1月の目標は本能寺ホテルに、突っ込むことです。

  2. いいこま より:

    メジャー系は上がってるものは大体気になりますし観たいですが『新宿スワンII』は前作未見ですし『本能寺ホテル』は嫌な予感がすることもあって食指が伸びてないのでやめとこうかと思ってます。あと『恋妻家宮本』も阿部さんと天海さんの夫婦がどんなものか観てみたいですし一応観るつもりですが優先度が他の奴と比べて低めということもあってもしかしたら観ずじまいになってしまうのではという心配があったりします。
    ちなみに『プリンセス・トヨトミ』に関しては世間の悪評にもかかわらず何故か自分はそんなに嫌いではなかったりします(大阪見物と割り切ってた所為だと自分は推測してます)。とはいえ冷静に考えた時に質がアレなのは否定しないです(「原作は良かったけど映画版は…」という意見を幾件か目にしたこともあり尚更です)しまた観たいかと言われると「いや、もういい」ですが。『本能寺ホテル』は手を出さない方がいいのではと思ったのもそれがあるからですし(しかもヒナタカさんの仰る通り配役が一部被ってることですし)観てみないことには何とも言えないとはいえちょっと手を出すのは怖いです。
    『傷物語』3作目は観るつもりですが2作目に関しては観たのが本編ではなくAbemaTVのダイジェスト版だったので本編未見の未練が地味に残ってたりします(ただ3作目を観るうえでは問題なさそうですが)。
    『沈黙』は遠藤周作氏の原作を、『マグニフィセント・セブン』は『七人の侍』をどう調理するかが気になりますし『ドクター・ストレンジ』はマーベル作品でかつ何やら不思議な感覚が漂ってる感が気になることもあって絶対観るつもりです。
    あと『ザ・コンサルト』は主人公が何をしでかしてくれるのか、『スノーデン』は例の事件に関心があるということでやはり観ておきたいです。ましてや前者はヒナタカさんの絶賛もありますし。
    『キセキ』はGReeeeNに関して好き嫌い以前に基本疎い(歯科医との二足の草鞋でやってること以外殆ど知りませんでした)のでどうしようか悩んだものの菅田将暉さんは好きですし予告で関心が出たので観ることにしました。

    あと失念してましたが『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ブラック&クロームエディションも気になりますし「未体験ゾーンの映画たち 2017」の中からは『バック・イン・タイム』は絶対観ておきたいです(BTTFファンなので)。『クラッシュ・ゾーン』は自分の嗜好ドンピシャなので観たいですがそもそも『キャノン・ボール』を未見なのでやめときます(未見でも問題なしかも知れませんが過去作を押さえておけばニヤリとできるところもあるかもと思うと…)。
    劇場版『HiGH&LOW』3部作と『気狂いピエロ』(できれば『東風』『中国女』も)、『ニュー・シネマ・パラダイス』は観てみたいだけに大阪の方でもやってほしいところですが難しそうだなあ…。

    • hinataka hinataka より:

      いがぐりさん、いいこまさん、コメントありがとうござーまーす!

      >ナーヴの監督のヴァイラルという作品
      こちらも同じ監督だとは気づかなかった!

      >『プリンセス・トヨトミ』に関しては世間の悪評にもかかわらず何故か自分はそんなに嫌いではなかったりします
      好きな作品なのにディスってすみません・・・見ている間はトンデモすぎて楽しかったので、なんとなく『本能寺ホテル』も観たい要素があったりします。

      おふたりがあげている、マッドマックスのモノクロームエディションをすっかり忘れていたので追加しておきます!

  3. 毒親育ち より:

    >人魚姫
    チャウ・シンチー監督最新作来てたのかよ!?
    期待を裏切らない酷さ。
    キャストの皆さんが気の毒過ぎるって役者根性に頭が下がるドン引き爆笑怪演!
    これ脚本は「尾玉なみえ」だろ!?
    注意:褒めてます!
    マーベルが『サブマリナー』を映画化しない程、実写で表現するのは難しいと言われていてる水中アクションが出来ている!?もう『アクアマン』はシンチー監督にお願いしろよDC!
    でも地元にこねーッッッッッ!!

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top