意外に良作「パラノーマルアクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT」ネタバレレビュー

意外に良作「パラノーマルアクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT」ネタバレレビュー

今回紹介する映画は「パラノーマルアクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT」です。
*これは日本版「第二章」のレビューです。
<アメリカ版「2」のネタバレレビューはこちらでどうぞ>←クリック
本当こっちのアメリカ版は最低だった・・
個人的お気に入り度:7/10
一言感想:意外に良作便乗低予算ホラー
あらすじ


アメリカを旅行していた姉・ハルカが日本の弟・コーイチのもとに帰ってきた。
その日から家で怪奇現象が起き始める。コーイチは姉に内緒でビデオカメラを仕掛けていたのだが・・・・・


超低予算作品の続編。予告編などでは地雷臭がしますがなかなかの良作だと思います。
本作は「2」がアメリカ版と日本版の2バージョン存在するというわけのわからんことになっていますが、このぶんなら日本版の勝ちじゃないかな。
*日本版の圧勝どころじゃなかったです。ティラノサウルスとミジンコぐらい違います。
前作はいろいろマイナス意見もありましたが、低予算で怖がらせるアイデアが成功しているので、自分は好きな作品です。
今回は日本が舞台になってさらにチープさが増した印象ですが、主演2人の演技がすばらしく、展開も遅すぎず早すぎず楽しめます。
目新しさ(続編と言うよりはリメイクな印象)は少ないけど前作を気に入った人なら楽しめることは間違いありません。
なにより仲の良い姉弟のやり取りが楽しい。オリジナル版では単なるカップルでしたが、自分は断然こっちが好きです。

そして終盤の3分だけは日本版でしかない展開が待ち受けています。
というわけで↓「パラノーマル・アクテビティ第2章」のラスト3分のネタバレ感想です。
この先は未見の方はみちゃだめ
また、「1」のラストシーンのネタバレもあるのでご注意ください。
本当に面白い作品なので!

・「1」のラストと同じくカメラ前にぶん投げられるコーイチ。
・しかしコーイチはそこから起き上がって家の外に逃げる!
姉が「私に何かあったら逃げて」というのが生かされています。ていうか無傷なの?
・外でタクシーを捕まえるコーイチ。「どこでもいいから出して!」
・車の前に姉出現。轢いてしまう。
びっくり。車はだいぶ走っていた気がするんですが、ここまで来れているってのが怖い。全速力で走らないと無理だよ。先回りをする機転が利くのもすごい。
・暗転し、遺体の確認所へ。
カメラは防犯カメラの映像?ちょっと強引。
・「遺体の確認をお願いします」と言われ、コーイチが布をとる。
・そこにはタクシー運転手(たぶん)の死体が。狼狽するコーイチ。
おかしくないような気が一瞬したのですが、遺体の確認をするのであれば肉親でなければ不自然ですよね。姉のはずの死体が入れ替わっていた。
・何者かに足を引っ張られるコーイチ。絶叫。
・画面左から姉がのっそりと登場。
すでに死んでいるのでゾンビ状態のなのかな。
・姉が白目をむく。「1」と同じく事件の結末が字幕で出る。

えー。いろいろ言いたいことはあるんですが、オリジナルから脱却したなーと思えたのがこのラストだったのですが、ちょっと腑に落ちないかな、と。
いきなり「監視カメラ」の映像を使うのは反則のような気がしてなりません。
ほか、シーンごとの感想


・コーイチが姉の部屋に「もりじお~」と言いながら塩を盛り、姉「気持ち悪いからかたして」というやりとりに萌えた
・コーイチ「あと一回撮るだけだから」姉「しょうがないなあ、一回だけだからね」でさらに萌えた。
・他にもオリジナルから工夫していたのは「2画面」
弟が姉の悲鳴を聞き、助けに行くシーンではドキドキもの。
・霊感のある友達がフェードアウトだったのはちょっと残念。
あの後彼女はどうなったのだろう・・・。
・お祓いをするシーンは日本ならでは。
いまならインターネットで検索して呼べるのですね。<参考>
一つ気になったのですが、コーイチは祈祷師の足元にもカメラを置いています。また隠し撮りか。抜け目ないな。
・十字架が動きながら、姉の部屋のガラスを割るシーンも怖かった。
十字架の動きが不気味すぎ。
・父が下の階の押し入れで死んでいたのですが、これはいつ入れられたのだろう。
父から連絡が途絶えたのは一日前。ちょっと前から死体があって、コーイチが気付いていなかった事実も怖いのですが、押し入れが開いていて手が見えていた(ごめんなさい、見えていたのは足だったようです)のも怖い。偶然かもしれないですが、とりつかれた姉が開けようとしていたのならもっと怖いかも。死体を食べようとしていたりして・・・(んなわけない)
・自分は気づかなかったのですが、足を骨折している姉が2階で寝ているのって不自然ですよね。
映画瓦板の批評でわかりました)


姉が骨折して歩けない状態であることを生かしての演出は文句なく上手かったですね。
個人的最恐シーンは、姉がとりつかれ立ち上がる時の「音」でした。
あ、あとなんであんな怖いことが起こっているベッドで寝れるんだよというのは恒例のつっこみどころです。

publicShare

theatersタグ

chat_bubbleコメント

  1. パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT

    大ヒットして一万倍以上の興行収入を得たなんて言われて期待して観たのに、イライラな展開の連続&予告編でネタバレという目に合わされた『パラノーマル・アクティビティ』の、日本版続…

  2. 匿名 より:

    押入れが少し開いていて見えていたのは、父の足です

  3. 匿名 より:

    家を出で左折してタクシーを拾うのですが
    途中に曲がり道がなかったので
    取り付かれた姉は
    家を出て右折し、遠回りしてタクシーを抜いたことになります。
    霊も頭がよいのですねw

  4. ヒナタカ より:

    コメントありがとうございます!
    足でしたか・・・思い違いでした。修正しておきます。
    回りこみをするのってすごく知的ですねw

  5. Boogyman より:

    一階の押入れの中で転がっていたのって父親だったんですか。てっきり姉だと思ってました。
    改めて見直すか迷ってます。
    姉が骨折しているのに二階は、私自身複雑骨折の経験があるので、おかしいと思いました。

  6. ヒナタカ より:

    こんばんは、コメントありがとうございます。
    押し入れの中にいたのは父です。
    その後振り返ったら・・・のシーンで一緒に観ていた中学生たちが死ぬほどビビっていました。
    >姉が骨折しているのに二階は、私自身複雑骨折の経験があるので、おかしいと思いました。
    何故1階にしなかったのかはなはだ疑問です。なるべく納得できるように舞台を設定してほしかったですね。

  7. nyanko より:

    私も昨日DVDで観たので、今更のコメントすみません。
    想像以上に怖くて面白かったです。DVDの箱に「撮影15日目に何かが起こる」みたいなことが書いてあったので、15日間何も起こらなかったら飛ばしちゃうか(笑)って思ったけど、展開は意外に早くて飽きずにゾ~っとしながら観られました。
    ヘッドフォンで観るのおススメです。

  8. ヒナタカ より:

    こんばんは。
    DVDにそんなこと書いてあったんですね・・ある種「それまで何もおこりません」といってるようなものですねえ(苦笑)。
    後半の展開は特に早くてどっきどきでした。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

著者

ヒナタカ

カテゴリ

文字から探す

レビュー点数で探す

extensionその他サイト

あわせて読みたい

この記事を読まれた方によく読まれている記事です。よろしければこちらもご一読下さい。

vertical_align_top